田村 丈(関西学院大)

ここでは、「田村 丈(関西学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm86kg 右右 MAX149km スライダー・フォーク・カーブ 関大北陽高
長身から投げ下ろす角度の付いた直球と落差のあるカーブ。留年を経て入団テスト合格を果たした。
2015年DeNA育成3位(支度金300万円、年俸360万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   11春: 4 0勝1敗  4.1  5  2  5  3  6.23
   11秋:         登板無し
   12春: 3 0勝1敗  11.1  6  6  1  1  0.79
   12秋:         登板無し
   13春: 1 0勝0敗   1  3  0  0  2 18.00
   13秋:         登板無し
   14春: 1 0勝0敗   2  0  0  3  0  0.00
   通算: 9 0勝2敗  18.2  14  8  9  6  2.89
         被安打率6.75 奪三振率3.86 四死球率4.34

投手成績詳細

   11春    回数 被安 奪三 四死 自責
   同 大     1  1       1 
          0.2  0       0
   京 大    0.1  0       0
   近 大 先  2.1  4       3 ●
          4.1  5  2  5  3 防6.23
     被安打率10.38 奪三振率4.15 四死球率10.38

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   立命大     1  0  1  0  0
   関 大     2  1  1  0  0
   京 大 先  8.1  5  4  1  1 ●
         11.1  6  6  1  1 防0.79
      被安打率4.76 奪三振率4.76 四死球率0.79

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責
   近 大     1  3  0  0  2

  最新記事

 ■ DeNA、育成D3位の田村と契約合意 年俸360万円(SANSPO) 15/11/16

 DeNAが育成ドラフト3位指名した関学大の田村丈投手(22)=185センチ、86キロ、右投げ右打ち=の入団が15日、決まった。支度金300万円、年俸360万円で合意した。(金額は推定)

 ■ DeNA育成3位・田村は大学経て指名(デイリースポーツ) 15/10/22

 DeNAが育成3位で関学大・田村丈投手(22)を指名した。田村は関大北陽高から関学大へ進学。昨秋、野球部を引退後、1年の留年を経て、来年3月に卒業予定という。近年では東海大・菅野智之投手(現巨人)が、大学4年時に日本ハムから1位指名されながら入団を拒否し、翌年のドラフトで巨人入りするためにあえて5年目も大学に残った例はある。しかし田村の場合は通常の留年で、プロ入りする選手としては極めて珍しい経歴と言える。今年は大学には所属していたものの、野球に関しては無所属。神戸市内のスポーツジムに通い、関学大野球部の練習でシート打撃に登板するなどして調整してきた。身長185センチ、体重85キロ、右投げ右打ちの上手投げ投手。関大北陽時代に甲子園出場はなく、関学大でも通算0勝2敗。アマチュアではほとんど実績を残せなかったが、プロ入りへの夢をあきらめきれず、入団テストを2年連続で受験。昨年はDeNAと広島、今年はDeNAの1球団のみテストを受け、今回の育成指名へとつなげた。テストでは50メートル走で5秒6をマーク。遠投でも115メートルを記録し、身体能力の高さをアピールした。田村はすでに入団の意思を固めており「支配下登録されて1軍で活躍したい」と意気込んでいる。

 ■ 関大北陽 プロ注目の田村丈好投も終戦…(スポニチ) 10/7/25

 関大北陽のプロ注目の田村丈は、最速140キロの直球を武器に7回まで無失点も8回に1失点。打線の援護もなく、最後の夏が終わった。新納監督は「本当にいい投球だった。この悔しさを、次の段階でぶつけてほしい」と田村丈に感謝。右腕は「3年間やってきたことを出し切ることができた。悔いはない」として、今後については大学進学希望を示唆した。

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   京 大     2  0  0  3  0

   10夏        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:太成学院大  3.1  3  2  0  2
   3回戦:東海大仰星   8  7  6  4  1 140㌔
             11.1  10  8  4  3 防2.38
          被安打率7.94 奪三振率6.35 四死球率3.18

  プロフィール

 兵庫県尼崎市生まれ。
 田村 丈(たむら・じょう)投手。
 若葉小学校3年から軟式野球を始め、啓明中時代は軟式野球部で遊撃手。

 関大北陽に進学後1年冬に遊撃手から投手に転向。
 制球の課題などから2年夏までベンチ入りならず、同年秋の大会になって背番号10を獲得する。
 初戦2回戦・大阪戦にリリーフ起用され、3回戦・関西創価戦で初先発を経験。
 4回を1安打無失点に抑える好投で抜擢に応え、5回コールド、12対2での大勝を呼び込んだ。
 続く4回戦・金光大阪高戦は、7回2失点、8回4失点完投で惜しくも逆転負け。
 投手経験の浅さを監督から指摘されながらも、転向から一年足らずで141㌔を計測している。
 3年夏の大阪大会は東海大仰星高に8回7安打0対1完投負けで3回戦敗退。
 最速145㌔腕としてスカウトからも注目されたが、プロ志望届は提出せず大学進学を選択した。
 大阪大会8強が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 関西学院大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 ケガもあって登板機会の少ないシーズンが続き、計8試合(先発2)16.2 回で未勝利に終わった。
 2年春の京都大2回戦で8.1回5安打1失点(田中英祐が完封)の好投を披露。
 単位不足で15年を関学大5年生として過ごし、入団テストを経てDeNAから育成指名を受けた。
 通算9試合、0勝2敗、18回2/3、8奪三振、防御率2.89。

 185cm86kg、身体能力の高い恵まれた体格の右腕。
 ワインドアップから肘を柔らかく使い投げ下ろす最速149㌔の真っ直ぐと、カーブ、スライダー、フォーク。
 角度のあるストレートと落差あるカーブとの緩急。フィールディングが上手い。
 打者に向かっていく投手らしい性格も魅力。ジムでのトレーニングで自己最速4㌔アップを達成した。
 長身に50m5秒7の脚力、遠投115mの強肩を備える。

  スカウトコメント

DeNAスカウト|15/10/22
 「恵まれた体格で角度のある150km/h近いストレートとキレの良い変化球で勝負する。実績は無いが、50m5秒7、遠投115mの高い身体能力があり、成長楽しみな選手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-11-16(月)|2015年ドラフト指名選手 | 関西学生 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
| 匿名 | 2011年03月27日(Sun) 08:50 | URL #- [ 編集]
彼の投手としての成長は、とても早く、夏頃には速球150キロ越えるとの声があります。
| オリックス | 2010年05月05日(Wed) 07:19 | URL #1iXSto1I [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年ドラフト指名選手 | 関西学生 コメント(2) Page Top↑