山形 晃平(日本生命)

ここでは、「山形 晃平(日本生命)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm78kg 右左 MAX150km スライダー・フォーク・カーブ・カット 土佐高→慶大 2年目
最速150㌔直球とスライダー。1年時から中継ぎで活躍。1年春の大学選手権で6回無失点の好投。

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   10春: 6 1勝0敗  6.1  3  4  11  4  5.68
   10秋: 4 0勝0敗  6.2  3  4  4  1  1.35
   11春: 4 1勝0敗   5  2  4  6  3  5.40
   11秋: 6 0勝2敗 11.1  9  9  4  5  3.97
   12春:  4 1勝1敗  9.2  5  8  3  5  4.66
   12秋:         登板無し
   13春: 3 0勝1敗  2.2  4  3  4  5 16.88
   13秋:         登板無し         
   通算: 27 3勝4敗 41.2  26  32  32  23  4.97 
         被安打率5.62 奪三振率6.91 四死球率6.91 

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   10選: 1   6  3  4  2  0 147㌔(神宮) 中央学院 ○ 
   11選: 1   3  1  3  0  0 149㌔(神宮) 東農生産 ○
   通算: 2   9  4  7  2  0 防0.00
     被安打率4.00 奪三振率7.00 四死球率2.00

投手成績詳細

   10春   回数 被安 奪三 四死 自責 
   東 大    2  2  2  2  1
   法 大    1  0  0  1  0
   立 大    1  0  0  1  0
         0.2  0  1  2  1
   明 大    1  1  1  1  1 148㌔ ○
   早 大   0.2  0  0  4  1 148㌔
         6.1  3  4  11  4 防5.68
     被安打率4.26 奪三振率5.68 四死球率15.63

   10秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   立 大   2.2  1  3  0  1
          2  1  0  2  0
   法 大    1  1  0  1  0
   明 大    1  0  1  1  0
         6.2  3  4  4  1 防1.35
     被安打率4.05 奪三振率5.40 四死球率5.40

   11春   回数 被安 奪三 四死 自責
   立 大    2  0  2  1  0
   明 大   0.2  1  0  2  2   149㌔
          2  1  2  3  1
   早 大   0.1  0  0  0  0 ○ 150㌔
          5  2  4  6  3 防5.40
     被安打率3.60 奪三振率7.20 四死球率10.80

   11秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   明 大   2.2  1  2  0  0
   立 大    3  3  1  0  1 ●
         1.1  0  2  1  0
         1.1  0  2  0  0
   早 大   1.2  4  2  1  3
         1.1  1  0  2  1 ● 146㌔
        11.1  9  9  4  5 防3.97
     被安打率7.15 奪三振率7.15 四死球率3.18

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   法 大     1  0  1  0  0 147㌔
          3.1  2  2  0  1 145㌔
   明 大    1.2  0  2  1  0 145㌔ ○
   早 大 先  3.2  3  3  2  4 142㌔ ●
          9.2  5  8  3  5 防4.66
      被安打率4.66 奪三振率7.45 四死球率2.79

  最新記事

 ■ 慶大逆転負けで勝ち点落とす/東京6大学(日刊スポーツ) 13/4/19

 慶大は逆転負けで勝ち点を落とした。1点リードで迎えた最終回、抑え役の山形晃平投手(4年=土佐)が連続四球を与えて1死満塁のピンチを招き、前日の2回戦でヒーローとなった明(みょう)大貴投手(3年=慶応)が直後に2点適時打を浴びた。開幕戦で勝ち点を落とすのは昨春、法大に引き分けたあと連敗して以来のこと。江藤省三監督(70)は「四球じゃ勝負にならない」と、ひとことだけ言い残し、厳しい表情で引き揚げた。

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責
   立 大     1  1  2  1  1 141㌔
          0.2  1  0  2  2 142㌔ ●
   早 大     1  2  1  1  2
          2.2  4  3  4  5 防16.88
     被安打率13.50 奪三振率10.13 四死球率13.50

 ■ 慶大150キロ中継ぎ右腕 7球で勝ち投手(スポニチ) 11/5/28

 慶大2番手の山形がわずか7球で勝ち投手になった。同点の6回2死三塁のピンチで救援して早大の4番杉山を一飛に打ち取ると、その裏にチームが勝ち越した。「7球で勝ちはもちろん初めて。たまたま」と笑った。150キロの速球を武器に中継ぎとして存在感を示している2年生右腕は「先発が崩れたら、いつでもいけと言われている。いい仕事ができた」と納得の表情だった。

 初先発の3年春早慶戦は最速142㌔。解説者から「体重が乗っていない」、「シュート回転気味」
 などなど指摘され4回途中4失点KOとなってしまいました。秋は登板なく故障でしょうか。

 ■ 慶大、準決勝は東海大戦/大学選手権(日刊スポーツ) 10/6/10

 慶大が6-0で中央学院大に快勝し、4強入りを決めた。先発の山形晃平投手(1年=土佐)が6回を被安打3本でゼロ封。打線も3回、湯本達司二塁手(4年=野沢北)の中前適時打で先制すると、長短11安打を放って6点を奪った。江藤省三監督(68)は「やっと早慶戦の雰囲気でやっていた。湯本がきっかけをつくって乗っていけた」と話した。

 序盤はやや不安定ながら徐々に調子を上げ6回無失点。先発として役割を果たしましたね。

過去記事

 ■ 「自信の直球」打たれた(asahi.com) 09/7/25

 高知南の4番岡村にサヨナラ安打を浴びた土佐の主戦山形晃平は「一番自信のあった直球を打たれた」とうなだれた。この日、直球とスライダーの切れは良くなかった。1回に3連打で1点を失い、8回に本塁打で同点にされた。いつもなら空振りがとれるひざもとのスライダーだった。9回裏、2死四球でピンチを招いた。2死一、二塁。カウント2―3からの150球目だった。捕手佐竹祐人の要求通り、高めの直球を投げたが、打球は左翼手平山雄一朗の頭上を越えていった。着替えを済ませ、少し落ち着くと言った。「努力が足りなかった。野球、続けます」

 6.1回で11四死球とやや荒れ気味でしたが今後が楽しみな投手ですね。
 伸びを感じさせ球速の出やすい神宮とはいえ140㌔台中盤から後半がコンスタントに出ていて。
 今後体作りが進めばより手強い投手となりそうです。

  プロフィール

 高知県高知市出身。
 山形 晃平(やまがた・こうへい)投手。
 土佐中時代は軟式野球部に所属。

 土佐高時代3年夏は高知南に2対3で敗れ県大会2回戦敗退。
 1回戦・幡多農戦で6者連続奪三振を記録し、6回1安打無失点の好投を披露している。
 甲子園出場経験は無いが、142㌔腕として県内では注目されていた。

 慶大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 救援投手として11季ぶりの優勝に貢献し、リーグ戦終了後には新人戦・準Vを経験する。
 決勝・立大戦で自己最速150㌔を計測し、6回3安打1失点の好投を披露。
 大学選手権では疲労の残る主戦・竹内大助に代わり、準々決・中央学院大戦の先発を任された。
 6回までを3安打無失点と役割を果たし、3投手による完封リレーで勝ち星を収めている。
 以降リリーフ中心に27試合(先発1)に登板したが、不安定な投球で通算3勝、防御率4.97に低迷。
 3年秋は肘痛で登板できず、4年時は春に2.2回5失点を喫し、秋のリーグを登板なく終えた。
 2年春の選手権では東農生産戦に救援起用され、代わった5回に直球で三者連続奪三振を記録。
 最速149㌔、コンスタントに140㌔台中盤から後半をマークし、3回を無失点に抑えている。
 リーグ通算27試合、3勝4敗、41回2/3、32奪三振、防御率4.97。

 176cm78kg、本格派右腕。
 セットポジションから右肩を下げて深めに腰を落とし、開き早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速150㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の直球と120㌔台から130㌔前後のスライダー、
 120㌔台後半のフォーク、100㌔台から110㌔台のカーブ、130㌔台のカットボール。
 直球にスライダー、フォーク、カーブを交え、好調時は伸びのある直球で空振りを奪う。
 現在はやや球速を落としているが、下級生時代は140㌔台中盤から後半を記録していた。
 コントロールにはバラツキが残り、高めに浮く球がやや多い。
 落ち着いたマウンドさばきも持ち味。牽制、フィールディングも上手い。
 高校時代は中軸を任されていた打撃センスの持ち主。遠投110m、50m6秒5。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2013-12-30(月)|2015年社会人投手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
もっとストレートに、磨きをかけて阪神に来て下さい!

藤川球児と高知リレーを見たいです!
| 匿名 | 2010年06月02日(Wed) 15:20 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人投手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑