大坂 優斗(苫小牧駒澤大)|ドラフト・レポート

大坂 優斗(苫小牧駒澤大)

ここでは、「大坂 優斗(苫小牧駒澤大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm68kg 右左 MAX145km カーブ・スライダー 北海道栄
最速145㌔、伸びのある直球と切れ味鋭いスライダー。3年春双葉戦で6回15奪三振。

動 画


  最新記事

 ■ 北海道栄“ドクターK”大坂6回無安打11K(スポーツ報知) 10/7/1

 今春の全道4強・北海道栄は、エース右腕・大坂優斗と三沢直幸のリレーで7回無安打無得点に抑えた。北海道栄の“ドクターK”こと、大坂優斗が、進化を続けている。MAX145キロ右腕はこの日、宝刀のスライダーに頼ることなくカーブを多投。振り逃げで2人の走者を許したが、6イニングを無安打に零封した。6回には1イニング4奪三振(振り逃げ1)も記録するなど奪った三振は11。「調子はよくなかったが、テンポ良く投げられた」と右腕は淡々と自らの投球を振り返った。今春の全道大会2試合で27Kを記録したが、敗れた北海戦では低めのスライダーを見極められた。春以降は直球とスライダーしかない球種の少なさを反省。シュートにも挑戦したが、元来が不器用で断念。カーブでカウントを整えることで活路を見いだした。「楽に6、7割ぐらいで投げていてよかった。夏はあいつでいくしかない」と渡辺伸一監督(38)。“えりもの怪腕”は、最後の夏も奪三振ショーを見せる。

      地区準決勝:苫小牧南 6回 被安0 奪三11 失点0

 ■ 北海道栄・大坂 圧巻の6回15K(スポニチ) 10/6/1

 北海道栄が双葉に8―0(7回コールド)で快勝した。先発の大坂優斗(3年)が6回を2安打無失点6者連続を含む毎回の自己最多15奪三振。初回にいずれもスライダーで奪った3者連続空振り三振が、奪三振ショーの始まりだった。2回1死からは圧巻の6者連続三振。4回無死の6者目は振り逃げとなって初の走者を許したが、この回は1イニング4奪三振もマークした。背番号10の“ドクターK”大坂はマウンドのポーカーフェースを緩めた。右ひじの痛みを注射とテーピングで施して登板した昨夏、そして支部予選で駒大苫小牧相手に8回2/3イニング11安打6失点と打ち込まれた昨秋の悔しさが原動力になった。オフに繰り返し説かれたスローガンは“自覚と責任”。一時は緩急をつけるために新球チェンジアップ習得も考えたが、「不器用だから」と断念。生命線のスライダーを磨くことを選択したのが吉と出た。「前は野手に“1アウト”と声を掛けることが全くなかったが、周りを見て投球するようになった」と渡辺伸一監督(38)。今春は支部予選3回戦で駒大苫小牧に自己最速の145キロ5安打1失点完投でリベンジを果たすなど、この日で支部予選から4試合通算33イニング1失点、通算防御率は驚異の0・27。駒大苫小牧戦の9回から続く連続無失点イニングを16に伸ばした右腕に、村山貴紀主将(3年)も「普段はみんなにかわいがられるマスコットキャラだけど野球はクール。これぐらいの投球は予想していた」と話した。

   10春全道    回数 被安 奪三 失点
   1回戦:双 葉 高  6  2  15  0
   2回戦:稚内大谷 5.2    12  0
           11.2    27  0 防0.00
                  
奪三振率20.83

 ストレートに勢いがありスライダーには切れ味鋭いものがある投手のようですね。
 動画を見る限りまだ下が弱い感じでしょうか。球速も伸びる余地がありそうです。

  プロフィール

 北海道出身。
 えりも中時代は軟式野球部に所属し3年夏に全道大会準優勝。

 北海道栄では3年春に背番号10ながらエース格として全道大会に出場。
 室蘭支部予選3回戦では最速145㌔を記録、駒大苫小牧相手に5安打1失点完投勝利を
 挙げ注目される。1回戦・決勝は完封勝利。
 3試合合計27回をわずか1失点に封じ全道出場権を獲得。
 全道1回戦双葉戦では6回を無失点、自己最多15奪三振を記録する快投を見せた。

   10春支部予選   回数 被安 失点
   1回戦:苫小牧東   9     0
   3回戦:駒大苫小牧  9  5  1 145㌔
   決勝戦:苫小牧工業  9  6  0
             
27     1 防0.33

 最速145㌔の伸びのある直球と切れ味鋭いスライダー。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
なんで辞めちゃったの?
| 匿名 | 2016年07月08日(Fri) 04:32 | URL #- [ 編集]
残念ながら大学は辞めてしまった様です。
| 一般人 | 2011年09月02日(Fri) 15:45 | URL #mQop/nM. [ 編集]
| 匿名 | 2011年01月27日(Thu) 18:24 | URL #- [ 編集]
動画を見ました
直球に光るものを感じました
身長はありませんが、隠し球でどこかが指名するかと思われます
| 海兵隊 | 2010年10月19日(Tue) 22:24 | URL #- [ 編集]
昨年、北北海道代表の「ドクターK」柿田竜吾(旭大高~国学院大)と大坂優斗は同じ北海道日高管内出身で、北海道では投手指導で知られている KBH(KB日高ベースボールスクール)のOBです。
また、北照高でこの夏1年生で唯一ベンチ入りを果たした小林英太郎もOBで大注目の選手です。
現在も小中学生のスクール生が活躍していますので、報告していきたいと思います。

KBH
http://www.youtube.com/DAI316/
| KBH関係者 | 2010年07月06日(Tue) 10:43 | URL #oIyz0X0E [ 編集]
相手の実力が分からないですが奪三振率20.83はあまり見たことの無い凄まじい数字ですね。
| gogo126 | 2010年06月03日(Thu) 22:07 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
先日も2番手として登板し、12奪三振を奪っていました。
全国レベルで活躍できるのかどうかが気になりますね。
| YUKI | 2010年06月03日(Thu) 17:32 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する