若松 一吉(室蘭シャークス)

ここでは、「若松 一吉(室蘭シャークス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



186cm81kg 右右 MAX135km 外野手 北海高→亜大 2年目
バットコントロール良く広角に長打を放つ右打者。高3春7試合で打率.536。支部予選で中越えアーチ。

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11春:          出場無し
   11秋:          出場無し
   12春:          出場無し
   12秋:          出場無し
   13春:          出場無し
   13秋:          出場無し
   14春: 4 .333  9  3 0 0 0 0 2 1 0  .400  .333
   14秋: 4 .250  8  2 0 0 0 0 1 0 0  .250  .250
   通算: 8 .294 17  5 0 0 0 0 3 1 0  .333  .294

  最新記事

 ■ 北海4番若松、名門・亜大に合格(スポーツ報知) 10/12/7

 今春の全道大会を制した北海の4番・若松一吉外野手が6日、東都大学野球リーグの名門・亜大に合格した。この日、亜大経営学部合格が決まった若松は「ほっとした気持ちです」とニッコリ。大型打者が選んだのは戦国・東都での戦い。「レベルが高いし、自分を鍛えるには最適。プロに一番近づける」と進学理由を明かした。東都では、北海の2年先輩、中大・鍵谷陽平投手(2年)がMAX152キロの速球を武器に活躍中。一時はプロ志望届提出も考えた若松だったが、身近な先輩の成長を目にして、「4年間で野球を学び、気持ちも体も油断とスキのない人間になって、プロを目指したい」と決意した。初めての寮生活となるが、こちらも北海出身で来春、東都1部に復帰する駒大の小林勇登外野手(2年)から、「(リーグが)一緒だから、何かあったら聞け」と心強い言葉をもらった。2年秋から4番を務めた主砲は「初回の好機で(4番が)打てないと(チームが)負ける。初回の集中力を大事にしている」と、高校3年間で4番の心得を学んだ。最後の夏は地区予選敗退も後輩たちが秋の全道で優勝。センバツ出場を確実にし、「自分が勝ったようにうれしくて」、スタンドで涙したという。持ち味は抜群のバットコントロールで広角に長打を飛ばす打撃。理想はイチローのような継続して成績が残せる選手だ。大学での目標は、ずばり「100安打」。1年春からのレギュラー取りが絶対条件となる厳しいノルマを自らに課した。「スイングに無駄をなくし、期待以上のものを出したい」という名門の4番が、目標のプロへ牙を研ぐ。

 ■ 若松4安打!北海2年ぶりベスト4進出(スポーツ報知) 10/6/3

【 春季全道高校野球2回戦 北海7―6白樺学園 】 北海は同校出身の元ヤクルト監督・若松勉さん(63)と同姓の187センチ大型4番・若松一吉(3年)の4安打など16安打で7得点。3投手の継投で粘る白樺学園を振り切り、2年ぶりのベスト4進出を決めた。187センチの長身をピンと伸ばして打席に立つ。今年の北海の4番打者は、絵になる男だ。初回の打席は、「深呼吸してから、先頭打者として大振りせず、甘い球を狙った」と言う通り、初球を中前安打。2回、2球目を右中間二塁打。4回も2球目を中前にポテンヒット。6回には初球を中前安打。5打数4安打。背番号7は「追い込まれる前に打つ。ストライクを取りにくる球を狙って、欲を出さずに振り切れた」と満足げに言う。初戦の5打数2安打と合わせ、これで2戦で10打数6安打の打率6割。それでも、「好調と思えば、次の打席につながらない。5打席目の三振は集中力がなかったし、コースにしっかり投げ分けられた時が課題」と自らを戒める。3番の和田も「若松は長距離砲でタイプが違う。あいつにつなぐことを考えてやっている」と大きな信頼を寄せている。中1の1年間はシニアと並行してバトミントン部にも所属。インターバル走などで強い下半身の基礎を築いた。この冬、5キロ体重がアップ。背筋力も185キロを誇る。「甲子園で勝つこと。プロで首位打者」と夢も大きな逸材を見守ったプロのスカウトも「広角に打てるいい打者」と高評価。

  プロフィール

 北海道札幌市生まれ。
 若松 一吉(わかまつ・かずよし)外野手。
 札幌川北小3年時から軟式野球を始め、札幌北都中時代は札幌北シニアで投手。
 高校入学直前にプロ開幕戦(札ド)の始球式を経験した。

 北海高では1年秋から背番号9でベンチ入り。
 2年秋の大会から4番打者としてチームを牽引し、3年春に9年ぶりとなる全道大会Vを達成する。
 支部予選からの計7試合で打率.536(28打数15安打)9打点の大活躍を披露。
 全道初戦・札幌一戦で2点二塁打など2安打、2回戦・白樺学園戦で4安打を記録している。
 3年夏はV候補の一角に挙げられながら、札幌光星高に1対7で敗れ支部敗退。
 大型外野手としてプロスカウトから注目されたが、志望届は提出せず亜大への進学を選択した。
 全道大会Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 亜大進学後は4年春からリーグ戦に出場。
 2季8試合(DHスタメン5)17打席の出場に留まり、これといった実績を残せないまま卒業となった。
 春の国学2回戦(6番・DH)、秋の駒大1回戦(3番・DH)で各2安打を放っている。
 リーグ通算8試合、打率.294、5安打、0本塁打、0打点、0盗塁。

 186cm81kg、均整の取れた体格の長身外野手。
 バットコントロールが良く広角に長打を弾き返す右打者。背筋力185キロのパワーの持ち主。
 高3春の札幌支部予選ではライナーでバックスクリーンに叩き込んでみせた。
 中学時代に投手として135㌔をマークした肩を備える。亜細亜大学時代の実績は少ない。
 投手としては長身からの角度ある直球が武器。スライダー、フォークを操る。

  スカウトコメント

プロスカウト|10/6/3
 「広角に打てるいい打者」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2014-12-28(日)|2016年社会人野手 | 東都大学 コメント(7) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
良かった、野球続けるんですね。大学では思ったような活躍はできなかったでしょうが、社会人野球で花開いてほしいです。
| 北風 | 2014年12月29日(Mon) 19:57 | URL #- [ 編集]
若松は、間違いなく北海道No.1打者だった
| aj | 2011年11月27日(Sun) 14:21 | URL #- [ 編集]
高校通算本塁打は何本ですか?
| 匿名 | 2010年12月08日(Wed) 22:46 | URL #- [ 編集]
亜大はここ数年だけでも、松田(SB)や岩本(広島)、中田(中日)に中原(SB)といったスラッガータイプの野手を輩出していますからね。若松には東都を代表する打者になってもらいたいです。
| 北風 | 2010年12月08日(Wed) 16:31 | URL #- [ 編集]
いいところに進学しましたね。
大学で着実に実力をつけてプロ入りしてほしいです。
| YUKI | 2010年12月08日(Wed) 03:00 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
プロ志望届けは提出するんですかね
| 天地 | 2010年09月01日(Wed) 20:58 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年社会人野手 | 東都大学 コメント(7) Page Top↑