原 泉(第一工業大)

ここでは、「原 泉(第一工業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



原 泉(第一工業大)

190cm95kg 右右 MAX142km 外野手 遠投120m 50m6秒6 喜界高
長打力のある右打者。3年春4試合連発でMVPを受賞。高校時代は142㌔右腕としても注目された。
2014年ヤクルト7位(契約金2500万円、年俸700万円)

  最新記事

 ■ プロ野球ヤクルトと仮契約 第一工大の原選手(asahi.com) 14/11/14

 プロ野球の東京ヤクルトスワローズからドラフト7位指名された第一工業大学(霧島市)の原泉外野手(22)=喜界島出身=が13日、球団側と仮契約を結んだ。契約金2500万円、年俸700万円(金額は推定)。霧島市での記者会見には両親も駆けつけて喜び合った。仮契約後の記者会見で、鳥原公二チーフスカウトは「近い将来、日本人の4番打者『和製大砲』になり得る」。原選手は「プロの責任を強く実感した。球団にプレーで恩返ししたい」と応えた。会見場の後ろから両親の一美(かずよし)さん(63)と早苗さん(60)が見守った。スワローズの帽子をかぶった息子の晴れ姿に、一美さんは「プロになったんだな、夢を実現したんだな、私たちも親の役目を果たせたな……」と感慨深げ。原選手は「両親が野球をやらせてくれたから今がある。早く1軍でホームランを打ち、親に楽な生活をさせてあげられるような選手になりたい」と話した。

 ■ プロ野球ヤクルト指名の第一工大 原選手が会見(asahi.com) 14/10/25

 プロ野球ドラフト会議から一夜明けた24日、東京ヤクルトスワローズの7位指名を受けた第一工業大学の原泉(いずみ)外野手(22)が霧島市にある大学構内で記者会見した。持ち味は長打力。「少しでも早くホームランを打ちたい。きれいな放物線を描きたい」と語った。喜界島出身。身長190センチ、体重95キロの右投げ右打ち。喜界高校では投手だったが、大学では岡留浩紀監督(42)のもとで打者として長打力に磨きをかけた。「体の軸を太く強くすることを心がけてきた」と言い、芯でとらえた打球の飛距離は150メートル近い。念願のプロ入りに、「野球から忍耐力を学んだ。監督ら育てていただいた方々への感謝の気持ちは、プレーで表したい」と話した。

 ■ 4戦連続弾 原MVP(南日本新聞) 13/4/29

 6連覇を決定づけた一発は、角度、飛距離ともに文句なかった。八回。第一工大は2点を勝ち越し、なお2死二、三塁の好機。4番原はシュート回転する内角のボールを腕をたたんで振り抜いた。観客席から感嘆の声が漏れる。4試合連続の本塁打で、自身初のMVPも手繰り寄せた。1点を追う五回には、1死三塁の場面で「打球を上げず、内野の間を抜くスイングを心がけた」。外角のスライダーをきれいに中堅へはじき返し、同点とした。「剛」と「柔」の使い分け。それまでバットを高く掲げていたが、練習試合で結果を残せず、打撃フォームを改造。グリップエンドを腰の高さまで落とし、揺らしながらタイミングを取るようになった。「手首を柔らかく使えるようになり、無駄な力も抜けた」と手ごたえを感じている。岡留浩紀監督も「プロを目指せる」と、一目置く喜界高出身の主砲だ。

過去記事

 ■ 喜界・原、大化けの予感(西日本スポーツ) 10/6/20

 188センチ、86キロの恵まれた体に底知れない力を秘めた原。開幕を2週間後に控え、久保正樹監督は「ようやく体ができたところ。ここからグッと伸びますよ」とさらなる成長を予言する。本格的に投手を始めたのは中学2年から。年々10キロちかく球速はアップし、この春の県大会では142キロを計測した。久保監督が「器用さを見るために投げさせた」というナックルボールを実戦ですぐに使うなど、のみ込みの早さも魅力だ。冬場は多いときで1日300球を投げ込み、制球力とスタミナをアップ。「右打者のひざ元に沈む球がほしかった」と新球シュートも習得した。他の球種に磨きをかけるためナックルの練習は休んでいるが、器用なタイプだけに、ここぞの場面で“封印”を解く可能性もある。中学3年のときに私立の強豪校から誘いもあったが、「島から本土の高校を倒したい」と島内唯一の高校に進学。通学やランニング中に島民から激励されることも多く、「最後の夏ですし、みんなが応援に来られるよう勝ち進まないと」と期待をエネルギーに変える。

 ■ 原・喜界 5回0封発進(西日本スポーツ) 09/7/7

 離島の新星がベールを脱いだ。5回67球を投げ、1安打無失点。8つの三振を奪いながらも原は「追い込んだときの変化球が今イチだった。出来は70点くらい」と振り返った。「緊張していた」という初回、力んで先頭打者に四球を与えたが、その後は直球を主体にスライダー、カーブを織り交ぜ、三塁すら踏ませなかった。打っては3回に左越え適時二塁打を放つと7回にも左前打。6回からは遊撃の守備もこなすなど、野球選手として抜群のセンスを見せつけた。188センチの長身から繰り出す直球は最速135キロ程度だが、変化球を器用にコントロールして打ち取っていくのが持ち味。この日は見せなかったが、ナックルも投げる。久保正樹監督は「来年には140キロも超えるだろう」と成長を見通す。喜界島生まれの喜界島育ち。中学3年の夏、久保監督から「高校で投手をやりたいなら1日1000回の腹筋をこなせ」とアドバイスを受けて実行。久保監督の家に設置されているトレーニングジムでウエートトレーニングを欠かさない。入学時は115キロほどだった球速は1年で20キロ近くアップ。プロの目に留まる存在にまで成長した。同校からは1990年、高橋英樹投手がドラフト3位で広島に入団している。「離島のハンディは感じません。自分もプロに行きたい。その前に監督を甲子園に連れて行く」。屈託なく笑みを浮かべる16歳が嵐を巻き起こす。

 昨年西武に入団したOBである美沢将(喜界二中→喜界高→第一工大)同様、
 身体能力が高く投打に将来性を注目されているようです。

  プロフィール

 鹿児島県喜界町出身。
 原 泉(はら・いずみ)外野手。
 小3から捕手として軟式野球を始め、喜界二中では軟式野球部に所属。
 中学2年時になって本格的に投手転向となった。

 喜界高では1年時からベンチ入り。
 相良悠馬(かずさマジック)を擁して勝ち上がり、1年夏の県大会で10年ぶり8強入りを経験する。
 県大会16強の2年夏は投手兼遊撃手、エース兼4番の柱としてチームを牽引。
 3年春に1番打者として3試合11打数8安打、投手として142㌔を記録する大活躍を見せた。
 夏は1番でソロを含む2安打を放つも、初戦で加世田に8安打3失点完投負け。
 投打両面の資質でスカウトからも注目されたが、志望届は提出せず第一工大進学を選択した。
 県大会8強が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 第一工業大進学後は1年時からリーグ戦に出場。
 2年春に3本塁打(鹿体大戦で1戦2発)を放ち、最優秀打者賞・外野ベストナインを獲得する。
 3年時には2シーズン連続でMVP、最優秀打者、ベストナインのタイトルを受賞。
 優勝を決定づける駄目押しの左越え3ランなど、春のリーグ戦で4試合連続本塁打を記録した。
 鹿児島リーグ通算9発(1年秋1、2年春3、3年春4、3年秋1)。

 190cm95kg、恵まれた体格の長身外野手。
 鹿児島リーグ通算9本塁打、長打力のある右の強打者。150m級の打球を放った実績を持つ。
 最速142㌔の角度のあるストレートとカーブ、スライダー、ナックル、シュート。
 大学で体重を10キロ近くアップ。喜界高時代は投打の資質でプロスカウトから注目されていた。
 喜界島から3人目のプロ入りを目指す。遠投120m、50m6秒6。

  スカウトコメント

ヤクルト・鳥原公二・チーフスカウト|14/11/14
 「球団は和製大砲を探しており、近い将来、4番になれる素材だ」
ヤクルト・松田慎司九州地区担当スカウト|14/11/14
 「パワーがあり、遠くに飛ばせる天性がある」
ヤクルト・松田慎司スカウト|14/10/23
 「強肩強打の大型外野手。恵まれた体からのパワーが魅力。スケールが大きく、和製大砲として期待できる、喜界島の怪童」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
大学では野手に転向しましたが持ち前の打撃力では健在です。
絶対プロいけます
| 匿名 | 2014年02月09日(Sun) 00:57 | URL #- [ 編集]
スケールの大きい選手。今年の第一工大は神宮を狙える力がありましたが、つめが甘かったですね・・・
| 鹿児島太郎 | 2013年05月19日(Sun) 17:23 | URL #- [ 編集]
西武が指名するかな?
| 匿名 | 2010年07月19日(Mon) 22:47 | URL #- [ 編集]
プロフィールを見る限り、素晴らしい選手だと想像できます
島の高校ということで練習試合は少なそうですね
それでこの成績なら将来が非常に楽しみです
1番打者とのことで足も速いんでしょうね
是非一度見てみたいです
| 海兵隊 | 2010年06月28日(Mon) 19:17 | URL #- [ 編集]
浦学の南に並ぶ素材型の大型右腕ですね。
まだまだスケールアップに期待できそう。
これからが楽しみな選手がまた一人現れた感じです。
長身ナックルボーラーを甲子園で見たい!
| ハルタカ | 2010年06月27日(Sun) 23:25 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する