長谷川 亮佑(ヤマハ)

ここでは、「長谷川 亮佑(ヤマハ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm84kg 左左 MAX142km カーブ・スライダー・シンカー 三重高→三重中京大 3年目
スリークォーターから内角を突く142㌔直球とスライダー。2年目の日本選手権で3安打9三振完封勝利。

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   14日: 1 先   9  3  9  2  0 140㌔ 東  芝 ○封
   15都: 1 先   5  2  4  6  0 137㌔ 三菱長崎 ○
   通算: 2    14  5  13  8  0 防0.00
       被安打率3.21 奪三振率8.36 四死球率5.14

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 失点 防御率
   10春: 4 1勝1敗 18.1  6  17  6  2  0.98
   10秋: 6 0勝0敗 14.1  10  18  10  1  0.63
   11春: 8 4勝0敗 32.1  22  33  10  4  1.11
   11秋: 5 1勝1敗 18.1  10  17  13  4  1.96
   12春: 2 1勝0敗  2.2  2  2  2  0  0.00
   通算: 25 7勝2敗  86  50  87  41  11  1.15
         被安打率5.23 奪三振率9.10 四死球率4.29
            (誤差あり、防御率は失点から計算)
 ※【三重】12秋:MVP
  【決勝】10春:最優秀投手 12春:首位打者、外野手ベストナイン 12秋:優秀選手

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   10選: 1    1  3  0  0  1 141㌔(東ド) 広経大
   12秋: 1 先  5  6  5  3  1 140㌔(神宮) 法政大
   通算: 2    6  9  5  3  2 防3.00
      被安打率13.50 奪三振率7.50 四死球率4.50

  最新記事

 ■ 日本選手権 東海地区予選 ヤマハ完封勝ち(毎日新聞) 15/9/13

 社会人野球日本選手権大会東海地区予選は第6日の12日、愛知県の岡崎市民球場で行った。敗者復活の第2試合で、県勢のヤマハは長谷川亮佑投手が東海理化を完封した。長谷川投手は「調子は良くなかったが完投できて良かった。残り3連勝に向けて次もがんばりたい」と意気込みを示した。

   15年日選予  回数 被安 奪三 四死 失点 
   王  子 先   5  3  5  4  1
   東海理化 先   9  4  4  5  0封
   ホンダ鈴鹿 先  3.1  3  1  3  3
          17.1  10  10  12  4 防2.08(失点から計算)
       被安打率5.19 奪三振率5.19 四死球率6.23

 ■ 都市対抗野球:接戦制しヤマハ 3投手で三菱重工長崎零封(毎日新聞) 15/7/23

 第86回都市対抗野球は大会6日目の23日、東京ドームで1回戦2試合。第1試合はヤマハと三菱重工長崎が対戦。2本塁打を含む4安打で3点を奪ったヤマハが三菱重工長崎を3−0で降した。先発左腕・長谷川亮が要所を締めて五回まで乗り切り、2番手右腕・角屋は速球勝負で3回を無安打。攻撃は四回に矢幡の本塁打で先制し、六回は佐藤が2点本塁打を放った。三菱重工長崎は前半に再三得点機を築いたが、生かせなかった

   15年都対予  回数 被安 奪三 四死 自責
   三菱岡崎 先   9  4  8  3  1
   ホンダ鈴鹿 先  6.1  7  3  1  1
   永和商事 先  4.2  4  0  5  5
           20  15  11  9  7 防3.15
       被安打率6.75 奪三振率4.95 四死球率4.05

 ■ ヤマハ準決進出に望み…長谷川亮が好投、指揮官公式戦初○(スポニチ) 15/3/11

 ヤマハが準決勝進出に望みをつないだ。長谷川亮が強風の吹き荒れる中で7回を5安打完封。「高めは気をつけたが、低めに集めるコントロールがあるわけでもない」と普段通り腕を強く振ることに集中。3年目の左腕は「投手陣の柱になりたい」と自覚を示した。公式戦初勝利の美甘(みかも)将弘監督も「今年やってもらわないといけない投手の一人」と期待を寄せた。

   15年          回数 被安 奪三 四死 失点
   スポニチ:日本新薬 先   7  5  6  3  0封
   東海春季:東海レックス 先   5  7  3  4  4
   静岡大会:永和商事 先   9  5  8  3  0封
   富山大会:佐久コス 先   7  2       0封
   東北大会:バイタル 先   7  3  5  3  0
                35  22       4

過去記事

 ■ 社会人野球:ヤマハ長谷川亮 東芝を3安打完封(毎日新聞) 14/11/4

 ヤマハは一回、振り逃げと2四球で1死満塁とし、佐藤の左前打で先制。五回は1死二塁から河野が中前打を放ち、打球を中堅手がそらす間に1点を加えた。3安打完封の長谷川亮の落ち着いた投球が光った。東芝は守りのミスから失点し、リズムを作れなかった。東芝の各打者は、内角の直球に差し込まれ、ドロンと落ちるカーブやスライダーには泳がされる。ヤマハの2年目左腕・長谷川亮が、つかみどころのない投球で相手打線を手玉に取った。「左右の打者の内角の直球を使えたのがよかった」。持ち味を発揮したのは三回1死一塁の場面。それまでほとんど投げなかった直球に徹した。ストレートを3球続けて1番・大河原を中飛に打ち取ると、前の打席で二塁打を浴びた左打ちの松本を、137キロの速球で詰まらせて遊飛に仕留めた。球速は140キロ未満。だが、ブレーキの利いた変化球などを織り交ぜ、相手の裏を最後までかきつづけた。被安打3、9奪三振の完封。2三振に終わった東芝の5番・吉田は「タイミングが合わず、ずるずるいってしまった」と悔やんだ。三重中京大時代は則本(現楽天)に続く2番手投手だった。入社後は度重なるけがに悩まされ、この日が社会人では初の全国大会でのマウンドだった。3人以上の投手を使って継投で戦うヤマハで、1人で投げ抜くことは異例。「上出来ですね。やっと会社に貢献できた」。23歳の若者が大仕事をやってのけた。

 ■ 完封負けにも涙なし 全国1勝で校名残った(中日新聞) 12/11/13

 最後は笑顔だった。9回2死。法大・三嶋の変化球に、途中出場の八万のバットが空を切った。この瞬間、三重中京大の戦いが幕を閉じた。ただ、涙はない。「日本一にはなれなかったので、満足ではない。でも、4年間、走りきった実感はある」。7回途中から登板したエース・則本は悔しさをにじませたが、下を向くことはなかった。三嶋の150キロ近い速球を打ちあぐね、打線はわずか4安打で16三振。先発・長谷川が5イニング1失点と好投し、救援陣は無失点で続いただけに、打線の無援が惜しかった。「勝てる試合だった。(決勝まで)もう2試合やりたかった」と中村好治監督(58)。「流れを呼び込みたかった」という5番手登板の則本は自己最速にあと2キロに迫る152キロをマーク。奮闘したが、最後まで三嶋を攻略できなかった。

 ■ 来年度末で閉校 三重中京大野球部 有終の美へ一丸(伊勢新聞) 12/3/5

 来年度末で閉校する、松阪市久保町の三重中京大で、硬式野球部最後のシーズンが始まろうとしている。過去9度の全日本大学選手権進出を果たした野球部も、2010年から新入生募集を停止した影響で、現3年生の1学年24人だけとなった。それでも三重学生リーグ、東海地区代表決定戦の制覇と、全日本大学選手権への2年ぶり10度目の出場を目指して、チーム一丸で練習に取り組んでいる。出足は好調だ。既に2月からオープン戦が始まっているが、東海地方や関西地方の社会人チームなどと対戦し、4戦全勝の好成績を収めている。右腕則本昂大(八幡商)、左腕長谷川亮佑(三重)の二本柱は今季も健在。則本は昨春に最速154キロをマークした剛速球派。長谷川は140キロ台の直球を主体に、縦に落ちるカーブ、スライダーで打者を打ち取る。ともに東海地方屈指の好投手として名が通り、複数のプロ球団スカウトが松阪まで視察に足を運んでいる

 ■ 強気「打者のけぞる内角狙った」 三重・長谷川亮佑投手(asahi.com) 07/7/20

 「打者がのけぞるくらいの内角を狙った」。12三振を奪った三重の投手長谷川亮佑君(2年)は、左打者が並ぶ四日市四郷の中軸に、強気の攻めを続けた。 内角への直球の後は、ストライクからボールに逃げる外角への変化球で空振りを誘う。12三振のうち中軸打者から7。しかも、主軸の近藤泰介君を4打数4三振に抑え込んだ。近藤君は、5月にあったブラジル選抜との親善試合で、県選抜チームにも選ばれた強打者だ。

 2年春に出場した大学選手権では変化球が決まらず1イニング2失点となってしまった
 ものの細身の印象が強かった高校時代から体が大きくなり力強さを増した投球を見せて
 くれました。今後の成長が楽しみです。

  最新記事

 三重県松阪市出身。
 長谷川 亮佑(はせがわ・りょうすけ)投手。
 松阪市立東部中学校では、軟式野球部に所属していた。

 三重高では2年夏に主戦格として県16強入りを経験。
 エースナンバーを任された同年秋に県大会3位での東海大会ベスト4進出を達成している。
 2回戦・豊田大谷(愛知1位)戦で125球10三振3失点完投勝利を記録。
 翌3年春の大会は初戦2回戦敗退に終わり、夏の予選も皇学館に4対5で8強に留まった。
 三重3位、東海4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 三重中京大進学後は投手兼外野手として活躍。
 リリーフ左腕として2年春の三重リーグVに貢献し、決勝リーグで最優秀投手賞のタイトルに輝く。
 東海大学海洋学部相手に4.1回ノーヒット4奪三振無失点の好リリーフを披露。
 大学選手権初戦に救援登板し、2点の先制を許しながらも、東ドで最速141㌔をマークした。
 3年春の決勝リーグ・中部学院大戦で6安打10三振2失点初完投勝ちを記録。
 秋の王座決定戦・愛院戦(0対2)で7回途中8K、5安打5四死球2失点の粘投を演じている。
 4年春秋は打撃面でもチームを引っ張り、秋に投打の活躍で三重MVPを獲得。
 春に決勝リーグ・首位打者(.389)、外野ベストナイン、秋に同・優秀選手をそれぞれ受賞した。
 2シーズン連続で全国大会に進出し、秋の法大戦(0対1)で5回1失点をマーク。
 西浦直享から2打席連続空振りK(シンカー)、多木裕史から空振りK(スライダー)を奪っている。
 同期に則本昴大(楽天)、升岡滉太郎、宮崎駿(ソフトバンク)ら。

 ヤマハ入社後は1年目から公式戦に出場。
 静岡大会・バイタルネット戦で初先発を果たし、7回コールド7K、1失点完投で初勝利を収める。
 年間7試合(先発3試合)にとどまり、都市対抗、日本選手権での登板は無し。
 2年目の日本選手権・東芝戦の先発を任され、大舞台で3安打9K初完封勝利を記録した。
 大卒3年目になって主戦格の座をつかみ、春先から各大会で完封勝ちを記録。
 都対本戦初戦・三菱重工長崎戦に先発登板し、5回6四死球無失点の粘投で白星を挙げた。
 二大大会通算2試合、2勝0敗、14回、13三振、防0.00。

 181cm84kg、ガッチリとしたスリークォーター左腕。
 ノーワインドアップから上体を傾けて重心を下げ、インステップ気味に小さめのテイクバックを取り、
 肘を柔らかく使った腕の振りから繰り出す最速142㌔、常時130㌔台の直球と、
 110㌔台から120㌔台のスライダー、120㌔前後のチェンジアップ、100㌔台の大きいカーブ。
 球速はさほど無いがタイミングの合わせづらい投球フォームから投げ込んでいく。
 内角を突く真っすぐとスライダーをはじめとする変化球との緩急。制球にはバラツキが残る。
 東海地区118.2回で106三振、奪三振率8.04を記録(4年秋は32.2回19K)。
 大学時代は主に則本昂大に次ぐ先発を務めた。打力を生かし外野手、主軸としてもプレー。
 度重なる怪我を乗り越え、3年目から主戦を務める。

  スカウトコメント

ヤクルト・小田スカウト|15/8/28
 「球持ちがいい左ピッチャーですね。テークバックが小さくてタイミングが取りづらいです。スピードは136、137ですが、手元でピッときます。スライダーも手元で曲がる。打ちにくいタイプだと思います」
中日・中原スカウト|15/8/28
 「大学の時から見てきましたが、だんだんとピッチングに味が出てきました。バッターとの間合いの取り方、駆け引きがうまくなった印象があります。左投手はどの球団も欲しがりますから、指名の可能性はあると思います」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-10-01(木)|2015年社会人投手 | 東海地区大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人投手 | 東海地区大学 コメント(0) Page Top↑