栗野 翔太郎(石川ミリオンスターズ)

ここでは、「栗野 翔太郎(石川ミリオンスターズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



187cm85kg 右右 MAX147km フォーク・スライダー 明徳義塾→道都大→群馬 25歳
長身から投げ下ろす角度ある直球と縦のスライダー、フォーク。4年春に神宮経験。制球に課題が残る。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   14年: 26 5勝4敗1S  84.2  72  70  68  45  4.84
   15年: 13 0勝2敗   19.2  27  16  34  30 13.73
   通算: 39 5勝6敗1S 104.1  99  86 102  75  6.47
          被安打率8.54 奪三振率7.42 四死球率8.80

 ■ 大学時代成績

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   13選: 1  0  0  0  1  0 139㌔(神宮) 東農北

  最新記事

 ■ 道都大、新人大物3人衆で勝つ!4日開幕(スポーツ報知) 10/5/4

 栗野は187センチの長身から投げ下ろすフォークが武器。明徳義塾1年の秋からベンチ入り。明治神宮大会の登板経験を持つ右腕だ。その後は指の故障もあって、精神的スランプが長く続いたが、今春の練習試合では法大相手にMAX143キロを計測。完全復活を果たし、「マウンドに立つのがメッチャ楽しい。新人賞が取りたい」と胸を張る。

 ■ 明徳V!完全復活へ手応え(デイリースポーツ) 08/5/6

 明徳義塾が3年ぶり6度目の優勝を飾った。先発した2年生右腕、栗野翔太郎が七回途中まで9三振の力投。栗野の好投に馬淵監督は「よかったねえ。相手が球を絞りきれなかった。見逃し三振も多かったし」と称賛した。五回まで1四球を挟んで5連続を奪うなど9三振。そのうち見逃しは5個。最後はバテて七回途中、2失点で降板したが、立派な合格点をもらった。昨秋、明治神宮大会で常葉菊川(静岡)相手に公式戦初先発して3回、2被弾の6失点KO。前日(済美戦)も同じパターンで、制球に苦しんで3回を6失点降板の憂き目に遭った。指揮官が与えたリベンジ舞台。栗野も「同じことは繰り返したくない」と誓ったマウンドで変身した。昨秋、MAX147キロを計測したが、小学生時代から投げていたフォークを武器にする。ところが、この日は封印した。「すごく球が切れていた」とスライダーを中心に、速球を交えて今治西打線を牛耳った。

   07神   回数 被安 奪三 四死 自責
   常葉菊川   3  7  1  2  5 133㌔

 神宮では常時120㌔台後半、最速でも133㌔止まりでしたが、潜在能力は相当高そうですね。
 1年秋68.1回で40個の四死球を出したコントロールが課題。

  プロフィール

 大阪府豊中市出身。
 栗野 翔太郎(くりの・しょうたろう)投手。
 高野台小学校3年から軟式野球を始め、豊中十四中ではニューヤンキースに所属。

 明徳義塾高では1年秋からベンチ入り。
 背番号16の控えとして四国大会優勝に貢献し、最速147㌔を叩き出した直球で注目を集める。
 先発を務めた神宮準決・常葉菊川戦は、2発含む7安打、3.0回6失点で敗戦。
 翌春選抜での登板機会無く、その後ケガもあって調子を崩し、3年夏の大会をベンチで過ごした。
 同学年のチームメイトとして石橋良太ら。

 道都大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 4年春選手権1回戦に8回1死2、3塁から登板し、0/3回2失点のホロ苦全国デビューを経験する。
 初球の投前犠打で一塁悪送球を犯し、次打者に四球を出したところで降板。
 4年秋のリーグ戦でも救援3試合のみと目立てず、続く神宮を登板無く初戦2回戦敗退で終えた。
 登板機会少なく大学時代に目立った実績は無し。

 群馬DPでは1年目からリーグ戦に出場。
 先発・リリーフで26試合84.2イニングに起用され、先発5勝(0完投)、防御率4.84の実績を残す。
 68四死球(率7.23)を出した一方で、70三振(率7.44)を記録する力投を披露。
 翌2015年5月15日付けで練習生降格が決定し、同年6月に石川ミリオンスターズ移籍となった。
 通算39試合、5勝6敗1S、104.1回、防御率6.47。

 187cm85kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 セットポジションから重心を下げてインステップし、肘を使った腕の振りから投げ下ろす最速147㌔、
 常時130㌔台後半の角度ある直球と、120㌔台の縦スラ、120㌔台のフォーク。
 計104.1回で102四死球を出したコントロールに不安が残る。奪三振率7.42、四死球率8.80。
 遠投110m、50m6秒7(高校2年春選抜時点)。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
頑張ってほしい
| 匿名 | 2013年10月07日(Mon) 14:54 | URL #- [ 編集]
今日、彼の大学デビュー戦を見ましたが・・・正直、球速があるだけで、伸びやキレはほとんど感じられませんでしたし、如何せん制球が破綻気味。
素材としては面白いので、今後の成長に期待しています。
札六からもプロの選手が生まれてもらいたいですね。
| YUKI | 2010年05月06日(Thu) 22:13 | URL #YHaVCxXw [ 編集]
正直、伸び悩みがあるかな?と思っていました。だったら石橋がエースの方がいいのでは?とカキしたこともありますが、記事を見ると魅力を感じますね。身長も高いですし、大学で持っているものを出して欲しいですね。
| 匿名 | 2010年01月29日(Fri) 18:27 | URL #8wW9zD4Y [ 編集]
栗野と石橋の2枚板で高知の夏を勝ち抜いてほしい
| good | 2009年06月30日(Tue) 21:56 | URL #- [ 編集]
来年の甲子園有力候補
| プリッツ | 2009年01月18日(Sun) 21:50 | URL #mQop/nM. [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する