荒木 雅仁(九州三菱自動車)|ドラフト・レポート

荒木 雅仁(九州三菱自動車)

ここでは、「荒木 雅仁(九州三菱自動車)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm70kg 右右 MAX145km カーブ・スライダー・フォーク 金沢辰巳丘→金沢学院大 1年目
最速145㌔直球に変化球を交え、丁寧に打たせて取る投球が持ち味。MVP2回、通算27勝。

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   09春: 1  0勝0敗
   09秋: 5  4勝1敗   36          6  1.50( 4位)
   10春: 8  6勝1敗   63          6  0.86( 3位)
   10秋: 9  5勝1敗  52.1    64     6  1.03( 2位)
   11春: 6  3勝3敗  49.1          7  1.28( 4位)
   11秋: 7  4勝1敗  43.1         10  2.08( 6位)
   12春: 7  3勝3敗  42.1  44  30  18  8  1.70( 5位)
   12秋: 7  2勝1敗  36.2  32  27  12  8  1.96(10位)
   通算: 49 27勝11敗  323         51  1.42(1年春除く)
    ※ 10春秋:MVP

 【 全国大会 】
   10選      回数 被安 奪三 四死 自責
   大阪学院大 先   9  11  3  2  2 142㌔(神宮)
   中央学院大    4.1  6  3  6  4 144㌔(神宮)
           13.1  17  6  8  6 防4.05
        被安打率11.48 奪三振率4.05 四死球率5.40

投手成績詳細

   10秋代表決定戦   回数 被安 奪三 四死 自責
   準決勝:名商大 先   9  6  4  4  1
   決 勝:愛院大     2  2  2     2
              11  8  6     3 防2.45
            被安打率6.55 奪三振率4.91 ※ 敢闘賞

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   金沢大 先   9  6  10  5  1 ○
   福工大 先   6  9  3  4  1 ●
   富山大 先   9  3  2  3  0 ○封
       先   9  5  9  4  0 ○封
   高岡法 先   5  12  3  1  4 ●
       先   4  9  3  1  4 ●
   金沢星    0.1  0  0  0  0
         42.1  44  30  18  8 防1.70
      被安打率9.35 奪三振率6.38 四死球率3.83 

   12秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   富山大    4.1  1  5  1  0 ○
   金沢星 先  3.1  7  0  0  2 ●
   金沢大 先   7  6  6  1  0 ○封
       先  3.1  8  4  3  5
   高岡法    3.2  1  2  2  0 
   福工大 先  12  7  8  5  1
           3  2  2  0  0
         36.2  32  27  12  8 防1.96
      被安打率7.85 奪三振率6.63 四死球率2.95

  最新記事

 ■ 「神宮で勝つ」 金沢学院大エース・荒木(北国新聞) 12/4/6

 7日開幕の北陸大学野球春季リーグ戦に金沢学院大の荒木雅仁投手がこれまでにない激しい闘志を燃やしている。エースとして、チームを2季連続11度目の優勝に導くのは もちろん、6月の全日本大学選手権で快投し、プロのスカウトの目を引こうと意気込む。 辰巳丘高時代は目立たなかったが、県内外から優秀選手が集まる金沢学院大に入り、大きく力を伸ばした。180センチ、73キロの細身右腕。最速145キロの直球とカーブ、スライダー、フ ォークの変化球を巧みに投げ分け、1年春からリーグ戦に登板し、1年秋には先発に定着した。エースとなった2年春は好投を続けて優勝に貢献し、神宮のマウンドへ。1回戦で大阪学院大に11安打を浴びながらも粘投と打線の援護で勝利投手となった。 荒木投手のリーグ戦成績は1年の春0勝0敗、秋4勝1敗、2年の春6勝1敗、秋5勝1敗、3年の春3勝3敗、秋4勝1敗で通算22勝7敗。2年の春秋にMVPを獲得したが、3年春は悔しい黒星が続き、惜しくも神宮切符を逃した。自信の球はストレート。手元でぐんと伸び、打ちづらい。これに多彩な変化球を絡め、打たせて取る。

 ■ MVPに荒木 北陸大学野球秋季個人賞(北国新聞) 10/11/20

 北陸大学野球秋季リーグ戦の個人賞が19日決まり、1部の最優秀選手賞は優勝した金沢学院大のエース荒木雅仁(辰巳丘高卒)、首位打者は同じく福田勇馬(県和歌山商高卒)が4割1分7厘でそれぞれ獲得した。

 ■ 金沢学院大が選手権初勝利/大学選手権(日刊スポーツ) 10/6/8

 3年ぶり3度目の出場の金沢学院大(北陸)が、選手権初勝利を収めた。荒木雅仁投手(2年)の5失点(自責2)を、12安打の打線で援護。6回には、植聡二郎内野手(3年)が大会1号となるソロ本塁打を放った。植は「大学初ホームランです。気持ちいい」と笑顔で振り返った。

 得意とするスライダーが思うように決まらず、初の全国はボールの違いに戸惑いがあったようです。
 全国経験を今後に生かしてくれるといいですね。決め球があると更に良さそうです。

  プロフィール

 石川県金沢市出身。
 金沢辰巳丘時代に目立った実績は残せず、県大会3回戦が最高成績。
 3年夏は金沢東高に2対3で敗れ2回戦敗退に終わった。

 金沢学院大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 同秋にはリーグ最多タイの4勝を収め、防御率1.50の好成績で頭角を現す。
 以降7季連続で投手十傑入りし、2年春からは主戦として北陸リーグ通算27勝11敗を記録。
 年間11勝を挙げた2年時に連覇を果たし、2季連続で最優秀選手賞を獲得した。
 春は先発8試合63回をこなすフル回転の活躍を演じ、6完投4完封、防0.86をマーク。
 優勝がかかった最終週福工大戦で初戦こそ落としたものの、見事連続完封勝利を収めている。
 秋は5先発5完投、52.1回64奪三振(率11.01)の力投を披露(代表決定戦敗退)。
 4年秋は長谷川潤に次ぐ先発2番手で起用され、勝ち星は2勝(1完封)に留まった。
 2年春に出場した大学選手権では、初戦で大院大・小林寛(横浜2010年4位)と投げ合い、
 12安打9得点の大量援護を受け、11安打5失点(自責2)完投勝利を挙げている。
 リーグ通算49試合、27勝11敗、323回、防御率1.42(1年春を除く)。

 181cm70kg、細身の右腕。
 セットポジションから早めに着地し、開き早めに右上手から肘を使い振り下ろす最速145㌔、
 常時130㌔台後半から140㌔台前半の直球と120㌔前後から120㌔台のスライダー、
 100㌔台から110㌔台で大きく縦に曲がるカーブ、120㌔台のフォーク。
 力み無いフォームから丁寧に両サイドに投げ込み、打たせて取る投球で試合を作る。
 甘い球はあるものの、制球力はまずまず。表情を変えず淡々としたマウンドさばきも持ち味。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する