末永 彰吾(NTT東日本)

ここでは、「末永 彰吾(NTT東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm65kg 右右 MAX152km スライダー・フォーク・カット・カーブ 筑陽学園→帝京大 6年目
最速152㌔の勢いある直球と縦のスライダー、フォーク。真っすぐ主体に力で押す速球派リリーフ右腕。

  動 画

  投手成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   10日: 1  0.2  1  0  0  0 142㌔ ト ヨ タ
   11都: 5  10  7  7  2  1
         1.1  1  1  1  0 148㌔ 四国銀行
          2  2  2  0  0 147㌔ 日本新薬
          1  0  0  0  0 143㌔ 日本生命
          2  0  0  0  0 142㌔ 住金鹿島
         3.2  4  4  1  1 148㌔ JR東日本
   12都: 2   2  2  1  1  0  
          1  0  1  0  0 149㌔ ト ヨ タ
          1  2  0  1  0 144㌔ JX-ENEOS
   13都: 1  1.2  0  2  0  0 145㌔ 東邦ガス
   14都: 1   2  0  1  0  0 149㌔ 大阪ガス
   通算: 10 16.1  10  11  3  1 防0.55
     被安打率5.51 奪三振率6.06 四死球率1.65

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 自責 防御率
   07秋: 5  1勝2敗  29.2  11  3.34(10位)
   08春: 11  4勝4敗  71.1  14  1.77( 5位)
   09春: 10  3勝5敗  62.2  13  1.87( 5位)
   09秋: 8  5勝3敗   64  13  1.83( 5位)
   通算: 34 13勝14敗 227.2  51  2.02(不明分除く)

  最新記事

 ■ NTT東日本、加藤の好返球で流れつかみベスト4入り/都市対抗(SANSPO) 14/7/28

 第85回都市対抗野球 第10日(27日、東京ドームほか)準々決勝が行われ、西濃運輸、NTT東日本、富士重工が勝って4強入りした。NTT東日本は今大会3試合目で初失点したが、投打がかみ合って2年ぶりのベスト4入り。33年ぶりの優勝も視野に入る戦いぶりに、飯塚監督は「うちはそう打てる方ではないので、四回に加藤が好返球で、本塁で刺し先制点を与えなかったのは大きかった」と右翼手の好守備を褒めた。さらに3番手で起用した抑えの末永が2回を完璧に投げ、「やっと(本格復帰)という感じ」と喜んだ。

 ■ 都市対抗野球:第1代表・NTT東日本 強打で頂点狙う(毎日jp) 12/7/10

 投手陣は、4年目の井納翔一投手(26)が都予選から好調を維持。ベテランの黒田信広投手(34)も都市対抗に照準を合わせる。プロを引退した左腕・上野貴久投手(29)が復帰し、抑えに3年目の末永彰吾投手(25)が控えるなど層は厚い

      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   12都予: 3   5  2  2  2  0  0.00  3.60  3.60  3.60

 今年は春先から調子を落としていたんだそうです。都市対抗本戦での登板は2試合2回止まり。
 JX-ENEOS戦では真っすぐが抜け、2死一二塁のピンチを作ったところで降板でした。

 ■ 激闘制し、歓喜のサヨナラ(時事ドットコム) 11/11/1

 激闘に終止符を打ったのは、4番の一振りだった。延長十一回無死二塁。JR東日本の松本は「自分が決めるしかないと思った」。NTT東日本の守護神・末永の直球を強振すると、打球は左翼手の頭上を越えた。そして、歓喜の輪ができた。

  プロフィール

 福岡県筑紫野市出身。
 末永 彰吾(すえなが しょうご)投手。
 筑紫小学校時代にソフトボールを始め、筑山中では筑紫野ドリームズに所属。

 筑陽学園高では1年時からベンチ入り。
 1年夏に控えサードとして甲子園出場を果たし、ダルビッシュを擁する東北との対戦を経験した。
 9回表二死6対11で初打席を迎えるも、真壁賢守の前に三振で1回戦敗退。
 3年夏は九国大付に2対5で敗れ県5回戦にとどまった(控え投手として救援1試合のみ登板)。

 帝京大進学後は2年秋になって初の投手ベスト10入り。
 3年春に全11試合・計71.1回を投げ抜き 4勝4敗、防御率1.77の活躍で2位躍進を達成する。
 秋は疲労により本来の投球が出来ず、調子を戻した4年時に年間8勝を記録。
 4年秋に東海大戦での3失点完投勝利など、チームの全勝ち星となる5完投勝利を挙げた。
 4年夏には首都大学選抜としてロッテルダム・ワールドポート・トーナメントを経験。
 オランダ相手に散発3安打完封の好投を披露し、キューバ戦で4安打1失点完投勝ちを収めた。

 NTT東日本入社後は1年目春からリリーフで活躍。
 抑え投手として長野大会7年ぶり優勝に貢献し、決勝・富士重工戦で最速150㌔を計測する。
 都対予選では3.2回6安打2失点と打たれ、本大会(8強)での登板機会はなし。
 秋の選手権(4強)で救援1試合1.2回を経験し、2年目の都市対抗で準優勝を成し遂げた。
 全5試合10イニングにクローザー起用され、7安打7奪三振1失点の力投を披露。
 コンスタントに140㌔台後半の直球を投げこみ、準決まで4試合連続無失点を記録している。
 決勝戦は3.2回4奪三振の奮闘も及ばず、11回に連続長打を浴びサヨナラ負け。
 不調に陥った3年目・都対は登板2回に留まり、4年目の初戦敗退を経て5年目に4強入りした。

 175cm65kg、速球派スリークォーター右腕。
 セットから左腕を低い位置で伸ばして重心を下げ、開き早めながらも肘を使った鋭い腕の振りから
 繰り出す最速152㌔、常時140㌔台中盤から後半の勢いのあるストレートと、
 120㌔台後半の縦のスライダー、130㌔台後半の切れの良いフォーク、130㌔台のカットボール。
 細身ながらバネを感じさせ、直球を武器とする救援投手。決め球にフォーク。
 コントロールはまずまず。二大大会10試合16.1回で11奪三振、3四死球、防御率0.55。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2014-10-09(木)|2015年社会人投手 | 首都大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
増井(日本ハム)みたい
| マシーアス | 2012年03月12日(Mon) 10:02 | URL #- [ 編集]
大学時代は常時130キロ台後半から140キロ前半と速球派というイメージではなかったんですが150キロに到達しましたか!
| 鴎 | 2010年08月19日(Thu) 21:45 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人投手 | 首都大学 コメント(2) Page Top↑