田村 和麻(京葉銀行)

ここでは、「田村 和麻(京葉銀行)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm80kg 右左 MAX143km 外野手 遠投100m 50m6秒0 本庄一→東京情報大
広角に打ち分ける好打者。内角球を巧みに捌く。3年春にMVP受賞。連盟新127安打を積み上げた。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11春:   .315  54 17 0 1 0 6 6 3 1  .351  .352(7位)
   13春: 12 .442  43 19 3 1 0 11 3 6 1  .510  .558(1位) 
   13秋:   .442  43 19 4 0 1 12 0 4 2  .489  .605(2位)
   14春:   .324  37 12 4 0 0 1 4 10 4  .468  .432(5位)
   14秋:   .489  47 23 4 1 2 14 3 10 3  .579  .745(1位)
   通算:   .402 224 90 15 3 3 44 16 33 11  .479  .536(不明分除く)
    ※ 13春:MVP 13春14秋:首位打者 11春13春秋14春秋:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11選: 2 .250  8 2 0 0 0 0 1 0 0  .250  .250
   13選: 1 .500  4 2 1 0 0 0 1 0 0  .500  .750
   通算: 3 .333 12 4 1 0 0 0 2 0 0  .333  .417

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   08夏: 2 .200  5 1 0 0 0 1 0 2 0  .429  .200
   10夏: 1 .500  4 2 1 0 0 1 0 0 0  .500  .750
   通算: 3 .333  9 3 1 0 0 2 0 2 0  .455  .444

  最新記事

 ■ 東京情報大 団結力でVへ(読売新聞) 13/6/11

 第62回全日本大学野球選手権大会に、県大学野球春季リーグを制した東京情報大が出場する。攻撃の中心は、田村和麻外野手(3年、埼玉・本庄一)と吉野潤内野手(4年、千葉英和)の3、4番コンビ田村選手は左右に打ち分ける打撃が得意で、リーグ戦では4割を超える高打率をマークした。吉野選手は持ち前の勝負強さでチーム最多の12打点を挙げ、打線を引っ張った。嘉数拓也主将(4年、沖縄・沖縄尚学)は「あの2人が打てなければしょうがない」と話し、チームメートも絶大の信頼を置く。田村選手は「自分がランナーをかえせなくても、後ろに吉野さんが控えていてくれることで安心できる」、吉野選手は「前で打ってくれると楽に打席に立てる」と、互いにも認め合う。

 ■ 本庄一・田村、不調7回4失点「ばてた」(デイリースポーツ) 10/8/11

 本来の粘りの投球ができなかった。本庄一のエース田村和麻投手は7回4失点で降板。序盤は低めを丁寧に突き、五回まで無失点に抑えたが、六、七回と相手打線につかまった1週間前から体調を崩していた。風邪をひき、せきが止まらなかった。「最初はいい感じでしたが、ばててしまいました。六回からボールが浮いてしまった」。チームのモットーの“常笑野球”を最後まで実践した。降板後、センターに回っても決して下を向かなかった。埼玉大会ノーシードから甲子園の土を踏み「ここまでこれたのが奇跡。勝ちたかったけど、楽しんでプレーできたかなと思う」と敗戦にも表情は晴れやかだった。
 「2年前よりは成長を感じました」。試合後、田村和麻投手は涙ひとつ見せず、笑顔で語った。敗れはしたものの、六回には自らのバットで追加点をあげることができたからだ。4番打者で出場した前回。初戦は突破したものの、二回戦では内角攻めに遭い全く打てなかった。「打撃のフォームがわからない」その後、自信を失いスランプに陥った。新チームになってからは投手も任され、投手に集中しなければならなかった。今夏の埼玉大会。打率3割3分3厘と復調の兆しも見えてきたが、打球がなかなか前に飛ばないのが悩みだった。「『打ってやろう。大きい球を狙おう』という欲に似た気持ちが、打ち損じや外野フライを生み出した」と分析する。「勝てる試合だったのに」。五回までは無失点に抑えたことを振り返り悔しさものぞかせたが、打者として成長できたことに満足そうだった。(毎日jp)
 昨秋から遠投で100メートルを投げる肩を買われ、投手になった。「田村1人に何でも負わせるチームになっていた」と主将の葉梨裕佑。その結果が、春の県大会地区予選の1回戦負けだった。「春はどうしても自分でやらなきゃという気負いがあった」と田村はいう。意識が変わったのは埼玉大会初戦。延長13回を1点差で制して、チームに一体感が生まれた。(asahi.com)

 【 甲子園成績 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   10夏: 1  7  6  1  2  4 143㌔ 明徳義塾

 打者として早くから注目されていた選手ですがその後不振に陥っていたようです。
 制球にまとまりがあり変化球に切れ、短期間で143㌔到達となると投手としての成長にも注目ですね。

 ■ 本庄一・田村和 3連続完投の熱投(MSN産経) 10/7/28

 準々決勝から3連続完投勝利。本庄一を2年ぶりの甲子園へ導いた背番号8のエース・田村和は「肩もひじも張っていた。でも気持ちでいきました」と振り返った。一昨年夏、チームは北埼玉代表で甲子園へ初出場。当時は1年生ながら4番・一塁手で起用した強打者を須長監督は昨秋、新チームのエース兼主将に指名した。「勝つにはそこそこ球速のある投手が必要ですから」。田村和は「自分にできるのか」ととまどったが、シニアリーグで投手経験はあり、左打者に有効な落ちるツーシームを覚えて投球の幅を広げた。ピンチに投げ急ぐ悪いクセもあったが、「牽制で打者のタイミングを外し、自分の間合いで投げられるようになりました」。指揮官の心理的なサポートもあった。「一人三役(エース・主将・3番打者)は重責すぎた」と2月に主将を葉梨に交代させ、夏の大会前には背番号1を“本職”の外野手の8へ戻した。「あれで随分気が楽になりました」と田村和。「投手次第で試合の流れは変わる。甲子園では味方の攻撃のリズムを作る投球をしたい」。埼玉159校の頂点に立った右腕の気構えはエースそのものだ。
 本庄一の最速142キロ右腕・田村和麻は、ネクストバッターズサークルから駆け出していた。「背番号8」の剛腕が2年ぶりの夏を、5安打2失点の完投でたぐり寄せた。(スポーツ報知)

   10夏予選       回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:川 越 高 先  13  6  4  3  1
   3回戦:草 加 南     3  1       0
   4回戦:春日部東 先   5  6       3
   5回戦:正智深谷     2  1       0
   準々決:市 川 越 先   9  9  5  0  3
   準決勝:浦和学院 先   9  7  3  1  1
   決 勝:花咲徳栄 先   9  5  6  0  2
               50  35  27  7  10 防1.80(失点から計算)
           被安打率6.30 奪三振率4.86 四死球率1.26

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   10夏予選: 8 .333 30 10 3 0 0 4 0 7 1  .459  .433

過去記事

 ■ 本庄一ブラジル留学生で頂点/北埼玉大会(日刊スポーツ) 08/7/26

 メンバー唯一の1年生、田村和麻外野手も優勝に貢献していた。4番として5打数4安打3打点。3回1死満塁で、外角直球を左翼線に二塁打して先制の2点をたたき出した。「絶対自分が返してやると思って打席に入りました」。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   08夏予選: 7 .419 31 13 1 0 1 7 2 1 2  .438  .548

  プロフィール

 埼玉県秩父市出身。
 田村 和麻(たむら・かずま)外野手。
 秩父二中時代は秩父リトルシニアで投手兼外野手を務めた。

 本庄一高では1年時からベンチ入り。
 夏の北埼玉大会で打率.419本1点7をマークし、4番・一塁手として甲子園初出場を達成する。
 決勝・上尾高戦で先制左翼線2塁打など、5打数4安打3打点の活躍を披露。
 2年秋から主将・3番・エースの大黒柱を任され、3年夏に背番号8で2年ぶりVを成し遂げた。
 主将・背番1を譲ることで負担を軽減し、エース格として7試合(先発5)に登板。
 計50回を35安打7四死球10失点に抑えこみ、準々決から3戦連続完投勝利を挙げている。
 準決・浦学戦で7安打1失点完投勝ち、続く徳栄戦で無四球2失点完投勝ち。
 甲子園では再び背番号1を背負ったが、体調不良もあり、7回6安打1K4失点でKOとなった。
 初回から自己最速更新の143㌔をマークし、5回裏までは2安打無失点と好投。
 内角直球を腕を畳んで捌き二塁打にするなど、4番としてチーム4安打中2安打を記録している。
 当時1学年上に伊藤ディエゴ、奥田ペドロら。

 東京情報大進学後は1年春から外野手でレギュラー。
 菅野智也を擁してリーグ優勝を果たし、17安打(2位タイ)、打率.315でベストナインを受賞する。
 3年春から4季連続ベストナインに輝き、連盟新127安打(118を更新)をマーク。
 4季ぶりVを達成した3年春に打撃2冠王(首位打者、最多打点)の活躍でMVPを獲得した。
 秋のリーグでも本藤光貴と並ぶ最多打点(清和大戦で先制1号2ラン)を記録。
 4年秋に打率.489(1位)、23安打(1位)、本2(3位)、点14(1位)の最高成績を残している。
 敬愛大2回戦で右翼スタンドへの2号3ラン、国武大2回戦で右越え先制2ラン。
 続く横浜市長杯(上武大に敗れ2回戦敗退)初戦・杏林大戦で右翼席へのソロを記録した。
 全国大会には1年春(4番ライト)、3年春(3番センター)の大学選手権に出場。
 1年春に日大国際関係学部を破り初出場・初勝利を果たしている(山岸大輝から中前打)。
 2回戦・東京国際大戦(延長10回TB1対3で敗戦)で真島健からレフト前ヒット。
 3年春1回戦で高め直球を右越えに飛ばす2塁打、三塁内野安打(一塁到達4.1秒)を放った。
 リーグ通算打率.402、44打点、11盗塁(不明分除く)。127安打、3本塁打。

 182cm80kg、好打俊足好守の外野手。
 通算3本塁打、対応力があり広角に打ち分ける左の中距離ヒッター。内角球を巧みに捌く。
 大学8シーズンで127安打を積み上げ、連盟記録を20年ぶりに塗り替えた。
 守備範囲の広い中堅手。遠投100m、本庄一高時代に最速43㌔を計測した実績を持つ。
 50m6秒0、一塁到達4.1秒の脚力を兼備。盗塁数は少ない。

 ノーワインドアップから最速143㌔、常時130㌔台後半の微妙に動く直球と120㌔台のスライダー、
 120㌔台のフォーク、左打者に120㌔台のツーシーム、100㌔前後のカーブ。
 安定した制球力で両サイドに投げ分け、打たせて取る投球を持ち味としていた。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-01-25(日)|準硬式・軟式野球 | 千葉県大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
高校一年生のときから思っているのですが、
おじゃる〇のキャラクターのカズ〇と同姓同名なんですよ!
| 匿名希望! | 2013年06月13日(Thu) 12:59 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:準硬式・軟式野球 | 千葉県大学 コメント(1) Page Top↑