今井 金太(広島国際学院)|ドラフト・レポート

今井 金太(広島国際学院)

ここでは、「今井 金太(広島国際学院)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm78kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・フォーク
上半身主導のフォームから威力ある直球とスライダー。1年秋主戦格として中国大会8強進出。
2012年DeNA育成1位

  動 画

  最新記事

 ■ 広島国際学院・今井連続完投/広島大会(日刊スポーツ) 12/7/21

 最速147キロ右腕の広島国際学院・今井金太投手(3年)が2試合連続で完投した。9回に味方のまずい守備から1点を失ったが、山陽打線をねじ伏せた。「真っすぐが後半になってよくなってきた」。カットボールやシュートを覚えて、投球の幅を広げた。長延公平監督(44)は「エラーなどがあってもマウンドで我慢できるようになった」とエースの成長に目を細めていた。

   12夏        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:海 田 先   9  4  18  2  0
   3回戦:山 陽 先   9  3  7  1  1
   4回戦:高陽東 先   9  5  8  4  2
   準々決:広島工 先   9  12  5  8  8
              36  24  38  15  11 防2.75(失点から計算)
          被安打率6.00 奪三振率9.50 四死球率3.75

 ■ 絶好調18奪三振(asahi.com) 12/7/20

 国際学院のエースで主将の今井金太君(3年)は9回を投げ抜き、海田打線から毎回の計18三振を奪った。5回と8回は3連続三振。2点のリードを守り抜いた。持ち球はストレートとスライダー。2年の春には147キロを出したこともある。「普段の練習試合でもアウトの大半は三振」と今井君。だが、公式戦で18奪三振は初めてだ。仲間内では「勝ち気な性格」と評される。初戦でチームメートが緊張しているように感じたが、「自分が三振を取ればゼロに抑えられる」とマウンドに上がった。「次の試合は主軸として打つことも含めてがんばりたい」。

 ■ “芸州の金ちゃん”今井金太、13奪三振(デイリースポーツ) 10/10/23

 1回戦4試合が行われ、8年ぶり3度目の出場の広島国際学院(広島2位)が、先発・今井金太投手(1年)の好投で安来(島根4位)を破り、準々決勝に進出した。背番号10の1年生右腕・今井が、毎回の13三振で完投勝利。広島国際学院を8年ぶりの初戦突破に導き、同校は春夏通して初の甲子園出場に一歩、前進した。あどけなさが残る16歳は「緊張したけど、初戦の割にはよく投げられた。先輩が守ってくれているので打たせて取ろうと思ったけど、ピンチは三振を狙った」。133球の熱投にも疲れた様子はなく、真っ黒に日焼けした顔に白い歯を輝かせた。得点圏に走者を背負ったのは四、六回だけだった。六回の唯一の失点も、一塁手の適時失策のため自責点は0。「一番自信がある」と言う最速143キロの直球にスライダー、フォークを交えて9回5安打1失点。4番としても1安打2四球で得点に絡み、勝利に貢献した。今夏の広島大会は背番号11でベンチ入り。しかし、3回戦の如水館戦で先発し、五回途中で降板して敗戦。人目をはばからずに号泣した。悔しさを胸に練習に取り組み、秋季広島大会では2回戦で崇徳、準々決勝で如水館、準決勝は広陵という名門強豪校を撃破。1年生ながらプロも注目する存在となった。この日、視察に訪れたのは中日阪神広島西武のスカウト。広島・白武スカウトは「体の使い方はまだまだだけど、素材としてはいい」。阪神・畑山スカウトも「(将来が)楽しみだね」と高評価を与えた。広島国際学院は、広島電機大付時代を含めて秋季中国大会に3度出場。最高成績は8強だ。広島大会で強豪との戦いを経験してきた今井は、はっきりと言い切った。「目指すのは優勝しかない。甲子園を意識している」。目標はレッドソックス・松坂。あこがれの投手に少しでも近づくために、今井が広島国際学院に新たな歴史を刻む。

  1年生で140㌔超のスピードに加え、18回26Kと奪三振率も高く楽しみな投手ですね。

   10秋中国     回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:安 来 高   9  5  13  1  1
   準々決:創志学園   9  6  13  2  2
             18  11  26  3  3 防1.50(失点から計算)
         被安打率5.50 奪三振率13.00 四死球率1.50

  プロフィール

 広島県広島市出身。
 今井 金太(いまい きんた)投手。
 国泰寺中時代は広島ジャガーズに所属。
 3年夏にNOMOジャパンに選出され、秋元秀明らと共に米国遠征を経験した。

 広島国際学院高では1年夏からベンチ入り。
 秋に4番主戦格として中国大会8強進出に導き、一躍プロスカウトの注目を集める。
 準々決勝で如水館に9安打14奪三振4失点、準決勝で広陵に10回9安打4失点完投勝利。
 中国大会では安来高を5安打13奪三振1失点完投で下し、8年ぶりの初戦突破を達成、
 続く創志学園戦でも6安打13奪三振2失点完投と好投を披露した(1対2で敗戦)。
 2年時は主戦を務めるも、夏4回戦・秋3回戦に留まり、目立った実績は残せず。
 3年夏になって全4試合完投36回をこなし、38三振を奪う力投で8強進出を果たした。
 初戦で自己最多18奪三振を記録、広島工戦は12安打8四死球の乱調で8失点完投負け。
 県大会準優勝、中国大会8強が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 178cm78kg、ガッチリした体格のスリークォーター右腕。
 セットポジションからステップ幅狭めに大きいテイクバックを取り、上体強く開き早めに繰り出す
 最速147㌔の威力ある直球と切れの良いスライダー、カーブ、フォーク。
 直球とスライダーを武器とする馬力ある本格派。遠投120mの強肩。
 上半身主導の粗削りなフォームながら140㌔台を記録、資質はプロからも注目されている。
 投手らしい勝気な性格、マウンド度胸の良さも魅力。

  スカウトコメント

広島・白武スカウト|10/10/23
 「体の使い方はまだまだだけど、素材としてはいい」
阪神・畑山スカウト|10/10/23
 「(将来が)楽しみだね」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2012-09-15(土)|2012年ドラフト指名選手 | コメント(4) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
広島育成1位とありますがベイスターズですね^^
国吉を育てた横浜の育成を信じろ!
| ななしさん | 2012年10月27日(Sat) 03:07 | URL #ZiU1o21g [ 編集]
DENAじゃ育てられないだろうね…
地元広島カープなら育ちそうな気がしてたんだけど
| ホッシー | 2012年10月25日(Thu) 22:23 | URL #- [ 編集]
自己最速を更新して145を出したそうですね。
オリックス・山口スカウトが見にきていたよう。
| 匿名 | 2012年07月22日(Sun) 21:03 | URL #- [ 編集]
一年後輩の隠善智也くん以来 プロかね?o(^-^)o
| 国際第一期生 | 2011年09月17日(Sat) 12:11 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2012年ドラフト指名選手 | コメント(4) Page Top↑