寺田 哲也(香川オリーブガイナーズ)

ここでは、「寺田 哲也(香川オリーブガイナーズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm92kg 右右 MAX149km スライダー・チェンジ・カーブ・シュート・フォーク 新潟アルビBC 27歳
最速149㌔直球とスライダー、チェンジアップ。3年目に年間19勝で日本一。5年目に奪三振王を獲得。
2014年ヤクルト4位(契約金3000万円、年俸1000万円)

  動 画

  投手成績

      試合  勝敗    回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   10年: 25  6勝9敗   148.1 139  93  36  44  2.67
   11年: 29  6勝6敗    114 110  88  53  49  3.87
   12年: 24 14勝4敗    166 145 145  40  48  2.60( 8位)
   13年: 19 15勝2敗    133  93 107  40  20  1.35( 1位)
   14年: 43  6勝4敗6S  148.1 125 145  45  48  2.91(10位)
   通算: 140 47勝25敗6S 709.2 612 578 214 209  2.65
            被安打率7.76 奪三振率7.33 四死球率2.71
    ※ 12年:MVP 13年:前期MVP 12年13年:後期MVP 
      13年:特別表彰(ノーヒットノーラン) 14年:奪三振王

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 自責 防御率 
   09春: 9 3勝3敗 45.2  10  1.97(5位)
   09秋: 10 3勝2敗  51  15  2.65(7位)
   通算: 19 6勝5敗 96.2  25  2.33(08秋以前は不明)

  最新記事

 ■ 香川・寺田 燕の期待大きく年棒1千万(デイリースポーツ) 14/11/13

 11月10日、今回指名を受けたアイランドリーガーのなかからトップを切って、寺田哲也が東京ヤクルトとの入団交渉を行った。仮契約締結後の記者会見で発表された契約金は3千万、年俸は1千万(金額はいずれも推定)である。これまでヤクルトに入団した選手のなかでは最高金額であり、年俸も昨年の中日2巡目指名・又吉を上回る。期待の高さが伺える金額となった。東京ヤクルト・鳥原公二チーフスカウトが語る。「契約金よりも年俸。やはり、やってくれると。1軍ですぐやってくれるという期待が、この金額につながったんだろうと思っています」。寺田が少し緊張気味に感想を述べた。「本当にやらなきゃいけないなという思いがあって。チームに合流するまでに、しっかり体を作って。いい準備をしてそのときを迎えたいと思います」。評価されたのは、外角低めの厳しいコースに投げ込むキレの良いストレートである。「真っ直ぐにずっとこだわってやってきたので。多分、こだわりが強かった分、いまのこういう評価につながったんですかね。でも、僕のなかではまだ、真っ直ぐはのびしろがあります」。最速149キロ、145個の三振を奪い、最多奪三振のタイトルを獲得しただが今年、納得のいくストレートは1球も投げられなかったと言う。「ホームベース上のボールの加速が弱いなと。そこをずっとこだわってやってたので。バッターに近付けば近付くほど速くなるように感じる。そういう真っ直ぐをイメージしていました。『ターボ付いたんじゃないか?』みたいな」。ストレートをさらに磨く。すでに来季、やらなければいけないことが山積みだ。新潟、香川、そしてヤクルトへ。新たな栄光を1軍のマウンドでつかみ取る。

 ■ ヤク、ドラ4寺田と対決!?秋季キャンプで四国IL選抜戦(スポニチ) 14/11/3

 ヤクルトがドラフトで4位指名した独立リーグ、四国アイランドリーグplus・香川の149キロ右腕・寺田が入団するチームを相手に登板する可能性が浮上した。愛媛・松山キャンプ中の14、18日に、愛媛を中心とした四国IL選抜と対外試合を行うことが内定。高津投手コーチは「実現するか分からないが、見てみたい」と寺田の四国IL選抜入りを熱望した。寺田は高津投手コーチの「秘蔵っ子」でもある。BCリーグ・新潟時代の11、12年にともに過ごし、12年は高津監督の下でエースとして優勝に貢献し、MVPを獲得。それだけに「1年たってどうなっているかな」と成長した姿を楽しみにしている。愛媛にはヤクルトOBの加藤博人投手コーチがおり「(寺田の登板を)頼んでおくよ」と高津コーチ。寺田が四国IL選抜の一員として、ひと足早くベールを脱ぐことになりそうだ。

 ■ 寺田「戦力になる」/ヤクルトが指名あいさつ(四国新聞社) 14/10/29

 プロ野球ドラフト会議でヤクルトから4位指名された香川オリーブガイナーズの寺田哲也投手(27)=183センチ、90キロ、右投げ右打ち、栃木県出身=が28日、香川県高松市内で鳥原公二チーフスカウト、岡林洋一スカウトから指名あいさつを受けた。鳥原チーフスカウトは、真中満新監督が「必然」とサインしたドラフト会議のIDカードを寺田に贈り、「チームが勝つためにどうしても必要な存在だった。勝ち試合で投げる投手になってほしい」と中継ぎとして高く評価していることを伝えた。中国・四国地区担当の岡林スカウトも「球が速く制球も良い。プロでもすぐに通用する」と激励した。寺田は「評価してもらって素直にうれしい。その分しっかり戦力にならないといけない」と気を引き締め、「開幕から1軍で投げられるように心と体の準備をしっかりしたい。目標は50試合に登板すること」と意気込んでいた。

過去記事

 ■ 香川・寺田 エースの心意気で大車輪(デイリースポーツ) 14/6/27

 6月23日の対高知前期12回戦(高知)、五回裏のマウンドに登る姿に「ここで寺田?」と思ったファンは少なくないはずだ。香川・西田監督は4日前に先発した寺田哲也を中3日でリリーフに送った。首位にいるとは言え、1つの負けが前期優勝争いを大きく左右する。打線の援護がなく敗れたが、期待に応えて4イニングを無失点でしのいだ。BCリーグで投手タイトルを総ナメにした新潟のエースが香川の一員となる。それは今季序盤の大きな話題としてリーグ中を駆け巡った。だが開幕戦での登板以降、思うように勝ち星が付かなかった。「やっぱりちょっと辛いっていうのはありましたね。もう仕方ないから、自分がいま出せる力を出すだけ。それで自分に勝ちが付かなくても、チームが勝ってくれたらいいやって感じでした」。ようやく初勝利を手にしたのは5月2日、5度目の先発マウンドとなった対高知前期4回戦(レクザム)だった。5月2日は10年、BCリーグで初めて白星を挙げた日と同じ日付である。香川入団前、親交のある高津臣吾(現ヤクルト投手コーチ)に「先発でずっとやってきてNPBに届いていない。中継ぎもできるところをアピールした方が良いのか?」と相談している。「『いや、やっぱり先発の方がいいんじゃないか』って言ってくれて。このまま勝負した方がいいかなっていうのは、そこで生まれましたね」。投手陣が万全でない現在、先発、中継ぎと出番はますます多くなるだろう。だが、涼しい顔でこう話す。「チームにプレッシャーがかかるようなときに力が発揮できるようにならないと、野球やってて面白くないので」。苦しいときにこそ頼りになる。まさしくエースの心意気である。

 ■ 香川、逆転勝ち 寺田が初完投/四国IL(四国新聞社) 14/5/17

 四国アイランドリーグplusは16日、高松市生島町のレクザムスタジアムなどで2試合を行った。香川オリーブガイナーズは愛媛マンダリンパイレーツに5―3で逆転勝ちした。香川は先発の右腕寺田が8安打3失点12奪三振で初完投。四回に連打から2点を先制されたが、最速146キロの直球を軸に要所を締め、八回1死からは5者連続三振を奪う力投を見せ、2勝目を挙げた。

 ■ 絶対的エースの決意(週刊ベースボール) 13/11/20

 今季はノーヒットノーラン達成をはじめ、防御率と2年連続となる最多勝の個人タイトルを獲得。それでも指名はなかった。寺田は、「去年は1年限りの活躍で指名されるほど甘くはないと思っていました。今年は試行錯誤して向上したところもあれば、落ちたところもある。感覚的には去年の方が球の質が良かった調子が悪くても試合を作ったことは成長したのかもしれませんけど、球の質を考えると、指名がなかった時も『当然だろうな』と思いました」と冷静にとらえている。寺田は剛腕ではなく、制球と駆け引きで勝負してきた。「BCLからNPBへ行った右腕たちは150キロ超の球がある。それを目指して今は取り組んでいます」。最後に、寺田は謙虚に言った。「NPB入りのために、もう少しだけ悪あがきをさせてください」。

 ■ 【BCリーグ】新潟・寺田が無安打無得点試合(スポーツ報知) 13/7/15

 野球の独立リーグ、BCリーグで15日、新潟の寺田哲也投手(26)が群馬県の渋川市総合公園で行われた群馬戦で無安打無得点試合を達成した。同リーグによると史上3人目。打者28人に対し、1四球のみで、投球数は91球だった。寺田は「8回までは平常心で投げられたが、9回は硬くなってしまった。何回も際どいところがあったが、野手が止めてくれて本当にありがたかった」とコメントした。

   プロ交流戦  回数 被安 奪三 四死 失点 
   ヤクルト 先   2  1  0  0  0
   楽  天 先   4  2  4  1  3…3ラン被弾
   巨  人     2  1  3  0  0
   日本ハム 先   2  3  2  0  0
   巨  人 先   5  4  8  3  1
           15  11  17  4  4 防2.40(失点から計算)
       被安打率6.60 奪三振率10.20 四死球率2.40

       2010年 2011年 2012年 2013年
   被安打率: 8.43  8.68  7.86  6.29
   奪三振率: 5.64  6.95  7.86  7.24
   四死球率: 2.18  4.18  2.17  2.71

 1年目に巨人が育成枠での指名を検討した投手です。今年は投手2冠(15勝、防1.35)を受賞。
 巨人の入団テストで合格したという話があるようで、今度こそ吉報が届くといいですね。

 ■ 高津監督率いる新潟が初優勝 野球BCリーグ(asahi.com) 12/10/13

 野球の独立リーグ、BCリーグは13日、福井フェニックススタジアムでチャンピオンシップ(5回戦制)第3戦が行われ、新潟(上信越)が福井(北陸)を7―1で破り、3連勝で初の年間総合優勝を果たした。プロ野球ヤクルトなどで活躍した高津臣吾氏が監督を務める新潟は、独立リーグの年間王座を争うグランドチャンピオンシップ(20日開幕、5回戦制)で四国アイランドリーグplus年間総合優勝の香川と対戦する。

   12年プレーオフ   回数 被安 奪三 四死 失点
   上 信 越:信濃 先  6.2  7  9  0  2 ○
   B C L:福井 先   7  6  11  0  2 ○
           先   8  8  7  2  1 ○
   グランド:香川 先   7  4  9  1  0 ○
           先   9  6  8  1  0 ○封
             37.2  31  44  4  5 防1.19(失点から計算)
          被安打率7.41 奪三振率10.51 四死球率0.96

 ■ 新潟、リーグ新10連勝(新潟日報) 12/8/31

 BCリーグの新潟アルビレックスBCは31日、上信越地区2位の信濃を2―1で下し、リーグ最多記録となる10連勝を飾った。新潟は、先発寺田が信濃打線を4安打1失点に抑える好投で、今季2度目の完投勝利で12勝目を挙げた。九回1死まで無失点に抑えたが、原に本塁打を浴びた。

   プロ交流戦    回数 被安 奪三 四死 自責 
   西  武2軍     1  0  1  1  1
   巨  人2軍 先   2  1  4  1  0
   ヤクルト2軍 先   7  2  9  2  0
             10  3  14  4  1 防0.90
         被安打率2.70 奪三振率12.60 四死球率3.60

 ■ 作新、全員一丸の優勝(asahi.com) 05/5/24

 「大崩れしない」投手陣も勝因の一つだ。主戦の磯政志選手は、優れた制球力とキレのあるスライダーで、23回と3分の2を投げて自責点6と安定した投球。走者を背負いながらも1イニングの失点は必ず1点までに抑えた。寺田哲也投手も12回と3分の1を投げて自責点4と力投最速135キロの直球を武器に、ピンチを連続三振で切り抜けるなどしながら1イニングの失点を2点以下でしのいだ。

  プロフィール

 栃木県宇都宮市出身。
 寺田 哲也(てらだ・てつや)投手。
 田原サンライズで軟式野球を始め、田原中時代は軟式野球部に所属。
 外野手として3年夏の全国大会8強入りに貢献した。

 作新学院では最速135㌔の控え投手として活躍。
 2年春選抜で甲子園を経験し(登板なし)、3年春の関東大会で優勝を達成した。
 3年夏(2005年)は宇都宮工に3対7で敗れ県8強敗退。

 作新学院大進学後は1年春から開幕投手を経験。
 4年間で6度のBクラスを経験し、期待されながらタイトル獲得、全国出場などの実績は無し。
 4年になって主戦を任され、19試合96.2回で防2.33、年間6勝を記録している。
 プロ入りを希望して志望届を提出したが指名漏れとなった。

 アルビBC入団後は1年目から先発・リリーフで6勝をマーク。
 巨人からの育成選手指名が有力視されるなど、NPBからも注目される存在へと成長を遂げる。
 5月に3勝(2完投・1完封)、防御率1.38(39回)の好成績で月間MVPを獲得。
 序盤の股関節痛により調子を落とした2年目は、4点近い防御率で前年と同じ6勝に留まり、
 3年目に大黒柱として上信越地区V・リーグ初V・独立リーグ日本一を果たした。
 リーグ最多の14勝(4完投1完封)、最多145三振(166回)、防御率2.60(8位)でMVP受賞。
 プレーオフ7試合中5試合の先発を任され、37.2回5失点で5連勝を飾っている。
 4四球にまとめると共に、投球回超の44Kを奪い、最後は6安打1四球完封で優勝を決めた。
 4年目には上信越・前後期Vに導き、前後期の投手MVPを受賞(CSで敗退)。
 15勝(5完投4完封)で2年連続の最多勝利、防御率1.35で初めて最優秀防御率を獲得し、
 7月15日の群馬戦で史上3人目のノーヒットノーランを達成している(8K1四球)。
 プロ相手には先発した3年目7月のヤクルト戦で、7回2安打9K2四球無失点の好投を披露。
 4年目9月の巨人戦で8奪三振をマークし、5回4安打1失点の好結果を残した。
 2年連続で実績を残しながら指名無く、引退検討を経て、香川OGでの現役続行を選択する。
 BCリーグ4季通算97試合、41勝21敗、561回1/3、433奪三振、防御率2.58。

 香川OGでは1年目から防御率2.91で投手十傑入り。
 先発・リリーフで41試合(先発14)148.1回をこなし、145Kで最多奪三振のタイトルを獲得する。
 5月2日の高知戦で初勝利(7回13K)、16日の愛媛戦で3失点初完投勝利。
 7月終了時点で4勝(先発2)と勝ち星が伸びず、8・9月は中継ぎ・抑えで年間6勝6Sを挙げた。
 リーグ通算43試合、6勝(1完投)4敗6S、148回1/3、145奪三振、防御率2.91。

 185cm92kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げてインステップし、肘を柔らかく使った球持ちの良い腕の振りから
 投げ下ろす最速149㌔の直球とスライダー、チェンジアップ、カーブ、シュート。
 両サイド低めに粘り強く丁寧に投げ込み、的を絞らせず打たせて取る投球が持ち味。
 スライダーに加えてチェンジ、シュートの精度を磨き、投球の幅を広げている。
 5年目は新たにフォークを習得。148.1回で145三振(率8.80)、45四死球(率2.73)をマークした。
 球速表示以上に切れのあるストレートと変化球との緩急。

  スカウトコメント

ヤクルト・鳥原公二チーフスカウト|14/11/13
 「契約金よりも年俸。やはり、やってくれると。1軍ですぐやってくれるという期待が、この金額(年俸1000万円)につながったんだろうと思っています」 
ヤクルト・鳥原チーフスカウト|14/10/29
 「チームが勝つためにどうしても必要な存在だった。勝ち試合で投げる投手になってほしい(と中継ぎとして高く評価していることを伝えた)」
ヤクルト・岡林スカウト|14/10/29
 「球が速く制球も良い。プロでもすぐに通用する」
ヤクルト・岡林洋一スカウト|14/10/23
 「長身から投げ下ろす、ストレートはMAX147キロ。制球力も良く、完成度も高い。四国アイランドリーグNo.1投手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-01-23(金)|2014年ドラフト指名選手 | 関甲新学生 コメント(7) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
独立リーグ、BCリーグ 新潟時代の4年間の彼は控えめでとても感じの良い選手だった。どんなに良い成績を残してもうぬぼれたり、偉そうな態度を見せる事も無く、いつも謙虚であった。そしていつもファンに感謝していた。甲子園、大学、社会人野球の全国的に名の知れた有名選手では無かったが初めて見た時から、もし彼がNPBでプレー出来たら人気者になれる球団のグッズも絶対に売れる。僕達はいつもそう話していた。彼は一見おとなしそうで気弱に見えるがマウンドでの彼は別人なんだ。一軍で通用するのか、活躍出来るのか僕達は信じているが現時点ではわからない。彼の力の源はファンの声援なんだ。どうかヤクルトファンの皆さん寺田哲也を一度見てください。彼に声援を送ってほしい。三年前彼がBCL時代、彼に渡した手紙の内容の一部を載せます。ある小説家のパクりです。NPBの花…NPBの花の色は清らかに白い、だがつぼみは血がにじんだように赤くその香りは汗の匂いがする。…僕達はずっと彼を応援して来ました。彼の夢を願いを叶えさせてあげたかった。これからもまた彼とスワローズに…声援!
| あひるの兄妹! | 2014年11月01日(Sat) 02:11 | URL #tHX44QXM [ 編集]
ヤクルトの投手事情は厳しいものがあるのですぐに1軍で見られるでしょうね
神宮で投げるのを楽しみにしてます
ヤクルトファンより
| ヤクルトファン | 2014年10月25日(Sat) 21:46 | URL #- [ 編集]
本当に良かった! 真中監督、高津コーチ他ありがとう。この、たった一度のチャンスを僕達は待っていたんだ。ラッキーだった。本当の勝負はこれからだ。頑張れ哲也、前進あるのみ!
| あひるの兄妹! | 2014年10月23日(Thu) 20:20 | URL #tHX44QXM [ 編集]
頑張れ寺田!
| ☥智弁和歌山好き/アスラン・ザラ☥ | 2014年09月20日(Sat) 14:35 | URL #- [ 編集]
昨シーズン
MAX147km/h出ました!148だったかな?
| 匿名 | 2014年01月19日(Sun) 22:02 | URL #- [ 編集]
昨年のドラフトの結果には無念の一言、私がスカウトなら一位指名だ。過去のドラフト指名選手で活躍し結果を残した事を成功と考えるならはっきり言って失敗ばかり、優秀なスカウトはほんのわずかで後はほとんどボンクラ、さぞかし無駄な金を使ったはずだ。寺田哲也は技術、メンタル、共に素晴らしい選手、おっとりしているけれどイケメン、彼こそプロ野球選手にふさわしいと心底思っている。素晴らしい結果を残し上を目指してもスカウトがボンクラだからチャンスさえ貰えない。力の世界に見えてやっぱりコネかと思うのは私だけでは無いはずだ。高校生ドラフト下位指名選手はまずほとんど活躍して居ない。一度だけ騙されたと思って、今年のドラフトで寺田哲也を指名して欲しい。どうか一度だけチャンス与えて欲しい。新潟で頑張って、成長してそれでもダメだったから、四国に行った寺田・・・・・たった一度の人生、今はわからなくても後になって、あの時ああして置けば良かった。こうして置けば良かったと絶対に後悔して欲しく無い。それはNPBに行く事よりもっと大事な事だと私は勝ってに思っているんだ。四国でチャンスを掴めるのか、ラストになるのか、私にはわからない。ただこれだけは言える。遥か新潟の空の下から私達、そしてBCL新潟の寺田哲也ファンの応援歌がたとえ彼の耳に届かなくても、その活躍を期待し、願い、祈っている事、人生も青春も一度きり、 頑張れ寺田、頑張れ哲也、前進あるのみ!
| あひるの兄妹! | 2014年01月11日(Sat) 00:41 | URL #tHX44QXM [ 編集]
寺田投手ですが、最速は144km/hだそうです。
新潟県内のテレビでやってました。
| ところてん | 2011年03月28日(Mon) 16:14 | URL #GSRf0c36 [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2014年ドラフト指名選手 | 関甲新学生 コメント(7) Page Top↑