岡 将吾(JFE西日本)

ここでは、「岡 将吾(JFE西日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



岡 将吾(JFE西日本)

177cm80kg 右左 遊撃手 遠投100m 50m6秒1 西日本短大付→駒大 4年目
動きの良い遊撃手。シュアな打撃の左の巧打者。1年目岡山大会で2発。大学3年秋に2部MVP受賞。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率 
   12都: 2 .222  9  2 0 0 0 1 3 0  .222  .222
   12日: 2 .167  6  1 0 0 0 0 2 2  .375  .167
   13都: 2 .222  9  2 0 0 0 0 3 0  .222  .222 
   通算: 6 .208 24  5 0 0 0 1 8 2  .269  .208

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   08春: 2 .000  2  0 0 0 0 0 0 1 0  .333  .000
   08秋: 11 .243  37  9 1 0 0 3          .270 二部
   09春: 11 .212  33  7 4 0 0 1 6 5 1  .316  .333 二部
   09秋: 14 .255  47 12 1 0 0 1 6 8 1  .364  .277 二部
   10春: 10 .333  42 14 1 1 3 4 10 3 1  .378  .619 二部(7位)
   10秋: 12 .231  39  9 1 0 1 3 9 13 0  .423  .333 二部
   11春: 12 .225  40  9 2 1 1 5 10 6 2  .326  .400
   11秋: 12 .273  44 12 3 0 0 3 14 6 0  .360  .341(8位)
   一部: 26 .244  86 21 5 1 1 8 24 13 2  .343  .360 
   二部: 58 .258 198 51 8 1 4 12          .369
    ※ 10秋:二部MVP

  最新記事

 ■ 新庄高の田口、上位指名も 24日開催(中国新聞) 13/10/22

 プロ野球のドラフト会議が24日、東京都港区のホテルである。中国地方では高校球界屈指の左腕、新庄(広島)の田口麗斗(かずと)投手と、JFE西日本の岡将吾内野手に複数球団が注目。JFE西日本の岡は巧打と堅守が持ち味で指名が有力視される。「今は(28日からの)日本選手権に集中して結果を出したい」と慎重な口ぶりだが、セ・リーグ3球団を含む4球団が熱心だ。社会人では三菱自動車倉敷オーシャンズのエース森唯斗投手、シティライト岡山の藤井亮太捕手も下位指名の可能性がある。

 ■ 都市対抗野球:JFE西、日立を最終回に逆転で破る(毎日jp) 12/7/14

 両チーム合わせて13四死球の乱戦を、JFE西日本が逆転で制した九回、岡の中前適時打で1点差に。さらに1死満塁と攻め立て暴投で追いつくと、高岡の左犠飛、永井の右前打で2点を勝ち越した。日立製作所は2番手・嶋田が好投したが、九回に力尽きた。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12都予: 6 .316 19  6 1 0 0 1 5 5 1  .458  .368
   13都予: 6 .208 24  5 0 0 0 3 1 3 1  .296  .208 

 ■ 駒大・岡主将が島袋から1発/東都大学(日刊スポーツ) 11/4/7

 駒大主将の岡将吾内野手(4年=西日本短大付)が3回2死二塁から右翼へ豪快に2ランを放った。中大先発の島袋洋奨投手(1年=興南)との左対決にも「ジャストミート。(スタンドに)行くと思った」と会心の一撃だった。チームが1部で勝ち点を奪ったのは実に7季ぶり。岡ら現在の4年生が入学する前の秋季リーグのことだ。岡は1年春に1部での試合経験があるが、最下位となり入れ替え戦で2部に降格した。「こんなに苦しんで、やっと(勝ち点を)取れるもんなんだなと思った。2部で苦しみを味わってきたから、今がある」と、感激していた。

過去記事

 ■ 西日本短大府同点の粘りも…/福岡大会(日刊スポーツ) 07/7/25

 西日本短大付は土壇場の粘りも1歩及ばなかった。1点リードされた9回裏。2死走者なしまで追い込まれたが、2番中村拓馬(3年)が左中間二塁打で出塁すると、3番岡将吾(3年)の左前打で同点。しかし、5回からマウンドに上がった岡が14回に力尽き、04年以来の4強入りはならなかった。岡は「絶対に抑えてやろうと投げたけど…」と涙した。

  プロフィール

 福岡県大川市出身。
 岡 将吾(おか・しょうご)遊撃手。
 大川ジュニアパワーズで野球を始め、大川東中時代は大川カージナルスに所属。

 西日本短大付では遊撃手兼投手として活躍。
 3年夏は3番打者としてチームを牽引したが、飯塚に延長14回4対5で敗れ準々決勝敗退。
 9回裏2死2塁から左前へ同点打を放ち、5回から10回1失点の力投を披露している。
 県大会準々決勝が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 駒大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 守備力を買われて同年秋から遊撃手レギュラーを務める。
 3年春に内角球を克服するためにフォームを改造し、打率.333(7位)本3の好成績を残した。
 拓大1回戦で先制ソロ弾、日大2回戦で先頭弾含む1試合2本塁打を記録。
 3年秋に無失策の守備と勝負強い打撃で優勝に導き、2部リーグMVPを獲得している。
 1番打者として12試合13四死球を選び、2割台前半の低打率ながらも4割超の出塁率をマーク。
 入替戦・国士大戦では2回戦9回表に同点二塁打を放ち、連勝での1部昇格に貢献した。
 4年時は主将3番遊撃手としてチームを牽引したが、春秋とも1部リーグ5位に低迷。
 春の中大3回戦で島袋洋奨の直球を捉え、1部初本塁打となる右越え先制2ランを放っている。
 秋は中大との最下位決定戦を1対0で制し、苦しみながらも1部リーグ残留を果たした。
 1部リーグ通算26試合、打率.244、21安打、1本塁打、8打点、2盗塁。

 JFE西日本入社後は1年目から遊撃手でレギュラー。
 4月の岡山大会で初優勝を果たし、決勝で5番打者として二塁打含む3安打の活躍を披露。
 都市対抗には2試合とも3番で起用され、2安打1打点の活躍で初戦突破に貢献した。
 大場達也の低め142㌔直球を左前打、9回に嶋田泰祐からセンター前タイムリー。
 守備の要を務めながら年間打率.282をマークし、1年目で中国地区ベストナインに選出されている。
 2年目の都市対抗では中前打、左前打と1・2回戦でそれぞれ1安打ずつを放ち、
 二遊間を抜けそうなヒット性の当たり、三遊間深めの打球をアウトにする好守を見せた。

 177cm80kg、三拍子バランスの取れた遊撃手。
 東都通算72安打、左右に打ち分けるシュアな打撃を持ち味とする左の巧打者。
 動きの良い遊撃手。打球への反応、ポジショニングが良く、肩もまずまず強い。遠投100m。
 守備力に一定の評価を得ている選手ながら、大学4年時は合計7失策とやや安定感を欠いた。
 盗塁数は少ないが50m6秒1、一塁到達タイム4.1秒前後の俊足を備える。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2013-10-22(火)|2015年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑