若杉 健(JR北海道)|ドラフト・レポート

若杉 健(JR北海道)

ここでは、「若杉 健(JR北海道)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



若杉 健(JR北海道)

178cm82kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ・チェンジ・フォーク 留萌千望高→道都大 4年目
最速144㌔の直球と切れの良いスライダー。2年春リーグMVP、創部32年目全国初勝利達成。

  投球成績

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   08選: 1  1.2  0  0  2  0 140㌔(神宮) 関国大
   09選: 1   9  9  7  4  2 144㌔(神宮) 石巻専
   11選: 2 11.2  7  7  7  4
          6  3  5  4  0 140㌔(東ド) 大体大
         5.2  4  2  3  4 143㌔(神宮) 東洋大
       4 22.1  16  14  13  6 防2.42
     被安打率6.45 奪三振率5.64 四死球率5.24

  最新記事

 ■ 道都大・若杉リーグ12勝も「悔い残る」(スポーツ報知) 11/5/4

 秋春連覇を狙う道都大は岩見沢教育大に圧勝。プロ注目の右腕・若杉健が6回を2失点に抑え、リーグ戦通算12勝目。北翔大は9安打8得点で北海学園大を下した。道都大のMAX144キロ右腕・若杉が、開幕戦でリーグ通算12勝目を挙げた。前日の雨天ノーゲームに続くスライド登板。3回以外は毎回走者を背負い、6回6安打2失点に終わった。ピリッとしない内容に若杉は「悔いが残った。ランナーを背負ってセットになるとフォームが崩れる。(自己採点して)50点もいかない」と表情はさえなかった。この日はプロ3球団のスカウトが見守った。ロッテ・井辺康二スカウトは「スライダーとフォークの精度は高かったもう少し暖かくなったらもう一度見てみたい」と話した。「次は最低、完投する気持ちで投げたい」と背番号18。

 ■ 若杉がリーグ初のプロへアピール(スポーツ報知) 11/4/20

 秋春連覇を狙う道都大のドラフト候補右腕・若杉健は今年がラストイヤー。左膝前十字じん帯断裂から約1年ぶりに復帰した昨秋は、3勝を挙げ、リーグ優勝にも貢献。2年春以来の神宮へ、順調な仕上がりだ。復活したMAX144キロ右腕は、90年に発足した札幌学生野球連盟から初のプロ選手を目指す。春からただ一人の4年生投手としてリーダーになった若杉が、後輩を引っ張る意味でも気合が入る。全国に名前を売ったのは2年の春。最速144キロの直球を武器に、全日本大学野球選手権で全国初勝利。神宮でプレーしたことにより「もっと(自分を)磨こうと意識が高まった」と振り返る。しかし、同年夏に左膝前十字じん帯を断裂するアクシデントが起きた。約1年のつらいリハビリを経て昨秋復帰。すぐ優勝に貢献し、リーグ特別賞を受賞した。昨秋は「感覚がなかった」と言う左足も、今では「何の変わりもなく踏み込めます」とニッコリ。冬は体幹と股関節を強化。直球のキレが増し、春の関西遠征では最速139キロが出た。既に2球団がキャンプを視察に訪れるなどプロも注目する選手に成長した。オフに昨春の全日本大学野球選手権で北大を8強に導いた石山智也投手(現室蘭シャークス)と会食した。そこで石山の野球に対する意識の高さに驚き「2年春以上の自分じゃないとプロにいけない」と思い知った。「目標は全国ベスト4。この春ですべてが決まる」と若杉。山本文博監督も「けがをして野球を大事にし始めた。神宮で結果を出し、自分の手で(プロを)つかんでほしい」と期待する。

 ■ 重傷乗り越え復帰!道都大・若杉が完封(スポニチ) 10/9/2

 札幌六大学野球第1節第2日が1日、札幌円山で行われ、道都大は4―0で北海学園大を下した。昨年8月の左ひざ前十字じん帯断裂から復帰した若杉健(3年、留萌千望)が4安打完封して復帰戦を飾った。

 2年春神宮では最速144㌔の直球と切れの良いスライダーを見せてくれた投手です。
 スタミナ不足なのか途中で勢いが落ちてしまいましたが。
 実力アップに残された時間はわずかになってしまいましたが追い上げに期待ですね。

 ■ 道都大が悲願の全国1勝(スポーツ報知) 09/6/10

 道都大(札幌学生)が石巻専修大(南東北大学)を4―3で下し、悲願の神宮初勝利を挙げた。初回に相手先発の制球難につけ込み、3点を先制。投げては今春のリーグ戦で4勝しMVPに輝いたエース右腕、若杉健(2年)が、9安打されながらも3失点と要所を締め、完投勝ちした。「全国初勝利」への思いがこもったこん身のガッツポーズだった。4―3で迎えた9回。1死後、三塁打を浴び、同点のピンチを迎えたが、2年生右腕・若杉は冷静だった。次打者の二ゴロで三塁走者が突っ込むと木田竜信二塁手が落ち着いて本塁で刺殺。若杉は続く打者をスライダーで空振り三振に切って取った。135球の完投で飾ったエースは「とにかく全国1勝が目標だった。自分の内容よりチームが勝てて良かった」とホッとした顔を見せた。先発した若杉は、初回に自己最速の144キロを記録したが、その後4四球に9安打を浴び、3回以外は毎回走者を背負う苦しい投球だった。昨年も救援で神宮を経験済みだが、エースとして札幌学生1部リーグMVPに輝いた今年は「勝つことに集中できていた」と成長を実感。9回のピンチの場面でも「緩急で打たせて取ろう」と考える余裕があった。
 140キロを超える直球に、カーブと2種類のスライダーを駆使。9回は1死三塁のピンチを迎えたが、冷静に「内野ゴロを打たせよう」と、スライダーで狙い通りの二ゴロで三塁走者の生還を許さなかった。勝利の瞬間に派手なガッツポーズをみせた右腕は「全国での1勝を目標にやってきた。次は2勝目を狙います」。(asahi.com)

  プロフィール

 北海道留萌市生まれ。
 若杉 健(わかすぎ けん)投手。
 小学3年から野球を始める。
 留萌中では軟式野球部に所属し3年夏に控え投手として全道大会準優勝。

 留萌千望高時代は1年春からベンチ入り、秋からエース。
 2年夏、3年夏ともに地区大会で敗退。
 2年夏は旭川工に2対3で敗れ1回戦敗退となったものの延長14回を8安打3失点、
 前年優勝校を苦しめる好投を演じている。
 甲子園出場実績は無し。

 道都大では1年春開幕戦から登板、大学選手権に救援登板し全国デビュー。
 秋には2勝を挙げ新人王を受賞。
 2年春はエースとして最多4勝、最優秀防御率1.83の好成績を残し全勝優勝に貢献、
 MVP・最優秀投手賞・ベストナインの3冠に輝いた。
 大学選手権では初戦で石巻専修大相手に9安打3失点完投勝利を挙げ
 創部32年目での全国初白星を達成している。
 その後8月に左ヒザ前十字じん帯断裂の大怪我を負い長期戦線離脱。
 3年秋に北海学園大戦相手に4安打完封勝利を挙げ復活を果たす。
 代表決定戦では神宮切符獲得はならずも先発、リリーフで活躍し敢闘賞を受賞。
 最終学年での巻き返しが期待される。

 178cm82kg、右スリークォーター。
 ノーワインドアップからテイクバック大きめに繰り出す最速144㌔、常時130㌔台後半から
 140㌔台前半の伸びのある直球と120㌔前後の縦横2種類のスライダー、
 120㌔台後半のチェンジアップ、フォーク、100㌔台のカーブ。
 開きが早めでコントロールはややアバウト。内外角低めに決める一方で高めの球も多い。
 変化球は切れの良い横のスライダーが武器。スタミナに課題。

  スカウトコメント

ロッテ・井辺康二スカウト|11/5/4
 「スライダーとフォークの精度は高かった。もう少し暖かくなったらもう一度見てみたい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
道都大・若杉がJR北海道入り、「ポスト武藤」に期待
http://hochi.yomiuri.co.jp/hokkaido/baseball/news/20111105-OHT1T00118.htm
| 匿名 | 2011年11月05日(Sat) 19:37 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する