松永 大介(セガサミー)

ここでは、「松永 大介(セガサミー)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm92kg 右右 MAX144km スライダー・フォーク・チェンジ・カーブ 九州学院→上武大 4年目
長身から投げ下ろす威力ある直球とフォーク。リリーフ右腕。関東選抜L・東芝戦で2安打完封勝利。

  動 画

  投手成績

   14日   回数 被安 奪三 四死 自責
   大阪ガス  1.2  2  3  2  1 142㌔
   トヨタ自   2  2  2  1  2 143㌔
         3.2  4  5  3  3 防7.36
     被安打率9.82 奪三振率12.27 四死球率7.36

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 自責 防御率
   09春: 8  6勝2敗   50  10  1.80(3位)
   09秋: 8  4勝0敗  48.1  6  1.12(2位)
   10春: 6  2勝3敗   32  10  2.81(8位)
   11春: 8  4勝2敗  40.1  9  2.01(4位)
   通算: 30 16勝7敗 170.2  35  1.85(不明分除く)
    ※ 09秋11春:MVP 09秋11春:ベストナイン 09春秋:最多勝利 09春:新人賞

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   09神: 3   12.2  16  3  8  12
        先  2.1  7  1  2  5 139㌔ 関国大 
        先  7.1  6  2  4  5 141㌔ 明治大
        先   3  3  0  2  2 140㌔ 立正大 ●
   11選: 1 先  4.1  5  2  1  1 137㌔ 道都大 ●
   通算: 4    17  21  5  9  13 防6.88
       被安打率11.12 奪三振率2.65 四死球率4.76

  最新記事

 ■ セガサミー・松永が2安打完封「きょうはでき過ぎ」(スポニチ) 15/4/18

 セガサミーの4年目右腕・松永が2安打完封勝利を挙げた。7回2死までノーヒット投球の内容に「きょうはでき過ぎ。前は力一杯にがむしゃらに投げていたけど、今年は力を抜いて打者を見ながら投げられている」と振り返った。日本ハム・浦野とは社会人時代の同期。「遠い世界に行ってしまったけど、同期に負けたくない。そこは励みになっている」と話した。

   関東選抜 回数 被安 奪三 四死 自責
   東芝 先   9  2  3  2  0 ○封

 ■ 初戦敗退に上武大監督が叱咤/大学選手権(日刊スポーツ) 11/6/7

 上武大(関甲新学生)は道都大(札幌学生)に敗れた。全国の舞台は、準優勝した09年秋の明治神宮大会以来。当時の決勝でも登板した主将、松永大介投手(4年=九州学院)が先発したが、5回途中でKOされた。3失策と守備も乱れ、谷口英規監督(42)は「エラーで取られた点は取り返せない。負けたのに悔しくなさそうな選手もいる。下級生でもチームを引っ張るようなやつが出てこないとダメです」と叱咤した。

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   12年: 4  14  10  14  0  1  0.64  6.43  9.00  0.00
   13年: 7 11.1  5  11  3  3  2.38  3.97  8.74  2.38
   14年: 18  37  43  35  13  23  5.59 10.46  8.51  3.16
   通算: 29 62.1  58  60  16  27  3.90  8.37  8.66  2.31

  プロフィール

 熊本県玉名市生まれ。
 松永 大介(まつなが・だいすけ)投手。
 玉名町小4年時から軟式野球を始め、九州学院中では軟式野球部に所属。
 小学校時代に空手で全国大会ベスト8を経験した。

 九州学院高では1年秋からベンチ入り。
 福田芳幸(現MHPS横浜)の控えを務め、3年夏の熊本大会で準優勝を経験した。
 140㌔超の直球を武器に抑えとして活躍。甲子園経験は無し。

 上武大進学後は1年秋からリーグ戦に出場。
 2年春に先発1番手の座を獲得し、リーグ最多の6勝(2敗)、防1.80(3位)で最優秀新人に輝く。
 同年秋にリーグ優勝を果たし、連続最多勝(4勝)でMVP、ベストナインを受賞。
 続く横浜市長杯で連続完投勝利を記録し、3試合18.1回5失点で最優秀投手に選ばれた。
 東京国際大に7安打2失点完投勝ち、準決で日体大に6安打3失点完投勝ち。
 神宮大会全3試合の先発を務め、13失点と打たれながらも、初の準優勝を成し遂げている。
 準決・明大戦で7回2安打1失点の好投を披露(8回に打たれ7.1回で5失点)。
 初戦・関国戦2.1回7安打6失点、決勝・立正戦3回2失点と、投球内容には課題を残した。
 3年時は肩肘の怪我で活躍出来ず、主将を務めた4年春に4勝でMVPを受賞。
 選手権初戦・道都大の先発投手を務めたが、5回途中5安打3失点KO、1対4で敗戦となった。
 2学年上に松井雅人安達了一、1学年下に加藤翔平ら。

 セガサミーでは1年目から主に救援で公式戦に出場。
 1・2年目は合計11試合25.1回の登板に留まり、3年目になって18戦37回(防5.59)を経験する。
 準優勝に輝いた11月の日本選手権で二大大会デビュー(2戦3.2回5K3失点)。
 4年目4月に行われた関東選抜リーグ・東芝戦で2安打3三振初完投初完封勝利をマークした。
 二大大会通算2試合、0勝0敗、3回2/3、5三振、防御率7.36。

 185cm92kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 ワインドアップからグラブを打者方向に高く掲げ、上体を前に傾けてステップ幅狭くインステップし、
 上体強く投げ下ろす最速144㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後の直球と、
 120㌔台の縦横スラ、120㌔台のフォーク、120㌔台のチェンジアップ、110㌔前後のカーブ。
 癖のあるフォームから投げ込む。甘く入る場面もあるが、コントロールはまずまず。
 体作りで体重を92kgにアップ。威力を増した角度ある直球とフォークを武器にリリーフを務める。
 被安打率8.37、奪三振率8.66、与四死球率 2.31。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-04-18(土)|2015年社会人投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑