地引 雄貴(東京ガス)

ここでは、「地引 雄貴(東京ガス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm82kg 右右 捕手 遠投100m 50m5秒8 木更津総合→早大 3年目
鋭い打球を放つ右の好打者。一塁到達4.3秒前後、二塁送球1.9秒台。2年目は怪我に泣かされた。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   13都: 1  -   0  0 0 0 0 0 0 0    -   -
   13日: 4 .167  12  2 1 0 0 0 6 3  .333  .250
   通算: 5 .167  12  2 1 0 0 0 6 3  .333  .250

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   09春: 2 .000  2  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   09秋: 1 .000  1  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   10春: 1 .000  1  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   10秋: 3 .667  3  2 1 0 0 0 0 0 0  .667 1.000
   11春: 13 .264  53 14 4 1 0 4 6 2 5  .291  .377
   11秋: 11 .344  32 11 3 0 0 3 2 4 3  .417  .438(7位)
   12春: 13 .250  48 12 3 0 0 5 9 9 5  .368  .313
   12秋: 7 .273  22  6 2 0 0 3 2 6 2  .429  .364
   通算: 51 .278 162 45 13 1 0 15 22 21 15  .361  .370
    ※ 12春:ベストナイン(捕手)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   10神: 3 .286  7 2 0 0 0 2 1 1 1  .375  .286 
   12選: 4 .417 12 5 1 1 0 3 3 2 0  .500  .667
   通算: 7 .368 19 7 1 1 0 5 4 3 1  .455  .526

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   08夏: 2 .500  8 4 1 0 0 0 2 0 0  .500  .625

  最新記事

 ■ 東京ガス・山岡が完封 7安打も要所締め、指揮官「大きな収穫」(スポニチ) 15/3/11

 東京ガス・山岡泰輔投手が7安打完封の好投でJR東海を下した。初回、5回以外は毎回走者を背負ったが、最速147キロの直球と変化球のコンビネーションで得点を許さなかった。打線も2回、昨年5月に左太腿裏の腱を断裂するケガを負った地引雄貴捕手が復活の先制左越え2ラン。4回には村田穏行内野手の中越え2ランで援護した。菊池壮光監督は「1人の投手が投げ切れたことは大きな収穫だった」と満足そうに振り返った。

 ■ 日本選手権 都勢、初戦に明暗 /東京(毎日jp) 13/10/31

 社会人になって初めて、全国の大舞台でスタメンマスクをかぶった。打っても4番を任され、菊池壮光監督が「打って守って走れる。パワーもあり、なかなかいないタイプ」と期待する。先発の石川歩投手は一回の先頭打者に安打を許すなど、序盤は毎回のように走者を背負う苦しい投球。三回2死満塁のピンチを切り抜けると、「石川さんOKです」と石川投手のグラブにミットでタッチ。中盤以降はカーブを有効に使うリードに変え、24日のドラフト会議でロッテから1位指名を受けたエースを巧みに導いた。早稲田大では4年春にベストナインを獲得。ほとんど出場機会のなかった都市対抗大会後、打撃の良さを買われクリーンアップに定着した。「試合では守備のことで頭がいっぱいで、打席では四球ででも出塁すればいい、という感覚だった。4番を任され、打への意識が変わった」。練習では少しでも球数を打とうと、投球練習の相手が終わるとプルペンから走ってグラウンドに戻り、打撃練習に加わる。この日は無安打に終わったが、「次はバッティングでも引っ張る」。ルーキー捕手が攻守でチームをけん引する。

 ■ 早大・地引3安打 法大連勝6で止まる(デイリースポーツ) 12/10/14

 早大が接戦を制して先勝した。二回1死二塁から6番・地引の左翼線適時二塁打で先制。六回には1死二、三塁から4番・杉山が左前適時打を放ち加点した。先発の有原は150キロを計測した直球を武器に、4安打しか許さず1失点完投勝ち。左ふくらはぎ肉離れから開幕週の東大戦以来1カ月ぶりに復帰した地引は、いきなり3安打の活躍。「積極的に行った結果。やっと戦力になれた」と胸をなで下ろした。

過去記事

 ■ 早大・地引が陸前高田の球児に活躍誓う(日刊スポーツ) 12/1/30

 今秋ドラフト候補の早大・地引雄貴捕手(3年=木更津総合)がリーグ戦での活躍&プロ入りを誓った。早大は29日、岩手・陸前高田市の高田高で復興支援の野球交流を行った。高田をはじめ大船渡など近隣の7校から56人の高校球児が参加。地引は「高校の時からプロに行きたいと思っていた。高校生が応援してくれると言ってくれた。期待に応え、新聞やテレビを通じて勇気づけられたら。まずはリーグ戦で活躍して、そこからプロに行きたい」と決意を新たにした。高校生にみっちり、約4時間の技術指導を行った。投手リードの仕方、肩の鍛え方、素早く捕球から送球に移る方法など、包み隠さずコツを伝えた。「元気があり、教えられることもたくさんあった。野球をやりたいと伝わってきた」と、見本を見せながら教えることで気づいた点もあった。前日にバスで宮古から陸前高田に移動し、津波で失われた街並みを何度も目の当たりにした。海に近い高田高は校舎の3階まで津波にのまれ、教室に入ると思わず言葉を失った。高台にある野球グラウンドには仮設住宅が建てられている。「何もなくなっている所も住宅街があったと聞いた。普段、食事を残したり、自分たちは甘えている部分があると感じた。もっとハングリーになって、野球にもプラスにしたい」と真剣な表情で話した。

 3年秋は一塁手としての出場でしたが雑誌によると肩の故障があったようです。

 ■ 木更津総合・地引、頼もしい4番 五島監督「小笠原より上」(asahi.com) 08/8/3

 1球で雰囲気を変えられる。守備でも、攻撃でも。そんな頼もしい4番・捕手だ。1点を先行しながら、スクイズを2度失敗。加点できず、5回には1球の失投で追いつかれた。「押されているのは感じていた」。美技が飛び出したのは8回、1死一塁の守り。左背後への小フライを、体をよじりヘルメットを飛ばしてダイビングキャッチした。「すぐ打球方向は分かった。捕れば勢いに乗れる」。言葉通りだった。その裏、4番として三塁強襲二塁打。チームとして4イニングぶりの安打を放ち、鳥取西の左腕・鈴木を崩す。連続四球で満塁とし、決勝打となる杉崎の2点中前安打を呼び込んだ。183センチ、76キロの恵まれた体格。かつて暁星国際で捕手だった小笠原(巨人)を指導した五島監督は「スイングや肩の良さは、高校時点では地引が上。何より勝負強い」。春の関東大会決勝でも、0―0の6回に本塁打を放って横浜を下した。「初戦で緊張したけど、次は大丈夫。智弁和歌山相手でも、いつも通りできれば勝てると思う」。きっぱり言った。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   08夏予: 6 .400 20  8 6 0 0 6 3 5 1  .520  .700

 ■ 木更津総合が初関東王者(スポーツ報知) 08/5/23

 関東大会の決勝が行われ、木更津総合(千葉)のプロ注目の主砲・地引雄貴捕手が決勝弾を含む2安打2打点と活躍。投げては左腕エース・田中優が4安打完封し、初優勝した。昨秋の関東大会覇者・横浜(神奈川)は、秋春連覇はならなかった。0―0の6回2死。地引が真ん中高めの直球を強振すると、打球は左翼席上段に飛び込んだ。高校通算17号は左翼手が一歩も動けない完ぺきな当たり。「点がほしかったので、真っすぐ一本に絞って長打を狙いました」主砲の一打で打線は勢いづき、7、8回で計3点を加点。関東王者に上り詰めた。捕手としても魅せた。スタメンに左打者が6人並んだ横浜打線に対し、「逃げていくボールは難しいはず」と外角スライダーを有効に使ってエース左腕・田中の完封劇を演出。8回には強肩で二盗を刺し、ドラフト候補の存在感を十分に示した。「粘って接戦を勝ち抜いたのが収穫です」と地引。関東大会制覇は、創部46年目で春秋通じて初。暁星国際(千葉)の監督時代、巨人・小笠原を育てた五島卓道監督(53)の秘蔵っ子は、03年夏以来5年ぶりとなる甲子園出場に自信をのぞかせた。

 なかなか雰囲気の良い打者ですね。昨夏から4番に座り決勝では市船橋山崎、岩崎の前に
 2打数無安打(2四死球)ながら打率.350(20打数7安打)マーク。

  プロフィール

 千葉県富津市出身。
 地引 雄貴(じびき・ゆうき)捕手。
 吉野小2年時から軟式野球を始め、大貫中時代は軟式野球部に所属。
 3年夏に出場した全国大会で8強入りを経験した。

 木更津総合では1年秋からベンチ入り。
 4番・捕手としてチームを引っ張り、2年夏の県大会準Vを経て、3年春に関東大会初Vを果たす。
 田中優が達成した決勝・千葉経大附戦でのノーヒットノーランを好守でアシスト。
 関東決勝・横浜戦で左越えの先制ソロを放ち、田中優を4安打完封に導く好リードを見せた。
 左翼フェンス直撃タイムリー2塁打など、初戦2回戦でも3安打4打点の大活躍。
 夏予選で20打数8安打6二塁打、率.400本0点6を記録し、東千葉大会Vを成し遂げている。
 決勝点に繋がる三塁強襲二塁打など、甲子園2試合でそれぞれ2安打マーク。
 守っては2回戦6回に二塁到達1秒92の好送球(西川遥輝の脚力が勝りセーフ)を披露した。
 チームとしては岡田俊哉を捉えきれず、一旦逆転しながら2対5で惜しくも敗戦。
 ドラフト候補としてプロスカウトから注目されたが、志望届は提出せず早大への進学を選択した。
 当時のチームメイトに田中優(京葉ガス)ら。

 早大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 2年秋までの4季は代打7打席の出場にとどまり、2年秋のV決定戦・慶大戦で初先発を務める。
 続く神宮大会全3試合にスタメン出場し、3番又は5番・ライトとして初Vを経験。
 準決勝8回表2死満塁から決勝2点打を放ち、接戦を4対1で制しての決勝進出に貢献した。
 捕手・一塁・外野の3役を務めた3年春に、全試合先発で初の規定打席到達。
 明大1回戦で野村祐輔の外高め直球を叩き、右中間を破る先制適時二塁打を放っている。
 5番・ファーストとして起用された3年秋に、打率.344(7位)で初の打撃十傑入り。
 4年春になって全試合先発マスク(5番)をかぶり、リーグVに導く活躍でベストナインを獲得した。
 吉永健太朗ら下級生投手陣を支え、リーグトップのチーム防御率2.12をマーク。
 明大1回戦で二盗を阻止する好スローイング(右打者外角低め直球で1.97秒)を見せている。
 大学選手権では4試合12打数5安打3打点の打撃で5年ぶりの日本一に貢献。
 外低めの変化球を右中間に運ぶ適時2塁打、右中間3塁打と、初戦で4安打2長打を放った。
 準決8回表に大瀬良大地の内寄り145㌔直球を左前にはじき返す勝ち越し打。
 4年秋は左ふくらはぎ痛で7試合の出場に留まり、惜しくも9勝3敗の2位でリーグ戦連覇を逃した。
 通算51試合、打率.278、45安打、0本塁打、15打点、15盗塁。

 東京ガス入社後は1年目から公式戦に出場。
 秋になって4番バッターとして出場機会を増やし、日本選手権全4試合で先発出場を経験する。
 初戦・東邦ガス戦の先発マスクを務め、石川歩らによる12K完封リレーに貢献。
 2回戦以降はDHで出場し、準々決で秋吉亮の甘い直球を捉え、右中間二塁打を記録した。
 プロ相手には6月に行われた横浜DeNA2軍戦でソロ2発を放つ大活躍を披露。
 2年目5月に左太腿裏腱を断裂するケガを負い、同年夏の都対本大会は出場できずに終えた。
 二大大会通算5試合、打率.167、2安打、0本塁打、0打点。

 183cm82kg、好打俊足の長身捕手。
 振り切るスイングから鋭い打球をはじき返す右の中距離ヒッター。勝負強く打撃センスに優れる。
 右方向への長打も持ち味の一つ。高校通算27発を放ったパンチ力の持ち主。
 50m5秒8、右打者で一塁到達タイム4.2秒から4.3秒前後を計時する脚力を兼ね備える。
 大学では一塁手、外野手として打力を活かし、4年時になって捕手を務めた。
 遠投100m、素早い送球で二塁到達1.9秒台を計測。リードセンスでも一定の評価を得ている。
 動きの良さ、機敏さを見せる一方、細身で怪我がやや多い。

  スカウトコメント

阪神・中尾スカウト|08/5/17
 「打撃の良い捕手はリードも上手い」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-03-11(水)|2015年社会人野手 | 東京六大学 コメント(12) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
地引応援してるよー
伝統ある早大野球部の正捕手の座はすぐそこだ!
昨今の活躍、野球部OBの五島監督もきっと喜んでるよ。

後は体重を増やしてパワーアップして貰いたい。
夜食を食って食って食いまくれ(笑)



| 匿名 | 2011年05月11日(Wed) 23:08 | URL #- [ 編集]
どーも
地引雄貴君の地元にすんどるものどす
個人的にプロに行ってほしいです
| 525 | 2011年01月13日(Thu) 17:35 | URL #SFo5/nok [ 編集]
先日の早慶戦で2試合ともヒットを打ってましたね。明日も、大事な場面で回ってきて結果を残せるのを期待したいです。

将来的に考えると杉山さんは確かに小柄ですし、内野手の方に適正ありそうだなと思いますし、もう一度正捕手へのチャレンジができるかもしれませんね。
| 匿名 | 2010年11月02日(Tue) 23:58 | URL #8/bi7mmM [ 編集]
地引も入る大学が違っていれば、1年目から正捕手になれていたかもしれませんね…。なんか杉山にしろ地引にしろ、現段階では中途半端な感じになってしまっているのが惜しいです。
できればブランクを挽回できるだけの選手になってほしいです。
| 匿名 | 2010年09月28日(Tue) 23:46 | URL #- [ 編集]
まああくまで噂ですが。
細山田が抜けるので補強に本気なんですかね?
どちらかが合格、何てことなのであれば贅沢な選択。
| gogo126 | 2008年10月03日(Fri) 21:59 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
確かそのように記憶してますが。まさか、同ポジションのライバルが同じチーム?
| こまち | 2008年10月03日(Fri) 20:20 | URL #- [ 編集]
早大進学という噂のようですね。
でも東総工の杉山もでしたっけ?
| gogo126 | 2008年10月02日(Thu) 20:38 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
果たして、彼の進路は?志望届がでないところをみると、社会人?NTT関東あたり?
| こまち | 2008年10月02日(Thu) 00:47 | URL #- [ 編集]
打撃ダメでしたか。
捕手としてのキャッチング・リードには以前から定評ありですね。
盗塁を刺すなど今回活躍シーンを観れて評価アップです。
杉山は見逃したんですよね。ハイライトなどを見ると打撃に見るべきものがありそう。
確かに他のポジションで打撃を活かすのもありですね。
| gogo126 | 2008年08月03日(Sun) 13:38 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
打撃はちょっとどうかなと思いますが、捕手としてはなかなかセンスがありそうです。
キャッチング・肩もあるが、私としてはリードを評価したいです。
杉山は捕手よりもセンターやショート、サードあたりの方がいいんじゃないかな?と思います。
| ☆綾人 | 2008年08月02日(Sat) 18:15 | URL #- [ 編集]
2人ともプロ評価、高そうですね。
ノーヒットノーランに横浜高校完封と勢いのある田中投手の投球も是非全国で見てみたいです。
| gogo126 | 2008年07月09日(Wed) 19:59 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
彼の夏が始まりますね。同じ千葉の杉山君と比較されますが、打とキャッチング、強肩は互角。インサイドワークの分だけ、地引君が上でしょう。でも、相方の投手が田中君だけに、そうみえるのかな。
| こまち | 2008年07月09日(Wed) 18:56 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人野手 | 東京六大学 コメント(12) Page Top↑