渡部 一也(広島経済大)|ドラフト・レポート

渡部 一也(広島経済大)

ここでは、「渡部 一也(広島経済大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm78kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・スプリット・ツーシーム 広島市工
最速147㌔直球と鋭いスライダー。3年春に5勝、秋以降は故障により目立った活躍はできず。

  投球成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   09春:         登板無し
   09秋: 2 0勝1敗   6  4  9  1  1  1.50
   10春: 5 0勝1敗   12  11  18  4  1  0.75
   10秋: 5 3勝2敗  39.1  31  39  11  14  3.20(1試合不明)
   11春: 7 5勝0敗   50  32  36  24  9  1.62
   11秋:         登板無し
   12春: 1 0勝0敗   5  5  1  2  1  1.80
   通算: 20 8勝4敗 112.1  83 103  42  26  2.08(不明分除く)
         被安打率6.65 奪三振率8.25 四死球率3.36  

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   10選: 1   2  3  3  1  1 142㌔(東ド) 三重中京大
   12選: 1  2.2  1  2  1  0 140㌔(神宮) 九州共立大
   通算: 2  4.2  4  5  2  1 防1.93
     被安打率7.71 奪三振率9.64 四死球率3.86

投球成績詳細

   09秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   広国大    3.2  1  6  0  0
   広修大    2.1  3  3  1  1 ●
           6  4  9  1  1 防1.50
      被安打率6.00 奪三振率13.50 四死球率1.50

   10春    回数 被安 奪三 四死 自責
   広工大     1  1  3  0  0
   近大工    1.2  0  1  0  0
   広国大     3  3  6  1  0
   広島大     2  1  2  2  0
          4.1  6  6  1  1 ●
          12  11  18  4  1 防0.75
      被安打率8.25 奪三振率13.50 四死球率3.00

   10秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   広島大 先   9  8  5  3  4 ○
   広修大 先      不明
   広工大 先   9  6  8  2  2 ●
   広工大 先   9  2  12  0  0 ○
   広国大 先  3.1  8  1  3  6 ●
   近大工 先   9  7  13  3  2 ○
         39.1  31  39  11  14 防3.20(不明分除く)
      被安打率7.09 奪三振率8.92 四死球率2.52

   11春    回数 被安 奪三 四死 自責
   広工大 先   9  1  8  3  0 ○封
   広島大 先   9  9  7  5  3
       先   8  3  4  3  0 ○封
   広国大 先   9  10  5  4  3 ○
   広修大 先   6  4  7  3  1 ○
   近大工 先   9  3  5  5  2 ○
           0  2  0  1  0
          50  32  36  24  9 防1.62
      被安打率5.76 奪三振率6.48 四死球率4.32

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   広国大 先   5  5  1  2  1

  最新記事

 ■ ドラ上位候補の九州共立大・川満が完封(デイリースポーツ) 12/6/13

 九州共立大が広島経大を下し、3回戦に進出した。今秋のドラフト上位候補の川満寛弥投手(4年・宮古総合実)が散発2安打、11奪三振で完封した。広島経大は川野友耀投手(3年・広島商)‐渡部一也投手(4年・広島市工)の継投で2点に抑えたが、打線が援護できなかった。

 3年秋以降故障がちですが、志望届を出したんですね。181cm71kg だった身長体重は、
 4年春選手権では183cm78kg と紹介されていました。今秋はまだ登板がないようです。

 ■ 広経大4季ぶりV!川野初星で決めた(デイリースポーツ) 12/5/21

 広経大と広工大が勝ち、ともに連勝とした。広経大は勝ち点を4、勝率・818とし、4季ぶり23回目の優勝を決めた。広経大は一回に竹本駿内野手(3年・山陽)の適時打で先制すると、その後も小刻みに加点。先発の川野友耀投手(3年・広島商)が1失点完投でリーグ初勝利を挙げた。急きょ回ってきた大舞台だった。14日の近大工戦で、昨季防御率1位に輝いたエース・春木が、三塁ベースカーバーの際に右肩を負傷。全治2カ月の重傷で離脱した。春木以外にも、故障者が続出した。昨春のエース・渡部は、昨秋を棒に振る要因となった腰痛が再発。開幕戦では4番を務めた主将・森下も、打撃練習中に右肩を疲労骨折し、一時ベンチを外れるなど、投打の柱が次々とチームを離れた。だが次々と救世主が現れた。投手では、開幕当初は“第3の男”だった廣瀬が先発の柱に成長。野手では開幕戦で9番だった鶴崎が4番に入り、近大工戦では大学初本塁打を放った。とりわけ廣瀬は、今季通算5勝0敗で、防御率0・00という快挙。「しんどかったけど、すごくうれしい。打って守ってくれた皆のおかげです」と会心の笑顔で話した。

 腰痛再発とのことで2年ぶり大学選手権での登板は無いかもしれないですね。
 春木良太投手は甲子園経験のある開星出身のスリークォーター右腕。2年秋に5勝4完封、
 48回連続無失点、防0.35の好成績を残しています。こちらも登板は難しそうで残念です。

 ■ 広経大、近大工破り2季ぶりVへ逆王手(デイリースポーツ) 11/5/23

 広経大が近大工を下して、対戦成績を1勝1敗とし、優勝に逆王手をかけた。渡部一也投手(3年・広島市工)が3ボークを与えるなど苦しみながらも9回3失点で完投勝利。広経大と近大工は勝ち点4で並んでおり、23日に広経大が勝てば2季ぶり23度目、近大工が勝てば2季連続40度目の優勝となる。勝利が決まった直後、涙が頬を伝った。負ければ今季が終わる一戦。広経大をけん引してきた渡部がプレッシャーに打ち勝った。最終週まで2週間試合がなかった。その間にフォームを崩し、本調子ではなかった。3失点に絡んだ3つのボークは、すべて踏み出した左足が地面に引っ掛かって投球を中断したもの。最後までフォームのバランスは悪かった。それでも強い気持ちだけは持ち続けた。「負けたら4年生との野球が終わりなので。今までの野球人生で一番好きなチームなので、負けたくなかった。最後まで投げるつもりだった」。五回2死一、三塁でボークを犯して同点を許した直後には、タイムを取った龍憲一監督(74)から「お前がエースにならなきゃいけないんだから頑張れ」とゲキを飛ばされた。一層、気持ちを引き締めた六回以降は、ヒットによる走者1人しか許さずに3安打完投。価値ある今季5勝目を挙げた。
 渡部は昨秋に抑えから先発に転向。最速147キロの速球が魅力だ。「僕がタイトルをとれれば、優勝できる」と意気込む。(中国新聞)
 2位の広経大は、3年生の渡部投手(広島市工出身)が5勝してチームを引っ張った。高校時代、優勝した広陵と接戦を演じた右腕は、140キロ後半のストレートのほか、スライダーやスプリットボールを駆使して勝利を重ねた。(毎日jp)

 ■ 広経大が優勝逆王手 広島六大学野球(中国新聞) 10/10/18

 野球の広島六大学秋季リーグ最終週第2日は17日、近大工球場で2回戦1試合があった。勝ち点4同士の対決は、広経大が近大工を4―2で破って対戦成績を1勝1敗とし、優勝は18日の3回戦に持ち越された。2年生右腕の渡部が13三振を奪い、2失点で完投した。春季リーグの王者広経大が、がけっぷちで踏みとどまり、23度目の優勝へ逆王手をかけた。立役者は2年生右腕の渡部。最速146キロの直球と鋭いスライダーをコースへ決めた。三、四回を除いて毎回、得点圏に走者を背負ったが、「絶対に負けたくなかった」と2失点で踏ん張った。

 細身ながらも146㌔というスピードを備え持ち球は少なそうですが縦のスライダーという
 決め球があるのは魅力的ですね。左足が突っ張るのは速球派といった感じでしょうか。

 ■ 優勝候補・広陵が広島市工に逆転勝利(スポニチ) 08/7/19

 優勝候補筆頭の広陵は3-1で広島市工に逆転勝利。4回途中から登板した前田貴史投手(3年)が4安打無失点で8三振を奪う好投を見せた。0-1で迎えた4回1死二、三塁、フルカウントの場面で先発・森宗と交代した。追加点を許せば相手に大きく流れが傾く状況でも、冷静だった。低めの直球で広島市工・原田をあっさり三振に斬って取り、続く渡部も三振でピンチを切り抜けた。抜群の制球力で9回までに8三振を奪った。

      08夏:3回戦広陵高 9回 被安7 奪三5 四死4 失点3

  プロフィール

 広島県出身。
 渡部 一也(わたなべ かずや)投手。

 広島市工時代に甲子園出場実績は無し。
 3年夏は主戦を務めるも、広陵高に1対3で敗れ県大会3回戦敗退。
 惜しくも逆転負けとなったが、7安打3失点完投と優勝候補相手に力投を披露している。
 最速142㌔右腕としてプロからも注目されていた。

 広島経済大進学後は1年秋からリーグ戦に出場。
 2年春に投球回数は12回と少ないながらも、抑えで0点台の防御率を記録し優勝に貢献。
 秋からは先発2番手を務め、3年春に5勝(4完投2完封)防御率1.62(4位)の好成績を残した。
 広工大を1安打8奪三振初完封、優勝した近大工学部相手にも3安打3失点完投勝利。
 主戦候補とされた3年秋は腰痛で登板無し、4年春も故障再発により登板1試合と活躍できず。
 全国大会には2年春、4年春(いずれも2回戦)の大学選手権に出場。
 2年春は初戦に9回裏無死一塁から登板、打ち取った当たりが適時打となり同点を許したが、
 142㌔直球とスライダーを武器に、三重中京大を2回3奪三振2失点に抑え白星を収めている。
 4年春は九共大戦6回裏1死満塁からマウンドに上がり、三振・投ゴロでピンチ脱出、
 2回2/3を2奪三振無失点に抑えるも、川満寛弥に2安打完封され敗退となった。
 リーグ通算20試合、8勝4敗、112回1/3、103奪三振、防御率2.08(不明分を除く)。

 183cm78kg、長身細身のスリークォーター右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げ、テイクバック大きめに肘を柔らかく使った鋭い腕の振りから
 繰り出す最速147㌔、常時140㌔前後の直球と120㌔台後半の切れの良い縦のスライダー。
 真っすぐとスライダーとのコンビネーションが投球の中心。その他スプリット、ツーシーム、カーブ。
 コントロールにはバラツキが残り、甘い球がやや多い。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2012年09月25日(火)|退団・引退・進路不明など | 広島六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 広島六大学 コメント(0) Page Top↑