阪口 哲也(パナソニック)

ここでは、「阪口 哲也(パナソニック)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



180cm82kg 右左 二塁手 遠投100m 50m6秒2 市和歌山→阪神 2年目
好打好守のセカンド。しぶとい打撃が持ち味。体の強さも魅力。プロ最後の試合で1号ソロを放った。

  動 画

  最新記事

 ■ 元阪神育成のパナ阪口1安打2四球(デイリースポーツ) 15/4/29

 パナソニックの元阪神育成選手の阪口が、右前適時打を含む1安打2四球に加え、守備でもファインプレーで勝利に貢献した。虎時代は掛布DCから熱心なアドバイスを受け「いい報告ができるようにもっと頑張りたい」。まだ22歳で来年には再びドラフト対象選手となるが「それくらいの気持ちを持って、都市対抗に出られるように」と力を込めた。

   2軍 試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   11年: 30 .125  24  3 0 0 0 2 7 4 0  .250  .125
   12年: 46 .238  42 10 1 0 0 4 13 2 1  .273  .262
   13年: 69 .277  94 26 4 0 0 13 14 6 2  .320  .319
   14年: 71 .274  84 23 2 0 1 7 21 8 5  .337  .333
   通算: 216 .254 244 62 7 0 1 26 55 20 8  .311  .295

 育成選手(支配下登録されず退団)は、ドラフトを受ける必要があるんですね。初めて知りました。

 ■ 育成1位阪口“長嶋流”で“藤田超え”(デイリースポーツ) 10/11/5

 阪神の育成ドラフト1位・阪口哲也内野手=市和歌山高=が4日、畑山スカウトらから指名あいさつを受けた。努力でつかみ取ったプロ入りだ。昨秋には周囲から「あきらめろ」と言われていたが、打席でボールの動きに対し自分の動きを止める悪癖を修正した。きっかけは、同校の真鍋忠嗣監督が提案した「手足の動きのバランスが理にかなっている」という巨人の終身名誉監督・長嶋茂雄氏の打法だ。「趣味は野球」と語るほどの阪口は猛練習。これが奏功し、今春から結果を出し始めた。畑山スカウトも「この1年間で急激に成長した」とうなった。同校は阪神の生え抜きで唯一2000本安打を放った藤田平氏の母校。同氏はイチローに抜かれるまで、208打席連続無三振の日本記録を保持していた。同じ右投げ左打ちの内野手。進化を遂げた3年時には「三振した記憶があまりない」と話す。
 粘り強い打撃が持ち味で、三振の少なさも魅力だという。畑山スカウトは「体の強さ、力では、他の選手にヒケをとらない」と評価。未完の大器は泥臭くしぶといプレーで支配下登録をもぎ取る。(SANSPO)

       試合 打率 打 安 本 点
   09夏予選: 3 .500 10  5  0  0
   10夏予選: 5 .375 16  6  1  5

  プロフィール

 大阪府岸和田市出身。
 阪口 哲也(さかぐち・てつや)二塁手。
 小学1年から貝塚リトルで野球を始め、土生中では岸和田ボーイズに所属。
 3年夏に東大阪大会優勝を経験した。

 市和歌山高では1年春からベンチ入り。
 新校名でのぞんだ2年春に県大会準Vを達成し、夏の予選で1番として打率5割の実績を残す。
 3年夏は智弁和歌山との打撃戦に7対9で惜しくも競り負け予選ベスト4敗退。
 南部戦で先制の右翼ポール際3ランを放つなど、3番バッターとして打率.375本1点5を記録した。
 県大会準Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 卒業後は育成1位(支度金200万円、年俸300万円)で阪神入団。
 支配下登録を勝ち取ることができず4年を過ごし、14年シーズン終了後に戦力外通告を受けた。
 2軍通算216試合、打率.254、62安打、1本塁打、26打点、8盗塁。

 180cm82kg、好打好守の大型二塁手。
 高校通算20発、内外角のさばきが良い左の好打者。三振数の少ないしぶといバッティングが信条。
 遠投100m、50m6秒2、肩の強さ、脚力はまずまず。体の強さ、体力に自信を持つ。
 小5の時に引退を勧められるほどの右肘怪我を経験。周囲を驚かせる回復力でこれを乗り越えた。
 パナソニックでは主に9番、2番で起用されている。

  スカウトコメント

阪神・畑山スカウト|10/11/5
 「体の強さ、力では、他の選手にヒケをとらない」
 「この1年間で急激に成長した」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-05-05(火)|2016年社会人野手 | コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
現中日の亀澤はソフトバンクとの3年間の育成契約を終えたとき規定に則り一度自由契約になって、中日と支配下契約しています(実際にはソフトバンクも育成で再契約する意向だったようですが)。
アマチュアチームに所属したからプロに復帰するのにドラフトを経なければいけないというルールは無いかと思うのですが…。
| 匿名 | 2015年05月06日(Wed) 00:05 | URL #- [ 編集]
デイリーの「来年には再びドラフト対象選手」の部分ですが、いま確認したら該当箇所が削除されて「今後プロに復帰できる可能性もゼロではない」に修正されてますね
| 匿名 | 2015年05月05日(Tue) 23:49 | URL #- [ 編集]
だから新潟の元広島育成の塚田と福島の元ヤクルト育成の佐藤はドラフト経由での入団だったのですね
| 我流 | 2015年05月05日(Tue) 21:16 | URL #SpwnCme2 [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年社会人野手 | コメント(3) Page Top↑