野川 拓斗(鷺宮製作所)

ここでは、「野川 拓斗(鷺宮製作所)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



170cm73kg 左左 MAX146km スライダー・カーブ 川口青陵高→城西国際大 2年目
切れの良い直球とスライダー。内角を突く投球が持ち味。大学4年秋に最多46奪三振を記録した。
2015年DeNA7位(契約金3000万円、年俸800万円)

  動 画

  投手成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   14日: 1   1  0  2  0  0 JFE西
   15都: 1   2  1  2  2  0 日本生命
   通算: 2   3  1  4  2  0 防0.00
     被安打率3.00 奪三振率12.00 四死球率6.00

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 自責 防御率
   10春: 6  3勝0敗  28.1  23  4  1.27(4位)
   10秋: 5  1勝2敗   23  19  10  3.91 
   11春: 7  4勝2敗   54     8  1.33(4位)
   11秋: 5  1勝2敗  33.2     6  1.60(9位)
   12春: 7  4勝3敗  50.2  30  6  1.07(2位)
   12秋: 8  4勝3敗  52.1    10  1.72(7位)
   13春: 6  4勝1敗  38.1  28  14  3.29
   13秋: 5  4勝1敗   48  21  2  0.38(1位)
   通算: 49 25勝14敗 328.1    60  1.64
    ※ 13秋:奪三振王(46個)

  最新記事

 ■ DeNAがドラ7野川と仮契約(デイリースポーツ) 15/11/11

 DeNAは11日、ドラフト7位で指名した野川拓斗投手(24)=鷺宮製作所=と、契約金3000万円(推定)、年俸800万円(推定)で仮契約した。野川のコメントは次の通り。「気持ちが引き締まりました。チームにとって必要と思ってもらえたので、ドラフトにかかったと思っています。その期待に応えられるように、精いっぱい頑張ります。まずは来季早くから1軍で投げられるように、そして、将来的にはプロの世界で長く戦っていきたいです。テンポの良い投球とスライダーに自信がありますので、自分の持ち味を発揮して、チームの勝利に貢献したいと思います」

 ■ DeNAドラ7野川の趣味はアニメ鑑賞(デイリースポーツ) 15/10/30

 DeNAドラフト7位の野川拓斗投手(21)が29日、埼玉県狭山市の鷺宮製作所で吉田編成部長、稲嶺スカウトから指名あいさつを受けた。「左のワンポイントとして、しっかり抑えたい。低めのスライダーと内角をつく強気の投球が持ち味です」と話した。吉田編成部長は「テンポよく投げるピッチャー1イニングをキッチリ抑えてほしいね」と手薄な中継ぎ左腕として期待した。趣味を聞かれて、「アニメ鑑賞です」と顔を赤らめた。「一番好きなやつですか?『俺、ツインテールになります。』ですね」と照れながら言う。「マウンドに上がったら、強気に内を投げ込みます」ときっぱり。貴重な左腕は、公私の切り替えバッチリでプロに臨む。

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   14年: 10 33.1  25  30  12  11  2.97  6.75  8.10  3.24

 ■ 社会人野球:鷺宮製作所が初優勝 静岡大会(毎日新聞) 14/4/7

 社会人野球のJABA静岡大会最終日は浜松球場で準決勝と決勝を行い、鷺宮製作所が初優勝し日本選手権大会の出場権を獲得した。決勝は、野川が一回2死一、三塁のピンチで、肘の違和感を訴えて降板するアクシデントに見舞われた。ここを、「いざという時のために備えていた」という牧野がしのいだのが大きかった。主要JABA大会での優勝は、2009年の北海道大会以来。今年は、野川や150キロ右腕の斎藤ら即戦力の新人が加入し、「彼らに負けたくないと、チームが活気づいている」と松元監督は話す。

過去記事

 ■ 代走からエースへ 左腕11K 川口青陵・野川拓斗投手(asahi.com) 09/7/29

 川口青陵の野川拓斗は、敗れてもエースの誇りを失わなかった。9安打を浴びた代わりに、11の三振を奪った。春の県大会で準優勝した埼玉栄を相手に、昨秋の県大会準優勝投手の実力を見せた。高校入学時の球速は、117キロだった。同学年の布施翔太は、130キロ台後半の速球が評価され、1年生でエースの背番号を与えられた。野川は当時の監督から「お前は布施より球が速くなることはないから、他を磨け」と言われた。代走要員で、守備は一塁手などを任された。そこから負けん気を発揮した。週2回、ジムに通い、筋力を鍛えた。下半身が安定し、次第に球威も増した。そして2年生の夏、背番号1を手に入れた。鋭く曲がるスライダーを磨き、相手を翻弄するようになった。度胸も据わった。昨秋の関東大会準々決勝で、フェンス直撃の長打を浴びた後、投球が乱れて完敗したのがきっかけだ。「あの時はびびって負けた」。常に強気で向かっていこうと切り替えた。この日、先制されても強気の投球を貫いた。5回、2盗塁で揺さぶられても、動じなかった。試合後、涙に暮れる仲間たちの中で、「自分が打たれたからだ」と、敗因を淡々と振り返った。「あいつらには、涙は見せられない。でも、帰ったら泣いちゃうかも」。140キロ超の速球を誇る大会屈指の左腕が、一瞬だけ、高校生らしい素顔をのぞかせた。

   09夏        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:伊奈学園 先  2  0       0
   3回戦:武 南 高 先 5.2  4       0
   準々決:浦 和 実 先  9  4  7  1  0
   準決勝:埼 玉 栄 先  8  9  11  2  2
             24.2  17       2 防0.73(失点から計算)
                       被安打率6.20

 高校3年間で球速26キロアップ、大学1年春から3勝を挙げた左腕です。
 秋は1勝に終わり監督からは「自分のピッチングを作り上げている状況。攻めの心はある。
 あとは心のコントロール」と課題を挙げられていました。練習量豊富な選手でもあるようです。

 ■ 川口青陵・野川が4安打完封(デイリースポーツ) 09/7/27

 昨秋関東8強の実力を発揮し、4-0で浦和実を下して準決勝に進んだ。先発した県内屈指の左腕・野川拓斗投手は4安打完封。「勝負どころ以外では7割の力で投げた。打たせて取る投球ができた」と胸を張った。甲子園まであと2勝と迫ったが、「一戦一戦しっかりやっていきたい」と話した。

 ■ 川口青陵野川1安打完封勝ち(日刊スポーツ) 08/11/3

 初出場の川口青陵が、10回出場の文星芸大付を倒す金星を挙げた。左腕エース野川拓斗(2年)は9回2死まで無安打無得点と好投。直後に中前打を許し快挙を逸したが、1安打完封勝ちした。身長170センチの小柄な左腕野川が、惜しくもノーヒットノーランを逃した。9回2死まで無安打投球を続けたが、相手4番に左中間へクリーンヒットされた。野川は「カーブをうまく打たれた。残念? いや、かえってスッキリした」。サバサバした表情で投球を振り返った。前半はボールが高めに浮いた。得意のスライダーを低めに集めて修正。7三振を奪ったが、四球も5個と多かった。完封勝ちは高校生活で初めて。「良い調子ではなかったので、完封で勝てたことの方がうれしい」と白い歯を見せた。

      文星芸大付 9回 被安1 奪三7 四死5 失点0

  プロフィール

 埼玉県戸田市出身。
 野川 拓斗(のがわ・たくと)投手。
 小学3年の時に栃木県から埼玉県に転居し、4年時に前野町ジャイアンツで野球を始める。
 戸田市立美笹中時代は軟式野球部で投手を務めた。

 川口青陵入学当初は一塁手、代走として出場。
 2年になって本格的な投手としての練習を始め、急成長を見せた同年夏に背番号1を獲得する。
 自己最速を117㌔から138㌔に伸ばし、2年秋に関東大会ベスト8進出を達成。
 初戦・文星芸大付戦で9回2死までノーヒット、1安打7奪三振6対0完封の快投を披露した。
 3年夏は143㌔左腕として注目されたが、埼玉栄に0対2で敗れ県ベスト4敗退。
 準々決・浦実戦で4安打完封勝ちを収めるなど、4試合24.2回で2失点の好成績を残している。
 県大会準V、関東8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 城西国際大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 シーズン中盤から先発2番手を任され、3勝(完投1)0敗、防御率1.27の好成績で頭角を現す。
 初先発を果たした敬愛大戦で初勝利、清和大戦で11回1失点初完投勝利。
 以降、金成(2年時まで)、青木(3年春から)との2枚看板を務め、通算25勝の実績を残した。
 優勝回数リーグ最多の武道大相手に、9試合4勝(2完投1完封)4敗をマーク。
 2年春の武道大2回戦で5安打初完封勝利、秋の同1回戦で2失点完投勝利を挙げている。
 時折不安定さを見せながらも、6度ベスト10入りし、2年・4年秋に優勝を達成。
 4年秋に奪三振王(46K)を獲得し、4勝(4完投3完封)、防0.38(1位)の最高成績を収めた。
 情報大との直接対決で8回0封勝利、敗れた武道大戦でも13回2失点と好投。
 続く横浜市長杯で146㌔を叩きだしたが、日体大相手に1対5、3.2回3失点KOで敗戦となった。
 通算49試合、25勝(16完投9完封)14敗、328.1回、防御率1.64。

 鷺宮製作所では1年目4月の静岡大会で初Vを達成。
 ヤマハ戦で5.2回1安打無失点ピッチを見せたが、決勝戦は左肘違和感で1回途中KOとなった。
 復帰した9月の都企業秋季大会・ウェルネス戦で無四球初完封勝利をマーク。
 日本選手権初戦に4番手として救援起用され、1回ノーヒット2K無失点の結果を残している。
 2年目のシーズンでは先発・救援として公式戦12試合(先発7・救援5)に登板。
 東京都企業春季大会で東京ガス相手に6安打1四死球、8三振1対0完封の好投を披露した。
 二大大会1試合、0勝0敗、1回、2三振、防御率0.00。

 170cm73kg、最速146㌔直球を持つ小柄な左腕。
 ノーワインドアップから繰り出す最速146㌔、常時140㌔台のキレの良い真っすぐとスライダー、カーブ。
 真っすぐに縦横2種類のスライダーを織り交ぜる。内角を突く強気の投球も持ち味。
 城国大進学後にスピードを増し、横浜スタジアムで146㌔を計測。コントロールにはバラツキが残る。
 4年秋48回で21安打46K(率8.63)3失点を記録した。

  スカウトコメント

DeNA・吉田編成部長|15/10/30
 「テンポよく投げるピッチャー。1イニングをキッチリ抑えてほしいね」
DeNAスカウト|15/10/22
 「小柄ではあるが最速146km/hのストレートを投げ込む本格派左腕。堂々としたマウンド捌きで、勢いのあるストレートとキレの良いスライダーで勝負する生きの良い投手。強気な投球スタイルに期待」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-11-12(木)|2015年ドラフト指名選手 | 千葉県大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年ドラフト指名選手 | 千葉県大学 コメント(0) Page Top↑