北出 浩喜(パナソニック)

ここでは、「北出 浩喜(パナソニック)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm78kg 右右 MAX152km スライダー・カーブ・チェンジ 小松商→愛知工業大 3年目
最速152㌔を誇る救援右腕。スライダーを織り交ぜる。1年目の都市対抗で3戦5回6K0封を記録した。

  動 画

  投手成績

     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   15都: 3   5  3  6  0  0
          1  2  2  0  0 147㌔ JR九州
         2.2  1  2  0  0 150㌔ JXエネオス
         1.1  0  2  0  0 150㌔ 王 子
   15日: 1  0.2  1  0  2  1 147㌔ ホンダ ●
   16都: 1  3.2  3  3  3  0 149㌔ きら銀
   16日: 1  0.2  0  2  1  0     富士重
   通算: 6   10  7  11  6  1 防0.90
      被安打率6.30 奪三振率9.90 四死球率5.40

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   11春: 4 2勝0敗  23  16  24  11  2  0.78
   11秋: 5 1勝2敗  30  25  20  12  6  1.80
   12春: 7 0勝6敗 43.2  36  23  15  9  1.85(6位)
   12秋:                      二部
   13春:                      二部 
   13秋: 3 2勝0敗  14  11  14  5  4  2.57二部
   14春:                      二部
   14秋:         登板無し          二部
   一部: 16 3勝8敗 96.2  77  67  38  17  1.58
         被安打率7.17 奪三振率6.24 四死球率3.54
    ※ 14春:2部
MVP

投手成績詳細

   11春    回数 被安 奪三 四死 自責
   愛工大     1  0  1  2  0
   中部大 先   9  5  7  3  0 ○封
   名城大 先   9  5  8  2  0 ○封
   愛知大 先   4  6  8  4  2
          23  16  24  11  2 防0.78
      被安打率6.26 奪三振率9.39 四死球率4.30

   11秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   愛知大 先   6  7  7  1  2
   名城大     4  4  2  3  0
   愛院大 先  11  5  7  5  0 ●
   名商大 先   4  5  3  2  3 ●  
   中部大 先   5  4  1  1  1 ○
          30  25  20  12  6 防1.80
      被安打率7.50 奪三振率6.00 四死球率3.60

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   愛知大 先   9  4  6  2  1 ●
   名城大 先   9  7  4  4  0 ●
   名商大 先   4  5  1  4  2 ●
          1.2  1  1  1  0
       先   8  8  4  1  4 ●
   愛院大 先   6  7  3  1  1 ●
   中部大 先   6  4  4  2  1 ●
         43.2  36  23  15  9 防1.85
      被安打率7.42 奪三振率4.74 四死球率3.09

  最新記事

 ■ パナソニック・北出浩喜 最速152キロのセットアッパー(中日スポーツ) 16/10/14

 ドラフト会議が近づくにつれ、期待感よりも危機感が強まっていく。「今のままじゃプロは行けない気がする。本当に行きたいんなら、このままじゃあかん、と」。シーズン最後を飾る日本選手権に向け、いまひとつ調子が上がらない。ただ「本来の力ならプロを相手にしても、十分抑えられるだけの力を持っている」というのが、各球団スカウトたちの評価。最速152キロを誇る直球は球威があり簡単には打たれない縦に鋭く落ちるフォークで空振りも取れる。パナソニック入社1年目から、中継ぎとして地位を確立してきた実績もある。すでに5球団から調査書を求められ、中継ぎの即戦力が欲しい球団ならうってつけの好素材だ。石川・小松商高を経て入学した愛工大で才能を開花させた。1年春でいきなり先発の軸となり、直球も最速149キロまで伸びた。4年時で既にドラフト候補に名が挙がっていた。だが当時は右肘痛を発症し、治療に専念するため「社会人を経験してから」とプロ志望届の提出を断念した。パナソニックでは、それまでやったことのない中継ぎを任された。「チームの勝ちを最後にどうするのか、というつらさが痛感できた。こっちのほうが向いているかもしれない、とも思えた」。1年目に日本新薬の補強で出場した都市対抗大会でも、中継ぎで3試合5イニング無失点。8強へ導き、再びプロから注目を浴びる存在となった。今春に知り合った女性と、来月にも結婚する予定。ドラフト会議での吉報が、何よりの結婚祝いとなりそうだ。

   16年         回数 被安 奪三 四死 失点
   静岡大会:ホンダ鈴鹿   2.2  4  2  2  8
       :東邦ガス   0.2  1  1  0  2
   岡山大会:三菱広島   3.1  1  1  1  0
   京都大会:富士重工    1  2  1  0  0
   都対予選:ニチダイ    1  1  0  0  0 147㌔
       :ミキハウスBBC    1  0  1  1  0 149㌔
       :大阪ガス    1  0  2  0  0
   都対本戦:きらやか   3.2  3  3  3  0 149㌔
   プロアマ:ORIX    1  1  0  0  0
   選手権予:神戸高砂    1  1  0  0  1
   選手権本:富士重工   0.2  0  2  1  0
               17  14  13  8  11 防5.82(失点から計算)
           被安打率7.41 奪三振率6.88 四死球率4.24

 ■ パナソニック・北出 球団スカウトを圧倒(デイリースポーツ) 16/6/3

 パナソニックが逆転でミキハウスBBCを下し、準決勝に進出した。2点リードの九回からマウンドに上がったドラフト候補の北出浩喜投手(23)が、1回を無失点に抑えゲームを締めた。阪神巨人など9球団のスカウトが視察する中、最速149キロを計測した力強いストレートで相手を押し込んでいった北出。今年から公式戦で使うようになったキレのいいフォークで空振り三振を奪う場面もあった。それでも本人は「粘られて四球を出してしまったことが反省です。次はしっかり3人で抑えるようにしないといけない」と言う。「あと2つ、しっかり勝ちたい」と頼もしいリリーバーは力を込めた。
 阪神・畑山統括スカウト補佐は「あれだけ腕が振れてくれば」と評価した。(デイリースポーツ)

 ■ パナ北出1回0封 阪神6人態勢で視察(デイリースポーツ) 16/6/1

 ドラフト候補のパナソニック・北出浩喜投手(23)が、8点リードの九回から登板。阪神和田SA、佐野アマ統括スカウトら6人態勢で視察する中、最速147キロを計測して1回を1安打無失点に抑えた。ボールの勢いは目を見張るものがあった。「ベストではないですけど、真っすぐで空振りを取れたのは良かった」と全14球中、12球がストレート。抜けたフォークを左前打されたが、相手打者を力で押し込んだ。チームではリリーフを専門としており「抑えと確立されたわけではないけど、投げろと言われたところで」と力を込めた北出。右のセットアッパー候補は虎の補強ポイントに合致する。担当の畑山統括スカウト補佐は「緊張した場面でどれくらい投げられるか」と評価の基準を語った。

過去記事

 ■ 補強の北出が恩返し=都市対抗野球・日本新薬(時事ドットコム) 15/7/21

 日本新薬がパナソニックからの補強選手、北出の踏ん張りでJR九州を振り切った。2点差に追い上げられた九回無死一、二塁から救援。2死を奪ったあと、適時打を浴びて1点を失ったが、最後は得意のスライダーで三振に仕留めた。北出は「補強として何としても恩を返したかった」と満足顔。岩橋監督は「うちは後ろがいない。北出は抑えで目を付けていた。いい補強ができた」と喜んでいた。

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   15年: 17 33.2  24  27  9  7  1.87  6.42  7.22  2.41

 ■ 愛工大の北出は パナソニックへ(中日スポーツ) 14/9/7

 2部の愛工大のエース右腕・北出(4年・小松商)は右肘を手術したため、大学最後のシーズンで投げられなくなった。もともとプロ志望だったが、春先から肘の痛みを感じており、7月に社会人の都市対抗を観戦して「あの舞台で投げたい」と手術に踏み切った。松岡捕手と一緒にパナソニックに入社する見込み。3カ月はボールを握れない。「チームには申し訳ない」との気持ちは強いが「将来プロに行きたいし、長い野球人生を考えた」と複雑な心境を語った。

 ■ 愛知大学野球選抜チーム 中日2軍と交流戦(西日本スポーツ) 14/8/6

 愛知大学野球選抜チームと中日2軍とのプロアマ交流戦が5日、ナゴヤ球場であり、150キロ右腕の七原優介投手(4年)=名大=は1イニングを投げ、最速147キロを記録するも3安打2失点。プロ注目右腕の北出浩喜投手(4年)=愛工大=は2イニングで3安打3失点だった。愛工大の北出は4回からの2イニングを3失点だった。「気持ちばかりが先に行ってしまった。これが今の実力。まだまだです」。最速は145キロを計測したものの、制球を乱し、2四球がともに失点につながった。2年前にも選抜入りした中日2軍との交流試合は雨天中止。初めてのプロとの試合だった。「うまくいかなかった原因は自分が1番わかっている。秋のリーグ戦までに立て直したい」と前向きだった。

 ■ 愛知大学野球 中京大 残留王手(中日スポーツ) 14/6/1

 中京大(1部最下位)が先勝し、残留まであと1勝とした。愛工大(2部代表)のプロ注目右腕・北出を序盤に攻略。中盤に追い上げられたものの、4-2で逃げ切った。愛工大のエース・北出は、自己最速を2キロ更新する球速151キロを記録したものの、4失点を喫してわずか3回で降板。「コントロールが甘くなってしまい、勝負弱さが出た」と反省した。速球対策として中京大打線がノーステップ打法で挑んできた点に触れ「向こう(中京大)のやり方はもう分かった。怖いバッターはいない。切り替えて次の登板に備えたい」と前を向いた。

 ■ プロ注目149キロ右腕の愛工大・北出 もう一度1部へ!!(中日スポーツ) 14/5/21

 愛知大学野球2部リーグの優勝をかけ、愛工大と名商大が24日、瑞穂球場で戦う。勝者は1部最下位・中京大との入れ替え戦に進む。愛工大は、プロ注目149キロ右腕・北出浩喜投手(4年、石川・小松商)が今季4勝とチームをけん引。エースとして勝利にこだわり、2年ぶりの1部復帰に向けて突っ走る。「勝」。愛工大の北出のグラブには、この1文字が刺しゅうされている。「どんなに良い投球をしても、勝たないと意味がない」。2年前の苦い経験から得た教訓を込める。思い出すのは1部で戦っていた2年生の春。1年生のころに3勝を挙げ、エースとして真価の問われるシーズンだった。防御率は1.86とまずまずながら0勝6敗入れ替え戦でも敗戦投手となり、2部降格の責任を一身に背負った。「チームの結果より、自分の内容を気にしていた」。薄れていた勝利へのこだわり。それは同時にエースとしての自覚のなさの表れでもあった。2部で迎えた2年生の秋はほとんど先発の機会はなく、中継ぎや抑えでの登板。まっさらなマウンドに上がれない状況に腐りかけたこともあった。揺るぎない大黒柱になるため、一から自分を見つめ直した。安定したフォームの必要性に気付き、それまでやっていなかったウエートトレーニングを導入。下半身をいじめ抜いた体重は入学時から10キロ増えて78キロに。昨年は春秋通算6勝を挙げ、「自分がチームを1部に上げる」と言い切れるほどの自信もついた。プロへの夢を追うが「今は昇格のことで頭がいっぱい。進路を考えるのは春が終わってから」。瑞穂のマウンドに立つのは降格したシーズン以来2年ぶり。あの悔しさを晴らすには格好の舞台。「もう2部でもがくのはこりごり。もう一度、1部で投げたい」。そのために自分がすべきことは、グラブに刻まれている。

 ■ ライバルは愛工大の北出(中日スポーツ) 14/1/9

 七原に対抗する球速がある本格派右腕が、愛知大学2部リーグにいる。愛工大の北出だ昨秋は故障で出遅れたが、快速球は一級品。愛工大でチームメートの国岡もしなやかな腕の振りをした好右腕。父親・恵治さん(61)は鴨島商(徳島)から阪急(現オリックス)にドラフト2位指名で70年に入団。左の本格派でカーブを武器とした。野手では、中部学院大・野間に注目。左の好打者で、攻守走3拍子そろった俊足強肩の中堅手である。

 ■ 1年生・北出 初先発完封 愛工大(中日スポーツ) 11/4/26

 140キロのストレートは打者の手元で伸びた。カーブ、スライダーを効果的に交え、ストレートをさらに速く見せた。愛工大の1年生右腕、北出がリーグ戦初先発で完封。「春はメンバー入りもできないと思っていた」という声が自然に弾んだ。1回の先頭打者への初球。スライダーでストライクを取った。「変化球のコントールにも自信がある」。緩い変化球を低めに集め、高めの真っすぐで勝負。打者を打ち取るすべを心得ていた。1点リードの9回無死一塁。緊迫した場面でも冷静にけん制で走者を刺した。「動きが素早いと言われる」。投球だけではなく、投手に求められる資質を備える。小松商高のエースだった昨夏は石川大会でベスト4。甲子園には無縁だったが、最速143キロの逸材に関東の大学も注目。「でも練習環境などが自分に合っている」と愛工大に進学した。奥田監督は「よく期待に応えてくれた」と新戦力の台頭を喜んだ。大学生活はスタートを切ったばかり。北出の181センチ、69キロの体には大きな可能性が詰まっている。

 高2冬の時点で進学志望とされていてドラフト候補として取り上げられることは
 少なかった印象ですが高校3年間で球速30㌔弱アップはなかなかのものですね。
 「走るのが好き」とのことでこれも今後の成長につながる一要素といえそうです。

 ■ 強気の投球、最後まで貫く 小松商・北出投手(asahi.com) 10/7/28

 強力な遊学館打線に対して強気で攻める。2回には三者連続三振。5回の1死一、二塁の場面では、相手打者の投前バントを倒れ込みながら一塁へ送球。続く打者からも三振を奪いピンチを切り抜けた。最速143キロの直球を武器に計9三振。監督の北橋義仁は「今までで一番のピッチングだった」と絶賛した。高校入学当時、北出の直球は115キロでしかなかった。実力不足を感じ、徹底的に走り込んだ。昨夏の県大会では、控えの投手ながら金沢を破る原動力となり、ベスト8入りに貢献した。秋の大会前に左足を故障。背番号1は今枝優斗がつけた。冬、北出はフォーム改造に取り組んだが、思うようにいかなかった。一時は球速が10キロも落ちたが、北橋の指導で、次第に体全体を使って投げられるようになった。春は1番を背負った。今大会、北出は5試合すべてに先発した。昨夏優勝の航空石川との3回戦では、7回を8奪三振で完封。しかし、続く準々決勝の小松大谷戦で腹筋痛と脱水症状のため3回で降板した。北出は情けなくてベンチで泣いた。準決勝のこの日は、腹筋に痛み止めの注射を打って試合に臨んだ。「強気で攻める自分のピッチングはできた。だから、悔いはありません」。今大会の投球数、539球。エースの夏が終わった。

   10夏        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:金沢二水 先  9  8  8  4  2 
   2回戦:鹿  西 先  8  4       0
   3回戦:日航石川 先  7  5  8  1  0
   準々決:小松大谷 先  3  4       2
   準決勝:遊 学 館 先  8  10  9  4  3
              
35  31  36     7

  プロフィール

 石川県小松市生まれ。
 北出 浩喜(きたで・ひろき)投手。
 中海小3年生時から野球を始め、中海中では軟式野球部に所属。

 小松商業では1年秋からベンチ入り。
 翌2年夏の県8強進出に控え投手として貢献し、初戦2回戦で強豪・金沢を破る金星を収める。
 林昂平(元日立)を無安打に抑えるなど、2.2回5安打、1失点リリーフを披露。
 2年秋のケガを克服して3年春から主戦を務め、3年夏の石川大会でベスト4進出を果たした。
 全5試合(先発5)35回で36Kを奪い、日航石川戦で7回8K0封勝利を記録。
 敗れた準決・遊学館戦(8回10安打1対3完投負け)でも3連続含む9Kの力投を演じている。
 走り込みの成果で高校入学当初115㌔程だった球速を最速143㌔までアップ。
 3年間で30キロ近い球速の大幅アップを果たし、石川県内屈指の好右腕として注目されていた。
 県4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 愛知工業大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 初先発の中部大2回戦で7奪三振の好投を演じ、見事5安打完封でリーグ戦初勝利を収める。
 続く名城大戦で森田将行との投げ合いを制して5安打連続完封勝利を記録。
 2年春のリーグ戦で防1.85(6位)をマークしたが、白星には届かず0勝6敗で2部降格となった。
 4年春の2部優勝に主戦として貢献し、入替戦(0勝2敗)で最速151㌔を計測。
 プロからも注目される存在となったが、夏に肘手術を受け、学生最終シーズンを登板なく終えた。
 1部リーグ通算16試合、3勝8敗、96回2/3、67奪三振、防御率1.58。

 パナソニック入社後は1年目から救援で公式戦に出場。
 日本新薬の補強として都対本戦出場を果たし、抑えとして失点0の活躍で8強入りを達成する。
 初戦・JR九州戦(4対2)で9回表ノーアウト1、2塁を1点で凌ぐ好リリーフを披露。
 続く2回戦・JX-ENEOS戦で150㌔を叩き出し、1点を守り切る2.2回無失点の力投を見せた。
 2年目の都市対抗はきら銀に延長13回タイブレーク3対4で競り負け初戦敗退。
 9回から3番手としてリリーフ登板し、バラツキを見せながらも、12回までを3四死球1失点に抑えた。
 二大大会通算6試合、0勝1敗、10回、11奪三振、防御率0.90。

 181cm78kg、最速152㌔のスリークォーター右腕。
 セットポジションから重心を下げて早めに着地し、肘を使った球持ちに良さのある腕の振りから
 繰り出す最速152㌔、常時140㌔台中盤から後半の伸びのある真っ直ぐと、
 120㌔台で小さく曲がるスライダー、空振りを誘う130㌔前後の切れの良い縦のスライダー。
 その他120㌔台のチェンジ、120㌔台のフォークボール、110㌔前後のカーブ。
 愛知工業大で体重を10キロアップ。プロスカウトからも注目される存在へと成長を遂げた。
 社会人1年目の都市対抗で最速150㌔(3球)、アベレージ146.3㌔を計測。
 やや高め傾向ながらもテンポ良く投げ込んでいく。直球とスライダーを武器とするリリーフ右腕。
 牽制、及びフィールディングを素早い動作でこなす。

  スカウトコメント

阪神・畑山統括スカウト補佐|16/6/4
 「あれだけ腕が振れてくれば」
阪神・畑山統括スカウト補佐|16/6/1
 「緊張した場面でどれくらい投げられるか」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-03-18(土)|2017年社会人投手 | 愛知大学野球 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
楽天に入って足立とパナソニックバッテリー復活を願います。
現状、5位くらいでしょうか。
| ぽにぽにぽにー | 2017年05月24日(Wed) 06:34 | URL #- [ 編集]
北出は良い投手や!!

これからも頑張ってほしい!!
| さち | 2011年06月04日(Sat) 23:40 | URL #- [ 編集]
もう少し体を作らないとプロ入りは難しそう。
体重が増えれば球速上がりそうだし・・・
怪我しないように体づくりをしてほしいですね。
| ミスター道産子 | 2011年04月28日(Thu) 09:27 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 愛知大学野球 コメント(3) Page Top↑