中川 誠也(愛知大)|ドラフト・レポート

中川 誠也(愛知大)

ここでは、「中川 誠也(愛知大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



中川 誠也(愛知大)

178cm82kg 左左 MAX144km スライダー・カーブ・フォーク・チェンジ 伊勢工
切れの良い内角直球とスライダー、カーブ。4年春に144㌔を計測。先発3勝でベストナインを獲得した。
2015年中日育成1位

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春:        登板無し
   12秋:        登板無し
   13春:        登板無し
   13秋:        登板無し
   14春:        登板無し
   14秋: 7 0勝3敗  26.1  19  12  23  11  3.76
   15春: 7 3勝3敗  48.1  41  32  16  9  1.68(3位)
   15秋: 8 5勝2敗  54.2  39  32  15  9  1.48(1位)
   通算: 22 8勝8敗 129.1  99  76  54  29  2.02
         被安打率6.89 奪三振率5.29 四死球率3.76
    ※ 15春秋:ベストナイン 15秋:敢闘賞 15秋:特別賞

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   15神: 1 先   8  8  7  3  3 139㌔(神宮) 早大 ●

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   11夏: 1  8.1  8  3  3  4 金沢高 ●

投手成績詳細

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   日福大    3.2  0  1  1  0
          4.2  4  3  3  2 ●
           2  1  1  2  1 ●
   中部大    2.2  0  1  3  0
   愛院大 先  4.2  6  2  4  4 ●
   名城大 先   3  3  2  3  2 
   中京大 先  5.2  4  2  6  2
         26.1  19  12  23  11 防3.76
      被安打率6.49 奪三振率4.10 四死球率7.86

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   中京大 先   8  7  6  4  3 ●
   日福大 先   4  6  2  2  2 ●
   名城大 先   7  2  5  6  0 ○
          3.1  4  0  0  1
   愛院大 先   9  7  9  0  0 ○封144㌔
   中部大 先   8  9  5  2  2 ●
       先   9  6  5  2  1 ○
         48.1  41  32  16  9 防1.68
      被安打率7.63 奪三振率5.96 四死球率2.98

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   中部大 先   9  8  8  1  1 ○
          1.2  4  0  1  2
   名城大 先   9  3  7  2  0 ○封
           1  2  0  2  1 ●
       先   9  2  1  1  0 ○封
   愛院大 先   9  6  5  3  2 ○
   中京大 先   7  8  4  2  1 ●
   日福大 先   9  6  7  3  2 ○
         54.2  39  32  15  9 防1.48
      被安打率6.42 奪三振率5.27 四死球率2.47

  最新記事

 ■ 愛知大学野球 愛大V、神宮切符 3連盟王座決定戦(中日スポーツ) 15/11/3

 東海・北陸・愛知3連盟王座決定戦は2日、岐阜市の長良川球場で決勝を行い、愛大が6-0で中京大を破って11年ぶり2度目の出場を決めた。愛大は、中日に育成ドラフト1位で指名された先発の中川が2安打に抑えて完封。1回に安藤の中前適時打で先制した後も着実に加点し、全員安打の15安打で6得点を挙げた。緩急を利かせた投球で相手打線を手玉に取った愛大の左腕中川は「この秋で変化球の精度が上がり、投球の幅が広がった」と成長を実感した。序盤は持ち味の真っすぐで押したが「タイミングが合ってきている」と感じ、4回以降は変化球主体の投球に。緩いカーブ、縦に鋭く落ちるスライダーを多投し、的を絞らせない。この秋の愛知リーグで打率3割超えの打者4人が先発に並ぶ強力打線を封じた。今大会は完投した初戦から3連投し、21回を投げて失点1と抜群の安定感を見せた。

   15秋代決  回数 被安 奪三 四死 自責
   福工大 先   9  4  6  2  1 ○
   中京学     3  1  3  0  0 ○
   中京大 先   9  2  6  2  0 ○封
          21  7  15  4  1 防0.43
      被安打率3.00 奪三振率6.43 四死球率1.71

 ■ 中日育成1位中川、夢はでっかく大先輩岩瀬超え(日刊スポーツ) 15/10/27

 中日の育成ドラフト1位指名、愛大・中川誠也投手が26日、愛知県豊橋市の同校で指名あいさつを受けた。愛大といえば中日岩瀬仁紀投手(40)の出身校。育成からのスタートでも、歴代最多セーブ記録を持つ大先輩を抜く大目標を掲げた。「プロでどういう起用をされるか分からないけど、岩瀬さんのことは言われると思う。しっかり追い越せるように頑張りたい」と目を輝かせた。今年8月、愛知大学野球連盟選抜として中日2軍と対戦した際に岩瀬と対面し「プロ一本でいきます」とあいさつした。通算402セーブ左腕の背中ははるか遠い。だが、中田スカウト部長は「岩瀬の大学4年時と比較して、甲乙つけがたい」と高く評価する。共通点の1つが左腕から右打者の胸元を鋭くえぐるクロスファイア。大学入学直後に靱帯再建術、いわゆる「トミー・ジョン手術」を受け、リーグ戦デビューは3年秋だった。そこから順調に才能を伸ばし、今秋のリーグ戦では5勝2完封、防御率1・48と奮闘した。左肘のスタミナがまだ戻りきっていない状態でも好成績を残し、プロへの道を開いた。打者として一流だった岩瀬も3年時から本格的に投手を務め、NTT東海で飛躍した。「上り坂にいる。練習で一気にいく可能性がある」と中田部長は成長過程をダブらせる。伊勢工では3年夏の甲子園で金沢・釜田(現楽天)から二塁打を放つなど打者としても非凡。そこも「岩瀬2世」たるゆえんだ。その釜田が今年、同じトミー・ジョン手術から復活を果たし、励みになったという。「手術して球の重さが変わったと思う。2年間投げられなかったことをプラスに考えている」。育成からのスタートでも、未来はしっかりと見えている。

 ■ 中川(愛大) 切れある直球 武器(中日スポーツ) 15/10/16

 愛知大学野球リーグの1部に、22日のプロ野球ドラフト会議で指名されそうな左腕が2人いる。中川は切れのある真っすぐが最大の武器。特に右打者の膝元を突くボールに球威がある左肘の靱帯を痛めて大学入学から2年半を棒に振りリーグ戦初登板は昨秋。今春3勝し、エースとなった。この秋を「長いブランクを清算するためのシーズン」と位置付ける。優勝の可能性を残しており、「悔いなくやり切ってチームに貢献する」と決めている。中田部長は「球速と変化球の精度が上がれば先発陣に入れる。じっくり育てたい」と将来性を買う。楽天の山田潤スカウトも「変化球の制球も良く、指先の感覚が優れている」と評価する。

過去記事

 ■ 愛知大学野球 中京大が首位愛大を下す(中日スポーツ) 15/10/4

 中京大と中部大が先勝した。中京大は、先発の山下大介投手(3年・帝京大可児)が8イニング2/3を投げて7安打1失点と力投し、勝ち点3で首位の愛大を5-1で下した。愛大のプロ注目左腕・中川は7イニング8安打5失点と精彩を欠いた。5回2死二塁からの捕逸で失点。直後にソロ本塁打を放たれ、リズムを崩した。「失点して力んで、球の切れが落ちてしまった」と悔やんだ。それでも視察した中日の中田スカウト部長は「変化球を直球と同じ腕の振りで投げられるようになれば、1~2年でプロの先発ローテに入れるようになる」と絶賛した。

 ■ エース中川 完封勝ち(中日スポーツ) 15/9/15

 1部の第2週第3日は14日、名古屋市のパロマ瑞穂球場で3回戦2試合を行い、愛大が名城大に1-0で勝ち、勝ち点2とした。愛大は左腕中川(4年、三重・伊勢工)が名城大打線を2安打に抑え、5回に暴投で得た1点を守り切った。中川の完封勝ちは今季2度目。開幕戦から5試合登板の愛大のエース中川が完封勝ちした。「疲れていたので打たせて取りたかった。指のかかりを意識し、回転のかかったボールを投げられた」と好投の理由を語った。両サイドを突いた制球もさえ、飛球が15。3回と9回に走者を出し、いずれも得点圏に進まれたが、持ち味の伸びのある直球を決め球に後続を断った。球数も109といつもより少なく、「無駄なボール球を減らすことが課題だったので、満足です」と喜んだ。リーグトップの3勝目も手にし、「今季は思い通りの投球ができている」と自信を深めた。

 ■ 愛大 首位愛院大に先勝 エース中川無四球完封で大仕事(中日スポーツ) 15/5/3

 暫定最下位の愛大が、首位を独走する愛院大に2-0で勝ち、愛院大に初黒星をつけた。先発した中川誠也投手(4年・伊勢工)は大学初完封。完全復活したエースが流れに乗って勢いを増した。攻撃陣が1回に2点を先制。「ウオーミングアップから体が軽かった。仲間が先制してくれたので、気持ちも楽に投げられた」。左腕・中川が、立ち上がりから得意の直球とカーブで次々と打者を打ち取っていく。負けなしで首位を独走していた愛院大打線を封じ、被安打7、無四球で完封の大仕事だ。三重・伊勢工出身。3年夏の甲子園に出場した。その頃から左肘に違和感があったが、無理をして練習を続けた結果、大学1年の6月に靱帯断裂と診断された。手首の靱帯を肘に移植する大掛かりな手術を受けた。長くつらいリハビリが続いた。また以前のように投げられるようになるのか…。不安に襲われるうち、練習に顔を出さなくなった。野球を辞めることも考えた。引き留めたのは、再びマウンドに立ちたい、という思いだった。肘の状態が回復してきた昨年、意を決して夏のキャンプで電撃復帰。何事もなかったかのように行きのバスに乗り込んだ。「まわりの後輩たちは、この人誰だ? とかなり戸惑っていました」と苦笑いで振り返る。以後は、球威を取り戻すためにトレーニングに力を入れ、がむしゃらに練習してきた。先月26日の名城大2回戦では7イニング2安打無失点。初勝利をあげ、波に乗っていた。この日はスピードガンで速球が144キロを計測。これまでの最速143キロを更新した。「ようやく1つ壁を越えた気がする」とはにかんだ。今季まだ勝ち点がないのは愛大だけ。この1勝で波に乗り、3日も勝って勝ち点をつかみ取る。

 ■ 伊勢工のエース中川、好投手との対決に満足(MSN産経) 11/8/6

 伊勢工のエースで4番の中川は敗れはしたが、好投手の釜田(金沢)との対決に満足した様子だった。152キロの直球を目の当たりにし「向こうも意識して思い切り投げてくれたので楽しかった」とすがすがしかった。投手として失点した二、六回はいずれも釜田の安打がきっかけとなった。「負けたくないという意識が強かったので打たれて焦った」と悔しさもにじませた。

 ■ 伊勢工が23年ぶりの甲子園へ(MSN産経) 11/7/29

 伊勢工が津西を9-5で退け昭和63年以来23年ぶり2度目の優勝。初回に2点を先取し序盤にペースに乗った伊勢工は、左腕、中川が完投八回に自ら右越え本塁打も放ち投打で活躍した。

   11夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:伊賀白鳳     3  1       0
   3回戦:亀  山     3  1       0
   4回戦:川  越 先   8  1  13  0  0
   準々決:三  重 先  11  7  8  1  1
   準決勝:四 日 市 先   9  16  7  0  3
   決 勝:津  西 先   9  8  7  4  5
               43  34  49  6  9 防1.88(失点から計算)
          被安打率7.12 奪三振率10.26 四死球率1.26

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   11夏: 6 .478 23 11 1 1 1 3 2 6 1  .586  .739

 ■ 死闘3時間44分 伊勢工・中川投手、210球投げ抜く(asahi.com) 10/7/23

 伊勢工は2回、先発左腕中川誠也投手(2年)が自らのバットで本塁打を放つなど2点を奪い、主導権を握ったかに見えた。 初戦の四日市農芸戦では1安打完封した中川投手だったが、この日は力みからか、走者を背負った場面で制球が甘くなり、7回を3失点。それでも、終盤、三浦英敏監督に「大丈夫か」と声をかけられると、力強い表情で「最後まで行きます」と答えた。7、8、9回のピンチでは、俊敏なフィールディングで送りバントを阻止した。 だが、延長15回裏、中川投手が投じた210球目を右前に運ばれた。「最後は打者が上でした」とうなだれたが、日生第二の野田祐作監督は「中川君には緩急をうまく使われ、連打は難しかった」と健闘をたたえた。

   10夏   回数 被安 奪三 四死 失点
   四日市農   9  1  10  1  0
   日生第二 14.1  14  8  1  4
        23.1  15  18  2  4 防1.54(失点から計算)
     被安打率5.79 奪三振率6.94 四死球率0.77

 プロ視察もあったとのことながら2年秋、3年春は早期敗退で目立てずでしたね。
 常時球速はまだそこまで無いようですが最速では140㌔超を記録、
 安定した投球フォーム、多彩な変化球、破綻の無い制球力と揃い今後が楽しみです。

 ■ 投打に「120点満点」 伊勢工・中川誠也投手(asahi.com) 10/7/19

 伊勢工の先発を任されたのは、背番号8の2年生左腕・中川誠也投手だった。140キロ近い伸びのある直球に加え、カーブ、スライダー、フォークボール、チェンジアップと多彩な変化球を巧みに操り、四日市農芸を相手に被安打1、10奪三振、三塁さえ踏ませない好投。打っても2安打2打点1得点と活躍した。 監督から先発を告げられたのはこの日朝。「コントロールに気をつけて投げたのがよかった。最後まで打たれる気はしなかった。120点満点です」

  プロフィール

 三重県明和町出身。
 中川 誠也(なかがわ・せいや)投手。
 明和町立明和中学校を経て、三重県立伊勢工業に進学した。

 伊勢工では旧チームからエース格として活躍。
 背番号8で2年夏の県大会全2試合に先発し、初戦2回戦で1安打10三振完封勝ちを収める。
 続く日生第二戦で延長15回210球完投の力投を披露(3対4でサヨナラ負け)。
 5番打者としても3回戦でソロアーチを放つなど、2戦10打数5安打、本1点3の実績を残した。
 2年秋にエースナンバーを獲得したが、以降2シーズンはいずれも県1回戦敗退。
 3年夏に6試合43回49K9失点、打率.478本1の活躍を演じ、23年ぶりの県Vを果たしている。
 4回戦で川越相手に8回コールド1安打、13奪三振無四球完封勝利をマーク。
 打っては決勝・津西高戦で右翼ポール際へのソロ本塁打など4安打を放つ大活躍を見せた。
 甲子園1回戦・金沢戦は釜田佳直の前に5安打10K1四球シャットアウト負け。
 5回表まで2安打1失点と好投したが、6回に3ランを浴び、8.1回(再登板含む)4失点で敗れた。
 甲子園通算1試合、0勝1敗、8.1回、2三振、防御率4.32。

 愛大進学後は肘手術を経て3年秋からリーグ戦に出場。
 3カード目の愛院大戦から先発2番手を任され、翌春の名城2回戦でリーグ戦初勝利を収める。
 後半戦2カードで先発1番手を務め、3勝3敗、防1.68でベストナインを初受賞。
 V校・愛院大1回戦で自己最速144㌔を計測し、7安打9三振無四球初完封勝ちを記録した。
 通算22試合、8勝(7完投3完封)8敗、129.1回、防御率2.02。

 178cm82kg、最速144㌔直球を持つプロ注目左腕。
 ノーワインドアップから着地早めにインステップし、開き早めにヒジを使った腕の振りから繰り出す
 最速144㌔、常時130㌔台前半から後半の球速以上に切れの良い直球と、
 110㌔台のスライダー、120㌔前後のフォークボール、100㌔台から110㌔前後のカーブ。
 左右を問わず直球で内角を攻め、スライダー、カーブ、フォークを織り交ぜる。
 高校時代は4番としても活躍。釜田の低めフォークを右翼フェンスに直撃させる2塁打を放った。
 フィールディングにも優れる。4年春になって3勝を挙げた。

  スカウトコメント

中日・中田スカウト部長|15/10/27
 「岩瀬の大学4年時と比較して、甲乙つけがたい。上り坂にいる。練習で一気にいく可能性がある」
中日・中田部長|15/10/16
 「球速と変化球の精度が上がれば先発陣に入れる。じっくり育てたい」
楽天・山田潤スカウト|15/10/16
 「変化球の制球も良く、指先の感覚が優れている」
中日・中田スカウト部長|15/10/4
 「変化球を直球と同じ腕の振りで投げられるようになれば、1~2年でプロの先発ローテに入れるようになる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2015年11月05日(木)|2015年ドラフト指名選手 | 愛知大学野球 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年ドラフト指名選手 | 愛知大学野球 コメント(0) Page Top↑