相良 悠馬(新日鉄住金かずさマジック)|ドラフト・レポート

相良 悠馬(新日鉄住金かずさマジック)

ここでは、「相良 悠馬(新日鉄住金かずさマジック)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm78kg 右右 MAX145km スライダー・フォーク 喜界→九州共立大 2年目
最速145㌔の伸びのある直球と縦のスライダー、フォーク。2年秋九工大戦で初先発初完封。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   10春: 3 0勝0敗   3  2  1  0  0  0.00
   10秋: 2 2勝0敗  18  12  16  4  1  0.50
   11春: 1 0勝0敗  1.2  1  1  2  2 10.80
   11秋:         登板無し
   12春: 2 0勝0敗   2  0  2  0  0  0.00
   12秋: 1 0勝0敗   2  1  2  0  0  0.00
   通算: 9 2勝0敗 26.2  16  22  6  3  1.01(1年時不明)
         被安打率5.40 奪三振率7.43 四死球率2.03

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   09選: 1   2  3  2  0  2 137㌔ 国際武道大

投手成績詳細

   10春    回数 被安 奪三 四死 自責
   福教大     1  2  1  0  0
   九工大     1  0  0  0  0
   日経大     1  0  0  0  0
           3  2  1  0  0 防0.00
      被安打率6.00 奪三振率3.00 四死球率0.00

   11春    回数 被安 奪三 四死 自責
   福教大    1.2  1  1  2  2

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   福工大     1  0  2  0  0
   九工大     1  0  0  0  0
           2  0  2  0  0 防0.00
      被安打率0.00 奪三振率9.00 四死球率0.00 

   12秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   日経大     2  1  2  0  0

  最新記事

 ■ 九共大・相良 初先発で初完封!!(スポニチ) 10/9/5

 福岡六大学野球秋季リーグは4日、開幕。九共大は相良悠馬(2年)が初先発、初完投で九工大を5安打完封。うれしい初勝利で白星スタートを切った。「初ものづくし」の快投で開幕投手の大役を果たした。日焼けした精悍な顔には「自信になる」と笑みが広がった。九工大打線を手玉に取った。手元で伸びる直球と鋭く落ちるフォークで10奪三振。うち8個は空振りで奪った。しかも無四球で二塁ベースを踏ませない。2回に宮平の右越えソロ、7回に小瀬戸のスクイズで奪った2点を楽々と守り抜いた。鹿児島・喜界高では3年夏に主将兼エースで県8強。だが大学では投手層が厚く、練習試合でも先発機会はなかった。今春は同級生の川満、1年の大瀬良が2枚看板として注目を浴びる中、日陰のつなぎ役。「負けたくない」と夏場は徹底したポール間ダッシュと筋トレで球の切れが増し、仲里監督から「オープン戦で一番良かった」と開幕投手に指名された。相良は「疲れたけど久しぶりに長く投げてうれしかった。今は一つでも多く使ってもらえるよう信頼されたい」と意気込んだ。第3の柱が春秋連覇の切り札になる。

   10秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   九工大 先   9  5  10  0  0 ○封
   日経大 先   9  7  6  4  1 ○
          18  12  16  4  1 防0.50
      被安打率6.00
奪三振率8.00 四死球率2.00

  プロフィール

 鹿児島県喜界町出身。
 相良 悠馬(さがら・ゆうま)投手。
 喜界第一中時代は軟式野球部に所属した。

 喜界高時代は3年夏に主将兼エースとして県8強進出を達成。
 初戦で完封勝利を挙げると、4回戦奄美戦では8.2回3安打無失点救援を披露。
 選抜16強・鹿工には初回3失点で敗戦となったが、強豪相手に4失点完投と健闘を見せた。
 県大会準々決勝が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 九州共立大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 層の厚い投手陣の前に登板機会少なく、勝ち星は2年秋の2勝(2完投1完封)止まり。
 開幕戦で九州工業大から10三振を奪い、5安打無四球初先発初完封勝利。
 日経大に7安打4四死球を許しながらも、6奪三振1失点完投で2勝目を収めている。
 素質は仲里清監督からも評価され、1年春から大舞台・大学選手権の救援マウンドを経験。
 3対6の6回表1死満塁から登板し、1点を追加されたものの三ゴ、二ゴでピンチ脱出。
 国際武道大を2回3安打2奪三振2失点に抑え、10対9逆転での初戦突破に貢献した。
 同期に川満寛弥(千葉ロッテ12年2位)、福地元春(三菱重工横浜)ら。
 リーグ通算9試合、2勝0敗、26回2/3、22奪三振、防御率1.01(1年時除く)。

 181cm78kg、スリークォーター右腕。
 ワインドアップから重心を下げ早めに着地し、肘を使った腕の振りから繰り出す最速145㌔、
 常時130㌔台中盤から後半の伸びのある直球と120㌔前後の縦のスライダー、フォーク。
 リーグ通算26回2/3で22奪三振。縦の変化球を武器に三振を奪う。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年02月17日(日)|退団・引退・進路不明など | 福岡六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 福岡六大学 コメント(0) Page Top↑