中嶋 啓喜(JFE東日本)

ここでは、「中嶋 啓喜(JFE東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm84kg 右右 外野手 遠投118m 50m5秒9 桐蔭学園→明大 2年目
パンチ力ある右の強打者。身体能力が高い中堅手。スポニチ大会で首位打者、新人賞を獲得した。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   14都: 1 .000  1  0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   14日: 2 .250  8  2 1 0 0 0 3 0  .250  .375
   通算: 3 .222  9  2 1 0 0 0 3 0  .222  .333

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   10春: 7 .000  1  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000 
   10秋: 8 .500  6  3 0 0 0 1 1 0 0  .500  .500
   11春: 12 .270  37 10 2 0 2 6 9 7 2  .386  .486
   11秋: 13 .367  49 18 1 2 2 16 4 8 1  .456  .592
   12春: 11 .138  29  4 0 0 0 1 6 5 1  .265  .138
   12秋: 14 .239  46 11 2 0 2 8 11 8 2  .352  .413
   13春: 13 .205  44  9 3 1 0 5 4 9 2  .340  .318
   13秋: 6 .091  11  1 0 0 0 3 2 0 0  .091  .091
   通算: 84 .251 223 56 8 3 6 40 38 37 8  .358  .395   
    ※ 11秋:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   11神: 3 .200 10  2 1 0 0 1 1 1 0  .273  .300
   13選: 3 .300 10  3 0 0 0 0 3 1 0  .364  .300 
   13神: 3 .182 11  2 1 0 0 2 2 0 1  .182  .273
   通算: 9 .226 31  7 2 0 0 3 6 2 1  .273  .290

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11日米: 4 .000  8 0 0 0 0 1 3 0 0  .000  .000

  最新記事

 ■ JFE東日本連覇へ!今秋ドラフト候補・中嶋がけん引(スポニチ) 15/3/9

 JFE東日本の主砲・中嶋を中心に連覇を狙う。今秋ドラフト候補は「冬は追い込んで鍛えた。チームを引っ張りたい」と述べた。昨年スポニチ大会では打率・450をマークし首位打者賞と新人賞をダブル受賞。だが夏場に右肘を痛め、2カ月間戦線を離脱した。その反省を生かし、コンディションにも気を配りながら2年目に臨む。「是が非でも連覇したい」と気合十分だ。

      試合 打率 打 安 二 三 本 振 球 盗 出塁率 長打率
   14年公: 21 .284 81 23 5 0 3 18 9 1  .356  .457

   ※ スポニチで左越え3ラン、京都大会で左越え2ラン、都対1次予選で左越え3ラン

 ■ JFE東日本 コールドV 明大元主将・ルーキー中嶋ダメ押し3ラン(スポニチ) 14/3/15

 準決勝、決勝が14日に行われ、JFE東日本が決勝で日本製紙石巻を8―0の7回コールドゲームで下し、2年ぶり2度目の優勝を飾った。明大出身のルーキー・中嶋啓喜外野手(22)が、ダメ押しの3点本塁打を放つなど、首位打者賞、新人賞の2冠を獲得。JFE東日本は今秋の日本選手権大会出場権を獲得した。5―0で迎えた決勝戦の1死一、二塁。中嶋が左腕・塚本の初球、101キロのスローカーブを叩いた。高々と上がった打球は、左翼ポールを直撃した。勝負を決定づける3ランだった。「変化球が多かったので狙って打った。何も分からない状態で(大会に)入って、新人らしく思い切ってやった結果。優勝できて良かった」。明大4年時は主将を務めた。チームは2季連続リーグ制覇したが、中嶋は昨秋に不振に陥り、優勝決定時はスタンドで観戦していた。「自分がプレーして優勝はうれしい。新鮮な気持ちで臨むことができた」と、悔しさを糧に、社会人での最初の大会で成長した姿を見せた。「何もかもを変えた」という打撃フォーム。大学時代は力みで形を崩していたことに気付き、新天地では「トスバッティングの延長で打つこと」をテーマに打席に入った。予選リーグ3試合では計3安打に終わったが、前日に雨天中止が決まると、自身の打撃フォームをDVDでチェックした。「トップが大きくなっていたので、コンパクトにするイメージにした」。準決勝で3安打の固め打ちを見せると、決勝でも3安打。1日に6安打を量産し「出来すぎ」と頬を緩めた。打率・450で首位打者賞を獲得し、小峰とともに新人賞も受賞した。投手陣は九州三菱自動車から移籍した幸松が2勝を挙げるなど新戦力が台頭し、青野達也監督は「チーム内での競争意識が芽生えた。勝つことでエネルギーを蓄えて都市対抗予選につなげたい」と手応えを口にした。「(社会人は)強いチームが多くて簡単にはいかないけど、ミスを恐れずにやっていきたい」と中嶋。明大で同期だった岡大海(ひろみ)は日本ハム入りした。目標は2年後に同じ舞台に立つこと。中嶋に、自信が戻った。

      試合 打率 打 安 二 三 本 振 球 盗 出塁率 長打率 
   スポニチ: 5 .450 20  9 3 0 1 3 1 0  .476  .750 ※首位打者、新人賞

 ■ 明大、全国大会50勝!中嶋主将、復活のV2点二塁打(スポーツ報知) 13/11/20

 不遇の時を超えた主将に、怖いものはなかった。同点で迎えた6回1死一、二塁。中嶋は「好機なので、ミスをすることも恐れずにいった」と初球を強振。白球は中堅手の頭上を越え、チームを全国大会50勝に乗せる決勝の2点二塁打となった。10月28日の、法大戦。リーグ優勝を決めた瞬間は、スタンドにいた出場6試合で11打数1安打の大スランプ。頼りにされるはずの主将が、大一番でベンチから外れた。「良かった時をひきずっていた。情けなかった」。それでも宿舎に帰ると、善波達也監督(51)に「もう一回やってみろ」と言われた。翌日から、いつもより1時間早い午前5時50分に起床し、バットを振った練習終は掃除で汗を流した。水回りからトイレまで。「そういうところから変えないと、何も変わらないと思った」。野球とトイレの神様に愛された男の復活打に、指揮官も「朝の練習から調子が良くて、予感というより確信があった」と笑った。

    1号:高梨 雄平(早 大)  11/ 4/24  左越えソロ
    2号:三上 朋也(法政大)  11/ 5/21  左翼ポール際ソロ
    3号:三上 朋也(法政大)  11/ 9/17  勝ち越し左越え3ラン
    4号:斎藤  隼(立教大)  11/10/ 9  先制の左越え2ラン
    5号:初馬 眞人(東京大)  12/10/ 6  左越え逆転2ラン
    6号:関  正嗣(東京大)  12/10/ 7  2試合連続左越え2ラン

過去記事

 ■ 明大が練習始め、4球団のスカウト視察(SANSPO) 13/1/7

 東京六大学野球の明大が6日、府中市のグラウンドで練習を開始し、岡大海投手(3年)、中嶋啓喜外野手(同)を阪神DeNA楽天ソフトバンクの4球団のスカウトが視察した。

 ■ 明大が優勝!単独最多5度目の制覇/神宮大会(SANSPO) 11/11/27

 明治神宮大会決勝(27日、愛知学院大0-2明大、神宮)明大は広島D1位のエース右腕・野村が完封。愛知学院大打線を封じ込め15年ぶり5度目の優勝を決めた。打線は六回に先頭・島内の安打から、二死後に6番・阿部寿が先制打。八回には三塁打の上本を、4番・中嶋がスクイズで返し貴重な追加点を挙げた

 高めの球、直球中心に長打を放ちつつ昨秋は大振りせず高打率マークでしたね。
 18安打の打球方向はレフト9本、センター4本、ライト4本(バント内野安打除く)でした。

 ■ 2011年春季リーグ試合結果(SANSPO) 11/5/21

 明大が常に先手を取った。二回に中嶋の本塁打で先制。三、四回と2度同点とされたが、そのたびに適時打で突き放し、六回に竹田の2点適時打で差を広げた。野村は7回を投げ7安打2失点で5勝目(通算24勝目)を挙げた。

 中嶋將貴外野手(桜美林高→桐蔭横浜大)の弟さんなんだそうです。
 外角変化球、落差ある変化球への対応力などはまだこれからといった印象ですが兄同様に
 身体能力が高くパンチ力を秘め成長次第ではプロからも注目されそうな素質の持ち主ですね。

  プロフィール

 東京都町田市出身。
 中嶋 啓喜(なかしま・ひろき)外野手。
 鶴川中では青葉緑東シニアに所属し、3年春の全国大会で日本一を達成。
 夏の関東大会Vに導き、最優秀選手、打撃賞を受賞した。

 桐蔭学園では1年時からベンチ入り。
 3年夏に能間隆彰船本一樹ら投手陣を擁し、中堅手レギュラーとして県準優勝を経験する。
 決勝戦は延長11回に及ぶ熱戦の末、惜しくも横浜隼人に5対6でサヨナラ負け。
 田畑秀也影山潤二の後を打つ3番を任され、7試合20打数6安打、.300本0点6を記録した。
 県大会準Vが最高成績。甲子園出場実績は無し。

 明大進学後は1年春から代走・守備固めでリーグ戦に出場。
 秋の最終戦に6番・センターで初スタメン出場し、リーグ戦初安打含む3安打1打点をマークする。
 2年春に右翼手レギュラーの座をつかみ、高梨雄平の真ん中直球を左越えソロ、
 三上の内寄り高め直球を左翼ポール際ソロと、得点力不足に苦しむチームで本2点6を記録。
 慶大2回戦では4番として白村明弘の外高め直球を右前にはじき返す先制打、
 竹内大助の高め直球を中堅フェンスに直撃させる二塁打を放った(翌日は変化球で3三振)。
 優勝した2年秋(中盤から4番)に打率.367、最多16打点でベストナインを受賞。
 三上朋也、斎藤隼の直球をレフトへ打ち込み、春に続いて2発(リーグ最多)を記録している。
 立大2回戦で外角低めストレートを右中間に飛ばす満塁走者一掃の三塁打。
 不振に陥った3年時は2季とも低打率に終わり、スタメンを外されるなど悔しい思いを味わった。
 主将を務めた4年時も活躍が出来ず、秋季リーグ戦Vの瞬間をスタンドで経験。
 全国大会には2年秋、4年春秋の3度出場し、2年秋に4番・右翼手で日本一を成し遂げた。
 決勝・愛院大戦8回にスクイズを決め、優勝を大きく引き寄せる追加点を奪取。
 6回裏にはファースト左を破った打球を処理し、素早い二塁送球で打者走者を補殺している。
 4年秋神宮で金子丈の初球高め直球を中越えに弾き返す決勝の2点二塁打。
 2年夏に出場した日米大学野球では7番で2試合のスタメンを任された(8打数ノーヒット1打点)。
 リーグ通算84試合、打率.251、56安打、6本塁打、40打点、8盗塁。

 JFE東日本入社後は1年目から1番・中堅手でレギュラー。
 スポニチ大会で20打数9安打の大活躍を演じ、打率.450本1で首位打者、新人賞を獲得する。
 接戦を3対2で制した準決勝・日本通運戦で先制中前タイムリーを含む3安打。
 レフト線二塁打、右前打、左越えの3ランと、決勝・日本製紙石巻戦でも3安打を記録した。
 都市対抗予選では打率.105と振るわず、本大会には代打で1打席のみ出場。
 秋の選手権2試合ともに1番・センターで出場し、初戦でレフトへの二塁打を含む2安打を放った。
 二大大会通算3試合、打率.222、2安打、0本塁打、0打点。

 180cm84kg、身体能力の高い外野手。
 リーグ通算6本塁打、無駄の少ない振り切るスイングから鋭い打球を飛ばす右の強打者。
 変化球を苦手とするなど対応力に課題を残す。三振数がやや多い。
 思い切りが良く勝負強い打撃が持ち味。甘く入ればスタンドインのパンチ力を秘める。
 大学2年秋に逆方向を意識した打撃で打率.367の好結果を残した。
 50m5秒9、右打者で一塁到達4.1秒台から4.3秒台、二塁到達8秒の脚力を備える。
 外野守備は打球への反応が良く堅実。素早く正確な送球が売り物。
 大学4年時は左肩ケガ、打撃不振に苦しみながらも、キャプテンとして連続Vに貢献した。
 社会人では1番・中堅手を任されている。遠投118m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-03-09(月)|2015年社会人野手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
鍛えたら緒方(現広島コーチ)になりそうな気がします。
| 黒鯉 | 2011年06月06日(Mon) 21:38 | URL #- [ 編集]
阪神は左の外野手が欲しいけど、彼と甲斐とで外野をすればホンマに強い
| フィルダー | 2011年06月06日(Mon) 21:16 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人野手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑