陶久 亮太(セガサミー)

ここでは、「陶久 亮太(セガサミー)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm73kg 右右 MAX147km スライダー・カット・ツーシーム・シュート 東農大北海道 3年目
常時140㌔台の直球と縦のスライダー。2年秋4勝を挙げMVP。3年春神宮で最速147㌔記録。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 自責 防御率
   10秋: 8  4勝1敗  54  14  2.33(6位)
   11春: 7  3勝1敗       1.77(6位)
   12春: 5  3勝0敗 33.1  7  1.89(4位)
   通算: 20 10勝2敗         (不明分除く)  
    ※ 10秋:MVP 12春:優秀投手賞

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   10神: 1   9  6  6  2  3 (神宮第二) 九産大
   11選: 2  2.1  2  1  2  0 147㌔(神宮) 横商大 
         0.1  0  0  0  0 146㌔(神宮) 慶応大
   通算: 3 11.2  8  7  4  3 防2.31
     被安打率6.17 奪三振率5.40 四死球率3.09

  最新記事

 ■ 東農大北海道・飯田、兄が待つプロの舞台へ(スポーツ報知) 12/10/30

 プロ野球のドラフト会議が25日、行われる。東農大北海道の飯田優也投手(4年)は、ソフトバンクでプレーする兄・一弥捕手との兄弟プロ入りに期待が集まる。リーグ戦では通算10勝。昨年の全日本大学選手権出場、今秋のリーグ戦優勝にも貢献した。兄・一弥さん(26)も昨年のドラフトで福岡ソフトバンクホークスから育成7位指名を受け、プロ選手(捕手)となった。兄からも「緊張するだろうが(指名を信じて)頑張れ」と激励が届いた。同級生で、リーグ戦13勝を挙げ、来春に社会人セガサミー入りするMAX147キロ右腕の陶久亮太投手も「飯田には、ぜひプロ入りを果たしてもらい、社会人入りする自分も2年後に追っかけたい」とエール。もし、指名がかなえば、東農大北海道からは、05年の小斉祐輔(ソフトバンク育成1巡目=現楽天)以来7年ぶり8人目となる。プロ誕生は、間近だ。

 ■ 陶久2回1/3ピシャリ、東農大生産6年ぶり勝利(スポーツ報知) 11/6/8

 道都大が、上武大を4―1で下し2年ぶりの勝利。東農大生産は横浜商科大を3―2で下し、05年以来、6年ぶりの勝利。道勢は2年連続で2校そろって初戦を突破した。1点リードの7回、2死一塁の場面で3番手として救援した陶久は、2回1/3をピシャリと抑えガッツポーズ。「去年秋、あと一歩で勝てなかった。今日勝ててよかった」とホッとした表情を浮かべた。昨年11月の明治神宮大会1回戦の九州産大戦で陶久は、エースとして先発。8回に3―3の同点に追いつかれ、延長10回には右足がつって無念の降板。チームは11回にサヨナラ負けした。体力がなかったことを実感し、冬場は走り込みやウエートトレーニングで体力を強化した。食事も空腹の時間を作らないよう気をつけ体重も69キロから3キロアップの72キロになった。2回戦は東京六大学の覇者・慶大が相手。8回に自己最速を1キロ更新する147キロを投じた背番号17は「変に意識せず、挑戦する気持ちでやる」チャレンジャー精神で陸の王者に立ち向かう。

 ■ 東農大生産学部、5年ぶり11回目の優勝(スポーツ報知) 11/5/30

 旭川大を3―1で下して5年ぶり11回目の優勝を飾り、全日本大学選手権の出場権を手にした。樋越勉監督が復帰して4年目、基礎からたたき込まれた選手が栄冠を勝ち取った。1995年から8連覇を飾ったものの近年は低迷が続いていたが、昨秋に続くVで復活を知らしめた。現4年生の入学から指揮を執ってきた樋越監督は、「一からつくり直したチームなので。長かったけど、うれしい限り」と、目を細めた。この日は大会直前にインフルエンザを発症した陶久亮太投手(3年)が完投。1年生の玉井大翔投手が5勝と、戦力も整ってきた。陶久は「また強い農大と言われるようにしたい」と、強い口調で話した。

過去記事

 ■ 東農大生産学部“無名”陶久、粘りの140球(スポニチ) 10/11/14

 大学の部に初出場した東農大生物産業学部は九州産業大に延長11回の末、3―4でサヨナラ負け。道勢として86年札幌大以来の神宮大会勝利を逃したが、先発・陶久(すえひさ)亮太(2年、帯広農)は9回0/3を6安打3失点と初の全国舞台で力投した。神宮第2球場がざわめいた。延長10回、先頭打者に通算140球目を投げた瞬間、陶久の表情がゆがむ。何度右足に手をやっても、つった右足の状態は改善しない。無念の降板。チームは延長11回1死満塁、加藤の右前打で力尽きた。それでも「全国大会は夢でした。先発はうれしかった」。1メートル78、73キロの右腕に涙はなかった。帯広農時代の最高成績は十勝支部予選2回戦で、自身の公式戦勝利はわずか3勝。全国大会どころか北海道大会出場の経験すらない。それでも全日本大学選手権10度出場の同大見学会に参加。スライダー、カットボールなど4種類の変化球を磨き、持ち前の制球力ではい上がった。リードを奪った直後の5回に右越え2ランされ、8回は連続二塁打で同点とされたが、気迫は負けなかった。6、7回は日本ハムがドラフト4位指名した榎下陽大と投げ合い、終盤は三振を奪うたびにガッツポーズで自らを鼓舞した。スタメン唯一の道産子は「無名でもここまで通用したことは自信になる。来春(全日本大学選手権で)戻ってきて最後まで投げたい」。ナインに背負われて神宮第2球場を後にした陶久は、学生野球の聖地を見上げた。

  プロフィール

 北海道中川郡池田町出身。
 陶久 亮太(すえひさ・りょうた)投手。
 小学生で野球を始め、池田中時代は軟式野球部に所属。

 帯広農では1年秋から公式戦に登板。
 早くから主戦を任されたが目立った実績は残せず、公式戦での勝利はわずか3勝に終わった。
 3年夏は帯広南商に2対3で敗れ北北海道大会地区予選2回戦敗退。
 十勝地区2回戦が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 東農大生産学部進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 8季ぶりVの2年秋にMVPを獲得し、主戦として最多4勝を挙げる活躍で頭角を現す。
 代表決定戦では全3試合に登板し、道都大を下しての全国進出に貢献した。
 神宮大会では初戦で榎下陽大擁する九州産業大と当たり、延長11回3対4でサヨナラ負け。
 10回途中140球6安打3失点の力投を見せたが、右足違和感により無念の降板となった。
 3年春はインフルエンザで出遅れながらも、チーム2位の3勝を挙げ2季連続Vに貢献。
 選手権初戦横浜商大戦には3番手で起用され、2回1/3無失点の好リリーフを披露している。
 神宮で最速147㌔、常時140㌔台を記録し、力強さを増した投球で最後を締めた。
 4年春に惜しくも優勝は逃したものの、3勝無敗、防御率1.89(4位)で優秀投手賞を獲得。
 同秋は右肩痛により活躍できず、リーグ戦での登板は最終戦1イニングに留まった。
 当時のチームメイトに飯田優也投手(ソフトバンク12年育成3位)ら。

 178cm73kg、スリークォーター右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げ、肘を使った鋭い腕の振りから繰り出す最速147㌔、
 常時140㌔台前半から中盤の勢いある直球と130㌔前後の縦のスライダー、130㌔前後のカット、
 左打者の外角に沈む130㌔前後のツーシーム、140㌔台のシュート。
 両サイドに投げ分ける直球と変化球とのコンビネーション。
 コントロールはまずまずながらバラツキも残る。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2013-02-16(土)|2015年社会人投手 | 北海道学生 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
地元の北海道出身なので、日本ハムが指名してくれれば、良いですね。
| ゆうじ | 2012年08月26日(Sun) 14:58 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人投手 | 北海道学生 コメント(1) Page Top↑