玉井 大翔(新日鉄住金かずさマジック)

ここでは、「玉井 大翔(新日鉄住金かずさマジック)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm78kg 右右 MAX147km スライダー・シュート・カット・カーブ・フォーク 東農大北海道 2年目
切れの良い直球とスライダー。1年春最多5勝、開幕戦でノーヒットノーラン達成。3度のMVPに輝いた。

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   15日: 1 先   5  4  3  1  1 144㌔ JR九州 ○
   16都: 1 先  2.2  2  2  2  0 146㌔ JR西 ●
   通算: 2    7.2  6  5  3  1 防1.17
       被安打率7.04 奪三振率5.87 四死球率3.52

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   11春: 6  5勝0敗  42.1          1  0.21(1位)
   12秋: 5  2勝0敗  30.2          4  1.17(3位)
   13春: 4  2勝1敗  28.2  16  24  10  3  0.94(3位)
   13秋: 5  2勝1敗  36.1          5  1.25(3位)
   14春: 5  3勝2敗  34.1          9  2.36(6位)
   14秋: 7  1勝0敗   21    25  3  0  0.00(1位) 
   通算: 32 15勝4敗 193.1         22  1.02(不明分除く)
    ※ 12秋13秋14秋:MVP 11春:最優秀投手賞 13春:優秀投手賞 11春:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   11選: 2   13.1  7  9  10  3
        先  5.1  3  4  2  2 145㌔(神宮) 横商大 ○
            8  4  5  8  1 142㌔(神宮) 慶応大
   13選: 1 先  6.1  2  4  7  2 141㌔(神宮) 道都大
   14神: 3     8  7  11  4  4
           4.1  3  9  0  0 144㌔(神宮) 京産大
            3  2  2  1  2 144㌔(神宮) 上武大 
           0.2  2  0  3  2 145㌔(神宮) 駒澤大
   通算: 6   27.2  16  24  21  9 防2.93
       被安打率5.20 奪三振率7.81 四死球率6.83 

  最新記事

 ■ かずさマジック玉井悔しさ糧に「行きたい思いある」(日刊スポーツ) 16/10/19

 新日鉄住金かずさマジック・玉井大翔投手(24)は8球団に調査書を提出し、指名を待つ。大学時代もプロの注目を集めたが、志望届は提出せず「会社の期待を背負う分、勝たなきゃという思いがあり、プレッシャーがある」という社会人の世界に飛び込み、鍛えてきた。「そこ(プロ入り)を目標に関東に出てきたので、行きたいという思いがある」。待ちに待った運命の日を迎えようとしている。ともにプレーした戦友たちの活躍が刺激になっている。日本ハムでルーキーながら1軍に定着する左腕の加藤や井口の結果をチェックする。特に後輩だった井口に対し「真っすぐもスライダーもキレが違う。すごい良くなっている」と成長に感心する。高卒で社会人入りした加藤とは同い年で、テレビ電話をするなど親交を続け、励まし合う。いつも好投手のライバルがいる環境だった。旭川実高では3番手。最後の年、公式戦での登板はなかった。甲子園のベンチで終えた高校野球。「あそこで投げていたら満足していたと思う」。悔しさがあったからこそ、野球を続けてこられた。大学では高校時代からプロの注目を集めた風張と切磋琢磨。2枚看板としてチームをけん引した。準備は整っている。2シーズンでスケールアップ。体重は10キロ増の78キロ、最速は2キロアップし147キロになった。肩の動きを縦回転に修正することで直球の強さを追求。昨年の日本選手権1回戦(対JR九州)では5回1失点で勝ち投手となり、今夏の都市対抗も経験した。「社会人レベルのバッターでも真っすぐでファウルを取れるようになってきた」と、手応えも感じている。「1軍にずっといて息の長い選手になりたい」。長年の夢をかなえる。

 ■ かずさマジックのドラフト候補・玉井が5回1安打(日刊スポーツ) 16/3/11

 新日鉄住金かずさマジックが前年覇者の富士重工を投打に圧倒し、予選Cブロックで2連勝とした。先発の玉井大翔投手(23)が5回を1安打ピッチングして流れを引き寄せた。玉井は今秋のドラフト候補の1人で、昨年ヤクルト入りした風張蓮投手とは大学時代の同期になる。この日は最速143キロをマークして5回2死まで無安打投球だった。玉井は「ヒットがないのは意識しなかった。先制点をやらないことを心がけました。自分の仕事はできたと思います」と振り返った。

 ■ 新日鉄住金かずさマジック・玉井 好投5回1失点「来年は自分も」(スポニチ) 15/11/2

 新日鉄住金かずさマジックの新人右腕の玉井が5回4安打1失点と好投。「今までにないくらい緊張した」と話したが、スライダーとチェンジアップを織り交ぜ的を絞らせなかった。鈴木秀範監督は「予想以上に投げてくれた。来年は加藤がいないので、独り立ちしてほしい」と称えた。日本ハムからドラフト2位指名された加藤は同学年で「周りがプロに指名されて、うれしいし刺激になった。来年は自分も、という気持ちはあります」と話した。

過去記事

 ■ 直球真っ向勝負、頼もしい守護神 玉井大翔(たいしょう)投手(毎日新聞) 15/3/12

 大田など3球場でリーグ戦計8試合を行い、A組のヤマハ、B組の富士重工業、C組のホンダが準決勝進出を決めた。新日鉄住金かずさマジックは延長十回、タイブレークの末、大阪ガスとの接戦を制して2連勝とした。1死満塁から始める延長回のタイブレークで抑えの大役を、初戦から2試合連続で全うした。この日は八、九回を好投したエース加藤を引き継ぐ形で、2点リードの十回裏に登板。「度胸、スピード、コントロールがそろっている」という鈴木監督の評価に応えた。「抑えようという気持ちが空回りした」と先頭打者には押し出し四球を与えたが、その後は140キロ台半ばの速球をテンポ良く繰り出す攻めの投球。内野ゴロ二つに仕留め、リードを守りきった。投じた11球のうち9球が直球という真っ向勝負で、球速も自己最速の147キロをマーク。「監督にも『打たれるまで真っすぐで行け』と言われている。自信のある球で押していきたい」と威勢がいい。

 昨年から好調が続いている様ですね。球速については大田がかなり甘くなったという話があるようです。

 ■ 落合GM視察も…かずさマジック ドラフト候補左腕 6失点(スポニチ) 15/3/9

 新日鉄住金かずさマジックがタイブレークにもつれ込む激闘を制し、明治安田生命を下した。苦しんだ加藤とは対照的に、東農大北海道オホーツク出身のルーキー右腕・玉井大翔投手が好投社会人初勝利を挙げた。同点の9回から救援。「すごく緊張したけど、直球の調子が良かったので思い切り腕が振れた」と最速145キロで押しまくり、無失点。タイブレーク制突入後の10回に味方が待望の1点を加えると、2イニング連続で0に抑える快投でリードを守り抜いた。「こういう形で結果が出て自信になった」と笑顔。鈴木秀範監督は「まず初戦を勝てて良かった。大学生の新人選手を全員使えた」と両軍合計26安打の乱打戦をものにして、安どの表情を浮かべた。

 ■ 東農大北海道、道勢28年ぶり歴史的勝利(日刊スポーツ) 14/11/16

 東農大北海道で3番手としてマウンドに上がった玉井大翔投手(4年)が、初出場の京産大(関西5連盟第2)相手に、4回1/3を3安打無失点。ドラフトでヤクルト2位指名で先発のエース風張蓮(4年)が不調のため1回で降板する中、2人目の井口和朋投手(3年)が5回2死満塁と一打逆転のピンチを作ったところで救援し「焦ることはない。いつも通りという気持ちで投げた」と、空振り三振に。強心臓の名脇役が、道勢28年ぶりの歴史的勝利を演出した。球速140キロを超え、ぐんと伸びる直球が、絶好調の証しだった。打たれた安打3本は、すべて内野安打。力強い直球で、詰まらせた。京産大の山崎勇樹捕手(4年)は「外の真っすぐを狙っていても、ファウルになる。分かっていても、捉えられなかった」と、オホーツクから来た絶対守護神にお手上げだった。今秋、先発から救援に転向。風張とともに1年時から2枚看板として活躍し、数々の修羅場も経験してきただけに「僕はリリーフに向いている」と言う。北海道学生リーグでの通算18勝は、風張よりも2つ多い。樋越勉監督(57)は「守護神だし、やってくれると思っていた。これが、うちの必勝パターン」と、チーム初の初戦突破、さらには86年札幌大以来の道勢白星に大喜びで「今度は風張が投げてくれるでしょう」と次戦でのエース復活に期待を寄せた。

 ■ 東農大北海道・玉井10K完投プロアピール(日刊スポーツ) 14/4/27

 東農大北海道の右腕、玉井大翔(4年=旭川実)が、北海道教大函館戦で4安打10奪三振2失点(自責1)で完投開幕戦を白星で飾った。2回表に連打と味方の失策も絡み2点を失ったが、3回以降は3人ずつで抑え、視察に訪れた国内プロ7球団のスカウトの前でアピールした。最速141キロ四死球なし。玉井は「前半はバタバタしたけど、後半は修正できてよかった」と自身に及第点を与えた。大学最終年に向け、陸上選手ばりの走り込みで下半身を強化してきた。3月の沖縄・名護での合宿では、多い日で1日40キロとフルマラソン並みの距離を走り、近隣で合宿していた中京大の陸上部の選手に驚かれたほど。「制球が安定してきた」と、成果も感じ取った。スカウト評も上々。楽天長島スカウト副部長は「真っすぐの質がいい。これから何回か見て行きたい」と話した。玉井本人もプロを意識している。「上(プロ)で野球をやりたい。そのために神宮に出るのが条件。必死にやっていきたい」。4季連続のリーグ制覇の先に全日本選手権(6月10日開幕、神宮)がある。全国の舞台に立ち、夢をかなえるために、勝利を重ねていく。

 ■ 【全日本大学野球】東農大北海道、史上初の道勢対決制す(スポーツ報知) 13/6/12

 東農大北海道が7―3で道都大を下し、史上初の道勢対決を制した開始直後からの悪天候の影響で、両チーム合わせ計21個の四死球が出る乱戦となったが、東農大の先発・玉井大翔投手(3年、旭川実高出)が6回1/3を2安打2失点の粘投。8回には道都大のミスにつけ込み4点を挙げ試合を決めた。昨秋、明治神宮大会出場をかけた道代表決定戦で敗れた相手に雪辱も果たした。2回2死満塁のピンチ。相手打者を中飛に仕留めると、玉井は表情を変えずにマウンドを下りた。2年ぶりの神宮のマウンドは、開始直後からの雨のため、ぬかるんだ状態。それでも7回途中まで2失点。冷静さを失わなかった。「あそこが勝負の分かれ目だった」と樋越勉監督(56)が振り返ったように、2回は無死満塁から、8、9番打者を連続三振。足場の悪さも、軸足を地面に深めに入れて対処。周囲に声をかけながら、自分の投球を貫いた。「足場が悪かったぶん、四死球(7個)が多かった。納得はしていない」と玉井は言うが、2年前の大学選手権初戦(対横浜商科大)でも初先発初勝利。「あのときより落ち着いて投げられた」と強心臓ぶりを見せつけた。

 ■ 東農大6年ぶり“全国1勝”/大学選手権(日刊スポーツ) 11/6/8

 東京農大生産学部が、横浜商大を退け、6年ぶりの全国1勝を飾った。先発の1年生右腕、玉井大翔が全国デビュー戦で6回途中2失点の好投。旭川実高時代には経験のなかった全国舞台のマウンド。初回はさすがに緊張した。先頭打者の2球目に与死球。犠打で送られた1死二塁から本領発揮し3、4番打者を連続三振。流れに乗った。最速145キロの速球にスライダーを交えて的を絞らせなかった。5回まで死球2個、わずか1安打でスコアボードに「0」を並べた。6回表に2連打を浴びたところで、ゆっくりと樋越勉監督(54)がマウンドに向かい、交代を告げた。失点2と力を出し切った内容に、同監督も「100点満点」とねぎらった。「立ち上がりは緊張しましたが、思い切り投げられました。うれしい」と玉井はチームの勝利を喜んだ。先発はこの日の朝に言われたが、監督や先輩から「若いんだから思い切って行け」と言われた。助言通り、内角を強気に攻めたのが好結果を生んだ。高校では3番手投手、昨夏の甲子園もブルペンから鈴木駿平(立正大)、成瀬功亮(巨人)の投球を見た。進んだ道は異なったが「負けたくない」という気持ちで、故郷佐呂間に近い大学を選んだ。樋越監督は「あいつは練習の時から、俺に投げさせてくれと、にらむように見る」と、春季リーグ開幕戦に起用した。その北海道教大函館戦では期待を上回る無安打無得点試合。6戦5勝負けなしと活躍した。

   13春    回数 被安 奪三 四死 失点 
   旭教大 先   4  2  6  2  1 ○
   苫駒大 先   9  4  3  3  1 ○
   函館大 先  7.1  5  7  2  3
   旭川大 先  8.1  5  8  3  1 ●
         28.2  16  24  10  6 防0.94
      被安打率5.02 奪三振率7.53 四死球率3.14

 ■ 東農大生産学部・玉井が3安打完封!秋春連覇王手(スポーツ報知) 11/5/29

 7勝1敗同士の首位直接対決は、東農大生産学部のノーヒッター右腕・玉井大翔(1年)が旭川大打線を9回3安打完封。29日の試合で旭川大に連勝すれば、東農大生産学部の秋春連覇が決まる。

 ヒジを柔らかく使えて腕の振りがなかなかいい投手ですね。
 切れのいい真っすぐで空振りを奪っていました。体重移動に粘りが出てくると良くなりそうです。

 ■ 史上初!1年生で開幕戦ノーヒットノーラン 高校時代は控え(スポニチ) 11/5/1

 開幕戦で東農大生物産業学部のルーキー・玉井大翔(旭川実出)が道教大函館を相手にノーヒットノーランを達成した。北海道六大学リーグ史上7人目だが、1年生の開幕戦での無安打無得点試合は史上初の快挙。昨夏甲子園出場も登板機会なしに終わった悔しさを胸に、大学公式戦初登板で129球の大仕事をやってのけた。それでも、ガッツポーズをすることもなく、遠慮がちに笑みを見せただけ。「実感は沸かないが、自分の持てる力を思い切り出そうと思った。(無安打は)5回ぐらいから言われていたが、意識しないようにした」。先発を伝えられたのは球場入り後。驚きを胸に沈め、打者と対じした。3回までは1人の走者も許さず、走者を背負ったのは四球と失策で出塁を許した2イニングだけ。4回無死一塁は投前併殺で、6回2死一、二塁はスライダーで空振り三振に仕留め、ピンチを切り抜けた。同じ1年生の女房役、亀沢英晃(天理出)は「ブルペンから直球もスライダーも走っていた。右打者への外角の出し入れが生きた」と話した。不完全燃焼を原動力にした。高校時代の公式戦登板は、2年秋の全道大会準々決勝の北照戦が最後。公式戦完投は1度もない。エース鈴木駿平(現立正大)と成瀬功亮(現巨人育成)に隠れ、昨夏の甲子園は登板機会なく初戦敗退した。故障でもないのに投げられない悔しさ。「負けたのも悔しかったが、最後に投げられなかったことが悔しかった。その分、神宮で投げたいと思った」と玉井。開幕戦をルーキーに託した樋越勉監督(54)は「今一番調子がいいし、ブルペンで(俺を投げさせろと)目で訴えてきた。素質は一番。ウチで輝きを取り戻せと言ったんだ。意地があったと思う」と絶賛した。

      道教大函館 9回 被安0 奪三12 四死1 失点0

  プロフィール

 北海道網走管内佐呂間町生まれ。
 玉井 大翔(たまい・たいしょう)投手。
 佐呂間小1年時から軟式野球を始め、佐呂間中時代は軟式野球部に所属。

 旭川実では1年秋から背番号18でベンチ入り。
 3年夏に背番号11として甲子園メンバー入り(初戦敗退で登板機会なし)を経験した。
 同期に鈴木駿平成瀬功亮(巨人10年育成6位)ら。

 東農大北海道オホーツクでは1年春からリーグ戦に出場。
 エース格としてリーグ最多5勝(無敗)、防0.21(1位)をマークし、5年ぶりの春季リーグVを果たす。
 インフルエンザを患った陶久亮太の穴を埋め、最優秀投手・ベストナインを獲得。
 開幕戦・道教大函館戦で史上7人目となるノーヒットノーラン(129球12K1四球)を達成した。
 以降先発・リリーフの両面でチームを支え、2年秋・3年秋・4年秋にMVPを受賞。
 同率対決となった2年秋の最終節・旭大戦(引分)で12回176球1失点完投を記録している。
 3年秋のプレーオフ・函館大戦で延長16回1対0完封継投(井口風張・玉井)。
 主に救援を務めた4年秋に7試合(先発2)、計21イニングで防御率0.00、無失点をマークした。
 その他3年春に先発2勝(1完投・0完封)、防0.94(3位)で優秀投手賞を獲得。
 全国大会には1、3年春の選手権、4年秋の神宮に出場し、4年秋に創部初4強を経験した。
 6回途中2失点の好投を見せた1年春の1回戦・横浜商大戦で勝ち星を記録。
 続く慶大戦(2対5)で8四死球を出しながらも、8回1失点(1回無死から)リリーフを演じている。
 雨中の試合となった3年春の1回戦・道都大戦で6.1回7四死球2失点の粘投。
 4年秋の神宮大会全3試合にリリーフ起用され、京産大戦で4.1回9三振無失点救援を見せた。
 リーグ通算18勝。32試合、193回1/3、防御率1.02(不明分除く)。

 新日鉄住金かずさマジックでは1年目から主に救援で出場。
 春のスポニチ大会から抑え投手として起用され、自己最速147㌔(大田)直球で注目を集める。
 計2.1イニング1失点の力投で2試合連続の延長10回タイブレーク勝利に貢献。
 秋の選手権1回戦・JR九州戦の先発を任され、5回4安打1失点の粘投で勝ち星をマークした。
 二大大会通算1試合、1勝0敗、5回、3奪三振、防御率1.80。

 178cm78kg、147㌔直球を持つスリークォーター右腕。
 ワインドアップから上体を前に傾けて早めに着地し、肘を柔らかく使った球持ちの良い腕の振りから
 繰り出す最速147㌔、130㌔台後半から140㌔台前半の切れの良い直球と、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、内に食い込む130㌔台のシュート、100㌔台のカーブ。
 切れの良い直球にスライダーを織り交ぜる。内角を突く強気の投球も持ち味。
 カーブとの緩急。投球割合は少ないが、その他にカット、フォークなどの多彩な変化球を操る。
 テンポの良い投球を見せる好右腕。 まずまずの制球で両サイドに投げ分ける。
 社会人1年目のスポニチ大会で自己最速の147㌔(球速の出やすい大田スタジアム)を計測した。
 大学4年秋21回で25K(率10.71)、3四死球(率1.29)。

  スカウトコメント

楽天・長島スカウト副部長|14/4/27
 「真っすぐの質がいい。これから何回か見て行きたい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-10-19(水)|2016年社会人投手 | 北海道学生 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
旭実でチームメイトだった鈴木や成瀬はドラフト雑誌なんかでも取りあげられるくらい知名度のある選手でしたが、3番手にもこんないい投手がいたんですね。

先にプロ入りした成瀬や、中央の強豪大学に進学した鈴木に負けないくらいの活躍と成長を期待したいですね。
| 北風 | 2011年07月13日(Wed) 20:12 | URL #- [ 編集]
同期2人と切磋琢磨して頑張ってほしいです
| 匿名 | 2011年06月23日(Thu) 20:41 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年社会人投手 | 北海道学生 コメント(2) Page Top↑