富岡 壮馬(三菱重工長崎)

ここでは、「富岡 壮馬(三菱重工長崎)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



175cm75kg 右左 遊撃手 鳥栖商→日本体育大 3年目
俊足好打のリードオフマン。思い切り良いスイングから鋭い打球を放つ。3年春リーグ最多20安打。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   09春: 8 .250  12  3 0 0 0 1          .250
   09秋: 4 .000  3  0 0 0 0 0          .000 
   10春: 12 .327  49 16 6 1 1 8 5 2 2  .353  .551(8位)
   10秋: 12 .341  44 15 2 3 0 6 7 10 2  .463  .523(8位)
   11春: 14 .328  61 20 3 2 0 5 6 4 2  .369  .443(6位)
   11秋: 14 .276  58 16 3 1 0 5          .362
   12秋: 12 .304  46 14 2 0 0 3          .348
   通算: 76 .308 273 84 16 7 1 28          .429(4年春除く)
    ※ 10秋:ベストナイン(三塁) 11春12秋:ベストナイン(遊撃)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   11選: 2 .429  7 3 0 0 0 1 0 3 0  .600  .429

  最新記事

 ■ 日体大1部残留 川上が完封/首都大学(日刊スポーツ) 12/6/3

 1部最下位の日体大が2部優勝の桜美林大に連勝し、1部残留を決めた。左腕の川上武大投手(4年=都城西)が散発3安打完封。打っては6回2死から、富岡壮馬主将(4年=鳥栖商)の3ランなど6連打6得点で一気に突き放した。川上は公式戦完投自体が初めて。以前は5回前後で降板が主だったため「正直6、7回は肩が疲れてしんどかった。一番つらいときに点を取ってくれて助かった」と笑顔を見せた。これで創部史上初の2部降格は阻止。昨春は1部で優勝しているだけに、富岡も「やっと秋の優勝を狙えるスタートラインに立てた」と安堵していた。

 ■ 武蔵大・永井が今季初完封(スポーツ報知) 11/10/9

 日体大は、3番・富岡壮馬(2年)の4安打、4打点の活躍などで、城西大に12―2で大勝した。

 ■ 甲子園、宿敵倒してこそ(asahi.com) 08/6/29

 伊万里商のエース下平裕次郎と鳥栖商の打の要・富岡壮馬。言葉を交わしたことはない。下平はセ・パ両リーグの計6チームのスカウトがマークする、球速140キロ超の本格派右腕。その下平が「県内一」と認める、出塁率約5割の巧打者が富岡だ。お互いを認識し始めたのは、ともに1年生ながらスタメン入りし、内野手で参加した06年夏の大会から。両高が対戦した日、ふたりはその抜きんでた身体能力でさっそく目立った。2度目の対決は07年秋の県大会だった。「前の試合で完全に抑えられた借りを返してやる」。3点を追う展開の6回、先頭で打席に立った富岡は、下平が初球に投げた自慢の直球を、あわや本塁打の大ファウル。直球狙いだと読んだ下平は4球目、内角低めのスライダーで三振を取りにいったが、富岡は腕を畳むようにして巧みに真芯でとらえ、右翼スタンドへたたき込んだ。鳥栖商の主将として、03年夏の甲子園8強を上回るチームづくりを目指してきた富岡。自分が全国で通用する打者になることが一番の近道と信じ、「常に意識してきた下平を打ち崩してこそ、自信をもって甲子園に行くことができる」。

  プロフィール

 佐賀県鳥栖市出身。
 富岡 壮馬(とみおか・そうま)遊撃手。
 鳥栖中時代は軟式野球部に所属。

 鳥栖商では1年春からレギュラーを務める。
 主将3番遊撃手として活躍し、3年春に県大会優V、九州大会進出を達成した。
 3年夏は優勝候補の一角に挙げられたが、武雄高に0対1で敗れ佐賀大会2回戦敗退。
 高校通算20本塁打、出塁率約5割を記録した打力で当時から注目されていた。
 県大会優勝、九州大会2回戦が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 日本体育大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 2年春からレギュラーを務め、2年秋(三塁)、3年春・4年秋(遊撃)にベストナインを獲得した。
 4年時は主将としてもチームを牽引し、リーグ通算84安打(4年春を除く)をマーク。
 3年時に2季連続でリーグ最多安打を記録している(春20安打、秋16安打)。
 3年春に辻孟彦の活躍で13季ぶり優勝を果たし、大学選手権準々決勝進出を達成。
 選手権では送球エラーもあったが、1番打者で2戦3安打3四死球1打点の好結果を残した。
 リーグ通算76試合、打率.308、84安打、1本塁打、28打点(4年春除く)。

 175cm75kg、好打俊足の遊撃手。
 フォロースルーの大きい思い切り良いスイングで鋭い打球を放つ左の好打者。
 バットコントロールに柔らかさがあり、コースに逆らわずセンター中心に打ち返す打撃も持ち味。
 盗塁数は多くないが、一塁到達4.1秒の俊足を武器に長打を記録する。
 遊撃守備は堅実。スローイングがやや不安定ながら、まずまずの強肩で三拍子揃う。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2013-02-20(水)|2015年社会人野手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人野手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑