中川 皓太(東海大)

ここでは、「中川 皓太(東海大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



中川 皓太(東海大)

182cm81kg 左左 MAX145km カーブ・スライダー・ツーシーム 山陽高
最速145㌔の威力ある直球とツーシーム、大きく割れるカーブ。4年春に6勝4完封で最優秀投手受賞。
2015年巨人7位(契約金3000万円、年俸800万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春: 1  0勝0敗  0.2  0  2  0  0  0.00
   12秋:          登板無し
   13春:          登板無し
   13秋: 1  0勝0敗   1  0       0  0.00
   14春: 7  2勝0敗  36.1  24  32  17  7  1.73( 7位)
   14秋: 8  3勝0敗   40  27  31  4  10  2.25(10位)
   15春: 7  6勝0敗  51.2  38  43  8  4  0.70( 1位)
   15秋: 7  5勝1敗  42.1  24  27  10  4  0.85( 2位)
   通算: 31 16勝1敗  172 113       25  1.31
    ※ 15秋:MVP 15春秋:最優秀投手

 【 全国大会 】
   15神     回数 被安 奪三 四死 自責
   亜細亜大 先  5.2  5  4  4  1 144㌔

投手成績詳細

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   城西大 先  6.2  1  10     0 ○
   東経大 先  6.1  6       4 
   桜美林 先  6.1  5       1
   筑波大 先   9  2  4  1  0 ○封
   獨協大 先  5.2  4       1 ○
   帝京大 先  2.1  4       2
   日体大     1  0       0
       先  2.2  5       2
          40  27  31  4  10 防2.25
      被安打率6.08 奪三振率6.98 四死球率0.90

   14秋代決    回数 被安 奪三 四死 自責
   東京国際大 先   7  3  3  1  0 ○142㌔

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   城西大 先   9  1  10  3  0 ○封
   獨協大    4.1  4       1
   東経大 先   9  7       0 ○封
   日体大 先  5.1  7       2 ○
   桜美林 先   9  5  7     0 ○封
   筑波大 先   9  7  6  0  0 ○封
   帝京大 先   6  7       1 ○
         51.2  38  43  8  4 防0.70
      被安打率6.62 奪三振率7.49 四死球率1.39

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   日体大 先  4.1  6       1 ●142㌔
   城西大 先   7  3       1 ○
   東経大 先   9  1  11  2  0 ○封
   帝京大 先  5.1  3       1
   筑波大 先  6.2  5  4  0  1 ○
   大東大 先   5  2       0 ○
   桜美林 先   5  4       0 ○140㌔
         42.1  24  27  10  4 防0.85
      被安打率5.10 奪三振率5.74 四死球率2.13

  最新記事

 ■ ドラ7中川、年俸800万円で合意「1日も早く1軍に」(スポーツ報知) 15/11/20

 巨人からドラフト7位指名を受けた東海大・中川皓太投手が20日、東京・大手町の球団事務所で仮契約交渉に臨み、契約金3000万円、年俸800万円で合意した。背番号は未定。テイクバックが大きく、中日・岩瀬をほうふつとさせる投球フォームの146キロ左腕は「1日も早く1軍の舞台で投げられるようにしたいです」と力強く抱負を口にした。伸びのある直球は広島・山陽高時代から注目を集めていて、東海大では主に先発として活躍。大学でスライダー、シュート、曲がりの大きなカーブにも磨きをかけ、今春の首都大学リーグで6勝、4完封をマークして最優秀投手賞を受賞。今秋は7登板、5勝1敗、防御率0・85で最高殊勲選手、最優秀投手に輝いた。担当の長谷川スカウトは「プロでは中継ぎ、セットアッパーだろうが、コントロールで崩れる投手ではない。左投手の場合、右打者の内角直球に注目が集まるが、彼は右打者の外角のコントロールがいい。スピードガンの計時よりキレのある球を投げる」と期待を寄せた。

 ■ Gドラ7東海大・中川、1失点粘投も無念(スポーツ報知) 15/11/18

 涙はなかった。巨人ドラフト7位の東海大・中川皓太は5回2/3を5安打1失点。勝利投手の権利を持って、先発のマウンドを降りた。2番手以降の投手も粘ったが、最後は亜大の執念の2発に屈した。4年生で初めて全国の舞台に立った左腕は「投げる前から楽しもうと思っていました。(負けは)悔しいですが、最後にいい試合ができて良かったです」と心は晴れやかだった。2点リードの6回に3つの四死球が失点につながり、2死満塁とされ降板。甘い球もあったが1失点で切り抜けた。「プロではそうはいかない。これから細かいコントロールを磨いていきたいです」と反省を次の舞台に生かすことを誓った。

 ■ Gドラ7東海大・中川、1失点完投で渾身ガッツ(スポーツ報知) 15/11/5

 巨人にドラフト7位指名された東海大(首都大学1位)の145キロ左腕・中川皓太が、9回7安打1失点で完投。桐蔭横浜大(神奈川1位)に逆転勝ちし、決勝進出でチームを5年ぶりの明治神宮大会出場に導いた。1点リードの9回は1死三塁に、2死一、二塁とピンチの連続だったが、粘り抜いた。最後の打者を二ゴロに仕留め、中川は「すごく、ほっとした気持ちが一番強い」と顔をほころばせた。「調子はよくなかった」と2回に1点を先行されたが、「気持ちだけは切らさず、何とか打ってくれることを信じた」。同点の6回に味方が勝ち越すと、後半は直球主体に切り替え、立て直した。チームは昨年の全日本大学選手権を制したが、中川は登板機会がなかった。「1回は全国で投げたい気持ちがあった。自分の持ち味を出していきたい」。次は神宮のマウンドで、自らの手で日本一をつかみにいく。
  試合前のブルペンで不調を自覚し、2回に先取点を許したが、「気持ちだけは切らさなかった」。後半は、走っていた直球主体に切り替え、6奪三振で1失点完投。視察した巨人・長谷川スカウトは「大崩れしない。現場は左腕を求めている。チャンスはある」とうなずいた。(スポーツ報知)
 2回に先制点を許すも、カーブとツーシームを交えて粘り、打線の援護を呼びこんだ。巨人・長谷川国利スカウト部課長は「バランスが良い投手。(中日の)岩瀬みたいになってくれれば」と期待を寄せた。(スポニチ)

   15秋代決  回数 被安 奪三 四死 失点
   桐蔭大 先   9  7  6  2  1 ○142㌔

過去記事

 ■ ドラ7・東海大の中川が虎狩り宣言!(スポーツ報知) 15/10/26

 巨人のドラフト7位、東海大の145キロ左腕・中川皓太投手が25日、神奈川・平塚市内の同大合宿所で長谷川スカウトから指名あいさつを受けた。大阪出身だが両親が大のG党。幼少期から巨人戦をよく見てきた。「松井さんや高橋由伸さんの活躍する姿をテレビで見てきた。同じチームに入れるのはうれしい」と目を輝かせた。地元の友人からは祝福のLINEがたくさん届いた。「『おめでとう』とみんな言ってくれました」と顔をほころばせたが、やはり大阪では虎党が多いわけで…。「『阪神戦の時は容赦しないよ』とも言われました」と頭をかいた。それでも「阪神ファンの応援はすごいですが、負けないようにやっていきたいです」と早くも虎狩りを誓った。長谷川スカウトが「投げ方は(中日の)岩瀬のような感じ。球速以上にボールの質感がいい」と評するサウスポー。「プロでも先発をやりたい。早く1軍に上がれるよう頑張ります」と胸を高鳴らせた。

 ■ 東海大、ドラフト候補コンビ活躍!中川6回途中無失点(スポーツ報知) 15/10/17

 東海大は先発の145キロ左腕・中川皓太投手が6回途中4安打無失点の好投。打っては田中俊太二塁手が3安打2打点。両ドラフト候補コンビの活躍で桜美林大に快勝した。18日の2回戦に勝てば5連覇が決まる。クレバーな投球だった。5回1死一塁。中川は1球目で相手打者のタイミングのズレを察知した。「バッターの空振りの仕方を見て、全然合っていなかったので全部真っすぐでいこうと思いました」。内角の直球で詰まらせ遊ゴロ。注文通りの併殺に斬って取り、グラブをたたいて喜んだ。「調子はよくなかった」と話すが、最速140キロの直球とツーシームを軸に相手打線を手玉に取った。両コーナーを丁寧に突き、6回途中散発4安打無失点。6回に連続四球を出してマウンドを降りたが、ネット裏の5球団のスカウトの前で最後のアピールに成功した。日本ハム・大淵スカウトディレクターは「上背が180センチ以上あって角度もある左右のコントロールがいい角度と制球力。左投手として必要なものを持っている」と高評価すれば、DeNA・稲嶺スカウトも「投球のリズムがいい右打者の外に決まる制球はすごい試合を作れるタイプ」とうなづいた。中川は「今日はいい投球が出来なかったけど、結果的に0点に抑えられた。打たせて取れたのが成長ですね。(指名の順位と球団は)いけるならこだわりはない。プロに入ってからが勝負だと思う。先発完投が出来る投手になりたい」。運命のドラフトまであと5日。人事は尽くした。あとは、天命を待つだけだ。

 ■ エース佐々木 3安打完封!!(スポーツ報知) 15/9/13

 春2位の桜美林大は、エース右腕の佐々木千隼(3年=日野)が3安打完封。日体大とともに、開幕3連勝を飾った。2連敗スタートの東海大は、左腕の中川晧太が7回1失点で、5連覇を目指すチームに今季初白星をもたらした

 ■ <首都スポ>東海大・丸山 4連続K(東京中日スポーツ) 15/6/10

 連覇を狙った東海大は立ち上がりの4失点が響いて九産大に敗れ、初戦で姿を消した。今春リーグ戦で46年ぶりの完全試合を達成した丸山泰資投手(3年・東邦)は151キロをマーク、4連続三振を奪い、来年のドラフト候補の片りんを見せた。この大会が始まる直前に、投手陣の軸になるはずだったリーグ戦6勝の4年生左腕、中川が背筋痛を訴えた。丸山はこの試合で救援待機し、次の試合は先発のプランだった。横井人輝監督(53)は「丸山は後ろで行くつもりだった。それにしても4失点はきつかった。いきなりカウンターでKOみたいなもの」とうなだれた。

 ■ 東海大、4季連続69度目V!4年左腕・中川が無傷6勝目(スポーツ報知) 15/5/23

 首都大学リーグの東海大が23日、4季連続69度目の優勝を決め、全日本大学野球選手権に2年連続36度目の出場を決めた。ここまで11勝1敗で首位を走っていた東海大は、帝京大戦(平塚)に3―2で勝利。9勝3敗で2位の桜美林大が残り2試合に勝っても勝率で及ばないため、4連覇が決まった。今季はエースのドラフト候補右腕・吉田侑樹(4年=東海大仰星)が不調で、城西大との開幕戦を2―7で落としたが、この日先発した4年生左腕・中川皓太(山陽)が無傷の6勝目をマーク。日体大戦でリーグ史上2人目となる関西試合を達成した3年生右腕・丸山泰資(東邦)の台頭もあり、その後は12連勝で優勝まで駆け抜けた。横井人輝監督(53)は「大黒柱が抜けても勝てるほど甘いリーグじゃないが、中川と丸山が頑張ってくれた吉田もよくなったので、3本柱ができた」と、10~11年の東洋大以来8校目となる大学選手権連覇にも意欲を示した。

 ■ 中川完封で東海大堅首(スポーツ報知) 15/5/17

 4連覇を目指す東海大は、左腕・中川晧太が7安打完封。6回に下石涼太遊撃手の先制適時打などで挙げた2点を守り抜き、首位をキープした。

 ■ 東海大31連勝 リーグ記録さらに更新(スポーツ報知) 14/9/29

 東海大が筑波大に連勝。リーグ記録の連勝を31に伸ばし、首位を守った。2回に9番・大城健二一塁手の中前打で先制すると、左腕・中川晧太が95球で2安打完封した。

 ■ プロ注目左腕の山陽・中川、4回5K(デイリースポーツ) 11/7/24

 山陽の背番号「1」、プロ注目の中川皓太投手が今大会初先発し、4回2安打1失点、5奪三振の快投をみせた。初回、立ち上がりに2安打を浴びて1点を失った。ベンチで川岡孝弘監督に「目が覚めたか」とげきを飛ばされ、気持ちを切り替えた。「最初はフォームがよくなかったが、徐々に修正できた」。二回以降は完全投球。今大会3試合で61得点している修道打線をねじ伏せた昨秋に腰痛を発症し、冬は思うような練習ができなかった。そんなとき、山陽OBで、6月の全日本大学野球選手権・名桜大との試合で無安打無得点を達成した近大工・久保田高弘投手に励まされた。「練習を積めば結果はついてくると言われた」。その言葉を励みにウエートトレーニングやランニングなど、できることを精いっぱいこなした。「次も自分の投球をしっかりしたい」。廿日市西と対戦する準々決勝に向け、気を引き締めた。

   11夏       回数 被安 奪三 四死 失点 
   3回戦:西条農    2  1       0
   4回戦:修 道 先  4  2  5     1
   準決勝:如水館 先  8  5  8  8  3
             
14  8       4 防2.57(失点から計算)

  プロフィール

 大阪府富田林市出身。
 中川 皓太(なかがわ・こうた)投手。
 葛城中時代は富田林ブルーウェーブに所属。

 山陽高では1年時から控え投手としてベンチ入り。
 1年夏の大会全6試合、12.1イニングに起用され、抑え投手として広島ベスト4進出を経験する。
 如水館高に延長10回2対3サヨナラ負け(2.0回1失点で黒星)で惜しくも敗退。
 1年秋に1年生大会Vを果たし、4連続の県3回戦敗退を経て、3年春に準Vまで勝ち進んだ。
 前年秋に腰痛を発症した影響により背番号10の控え投手としてチームに貢献。
 初戦(2回戦)で尾道・川本祐輔と投げ合いを制し、1対0、3安打完封勝利を記録している。
 エースナンバーを獲得した3年夏予選は、如水館高に1対3で敗れベスト4敗退。
 2回裏にエラー絡みで3点の先制を許しながらも、5安打8K(初回3連続)完投の健闘を見せた。
 県大会準Vが最高成績。甲子園出場実績は無し。

 東海大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 最終週・帝京大1回戦に3番手として起用され、2者連続奪三振の好救援でデビュー戦を飾る。
 3年春になって先発2番手の座を掴み、防御率1.73(7位)で投手ベスト10入り。
 東経大2回戦(8.1回3安打1失点)で初勝利、筑波大2回戦(6回1失点)で2勝目を挙げた。
 13年ぶり4回目の日本一を達成した全日本大学選手権での登板機会は無し。
 3年秋・筑波大2回戦でゴロアウト15個を奪い、2安打1四球2併殺初完封勝ちを収めている。
 続く代決・東国大戦で最速142㌔を投げ、7回3安打3K無失点の好投を披露。
 4年春にリーグ最多6勝で4季連続Vに貢献し、防御率0.70(1位)で最優秀投手を受賞した。
 城西大を1安打10三振に封じるなど4完封勝ちを記録(後半4カードで1番手)。
 桜美林1回戦で佐々木千隼との投手戦を制し、132球5安打、7奪三振1対0完封をマークした。
 通算31試合、16勝(6完投6完封)1敗、172回、防御率1.31。

 182cm81kg、恵まれた体格の左腕。
 セットから重心を下げてインステップし、大きいテイクバックを取り、左ヒジを使った腕の振りから投げ込む
 最速145㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の威力のあるストレートと、
 100㌔台から110㌔前後の落差のあるカーブ、130㌔台で沈むツーシーム、120㌔台のスライダー。
 ストレートに大きく割れるカーブ、沈むツーシーム、スライダーを織り交ぜて行く。
 3年秋以降の3シーズンで四死球率1.48を記録。4年時に年間11勝(5完投5完封)の実績を残した。
 4年秋の被安打率5.10、奪三振率5.74、与四死球率2.13。

  スカウトコメント

巨人・長谷川スカウト|15/11/20
 「プロでは中継ぎ、セットアッパーだろうが、コントロールで崩れる投手ではない。左投手の場合、右打者の内角直球に注目が集まるが、彼は右打者の外角のコントロールがいい。スピードガンの計時よりキレのある球を投げる」
巨人・長谷川国利スカウト部課長|15/11/6
 「バランスが良い投手。(中日の)岩瀬みたいになってくれれば」
 「大崩れしない。現場は左腕を求めている。チャンスはある」
巨人・長谷川スカウト|15/10/26
 「投げ方は(中日の)岩瀬のような感じ。球速以上にボールの質感がいい」
日本ハム・大淵スカウトディレクター|15/10/17
 「上背が180センチ以上あって角度もある。左右のコントロールがいい。角度と制球力。左投手として必要なものを持っている」
DeNA・稲嶺スカウト|15/10/17
 「投球のリズムがいい。右打者の外に決まる制球はすごい。試合を作れるタイプ」
DeNA・稲嶺スカウト|15/9/24
 「エース・吉田侑樹という存在がある中で春のリーグ戦から主戦級の働き。現在ではリーグ戦の初戦登板を任されるようになり、立ち振る舞いも変わってきた」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-11-21(土)|2015年ドラフト指名選手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年ドラフト指名選手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑