岡 孟杜(日立オートモティブシステムズ)

ここでは、「岡 孟杜(日立オートモティブシステムズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



170cm65kg 右右 MAX147km スライダー・チェンジ・カーブ 日大鶴ケ丘→日大
伸びのある147㌔直球と縦のスライダー、チェンジアップ。3年春東農大戦で2安打初完投初完封勝利。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春:         登板無し
   12秋:         登板無し          二部
   13春: 4 2勝1敗  23.1  21  4  10  4  1.54二部(2位)
   13秋: 1 0勝0敗   2  3  0  2  3 13.50二部
   14春: 5 1勝0敗  31.2  20  17  11  5  1.42二部(5位)
   14秋: 3 1勝0敗   11  11  8  3  2  1.64二部
   15春: 6 2勝1敗  11.1  8  11  8  3  2.38二部
   15秋: 6 2勝0敗  16.2  16  5  7  4  2.16
   一部: 6 2勝0敗  16.2  16  5  7  4  2.16
         被安打率8.64 奪三振率2.70 四死球率3.78
   二部: 19 6勝2敗  79.1  63  40  34  17  1.93
         被安打率7.15 奪三振率4.54 四死球率3.86

投手成績詳細

   13春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東農大     1  2  0  0  1
   国士大 先  7.1  6  1  2  0 ○
   立正大 先  7.2  6  3  2  0 ○
   東洋大 先  7.1  7  0  6  3 ●
         23.1  21  4  10  4 防1.54
      被安打率8.10 奪三振率1.54 四死球率3.86

   13秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大     2  3  0  2  3

   14春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大    4.2  1  2  1  0
   立正大     3  4  3  1  2
   東農大 先   9  2  3  2  0 ○封
   国士大 先  6.2  6  4  1  1
   東洋大 先  8.1  7  5  6  2
         31.2  20  17  11  5 防1.42
      被安打率5.68 奪三振率4.83 四死球率3.13

   14秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東農大 先   6  5  5  0  2
   東洋大     4  6  2  1  0 ○
           1  0  1  2  0
          11  11  8  3  2 防1.64
      被安打率9.00 奪三振率6.55 四死球率2.45

   15春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東農大     2  0  1  2  0
       先  1.2  4  0  2  3 ●
   国士大    2.1  1  5  0  0 ○
           2  1  1  1  0 ○
   青学大    0.1  2  0  1  0
   立正大     3  0  4  2  0
         11.1  8  11  8  3 防2.38
      被安打率6.35 奪三振率8.74 四死球率6.35

  最新記事

 ■ 日大・岡、リーグ戦初先発で初完投初勝利(スポーツ報知) 15/10/6

 7季ぶりに1部昇格した日大は、リーグ戦初先発の4年生右腕・岡孟杜(日大鶴ケ丘)が、9回6安打3失点(自責1)で初完投初勝利を挙げ、亜大に先勝した。最後の打者を投ゴロに打ち取ると、岡は小さく拳を握った。「監督に『3回でいいから試合を作ってくれ』と言われ、1人1人投げた結果です」。170センチの体が、充実感で満たされた。5点リードの7回に自らの失策も絡んで3点を失ったが、冬場に重ねた1日200球の投げ込みは、ウソをつかなかった。「9回が早く感じた」。小気味よくフォーク、カーブ、スライダーを交え、109球を投げ抜いた。卒業後は軟式で野球を続けるといい、「4年生になって、チームに貢献できてよかった。優勝争いにとどまれた」。1部初白星を挙げた勢いで、昇格即Vを目指す。

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大    0.2  0  1  1  0
   中央大     1  3  1  0  0
   亜 大 先   9  6  2  1  1 ○139㌔
          3.2  4  0  3  0
   専修大    0.1  1  0  2  3
   駒澤大     2  2  1  0  0 ○
         16.2  16  5  7  4 防2.16
      被安打率8.64 奪三振率2.70 四死球率3.78

 ■ 日大鶴ケ丘「相手怖かった」(日刊スポーツ) 11/7/28

 日大鶴ケ丘のエース、岡孟杜投手が日大三打線につかまった。昨夏も同カードで準決勝を戦い延長戦で粘り勝ちしたが、今回はゲーム中盤で失点を重ね試合の流れに乗れなかった。4回に最速147キロを記録したものの、高めに浮いた変化球を狙い撃ちにされた。岡は「少し相手の打線が打線が怖いなと思ってしまった」と振り返った。萩生田博美監督(38)は「夏は万全に準備してきたはず。悔やんでいたら前には進めないから涙は見せるな」と選手たちにエールを送った。

   11夏        回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:昭和一学    5  2       1
   4回戦:光  丘 先  6  1       0
   準々決:早大学院 先  9  5  14  4  2 
   準決勝:日 大 三 先 7.2  15  7  3  7 147㌔
             
27.2  23       10 防3.25(失点から計算)

 左打者から7三振を奪った120㌔台後半の落ちる球はなかなかでした。畔上を無安打2三振。
 小柄ということもあってプロ注目度は高く無さそうですが今後に期待です。

 ■ 日大鶴ケ丘・岡14K4強(日刊スポーツ) 11/7/27

 日大鶴ケ丘のエース岡孟杜投手が9回138球を1人で投げ切り、チームを2年連続の準決勝進出に導いた。171センチの体を躍動させ、早大学院打線に対し14個の三振を奪った。5安打2失点の好投。「抑えようとしたことが今日の三振につながったのかな」。2-2の6回には「取られた分は自分で取り返してやろうと思った」と勝ち越しの適時打も放った。おにぎりパワーで球速がアップした。昨冬から練習の合間ごとにおにぎりを食べ、体重増加を試みた。その数なんと8個。母久美子さんは毎日シャケやタラコといった種類豊富なおにぎりを持たせている。そのほかにも早朝練習後の弁当など学校にいる間にコメだけでも毎日4合以上食べてきた。「体重が1キロ増えれば球速だって1キロ増えるんだよ」と母に冗談交じりでつぶやいたという。体重は4キロ増え、現在67キロ。球速は最速145キロまで伸びた。制球力、スタミナも格段に上がり、3月から本大会直前までの練習試合では延べ51イニング連続無失点を記録した。

過去記事

 ■ 日大対決鶴ケ丘14回死闘制す(日刊スポーツ) 10/7/25

 西東京大会準決勝の「日大対決」「早大対決」に神宮が沸いた。春の都大会を制した日大鶴ケ丘がセンバツ準優勝の日大三を延長14回の死闘の末、6-5で下した。8回途中から救援した岡孟杜投手(2年)が最速145キロの直球を主体に強力打線をねじ伏せた。マウンドの岡には、笑顔を見せる余裕すらあった。1点を勝ち越した延長14回裏、1死から四球で走者を許す。だが最速145キロで後続を難なく打ち取り、ガッツポーズ。4時間16分に決着をつけた。センバツで大会最多塁打記録を更新した強力打線を封じ込んだ。8回途中から6回2/3を3安打5三振無失点で、2年ぶりの決勝に導いた。1点リードの8回裏、先発の左腕岡崎裕一が連打を浴びて1死満塁になった。再逆転のピンチで171センチ、63キロの小柄な右腕がマウンドに上がる。不動の3番吉沢翔吾内野手を迎えたが、落ち着いていた。初球は真ん中に98キロのスローカーブ。「自分の投球は緩急が一番大事。開き直って投げました」とケロリと振り返る。2球目の直球は143キロを計測。45キロものスピード差にスタンドがどよめく。4球目のスライダーで投ゴロに仕留めた。押し出しの死球で追いつかれたが、最後まで投げきった。入学後に肩の良さを買われ、内野手から転向した。優勝した春の都大会で初のベンチ入り。4回戦の日大三戦で岡崎を救援し、4イニングを無失点と好投。勝ち進むうちに岡崎-岡の必勝リレーが完成した。ストッパーの大役を担うが、大会直前の7月初旬にバスケットボールの授業で右手人さし指を突き指した。「責任感がない」と萩生田博美監督に怒られたが、やっと信頼を取り戻した。

  プロフィール

 神奈川県川崎市出身。
 岡 孟杜(おか・たけと)投手。
 小学2年から睦町野球部で野球を始め、旭中時代は軟式野球部で主に遊撃手。

 日大鶴ケ丘で強肩を買われて投手に転向。
 入学時点で特に目立つ存在では無く、着実に力を付け、2年春に控えとしてベンチ入りを果たす。
 初Vがかかった決勝・修徳高戦で初先発・初完投勝利(5安打2失点)を記録。
 2年夏の西大会でも決勝戦まで勝ち上がったが、早稲田実に0対3で敗れ準優勝に終わった。
 8回1死満塁5対4から登板した準決で、6.2回3安打無失点の好リリーフを披露。
 登板直後の押し出し死球で同点とされながらも、14回6対5で吉永健太朗に投げ勝っている。
 主戦となった秋大を1次敗退で終え、翌春は震災で登板なし(1次予選中止)。
 練試で夏大前まで51回連続無失点を記録し、3年夏の西東京大会で準決まで勝ち進んだ。
 準々決勝・早大学院戦で14奪三振、5安打4四死球2失点完投勝利をマーク。
 敗れた日大三戦でも4回まで1対0と好投したが、5回表以降に打ち込まれ3対9で敗退となった。
 都大会V、関東大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 日大進学後は2年春から2部リーグ戦に出場。
 先発3試合を含む4試合23.1回に起用され、2勝(0完投)、防御率1.54(2位)の好成績を残す。
 21安打10四死球と走者を出しながらも5失点(自責4)にまとめる粘投を披露。
 国士大相手にリーグ戦初勝利(7.1回1失点)、立正大戦(7.2回無失点)で2勝目を挙げた。
 3年春・東農大2回戦で2安打2四死球、95球3K初完投初完封勝利を記録。
 4年春の国士大1回戦で逆転を呼ぶ2.1回5奪三振、1安打無四球の好リリーフを演じている。
 4年秋に7季ぶり復帰の1部リーグ戦で2勝(1完投)、6戦16.2回6失点をマーク。
 先発を任された亜大1回戦で石塚に投げ勝ち、6安打2三振3失点(自責1)完投勝ちを挙げた。
 東都通算25試合、8勝(2完投1完封)2敗、96回、防御率1.97。

 170cm65kg、小柄なスリークォーター右腕。
 セットから重心を下げて大きめのテイクバックを取り、開き早めに肘を使った腕の振りから繰り出す
 最速147㌔、常時140㌔台前半から中盤の直球と、90㌔台のスローカーブ、
 110㌔台から120㌔前後の縦スラ、110㌔台から120㌔台のチェンジ、140㌔前後のシュート。
 伸びのあるストレートにキレの良い縦スラ、逃げて沈むチェンジアップを交える。
 打者との駆け引き、球の出し入れの巧さも持ち味の一つ。やや遠回りながらも腕の振りが鋭い。
 甘く入るボールもあるが、コントロールはまずまず。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-12-02(水)|準硬式・軟式野球 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:準硬式・軟式野球 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑