小川 拓真(明治安田生命)

ここでは、「小川 拓真(明治安田生命)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



173cm86kg 左左 一塁手 遠投100m 50m6秒9 静岡高→中大 1年目
ミート力と長打力を兼備する左の強打者。4年春にベストナイン。大学時代は太腿のケガに悩まされた。

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12春: 2 .250  4  1 0 0 0 1 1 0 0  .250  .250 
   12秋: 8 .250  20  5 0 0 1 2 4 0 0  .250  .400
   13春: 5 .250  16  4 2 0 0 0 1 0 0  .250  .375
   13秋: 12 .234  47 11 0 0 0 6 6 3 0  .280  .234
   14春: 11 .154  39  6 0 0 0 1 6 0 0  .154  .154
   14秋: 3 .200  5  1 0 0 0 0 3 0 0  .200  .200
   15春: 11 .364  44 16 6 1 0 9 6 5 0  .429  .545(4位)
   15秋: 6 .158  19  3 0 0 0 1 3 1 0  .200  .158
   通算: 58 .242 194 47 8 1 1 20 30 9 0  .276  .309
    ※ 15春:ベストナイン(一塁)

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11夏: 1 .333  3  1 0 0 0 0 0 1 0  .500  .333

  最新記事

 ■ 明治安田生命・小川、社会人初打席で凱旋弾(スポーツ報知) 16/2/18

 明治安田生命が17日、キャンプ中の静岡県伊豆市・志太スタジアムで今季初のオープン戦を東海大海洋と行った。4番・一塁で先発起用された新人の小川拓真(静岡高―中大)が2回先頭の打席で左翼へ本塁打。レギュラー獲得へ強烈にアピールした。社会人としての初打席で初球をとらえての初アーチ。「前の3人への初球がまっすぐだったので、ストレートだけを狙って思い切り振りました」。持ち前の長打力を、生まれ育った地元の伊豆で見せつけた。

 ■ 中大 83年秋以来の6連勝!4番小川拓4打点で首位タイ浮上(スポニチ) 15/5/15

 2回戦2試合が行われた。中大は4番・小川拓真内野手(4年)が3安打4打点と打線を引っ張り、17安打15点の猛攻で駒大に連勝。1983年秋以来の6連勝で勝ち点を3とし、専大と並んで首位タイに浮上した。小川拓のバットが火を噴いた。初回無死満塁から左中間へ走者一掃の先制適時三塁打。「引っ張りたい気持ちもあるが甘い球が来たらコースに打ち分ける」と5回には中前打7回には左越え適時二塁打と暴れ回った。静岡高では1年秋から4番を務めた長距離砲。昨春の右太腿肉離れによる半年間の戦線離脱を乗り越え、今春は打率・438と復活を遂げた。83年秋以来の6連勝。04年秋以来21季ぶりの優勝へ、主砲は「チームはかみ合ってきている。優勝したい」と、言葉に力を込めた。

 ■ 2012年秋季リーグ試合結果(SANSPO) 12/9/26

 中大は投打がかみ合い、元気のない東洋大を下した二回に小川拓が右翼へ先制本塁打し、三回には西銘の適時二塁打などで2点を加えた。先発の鍵谷は7回を5安打無失点。八回から救援の島袋も無安打と危なげなかった。

過去記事

 ■ 静岡・小川「大会1号打ちたい」(日刊スポーツ) 11/8/5

 明日6日に開幕する第93回全国高校野球選手権に向け、8年ぶりに出場する静岡は4日、大阪府内で練習を行った。春の関東王者の習志野との初戦が決まり、4番・小川拓真内野手が「大会1号を打ちたい」と本塁打を熱望。県大会では本塁打が見られなかった。それでも打率5割、11安打、7打点のすべてチームトップの“3冠”は、チームバッティングに徹した結果だ。今もその考えは変わらないが、甲子園のグラウンドが柔らかいことを確認すると「ミートを心掛け強く振ることを意識したい。その延長線上にホームランがある。そうなれば最高です」と、アーチのイメージはできあがっている。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   11夏予選: 6 .500 22 11 4 0 0 7 0 4 0  .577  .682

 今後は関東の大学で売りである打力に磨きをかけプロを目指したいとのことです。
 ヤクルト・小田スカウト(静高OB)が名前を挙げた武内は六大学通算102安打、12本塁打を記録。

 ■ 静岡が名門対決制し4強入り/静岡大会(日刊スポーツ) 10/7/25

 静岡が浜松商との名門対決を7-3で制し、2年ぶりに4強入りした。4番小川拓真一塁手(2年)が初回の2点タイムリー二塁打を含む4安打4打点と大暴れ。1死一、二塁で迎えた初打席。外角高め直球を振り抜いた。左翼線に流した二塁打で走者を一掃した。昨秋から4番に座る2年生。秋の県大会、13安打放ちながら8-14で敗れた磐田東戦では5打数無安打だった。そこから自覚が芽生えた。冬、周囲が体をつくるために体重を増やす中で1人、しぼった。好物の鶏の空揚げを我慢し、2、3杯食べる丼も少しにした。88キロあった体重は80キロに減り「体が軽くなった」。今大会打率5割5分6厘をはじき出す、鋭いスイングを生んだ。

  プロフィール

 静岡県熱海市出身。
 小川 拓真(おがわ・たくま)一塁手。
 小学3年時から軟式野球を始め、熱海中では軟式野球部に所属。

 静岡高では1年秋の大会から4番として活躍。
 同大会を静岡初戦敗退で終え、2年春に県V・東海4強進出、2年夏・秋に県4強入りを果たす。
 夏の県大会(準決勝敗退)5試合で打率.545(22打数12安打)9打点を記録。
 準々決・浜松商戦で4打数4安打4打点、準決・常葉橘戦で2安打2打点の活躍を見せた。
 同年12月には県選抜の4番打者として、野村亮介らとともに台湾遠征を経験。
 3年夏に22打数11安打7打点の活躍を演じ、 8年ぶり甲子園出場(1回戦)を果たしている。
 決勝戦・磐田東戦で内寄りの変化球を右翼線にはじき返す先制のツーベース。
 甲子園初戦で泉澤涼太の真ん中内寄り142㌔直球を鋭くはじき返すセンター前ヒットを放った。
 1学年下のチームメイトとして中澤彰太(現早大)ら。

 中大進学後は1年春から代打、DHでリーグ戦に出場。
 1年秋のリーグ戦5試合にDHでスタメン起用され、東洋大・藤田純基から右越え先制弾を放つ。
 4番・DHを務めた2年秋に打率.234点6と苦しみながらも規定打席到達を達成。
 3年時までを打率.214の不本意な成績で終え、4年春に4番・一塁でベストナインを受賞した。
 自己最多となる16安打7長打を放ち、打率.364(4位)、本0点9(4位)をマーク。
 駒大1回戦で右中間への逆転3点適時打、2回戦で左中間3点三塁打など4打点を記録した。
 リーグ通算58試合、打率.242、47安打、1本塁打、20打点、0盗塁。

 173cm86kg、どっしりした下半身の小柄な一塁手。
 リーグ通算1本塁打、ボールを引き付けて鋭いスイングで広角に長打を打ち分ける左の強打者。
 打球速度の速さがセールスポイント。選球眼が良く勝負強さも持ち味。
 バットコントロールに加えて長打力のある打撃でプロからミニ武内晋一と称されていた。
 守備・走塁に目立つものはなく打力が売り。一塁守備を堅実にこなす。
 2年秋(DH)、3・4年春(一塁)に規定打席到達。3年時、4年秋は右太腿肉離れに悩まされた。
 東都1部リーグ通算打率.242。遠投100m、50m6秒9。

  スカウトコメント

ヤクルト・小田義人スカウト|11/8/1
 「バットコントロールとパンチ力はミニ武内(晋一・ヤクルト)」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-02-18(木)|2017年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑