戸田 大貴(東芝)

ここでは、「戸田 大貴(東芝)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



戸田 大貴(東芝)

180cm82kg 右左 一塁・三塁 遠投105m 50m6秒5 前橋工→東洋大 3年目
鋭いスイングでパンチ力を秘めた左の強打者。3年春首位打者、選手権道都大戦で満塁弾。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   09春:           出場無し
   09秋:           出場無し
   10春: 10 .276  29  8 1 0 0 5 6 3 0  .344  .310
   10秋: 9 .111  18  2 0 0 0 0 4 1 0  .158  .111
   11春: 11 .359  39 14 5 0 0 4 10 6 0  .444  .487(1位)
   11秋: 13 .222  45 10 0 0 0 3 10 8 0  .340  .222
   12春: 13 .295  44 13 5 1 1 3 11 8 0  .404  .523(10位)
   12秋: 12 .200  40  8 0 0 1 3 10 5 0  .289  .275
   通算: 68 .256 215 55 11 1 2 18 51 31 0  .350  .298    

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   10選: 3 .125  8  1 0 0 0 0 2 1 0  .222  .125 
   11選: 4 .308 13  4 0 0 1 5 2 2 0  .400  .538
   
通算; 7 .238 21  5 0 0 1 5 4 3 0  .333  .381

  最新記事

 ■ 東洋大・戸田3ラン!7連敗でストップ/東都(SANSPO) 12/10/20

 東洋大は国学院大に4-0で勝ち、1勝1敗とした。負ければ最下位が決まる試合で、4番戸田が八回二死一、三塁からダメ押しの1号3ラン。連敗を7で止めて3回戦に持ち込んだ。「自分たち4年生が頑張って何とかしないと。もう一つ頑張りたい」。来春、社会人の東芝入りするスラッガーは「この勝利でチームの雰囲気は変わる。大丈夫」と入れ替え戦回避に手応えを口にした。

 ■ 阪神、東洋大・戸田を「ポスト金本」候補に(デイリースポーツ) 12/2/11

 阪神が今秋ドラフト上位候補として東洋大の4番・戸田大貴内野手(3年)をリストアップしていることが10日、分かった。180センチ、82キロの恵まれた体格で、右投げ左打ちの一塁手。パンチ力のある打撃が魅力で、球団関係者は「金本、桧山ら長距離砲の後継となれる強打者」と評価している。昨春リーグ戦で首位打者賞とベストナインを獲得。一塁だけでなく、外野を守った経験もあるように、器用さも併せ持っている。昨年6月の全日本大学野球選手権大会では準々決勝・道都大戦で阪神ら各球団スカウトが見守る中、満塁本塁打を放った。阪神のルーキー・伊藤隼が在籍した慶大との決勝戦でも4打数1安打で2年連続優勝に貢献した。戸田は3月10日に東京ドームで行われる東日本大震災復興支援ベースボールマッチで、社会人選抜と対戦する大学選抜メンバーに選出されており、阪神はスカウトが視察に訪れ、チェックする予定だ。

 ■ 東洋大・藤田、箱根駅伝Vに刺激(SANSPO) 12/1/9

 昨年、全日本大学選手権を連覇した東洋大が8日、始動した。ロッテにD1位で指名されたエース・藤岡は抜けるが、MAX150キロのサイド右腕・藤田や新主将・緒方、昨春のリーグ首位打者・戸田ら今秋のドラフト候補がそろう。この日は中日DeNA楽天ロッテの4球団があいさつに訪れた。

過去記事

 ■ 東洋大・藤岡7回0封13K(デイリースポーツ) 11/6/10

 東洋大が道都大に八回コールドで完勝し、準決勝に進出した。一回、緒方凌介外野手(3年)が先制2点打。二回に4本の長短打で4点を追加。八回、戸田大貴内野手(3年)の満塁本塁打で試合を決めた。先発したドラフト1位候補の藤岡貴裕投手は7回を2安打13奪三振で無失点。道都大は攻守で前年王者に圧倒された。

 リーグ戦首位打者、大学選手権満塁弾と結果を残し大学日本代表候補に選出された
 左の強打者です。プロを考えると一塁手というのが惜しいところですが脚力・肩ともにまずまずで
 リーグ戦ではライトを守ったこともあるようですね。

  プロフィール

 栃木県足利市出身。
 戸田 大貴(とだ・だいき)一塁手。
 足利桜小で野球を始め、足利三中時代は足利シニアに所属。

 前橋工では2年時から4番打者として活躍。
 春に3年ぶりの県大会優勝、関東大会進出(初戦敗退)を達成した。
 3年夏は準々決勝で田面巧二郎擁する桐生市商とぶつかり、延長10回4対5で惜しくも敗戦。
 大会屈指の右腕から先制右中間三塁打を放つも、終盤追いつかれサヨナラ負けとなった。
 県大会優勝、関東大会2回戦が最高成績。甲子園出場実績はなし。

 東洋大進学後は2年春から一塁手としてリーグ戦に出場。
 下位打順ながらリーグ戦8試合、選手権3試合にスタメン起用され優勝を経験した。
 中軸を任された3年春にリーグ最多5二塁打を放ち、打率.359で首位打者・ベストナインを獲得。
 大学選手権には全試合4番で起用され、打率.308点5の活躍で2年連続Vに貢献した。
 準々決勝道都大戦で2回に佐藤峻一の143㌔直球を捉え、逆方向に弾き返す左前適時打、
 8回には2死から甘い直球を振り抜き、鋭く右翼席に叩き込む満塁弾と5打点の大活躍。
 決勝慶大戦では福谷浩司の外角高め変化球を逃さず、きっちりレフト前ヒットをマークした。
 大会後は大学日本代表候補に追加選出され、日米大学野球の選考合宿を経験している。
 4年時は藤岡貴裕の抜けた穴が埋まらず、春のリーグで5位に沈むと、秋には最下位で2部転落。
 自身も春に打率.295の奮闘を見せたものの、秋は打率.200点3の低調な成績に終わった。
 春の日大2回戦でリーグ戦1号右越え2ラン、同秋の国学院大2回戦で2号右越え3ラン。
 阪神などプロスカウトからも注目されたが、志望届は提出せず社会人入りを選択した。
 リーグ通算68試合、打率.256、55安打、2本塁打、18打点、0盗塁。

 180cm82kg、恵まれた体格の一塁手。
 鋭いスイングで強いライナー性の打球を放つパンチ力を秘めた左の強打者。
 東都リーグ通算2本塁打。逆方向に打ち分ける柔軟な打撃も持ち味。勝負強い。
 一塁守備を無難にこなす。その他三塁手、外野手としての出場も経験した。
 50m6秒5、一塁到達4.3秒と脚力はまずまず。遠投105m。

  スカウトコメント

阪神・球団関係者|12/2/11
 「金本、桧山ら長距離砲の後継となれる強打者」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2013-02-08(金)|2015年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑