近藤 卓也(ヤマハ)

ここでは、「近藤 卓也(ヤマハ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



近藤 卓也(ヤマハ)

187cm80kg 右右 MAX143km スライダー・フォーク・チェンジ・カーブ・ツーシーム・シュート 青学大 1年目
恵まれた体格から143㌔直球とスライダー、フォーク。4年春に2部V達成。最優秀投手賞を受賞した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   13春:        登板無し
   13秋:        登板無し
   14春: 3  0勝0敗  2.1  2  2  1  0  0.00
   14秋: 5  0勝0敗  7.1  7  2  1  0  0.00
   15春: 3  0勝1敗   4  7  4  6  6 13.50二部
   15秋: 8  4勝2敗  66.1  47  28  27  13  1.76二部(2位)
   16春: 8  4勝2敗   48  30  32  25  11  2.06二部(5位)
   16秋: 5  2勝1敗   24  18  15  6  3  1.12二部(1位)
   一部: 8  0勝0敗  9.2  9  4  2  0  0.00
          被安打率8.38 奪三振率3.72 四死球率1.86
   二部: 24 10勝6敗 142.1 102  79  64  33  2.09
          被安打率6.45 奪三振率5.00 四死球率4.05
    ※ 16春:2部最優秀投手

 ■ 甲子園成績

   12夏  回数 被安 奪三 四死 自責
   工福井   6  5  3  1  3 139㌔ ○
   倉敷商  3.1  6  0  1  4 138㌔ ●
        9.1  11  3  2  7 防6.75
    被安打率10.61 奪三振率2.89 四死球率1.93

投手成績詳細

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   駒沢大    0.1  1  0  0  0 
   拓殖大     0  1  0  0  0
           2  0  2  1  0
          2.1  2  2  1  0 防0.00
      被安打率7.71 奪三振率7.71 四死球率3.86

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   駒沢大     0  2  0  0  0
          2.2  2  1  0  0
   拓殖大    1.2  1  1  1  0
   中央大     1  0  0  0  0
           2  2  0  0  0
          7.1  7  2  1  0 防0.00
      被安打率8.59 奪三振率2.45 四死球率1.23    

   15春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東農大     2  1  3  2  0
   日本大     1  2  1  2  1
           1  4  0  2  5 ●
           4  7  4  6  6 防13.50
      被安打率15.75 奪三振率9.00 四死球率13.50

   15秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東農大 先  7.2  10  1  0  3
       先   9  6  4  1  2 ○
   立正大 先   9  5  2  6  2 ○
   東洋大 先   9  3  6  2  0 ○封
       先  4.2  4  2  6  0
   拓殖大 先   9  7  5  5  5 ● 
       先   9  6  4  2  1 ●
   国士大 先   9  6  4  5  0 ○
         66.1  47  28  27  13 防1.76
      被安打率6.38 奪三振率3.80 四死球率3.66

   16春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   国士大 先   9  5  7  6  0 ○
   駒澤大 先   6  9  3  6  3 ●
   立正大 先   5  2  5  5  1  142㌔
           1  1  0  0  1  141㌔
   東農大     2  1  2  1  0 ○
       先   9  2  11  1  0 ○封
   拓殖大 先   8  7  2  6  6 ●
       先   8  3  2  0  0 ○
          48  30  32  25  11 防2.06
      被安打率5.63 奪三振率6.00 四死球率4.69

   16春入替  回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大 先   7  4  5  3  2 ●

   16秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東農大 先   8  4  5  2  0 ○
   拓殖大 先   5  2  5  0  0 ○
   国士大 先   5  5  3  1  1
           1  2  1  0  0
   立正大 先   5  5  1  3  2 ●
          24  18  15  6  3 防1.12
      被安打率6.75 奪三振率5.63 四死球率2.25

  最新記事

 ■ 持ち味アピール 社会人野球ヤマハ、新加入4選手会見(静岡新聞) 17/2/14

 ヤマハは13日、新たに加入した4選手の会見を浜松市中区のヤマハ本社で開いた。新加入したのは、ツーシームやシュートなど6種類の変化球を織り交ぜた粘り強いピッチングが持ち味の投手近藤卓也(22)=青学大、秋田県出身=と、最速152キロの力強い直球が魅力の本格派右腕波多野陽介=東北福祉大=、長打力に加え広角に打ち分ける器用さを備える内野手藤岡康樹=東農大=、大舞台での勝負強さが光る走攻守そろった外野手萩原英之=明大=。美甘将弘監督は「潜在能力は高く、しっかり練習を重ねればプロも十分狙える」と4選手を高く評価し、「所属選手との競争を通じて、チームに良い刺激を与えてほしい」と期待を寄せた。

 ■ 青学大、2部で完全優勝! 中大との入れ替え戦へ(SANSPO) 16/5/20

 東都大学野球春季2部リーグは20日、東京・多摩一本杉球場で第7週が行われ、青学大が拓殖大3回戦に4-1で勝ち、2勝1敗で勝ち点5として完全優勝を飾った。青学大は6月に1部最下位の中大との入れ替え戦に臨む。

 ■ 秋田商・近藤、最後の登場に感謝(SANSPO) 12/8/15

 秋田商のエース近藤は6回3失点。秋田大会準決勝でバントした際、ボールとバットの間に右人さし指が挟まり、決勝後に9針縫った。本格的に投球を再開したのは5日の組み合わせ抽選会後。代表49校で最後の登場となったことで治す時間が得られたため「最後のくじを引いた主将のおかげ」とバッテリーを組む三浦健に感謝した。いまも黒ずんだかさぶたが残るものの投球に影響はなかったという。185センチの長身から力のある直球を投げ下ろして試合をつくった。「次はもっといい投球をして仲間を助けたい」と威勢が良かった。

過去記事

 ■ 秋田商・近藤“聖地”で復活9球(スポーツ報知) 12/8/5

 第94回高校野球選手権大会の甲子園練習が行われ、4日は7年ぶり出場の秋田商(秋田)が登場した。秋田大会準決勝で右手人さし指を負傷したエース右腕・近藤卓也(3年)は患部にテーピングして甲子園のマウンドから軽く9球を投じた。ボールも伝統のユニホームも血に染めて4回途中1失点と奮投した決勝から11日。聖地のマウンドに立った143キロ右腕は「甲子園はきれいで、マウンドは投げやすい」と印象を語った。準決勝の4回無死一塁でバントを失敗。利き手の右手人さし指に投球があたり出血したが、決勝も先発した。優勝翌日、病院で9針縫い、2日に抜糸したばかり。抜糸前は「大会で落ちた体力を戻そう」とプラスにとらえランニングで体力強化。3日に塁間のキャッチボールを始め、この日、初めて投球練習した。打撃練習では、左翼にアーチを描いた。試合ではこれまでの5番から4番に“昇格”する予定。「試合でも打てれば打ってみたい。目標のベスト8入りできるよう完封したい」と意欲を見せていた。

 登場が49校中最後というのは良かったですね。どこまで本調子に戻せるか。
 体重移動に粘りが出て来ると、まだ球速も伸びそうです。春は肘違和感があったんですね。

 ■ 秋田商・近藤、血まみれ熱投!劇的サヨナラ呼び込んだ(スポーツ報知) 12/7/25

 秋田商(秋田)が劇的なサヨナラで甲子園切符を手にした。涙が止まらなかった。決勝で7年ぶりに流れる校歌。秋田商ナインが、退けた能代商よりも先に号泣していた。9回2死無走者から、相手の2失策と暴投に乗じて3点を奪ってのサヨナラ勝ち。太田直監督(33)は「いろんな偶然が重なった。いまだに実感がわかない」と興奮気味に語った。エースの近藤卓也が劇勝を呼び込んだ。春は右肘の違和感から1試合も登板できず、指揮官から「甘ったれるな」と激怒された。この日は右人さし指の腹が「パックリ割れた状態」のアクシデントに見舞われながら、先発を志願した。ボールも、ユニホームも血まみれにしながら「気持ちで投げた」と4回途中1失点。打席に立てば、9回2死から懸命にバットを振って左前打で出塁。成長の証しを存分に見せた。

   12夏        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:仁賀保 先   8  2     1  1
   3回戦:横手清 先   5  3     0  0
   準々決:秋田工 先   9  6  4  2  0封
   準決勝:大曲工 先   3  1  3  3  0
   決 勝:能代商 先   3  1  0  4  1
              28  13  17  10  2 防0.64
          被安打率4.18 奪三振率5.46 四死球率3.21

 ■ 秋田商・近藤、七回コールド完封!(SANSPO) 11/9/9

 秋田商が由利工を7-0の七回コールドで下し、県大会出場を決めた。エースの近藤卓也投手(2年)が7回を5安打無失点、7奪三振と好投。相手を見下ろすような自信たっぷりのマウンドさばき。7回を5安打無失点に封じた近藤が胸を張った。「調子はよくなかったけど、球に力があったのがよかった。今まで以上にチームを引っ張っていかないといけないので、勝ててよかったです」。2年春からエースナンバーを背負い、実戦経験は豊富。最速143キロの直球と、切れ味鋭いスライダーが持ち球の本格派。太田直監督が「今のチームは近藤の出来ですべてが決まる」と信頼を寄せる絶対的存在だ。今夏の悔しさを胸に今大会に臨んでいる。夏季秋田大会準決勝の秋田中央戦に先発したが、二回の打席で利き腕の右ひじに死球を受けた。マウンドでは痛みを感じつつ、6回を1失点。これが限界だった。七回以降をリリーフ投手に託したが、その後チームは5失点し、5-6で逆転負けを喫した。アクシデントとはいえ、最後まで投げられなかった悔しさだけが残った。右ひじに受けた死球の影響は、新チーム始動後も続いた。8月下旬まで約1カ月間、投球練習ができなかった。近藤はこの期間を“肉体改造”にあてた。「体力もまだまだ足りないので、徹底的に走って体をもう一度作ろうと思った」。その言葉通りに約10キロの長距離走や坂道ダッシュの短距離走など、さまざまなメニューを組んで毎日走り込んだ。太もも、腰回りがひとまわり大きくなり、下半身主導の投球が可能になった。その成果を近藤は「力を入れず、リラックスした状態で投げても速い球がいくようになった」と実感。スタミナも増した。埋蔵量豊かな潜在能力を持つ近藤に、秋季秋田大会の主役に登り詰める予感だ。

   11夏         回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:二 ツ 井 先   2  1     0  0
   3回戦:羽  後 先  4.2  1       2
   準々決:能  代 先   5  7       2
   準決勝:秋田中央 先   6  8  5  2  2
              17.2  17       6 防3.06(失点から計算)

  プロフィール

 秋田県山本郡三種町出身。
 近藤 卓也(こんどう・たくや)投手。
 鯉川小学校2年から軟式野球を始め、琴丘中学校では軟式野球部に所属。
 県選抜で2年春の東北中学校選抜大会に出場した。

 秋田商では1年春から控えとしてベンチ入り。
 県大会決勝・大曲工戦に9回2死から起用され、1/3回無失点救援で胴上げ投手を経験する。
 2年時から主戦投手を務め、春夏県大会4強進出、秋県大会8強進出に貢献。
 春の県大会準々決・秋田工戦、秋2回戦・明桜戦で、それぞれ4安打完封勝利をマークした。
 夏県大会は秋田中央に5対6(降板後にリリーフ陣が4失点)逆転負けで敗退。
 2回表に右肘死球のアクシデントがありながらも、6.0回を2失点に抑える粘投を披露している。
 秋準々決・能商戦でも死球を受けての敗戦(13回4対5、11回4失点)を経験。
 3年春の大会を肘違和感により登板なく終え、夏に28回2失点で7年ぶりの県Vを成し遂げた。
 準決勝でバントをした際に負った右指ケガを押して翌決勝に志願の強行先発。
 初回から出血しながらも4回表途中までを1安打4四死球1失点にまとめる力投を演じている。
 甲子園初戦で6回3失点の粘投を見せ、工大福井相手に15年ぶり1勝を記録。
 続く3回戦・倉敷商業戦は、先頭弾を浴びるなど、4回途中6安打1死球4失点で降板となった。
 甲子園2試合、1勝1敗、9.1回、防御率6.75。 

 青山学院大では2年春からリーグ戦に出場。
 3年秋のリーグ戦になって先発投手の座を掴み、主に1番手で2部4勝、防1.76の好成績を残す。
 立正大学相手に5安打6四死球完投、3対2サヨナラでリーグ戦初勝利をマーク。
 原樹理と投げ合った東洋大1回戦で、3安打6三振1対0、スミ1での初完封勝利を記録した。
 主に先発2番手を務めた翌4年春に4勝(2完1封)の活躍で2部リーグVを達成。
 東農大戦で2安打11三振完封勝利を記録し、優勝がかかった拓大戦で8回1失点と好投した。
 東都通算32試合、10勝(5完投2完封)6敗、152回、防御率1.95。

 187cm80kg、恵まれた体格のスリークォーター右腕。
 セットポジションから上体を傾けて早めに着地し、開き早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速143㌔、常時130㌔台中盤から後半(高校時代)のストレートと、
 120㌔台の縦横スラ、120㌔台フォーク、120㌔前後のチェンジアップ、110㌔前後のカーブ。
 甘い球はあるものの、制球力はまずまず。丁寧に打たせて取る投球が持ち味。
 フォークボールで空振りを誘うが、152回で83Kと奪三振率は低い。リーグ通算四死球率3.91。
 高校時代は長打力のある打撃で中軸打者を務めた。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-02-14(火)|2018年社会人投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
ストレートの質もいいし変化球もキレがいいですね^^


| 大地 | 2011年09月14日(Wed) 20:50 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑