中元 勇作(伯和ビクトリーズ)

ここでは、「中元 勇作(伯和ビクトリーズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm73kg 左左 MAX145km スライダー・チェンジ 竹原高→近大工学部 4年目
切れの良い直球とスライダー、チェンジアップ。横の角度を武器とする変則スリークォーター左腕。
2014年ヤクルト5位(契約金3500万円、年俸800万円)

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   11都: 1 先  3.1  4  1  3  2 139㌔ 東京ガス
   12都: 3   10.2  14  6  5  9
        先   5  5  3  1  0 137㌔ 明安生命 ○
        先   1  4  1  2  4 135㌔ NTT西
        先  4.2  5  2  2  5 139㌔ JFE東 ●
   14都: 1    4.1  2  4  4  3 141㌔ ホ ン ダ
   通算: 5   18.1  20  11  12  14 防6.87
        被安打率9.82 奪三振率5.40 四死球率5.89

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   07春:         登板無し
   07秋:         登板無し
   08春: 3  0勝0敗  1.2  1  2  1  1  5.40
   08秋: 1  1勝0敗  11  4  12  2  1  0.82
   09春: 8  2勝0敗  29  15  36  27  6  1.86(4位)
   09秋: 9  4勝3敗 58.1  40  54  32  12  1.85(広経大戦不明)
   10春: 9  2勝2敗  27  22  24  15  7  2.33(5位)
   10秋: 6  6勝0敗  52  25  42  12  2  0.35(1位)
   通算: 36 15勝5敗  179 107 170  89  29  1.46
         被安打率5.38 奪三振率8.55 四死球率4.47
    ※ 10秋:MVP 10秋:最優秀防御率 10秋:ベストナイン

投手成績詳細

   08春    回数 被安 奪三 四死 自責   
   広島大    0.1  0  0  0  0
           1  0  1  1  0
          0.1  1  1  0  1
          1.2  1  2  1  1 防5.40
      被安打率5.40 奪三振率10.80 四死球率5.40

   08秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   広国大 先  11  4  12  2  1 ○
          11  4  12  2  1 防0.82
      被安打率3.27 奪三振率9.82 四死球率1.64

   09春    回数 被安 奪三 四死 自責
   広国大    0.2  0  1  0  0
       先  8.1  6  11  10  3 ○
   広修大 先   7  2  7  8  1 ○
   広工大 先  1.1  0  2  0  0 
   広経大    1.1  2  1  1  1
          29  15  36  27  6 防1.86
      被安打率4.66 奪三振率11.17 四死球率8.38

   09秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   広工大 先  2.2  2  4  6  3
       先   9  4  8  8  1 ○
   広国大 先   7  3  8  1  0 ○封
           9  6  10  4  0 ○封
   広島大 先   8  7  6  1  1 ●
          2.1  2  4  0  0
       先  8.1  7  4  3  2 ●
   広修大 先   9  7  8  6  4 ○
           3  2  2  3  1 ●
         58.1  40  54  32  12 防1.85
      被安打率6.17 奪三振率8.33 四死球率4.94

   10春    回数 被安 奪三 四死 自責
   広国大 先   7  2  7  1  1 ○
          1.2  2  1  1  1
   広経大 先   3  5  4  4  4 ●
       先  4.1  4  4  3  1 ●
   広工大    0.1  1  0  1  0
          1.1  1  2  0  0
   広島大     2  2  1  1  0
          1.1  0  1  2  0 ○
   広修大 先   6  5  4  2  0
          27  22  24  15  7 防2.33
      被安打率7.33 奪三振率8.00 四死球率5.00

   10秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   広修大 先   7  1  5  3  0 ○封
       先   9  2  4  1  0 ○封
   広国院 先   9  6  9  1  0 ○
   広島大 先   9  3  6  2  0 ○封
   広経大 先   9  6  11  3  2 ○
       先   9  7  7  2  0 ○
          52  25  42  12  2 防0.35
      被安打率4.33 奪三振率7.27 四死球率2.08

  最新記事

 ■ ヤクルト・ドラ5中元 カープ男子から「鯉敵」へ…狙う開幕1軍(スポニチ) 15/1/16

 生まれてから26年間を広島県で過ごした。ヤクルト・ドラフト5位の中元は物心ついたときからの「カープ男子」だ。大野豊氏のユニホームに身をまとい、球場へ足を運んでは声援を送った。伯和ビクトリーズではホテルマンを経験。ベッドメーキング、窓ふき、厨房での調理もこなす。午前8時から仕事、午後から練習の日々は、家に帰れば深夜0時を過ぎた。過酷な日々もプロテイン摂取、ウエートトレーニングなどで63キロだった体重は、社会人生活4年間で71キロに。「シーズンをケガなくやりきれるように、最低あと5キロ大きくしたい」とさらに強い体づくりに励む。田中(ヤンキース)、前田健(広島)らと同じ88年生まれ。「意識していないと言えばウソになるが、彼らはちょっと凄すぎるので…」と謙遜するが、対戦を待ちわびるのが広島六大学リーグで対戦を重ねた柳田(ソフトバンク)だ。「当時から化けものでしたよ」と笑いながら「大学の時とどう変わっているのか楽しみ」と真剣なまなざしを向けた。

 ■ 燕・D5位の中元、年俸800万円で仮契約「家族のためにも…」(SANSPO) 14/11/18

 ヤクルトは17日、D5位指名・中元(伯和ビクトリーズ)と契約金3500万円、年俸800万円で仮契約した。変速左腕の中元は、指名を待っていた2年前のドラフト直前に左肩を痛めて手術。再起して夢をかなえた。仮契約が行われた西条HAKUWAホテルでともに働く夫人・桃子さん(25)と長男・颯真くん(3)が支えだったと話し「厳しい世界ですが、家族のためにもやってやるという気持ちです」と誓った。

 ■ 伯和・中元投手「覚悟と準備はできている」 ヤクルトが指名あいさつ(毎日新聞) 14/10/30

 プロ野球・東京ヤクルトスワローズの鳥原公二編成部次長と岡林洋一編成部課長の両スカウトが29日、新人選択(ドラフト)会議で5位指名した社会人野球・伯和ビクトリーズ(東広島市)の中元勇作投手(25)への指名あいさつのため、伯和本部事務所(同市)を訪れた。鳥原次長らは、やや緊張した面持ちの中元投手に真中満新監督がサインしたドラフト会議の通行証をプレゼント。球団は2年連続6位と低迷しているだけに、「3年連続は許されない。なんとか助けてほしい」と期待を寄せた。岡林課長も「出所の見づらい変則フォームと、切れのある変化球が魅力即戦力になってほしい」とエールを送った。真中監督からの贈り物に驚いた様子の中元投手だったが、「これからもっと厳しい世界に行く。覚悟と準備はできている」と闘志を燃やしていた。

過去記事

 ■ 日本通運がサヨナラ勝ち…日本選手権(毎日jp) 12/11/6

 第38回社会人野球日本選手権大会第4日の6日は1回戦3試合。第3試合は日本通運(関東・埼玉)が延長十回にサヨナラ勝ちし、伯和ビクトリーズ(中国・広島)との競り合いを制した。伯和ビクトリーズは九回に勝ち越したが、最後は投手陣が力尽きた。
 伯和ビクトリーズ・東賢孝監督 来季につながる敗戦。エース中元を故障で欠く中、藤原、駒谷が好投し、九回の攻撃も控え選手が結果を出してくれた。

 ■ 伯和ビクトリーズ 序盤主導権握るも…初4強叶わず(スポニチ) 12/7/23

 伯和ビクトリーズは2回に新人・中本の右越えソロで先制し、先発の中元は3回まで無安打投球。序盤は主導権を握り、初4強の夢を抱かせたが、4回以降に中元が打ち込まれ、終わってみれば1―10の大敗となった。東賢孝監督は「エースだからもう少し、しっかりした投球をしてほしかった」と5回途中5失点で降板した中元の投球を残念がった。

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   12公: 13  66  44  55  22  15  2.05  6.00  7.50  3.00

 打ちづらさが武器ながらそこまで球速がある方ではないので、制球がばらつくと苦しいですね。
 1年間で体重7kg増の成果は見せられず。比較的球速の出ていたJFE東日本戦で130㌔台
 前半から後半といった所、139㌔が5球、138㌔が3球、平均で135.4㌔でした。

 ■ 「次もゼロに」−−伯和・中元勇作投手(毎日jp) 12/7/16

 先頭打者への初球は直球と決めていた。「チームに勢いをつけたかった」。内角に投じた1球で中飛に打ち取った。昨年の本大会で新人ながら初戦の先発を任せられた。だが、結果は四回途中3失点で降板。気づかないうちに緊張から制球を乱していた。「都市対抗の借りは都市対抗でしか返せない」。試合後にそう自分に言い聞かせた。全体練習が終わった午後8時半ごろから毎日約3時間のウエートトレーニングなどで下半身を強化し、制球力を高めてきた今年の中国予選では5試合中4試合に登板し、2失点と抜群の安定感を見せた。後輩の努力を見守ってきた宮田孝也捕手(28)も「エースの自覚が出てきた。投手陣で誰よりも走り込んだ」と話す。今年は対戦する打者の特徴を頭にたたき込み、宮田捕手と対策を練って試合に臨んだ。5回を無失点に抑え、救援陣を信じてマウンドを託した。「次もゼロで抑えます。そうすれば負けませんから」。自信を深めた左腕は胸を張って次戦を見据えた。

   12都予    回数 被安 奪三 四死 自責
   三菱三原 先  11  6  8  5  1
   三菱広島    0.2  1  1  0  0
   シティライト岡 先   9  5  6  1  0
   三菱広島     4  2  2  3  1
          24.2  14  17  9  2 防0.73
       被安打率5.11 奪三振率6.20 四死球率3.28

 ■ 広島が伯和V・中元リストアップ(デイリースポーツ) 12/3/16

 広島が今季のドラフト候補に地元広島出身の左腕、中元勇作投手(23)=伯和ビクトリーズ=をリストアップしていることが15日、分かった。9日にマツダスタジアムで行われた広島‐社会人野球選抜チーム「オール広島」のプロアマ交流戦で登板し、2回無失点と好投。野村謙二郎監督(45)も絶賛していた。9日の広島との交流戦では5番手でマウンドに立ち、スリークオーターから最速143キロの直球を軸に、スライダー、チェンジアップなど鋭い変化球を投げ分け、2回を3安打無失点。試合後には対戦した野村監督から「素晴らしい投手で、球のキレがあった。きょう見た投手の中で一番よかった」と評価され、球団首脳も「今年は候補者が少ない中で、リストアップしている」と話した。広島生まれの広島育ち。竹原高から近大工学部を経て、今年がドラフト解禁となる社会人2年目。広島以外の球団も注目しており、9日の試合には、ロッテ日本ハムヤクルトなど6球団のスカウト陣が視察に訪れていた。中元自身も、今年プロへ進むことを希望している。「ここで絶対アピールしてやろうと思っていた。もっと制球力をつけて、ドラフトで指名されるように頑張ります」。今後の成績次第では、上位候補に浮上する可能性もありそうだ。

 ■ 売りは「長打力」(毎日jp) 11/9/19

 勝った5試合中4試合が逆転勝ち。チーム打率は2割9分9厘と高くないが、粘り強さと長打力が売りだ。2次予選の本塁打は3本。シティライト岡山との敗者復活戦では新人の小原が二回に逆転の2ラン。三菱自動車倉敷オーシャンズとの第2代表決定戦では3番・池永が六回に勝ち越しの2ランを放つなど勝負どころでの長打力は脅威だ。投手陣は大黒柱だった七条がヤクルト入りしたため、「攻めの継投を意識した」と東監督。中継ぎ陣を支える谷川、西の両左腕に加え、右の岸本も安定している。新人左腕の中元は最速145キロの直球とスライダーを武器に敗者復活戦で完投勝利を挙げるなど、エース候補に名乗りを上げた

      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   11年公: 11 46.2  48  34  23  16  3.09  9.26  6.56  4.44

 都市対抗では制球がバラツキ苦しい投球となってしまいましたね。
 課題も多めですが大学4年秋になって頭角を現した投手ということもあり今後に期待です。

 ■ 第82回都市対抗野球:中国予選 倉敷オーシャンズ惜敗(毎日jp) 11/9/7

 第82回都市対抗野球大会中国予選は第6日の6日、東広島市のアクアスタジアムで第1代表決定戦と敗者復活戦があった。敗者復活戦は、昨年の第1代表・伯和ビクトリーズ(東広島市)が、シティライト岡山(岡山市)を降した。伯和は二回、小原の本塁打を含む5長短打で3点を奪い逆転。七回には伊藤の適時打で突き放した。先発の中元は先制を許したが、二回以降は安定し完投。先制したシティライトは二回以降、打線がつながらなかった。

   11都予     回数 被安 奪三 四死 自責
   倉敷オーシャンズ 先  4.1  6  4  6  4 
   三菱重広島     3  4  4  0  0
   シティライト岡山 先   9  6  10  2  1
   倉敷オーシャンズ    1  2  0  2  1
           17.1  18  18  10  6 防3.12
        被安打率9.35 奪三振率9.35 四死球率5.19

 まだ投球にはムラがありそうですが現在チーム最多の公式戦43.1回を投げ防御率2.91と
 1年目から実戦経験を積んでいるようですね。変則気味左腕として今後の成長に期待です。

 ■ 近大工4季ぶりV(中国新聞) 10/10/19

 近大工が3―2で広経大に九回サヨナラ勝ちし、勝ち点を5に伸ばして完全優勝。4季ぶり39度目の頂点に立った。勝った方が優勝の大一番で4年生左腕の中元が本領を発揮した。最速144キロの直球に鋭いスライダーを織り交ぜて、9回2失点で今季6勝目。MVPにも輝いたエースは「相手を意識せず、気持ちで投げた」と、139球の熱投を振り返った。

  プロフィール

 広島県竹原市生まれ。
 中元 勇作(なかもと・ゆうさく)投手。
 竹原西小1年時から竹西ジュニアクラブで外野手として野球を始める。
 竹原中時代は軟式野球部で中堅手を務めた。

 竹原高時代2年秋に投手転向し、経験浅いながら主戦として活躍。
 高校時代に目立った実績を残すことはできず、3年夏は広島城北に敗れ県2回戦に留まった。
 3年夏の県大会2回戦が最高成績。甲子園出場などの実績は無し。

 近大工学部進学後は2年春からリーグ戦に出場。
 2年秋の広島国際学院大戦で初先発を務め、11回4安打12K1失点完投で初勝利を収める。
 3年春から中心投手の一人となったが、制球不安により4年春までは9勝止まり。
 制球に改善をみせた4年秋に、最多6勝(6完投3完封)を挙げ、4季ぶりのリーグVを果たした。
 リーグトップ防御率0.35の好成績を残し、MVP、投手ベストナインの2冠を獲得。
 代決・環太平洋大戦でも7回を2失点に抑える力投を披露している(相手先発・又吉克樹)。
 その後コントロールを乱した終盤に捕まり、13Kを記録しながら5対6で逆転負け。
 大学時代から資質をプロスカウトに注目され、広六通算15勝(12完投5完封)の実績を残した。
 リーグ通算36試合、15勝5敗、179回、170奪三振、防御率1.46(不明分除く)。

 伯和ビクトリーズ入社後は1年目春から公式戦に出場。
 七條祐樹(ヤクルト10年2位)が抜けた穴を埋め、社会人1年目からエース格として実績を残す。
 17.1回(チーム最多)18K7失点の力投で、都市対抗・第2代表権獲得に貢献。
 敗者復活戦・シティライト岡山戦で10奪三振、6安打2四死球1失点完投勝利をマークした。
 本大会初戦・東京ガス戦は制球を乱し、4回途中4安打3四死球2失点でKO。
 2年目・都対予選で1年目を上回る活躍を見せ、4試合24.2回2失点の好成績を残している。
 三菱重工三原戦で11回1失点完投勝ち、シティライト岡山を5安打6Kで完封。
 本戦では全試合の先発を務めながら安定を欠き、8強入りしたチームの中で防7.59に沈んだ。
 1回戦で初白星を収めるも、2回戦は一発被弾で崩れ、初回5失点ノックアウト。
 準々決は5回表に3安打で2点目を失った後、さらに四球で満塁とピンチを広げ降板となった。
 同年10月に肩の手術を受け、秋の日本選手権、3年目・都対での登板は無し。
 4年目の都市対抗にJR西日本で補強出場し、4.1回3失点(4回を無失点)を記録している。
 中継ぎ左腕としてスカウトから再注目され、ドラフト直前にオリックスがリストアップ。
 プロ相手には11年春の広島カープ戦に先発し、6.1回4安打3四死球1失点の粘投を見せた。
 12年3月にオール広島で出場した広島戦には、ロッテ・日ハムなど6球団が集結。
 2回3安打無失点リリーフを演じ、対戦した野村謙二郎監督、球団首脳から評価を受けている。
 二大大会通算5試合、1勝1敗、18回1/3、11奪三振、防御率6.87。

 178cm73kg、細身の変則気味スリークォーター左腕。
 ワインドアップから上体を傾けて早めに着地し、テイクバック小さめに肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速145㌔、130㌔台中盤から140㌔前後の切れの良い直球と、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、右打者の外角に120㌔台で落ちるチェンジアップ。
 インステップしてスリークォーターより低い位置から投げる横の角度が武器。
 真っ直ぐで時折内角を突き、スライダー、チェンジアップとのコンビネーションで組み立てる。
 二大大会18.1回で12四死球。制球力、変化球にはバラツキがやや多い。
 変則気味フォームによるタイミングの取りづらさが持ち味。入社後の体作りで体重を11kg増やした。
 肩手術を乗り越えリリーフ左腕として再び注目されている。

  スカウトコメント

ヤクルト・岡林洋一編成部課長|14/10/30
 「出所の見づらい変則フォームと、切れのある変化球が魅力。即戦力になってほしい」
ヤクルト・岡林洋一スカウト|14/10/23
 「スリークォーター気味のフォームから繰り出されるボールはキレ抜群。リリーフ投手として期待が持てる、即戦力左腕」
広島・野村監督|12/3/16
 「素晴らしいピッチャー。球にキレもあり、いろんな変化球を投げていた。今日投げた投手で一番良かった」
広島・球団関係者|12/3/16
 「変則で面白いし、球に力がある。打者に向かっていく度胸あるピッチングは魅力」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-02-08(日)|2014年ドラフト指名選手 | 広島六大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
3年夏 0対5 で負けた・・・
中元が先発をしていればこんな負け方はしていなかった・・・

未だに悔やまれる

俺たちの夏はまだ終わっていない



| 竹原高校のOB | 2011年09月21日(Wed) 22:32 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2014年ドラフト指名選手 | 広島六大学 コメント(1) Page Top↑