杉本 裕太郎(JR西日本)

ここでは、「杉本 裕太郎(JR西日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



190cm88kg 右右 外野手 MAX140km 遠投115m 50m6秒0 徳島商→青学大 2年目
粗さはあるが打球速度光る右の強打者。俊足強肩の長身外野手。広島カープ戦で左越え特大弾。
2015年オリックス10位(契約金2000万円、年俸600万円)

  動 画

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   14都: 1 .167  6  1 0 0 0 0 0 0  .167  .167
   14日: 1 .250  4  1 1 0 0 2 1 0  .250  .500
   通算: 2 .200 10  2 1 0 0 2 1 0  .200  .300

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   10春: 8 .231  26  6 1 0 1 2            (二部)
   10秋: 12 .189  37  7 2 1 0 4 6 4 2  .268  .297
   11春: 11 .214  42  9 3 0 1 5 12 3 1  .267  .357
   11秋: 14 .322  59 19 1 2 1 6 9 4 2  .365  .458(4位)
   12春: 12 .267  45 12 2 0 2 4 13 0 4  .267  .444
   12秋: 10 .265  34  9 2 1 0 2 10 5 1  .359  .382
   13春: 12 .213  47 10 0 0 3 6 12 4 0  .275  .404
   13秋: 12 .333  45 15 3 0 2 5 12 7 1  .423  .533(3位)
   一部: 83 .262 309 81 13 4 9 32 74 27 11  .321  .417
    ※ 11秋13秋:ベストナイン(外野手)

  最新記事

 ■ オリックスのドラ10・杉本が仮契約(デイリースポーツ) 15/11/16

 オリックスのドラフト10位指名、JR西日本の杉本裕太郎外野手(24)が16日、広島市内で契約金2000万円、年俸600万円仮契約を結んだ背番号は99。「いよいよプロ野球選手としての第一歩が始まるという心境で、気持ちが引き締まります。1人でも多くのファンに愛される選手を目指します」とコメントした。

 ■ オリ ドラ10・杉本に長距離砲の期待(デイリースポーツ) 15/11/6

 オリックスの柳川浩二スカウトが6日、広島市で、ドラフト10位のJR西日本・杉本裕太郎外野手(24)に指名あいさつを行った。身長190センチ、体重90キロの杉本は、50メートルを6秒1で走る俊足。大学、社会人で4番を務め、肩の強さも魅力だ。「同じ外野手の糸井選手が目標。三拍子そろった選手になりたい」と話した。体格では187センチの糸井を上回る大器に、柳川スカウトは「右打ちで遠くへ飛ばせる打者はプロ野球界でも少ない長距離砲としてトリプル3を狙える選手になってもらいたい」と期待を寄せた。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14都予: 6 .478 23 11 1 1 1 4 4 1 1  .500  .739

 ■ JR西日本から高野、杉本が指名(スポーツ報知) 15/10/22

 ドラフト会議スタートから約3時間、88選手中87番目でようやく名前が呼ばれた杉本は「ほとんどの球団が選択終了している中で、正直、ほとんど諦めている中で、オリックスさんに指名されてビックリしました。6位が終わった時に、今年は厳しいかなと。どの球団でも指名していただければ、うれしいという思い」と胸をなでおろした。徳島商から青山学院大を経て、JR西日本に入社して2年目。190センチ、88キロと大型ながら、50メートル6秒0の俊足が売り。遠投115メートルと肩も強く、目指すのは「糸井2世」だ。
 社会人の2年間で打率3割6厘、20本塁打の好成績を残した。(asahi.com)

    1号:入江 慶亮(中央大)  11/ 5/24  左越え2ラン 
    2号:湊  哲郎(日本大)  11/10/ 6  左越えソロ 
    3号:井口 拓晧(駒沢大)  12/ 4/13  レフト特大ソロ 
    4号:東浜  巨(亜 大)  12/ 5/24  左越えソロ
    5号:片山 雄貴(駒沢大)  13/ 5/ 2  右越え2ラン
    6号:池田  駿(専修大)  13/ 5/22  右越え先制ソロ
    7号:角田 皆斗(専修大)  13/ 5/22  左越えソロ
    8号:今永 昇太(駒沢大)  13/10/16  左越え同点ソロ 
    9号:今永 昇太(駒沢大)  13/10/16  左翼中段同点ソロ

過去記事

 ■ 重ねた練習、生んだ先制打−−杉本裕太郎外野手(毎日新聞) 14/11/4

 「(先発投手の)湧川さんの力投に打撃で応えたい」。そう強い気持ちで臨んだ三回裏。応援がドームに響く中、3球目を力いっぱい振り抜いた。打球は伸び2点先制の左越え二塁打。チームを一気に勢い付かせた。「打力はチーム一」と花本輝雄監督(49)が太鼓判を押す190センチの長身4番打者。今年春の入社時は80キロほどだったが、チームが重視する体幹トレーニングを重ねた。体重も10キロほど増え打球も伸びるようになった。今夏の都市対抗野球大会の初戦で強豪・ホンダとぶつかった。杉本外野手は好機にバントを失敗したり、守りでも送球ミスで点を与える場面もあった。チームも敗れ大会後は「同じ失敗を繰り返したくない」と、打撃や送球の基本練習を徹底してきた。この日は、安打1本に終わった。「悔しい。頼れる4番になれるよう次の都市対抗に向けて頑張っていきたい」。来シーズンの活躍を誓い、球場を後にした。

 ■ 社会人野球:日本選手権予選 JR西日本、新人4番2ラン(毎日新聞) 14/9/7

 JR西日本の新人で4番の杉本が、攻守でチームを救った。1点先制された直後の四回無死一塁。右腕・陶山の甘いフォークを強振し、左越えの逆転2ラン。これに応えたのが先発の湧川だ。その裏から内角を積極的に突く配球に変えてリードを守った。杉本は九回2死二塁の守備で、中前の打球を捕ると、本塁へ好返球。二塁走者を補殺し「練習の成果が出せた」と胸を張った。チームとして初めて本大会に出場した今夏の都市対抗。初戦のホンダ戦で杉本は本塁への送球がマウンドに当たって大きく弾み、その間に二塁走者が生還その反省から送球練習に力を入れてきた

 ■ 青学大・杉本、4番の働き「倍返しできた」/東都(SANSPO) 13/9/19

 東都大学野球リーグ第2週第1日(駒大2-3青学大、19日、神宮)青学大の殊勲者は杉本。駒大・今永の前に七回まで2安打で、その2本が杉本の左翼への本塁打だった。「春は(今永に)2試合とも抑え込まれた。倍返しができた」と4番らしい働きにほっとした様子。通算9本塁打となった4年生だが、期待通りには伸びていない。「最後のシーズンだし、悔いの残らないように頑張る」と決意を口にした。
 青学大4番・杉本が公式戦自身初の2打席連発。5回は内角低めの直球を左越えへ運ぶと、7回は変化球を左翼ポール際へ。徳島県出身の虎党で「マートンのスイングが理想」という188センチの右の大砲。「1本目はうまく体が反応して、2本目も変化球に対応できた。“倍返し”できました」と笑顔がはじけた。(西日本スポーツ)

 ■ 青学大・杉本が2本塁打/東都大学(日刊スポーツ) 13/5/22

 ともに勝ち点0の対戦は、青学大が先勝した。23日に勝利すれば、専大の最下位が決定し、2部優勝校の拓大と入れ替え戦を行うことになる。青学大は4番杉本裕太郎外野手(4年=徳島商)が2本塁打を含む5打数5安打3打点の活躍。「こういう状況になったのは自分が打てなかったから。せめて専大戦は頑張りたい」と引き締めた。
 青学大の4番杉本が持ち前の長打力を見せつけた。二回に右翼への先制本塁打を放ち、五回は左翼に豪快なアーチを運んだ。(SANSPO)

 ■ 青学大が大量12点連敗ストップ/東都大学(日刊スポーツ) 13/5/2

 青学大が長短18安打を放って大量12点を奪い、連敗を5で止めた。打線を組み替え、初めて4番に入った吉田正尚外野手(2年=敦賀気比)が初回に先制適時打を放つと、一気に勢いづいた。同選手は3回にも今季3号ソロを放った。不振から4番を外れ6番に入った杉本裕太郎外野手(4年=徳島商)も1回、22打席ぶりの安打が2ランとなってチームの流れに乗った。もっとも繰り出す4投手がいずれも踏ん張れず計18安打を浴び、8失点。河原井正雄監督(58)は「ピッチャーがいない。ひどいもんです。勝った気がしない」と厳しい表情で語っていた。

 ■ 今秋ドラフト候補の青学大152キロ右腕「5勝でV」(スポニチ) 13/1/7

 東都大学リーグの青学大が、神奈川県相模原市内の同大グラウンドで始動した。今秋ドラフト候補に挙がる152キロ右腕の斎藤英輔主将(3年)は、昨年12月に右足首の手術を行ったが「リーグ戦に合わせてやっていく。春は先発で5勝して優勝したい」と意気込んだ。また、右の大砲・杉本裕太郎外野手(3年)は「春は打率3割と5本塁打が目標」と4番として高い数字をノルマに掲げた

 ■ 亜大・東浜が今季初黒星「力不足です」(デイリースポーツ) 12/5/25

 すでに優勝を決めている亜大が青学大に敗れた。今秋ドラフトの目玉、東浜巨投手(4年=沖縄尚学)は4試合ぶりに失点し、今季初黒星を喫した。三回、適時二塁打を許して4試合32イニングぶりに失点すると、七回には青学大・杉本に左翼席へ運ばれた被弾は昨年4月13日の東洋大戦以来、実に1年1カ月ぶり。打線の援護も1点止まりで、今季初黒星を喫した。「自分の失投でチームが負けた。力不足です」。久々の敗戦を潔く受け止めた。変化球が高めに浮き、とらえられたのはいずれもスライダー。直球主体にした中盤に4者連続三振を奪い意地を見せたが「試合をつくる意味では仕事ができなかった」と反省した。それでも、相手の杉本に「ホームランなんて打てると思っていなかった。ムッチャうれしいです」と言わしめてしまうのはすごさのゆえん。来月の大学選手権へ、No.1右腕は「詰めの甘さが出た。課題を解消していきたい」と巻き返しを誓った。

 ■ リーグ6人目の快挙だ!青学大・杉本がサイクル達成(スポニチ) 11/10/7

 2回戦2試合が行われ、青学大の杉本裕太郎外野手(2年)が92年秋の森田剛史(亜大)以来、19年ぶりリーグ6人目のサイクル安打を達成した。試合は日大が青学大を振り切り1勝1敗のタイに。8回1死二塁で迎えた第4打席。2回の中前打を皮切りに左越え本塁打、右翼線二塁打を放っていた杉本は、「三塁打でサイクル安打になると分かっていた」と快挙を狙っていた。2球目。打球は中堅左を破り左中間を転々とした。「いける!」。50メートル6秒2の快足を飛ばして、悠々と三塁に到達したばかりか、あわよくば本塁を陥れようと大きくベースをオーバーランした。「打球がちょっと詰まったのも幸いしたかもしれない。本塁もいけると思ったんですけど、ランナーコーチが止めたので。サイクルは初めてです。運がよかった」。東都史上6人目となるサイクル安打達成を振り返った。1メートル88、80キロの大型外野手。徳島商では1年夏に甲子園でベンチ入りした長身投手だったが、大学で野手に転向。1年春からレギュラーに抜てきされ、2年生ながら4番を務める。国際大会の経験豊富な河原井正雄監督が「今の日本には右のスラッガーがいない。だから多少のことは目をつぶって育てないと」と期待を寄せる若き主砲だ。本塁打は今春に続く通算2号。「最近、上からバットが出るようになり、調子が上向いていた」と笑顔も見せたが、試合に敗れ「勝ちたかったなあ」を繰り返した。
 188センチ、80キロの巨体ながら、50メートル6秒1と俊足。徳島商時代、エースとして最速140キロを計測した強肩を生かし、今春から「4番・中堅」を任されている大型スラッガーだ。前節まで0打点と主軸の仕事ができていなかったが、上級生のアドバイスで上から振り下ろすようにスイングの軌道を修正。3日の1回戦と合わせて5安打5打点の大暴れだ。(スポーツ報知)

  プロフィール

 徳島県阿南市生まれ。
 杉本 裕太郎(すぎもと・ゆうたろう)外野手。
 小1から見能林スポーツ少年団に所属し、阿南中時代は軟式野球部で3番・エース。
 3年夏に県総体優勝、四国4強進出を達成した。

 徳島商では1年夏から背番号16でベンチ入り。
 救援で予選1試合1イニング(無失点)を経験し、1年生で唯一の甲子園メンバー入りを果たす。
 2年秋から主戦としてチームを引っ張り、2季連続で四国大会(1回戦)に出場。
 長打力のある右のスラッガーとしても注目され、クリーンアップで高校通算12本塁打を記録した。
 3年夏は鳴門第一に3対6で敗れ県3回戦敗退。

 青山学院大では1年春から野手として2部リーグ戦に出場。
 指名打者として2季ぶり1部リーグ復帰に貢献し、駒大2回戦で白崎勇気から初本塁打を放つ。
 1年秋にDH・ライトで規定到達を果たし、2年春に中堅手として定位置を獲得。
 2年時から4番バッターとしてチームを引っ張り、東都通算87安打、10本塁打の実績を残した。
 2年春の中大1回戦で入江慶亮から1部初本塁打となる左越えの2ランを記録。
 2年秋(リーグ2位19安打)、4年秋(リーグ3位打率.333)に、外野ベストナインを受賞している。
 2年秋の日大戦2回戦で連盟史上6人目、19年ぶりとなるサイクル安打を達成。
 中安、左越えソロ、右翼線適時2塁打、左中間適時3塁打と、5打数4安打3打点を記録した。
 3年春の駒大戦で特大左越え先制弾、亜大戦で東浜巨から左越えのソロ弾。
 4年春に自己最多3発(専大戦で右越え先制ソロ、左越え弾など5安打3打点)を放っている。
 4年秋の駒大1回戦で左越え、レフト中段と、今永昇太から同点弾2発をマーク。
 ドラフト候補としてプロスカウトから注目されたが、志望届は提出せずJR西日本入りを選択した。
 東都通算91試合、打率.260、87安打、10本塁打、34打点。

 JR西日本入社後は1年目から公式戦に出場。
 都市対抗1次予選で3試合2発の活躍を披露し、2次予選でも打率.478本1点4の実績を残す。
 広島1次予選初戦・伯和ビクトリーズ戦(2対4)でランニングソロ本塁打を記録。
 本戦では外角低めカットを逆らわず弾き返し、石橋良太から中前打(6打数1安打)を放った。
 続く8月の広島大会・広島カープ戦で池ノ内亮介から左越えの特大弾をマーク。
 4番を務めた日本選手権は、先制2点二塁打を放つも、8回表に5失点で初戦敗退となった。
 2年目のシーズンでは2本塁打含む4戦3長打の活躍で広島大会・準Vを経験。
 都対予選で二塁打4本、選手権予選で一発を放ったが、共に中国地区予選敗退に終わった。
 二大大会通算2試合、打率.200、2安打、0本塁打、2打点。

 190cm88kg、身体能力の高い大型外野手。
 東都リーグ通算10本塁打(1部リーグ9発)、捉えた時の打球の速さ、長打力が光る右の強打者。
 大学3年春の駒大戦でレフト中段から上段に打ち込む特大ソロ弾を放っている。
 センターから右への打撃も見せるが、打ち損じがやや多く、東都通算打率は.260に留まった。
 50m6秒0、右打者で一塁到達タイム4.2秒台の脚力も魅力。1部通算11盗塁。
 高い身体能力でセンターをこなす190cm大型選手。高校では投手として最速140㌔を計測した。
 社会人入り後の体作りで体重8㌔増を果たしている。

  スカウトコメント

オリックス・柳川スカウト|15/11/6
 「右打ちで遠くへ飛ばせる打者はプロ野球界でも少ない。長距離砲としてトリプル3を狙える選手になってもらいたい」
オリックススカウト|15/10/22
 「身体能力が高く、長打力が魅力。練習に取り組む姿勢が素晴らしく、努力を惜しまない選手で、近い将来、右の長距離砲としての期待が大きい選手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-11-17(火)|2015年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
期待してる!オリックスファン
| 匿名 | 2015年10月28日(Wed) 07:42 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑