吉田 友大(富士重工業)

ここでは、「吉田 友大(富士重工業)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm90kg 右右 MAX150km スライダー・カーブ・フォーク 田子高→青森大 3年目
恵まれた体格から威力ある直球とスライダー、フォーク。3年目スポニチ大会で2勝、5.1回無失点救援。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   09春: 6  1勝2敗  20.1          7  3.10(7位)
   09秋: 4  1勝2敗  21.2  15  15  14  5  2.08(7位)
   10春: 2  1勝0敗  12.1  10  11  3  3  2.19
   10秋: 6  1勝1敗  17.1  14  15  9  5  2.60
   11春: 9  2勝3敗  39.1  26  32  20  10  2.29(4位)
   11秋: 9  7勝0敗   63  30  52  22  4  0.57(2位)
   12春: 8  4勝3敗   53  35  47  17  10  1.70(7位)
   12秋: 5  3勝2敗   40          6  1.35(3位)
   通算: 49 20勝13敗  267         50  1.69
          被安打率5.66 奪三振率7.49 四死球率3.70(09秋~12春)  
    ※ 11秋:MVP 11秋:ベストナイン

投手成績詳細

   09秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   富士大 先 11.1  9  3  4  2 ●
   八戸大 先   3  3  3  3  0 ●
   ノース     3  2  5  3  2 
   八工大    4.1  1  4  4  1 ○ 
         21.2  15  15  14  5 防2.08 
      被安打率6.23 奪三振率6.23 四死球率5.82

   10春    回数 被安 奪三 四死 自責
   八工大 先   8  4  8  1  0 ○
   富士大 先  4.1  6  3  2  3
         12.1  10  11  3  3 防2.19 
       被安打率7.30 奪三振率8.03 四死球率2.19 

   10秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   青森中 先  3.2  3  5  1  2 
   盛岡大     5  1  3  1  0 ○
   八戸大    1.2  3  1  2  1
           1  1  1  0  0
   富士大    2.1  1  3  3  0
   岩手大 先  3.2  5  2  2  2 ●
         17.1  14  15  9  5 防2.60 
      被安打率7.27 奪三振率7.79 四死球率4.67

   11春    回数 被安 奪三 四死 自責
   盛岡大 先  7.1  5  8  1  1
           4  1  2  3  0 ○
   青森中 先   5  4  4  4  1
   八戸大     2  1  1  0  0
       先   6  8  4  5  2 ●  
   岩手大 先   5  2  5  1  2 ●
           1  1  0  0  0 ●
   富士大    0.2  0  2  0  0
       先  8.1  4  6  6  4 ○
         39.1  26  32  20  10 防2.29
      被安打率5.95 奪三振率7.32 四死球率4.58

   11秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   富士大 先   9  4  8  4  0 ○封
           1  0  0  0  0
   八戸大 先   9  5  11  2  0 ○封
   岩手大 先   9  3  5  2  0 ○ 
       先  10  2  2  3  0 ○封
   青森中 先   7  6  10  1  1 ○ 
       先   5  1  2  1  0 ○
   盛岡大 先   8  7  8  7  2 ○
       先   5  2  4  2  1
          63  30  50  22  4 防0.57
      被安打率4.29 奪三振率7.14 四死球率3.14

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   岩手大     5  5  2  3  1
   青森中 先   9  4  11  2  0 ○封
   八戸大 先   6  8  5  5  6 ●
       先   1  3  0  1  3 ●
   盛岡大 先   9  6  10  4  0 ○ 
       先   5  1  4  0  0 ○
   富士大 先   9  2  9  1  0 ○封
       先   9  6  6  1  0 ●
          53  35  47  17  10 防1.70 
      被安打率5.94 奪三振率7.98 四死球率2.89

   12秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   八工大 先  8.2  6  10  2  3 ●
   青森中 先   6  5  7  2  3 ●
   八戸大 先   9          0 ○封
   富士大 先   9  3  11  3  0 ○封
   岩手大 先  7.1  3  6  0  0 ○
          40          6 防1.35

  最新記事

 ■ “東北魂”社会人野球にも…富士重工・吉田2日連続救援勝利(スポニチ) 15/3/12

 3会場で予選リーグ8試合が行われた。富士重工はJR東日本を4―1で下し、予選リーグ3連勝で準決勝進出を決めた。8回途中から救援登板した吉田友大投手(24)が1回1/3を無失点で2日連続の勝利投手となった。134キロのシンカーを低めに決めた。1―1の8回2死三塁。大ピンチでマウンドに上がった吉田は、得意球で空振り三振を奪うと、涼しい顔で三塁ベンチに戻った。「あそこで1点取られたら負け。何が何でも三振を取ろうと思った」。直後に味方が3点を勝ち越すと、最終回は遊ゴロ併殺で締め、グラブを力いっぱい叩いた。東日本大震災から4年となったこの日、横浜、大田、上尾の3会場で、第2試合の開始前に選手全員が黙とうをささげた。青森県三戸郡で生まれ育った右腕は、青森大を卒業するまで東北の地で野球に励んできた。4年の月日が流れたが、故郷への思いは変わらない。「東北の人に勇気、元気、感動を与えられるように」と、全力投球を貫いた。前日のJFE東日本戦では6回から4イニングのロング救援で無失点投球。2日連続で勝利投手となった。飯野勝利監督は「後ろに吉田がいるのは大きい」と称えた。

 ■ 青森大・吉田、4球団から調査書「楽しみと不安が半々」(スポーツ報知) 12/10/24

 プロ野球のドラフト会議が25日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われる。東北地区の大学生でプロ志望届を提出したのは5人。青森大の150キロ右腕・吉田友大(4年)、東北福祉大の左腕・萩野裕輔(4年)も運命の日に備える。青森大・吉田の名前は、昨秋のリーグ戦を7勝無敗で制したことで広がった。184センチ、88キロのどっしりとした体格から最速150キロを投げる本格派右腕。あれから1年がたち、4球団から調査書が届いている北の剛腕は「楽しみと不安な気持ちが半々です」と胸の内を明かした。「ニンニクの町」である青森・田子町出身。田子高時代から、その直球は140キロを超えていたが、チームとして勝ち上がることはできず、試合経験も少なかった。大学では1年から登板機会を得て、リーグ通算19勝13敗。「ピンチでも自分を信じて投げられるようになった」と成長点を挙げる。桑田真澄氏(スポーツ報知評論家)を尊敬し、桑田氏の座右の銘「万里一空」を心に置いて精進してきた。その成果が運命の日に花開くことを信じている。

 ■ 青森大の吉田投手(田子高出)がプロ志望届(デーリー東北) 12/9/26

 北東北大学野球リーグで昨秋、リーグ最多記録となる7勝を挙げた青森大投手の吉田友大選手(田子高出)が25日、所属する北東北大学野球連盟にプロ志望届を提出し、全日本大学野球連盟に受理された。吉田は「今からドラフト会議がとにかく楽しみ」と心待ちにしている。

過去記事

 ■ ヤクルト、ドラフト候補に青森の「にんにく王子」(スポニチ) 12/1/4

 ヤクルトが今秋のドラフト候補として、青森大の吉田友大投手をリストアップしていることが3日、分かった。吉田は最速150キロの直球に加えてスライダー、カーブ、フォークを操る本格派投手。昨秋の北東北大学リーグでは9試合に登板し7勝0敗、防御率0・57の好成績を挙げ、チームを7季ぶりのリーグ優勝に導いた。球団関係者は「重い球質の速球が魅力。今後もマークしていくことになる」と話した。吉田はにんにくの名産地で、人口約6500人の青森県田子(たっこ)町の出身。田子高時代は140キロ右腕として県内で注目を集めたが、全国的には無名で大学で素質が開花した。ヤクルトは仙台市出身の八重樫幸雄スカウトが東北地方を担当し、10年ドラフト5位で入団した左腕・久古(日本製紙石巻)が昨季中継ぎで活躍。昨秋ドラフトでも1位の川上(光星学院)をはじめ東北勢4人を指名するなど、みちのくの逸材発掘に力を注いでいる。

 ■ プロ注目の青森大吉田が完封/北東北大学(日刊スポーツ) 12/5/19

 プロ注目、青森大の右腕吉田友大投手(4年=青森・田子)が2安打1四球9奪三振で完封した。2安打はバントヒットと内野安打。威力のある速球と制球の良い変化球で富士大打線を抑え込んだ。今季一番のピッチングに「まっすぐが走っていた。後半ほど飛ばした」と声を弾ませた。

 ■ 青森大・吉田、ニンニクパワーで初の全国つかむ(スポーツ報知) 11/10/14

 大学野球の明治神宮大会出場権を懸けた東北地区代表決定戦が14日、青森県営球場で開幕する。北東北リーグで今秋、7季ぶりに優勝した青森大は16年ぶりの神宮大会出場を目指す。カギを握るのは、最速150キロ右腕・吉田友大(3年・田子)。秋季リーグ戦で7勝無敗、防御率0・57をマークした大黒柱が、自身初の全国大会出場へ向け活躍を誓った。吉田が投じる球質の重いボールが、捕手のミットに吸い込まれていく。ブルペンで約30球の投げ込みをした青森大の150キロ右腕は、「リーグ戦後、疲れで肩が上がらなかった時期もあったけど、もう大丈夫。万全です」と笑顔を見せた。今秋、チームを7季ぶりのリーグVに導いた。全10試合中8試合に先発、1試合でリリーフ登板とフル回転。9試合で63回0/3を投げ被安打30、自責点は4、防御率0・57と好投した。リーグの2強である富士大戦と八戸大戦では完封し、岩手大戦では、それまでの最速を4キロ更新する150キロをマーク。今春のリーグ戦で2勝3敗だった男が、秋は7勝無敗と大黒柱に成長した。出身は青森・田子町。ニンニクの年間生産量約1600トンの「ニンニクの町」だ。約280戸のニンニク農家があり、母方の祖父母も生産に携わっている。「そんなに食べません」と苦笑するが、ニンニクパワーのおかげ!?か、高校時代から140キロ超えの速球は有名で、町の希望の星的存在だ。大学入学後、けんこう骨を痛めたり、右手首のけんしょう炎など、けがに泣かされてきた。それでもくさらずに努力し続け、今、これまで無縁だった全国大会に手が届く場所にいる。「いいチャンスなので、神宮に行きたい」。北の剛腕が全国舞台でベールを脱ぐべく、勝負のマウンドに上がる。

  プロフィール

 青森県田子町生まれ。
 吉田 友大(よしだ・ともひろ)投手。
 小学4年で外野手として野球を始め、田子中時代は軟式野球部に所属。
 中学2年時から本格的に投手転向となった。

 田子高では1年時に主戦の座を獲得。
 初戦コールド負けとなった1・2年夏の大会を経て、最終学年になって夏の大会1勝をマークする。
 木造高校相手に10三振を積み上げ、3安打3四球完封で初戦2回戦を突破。
 光星学院との対戦となった3回戦は、一発を浴びるなど、6回11失点でコールド負けに終わった。
 当時から140㌔を計測。3回戦が最高成績で甲子園経験は無し。

 青森大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 秋の富士大戦で守安玲緒と投げ合いを演じ、敗れはしたものの11.1回2失点の好結果を残す。
 3年春のリーグ戦になって登板を増やし、10試合中9試合、39.2イニングを経験。
 期待されながら不安定なピッチングで負け越し、4シーズンぶりBクラスに沈む悔しさを味わった。
 3年秋に最多7勝(5完投・3完封)の大活躍で7季ぶりとなるリーグ優勝を達成。
 9試合(先発8・リリーフ1)63イニングを投げ抜き、防0.57でMVP、ベストナインを受賞している。
 富士大戦で4安打初完投初完封勝利、八戸大を5安打11K2四死球で完封。
 三浦翔太との投手戦となった岩手大3回戦で、延長10回2安打2K完封の好投を披露した。
 16年ぶりの神宮大会出場がかかった代決・東北福祉大戦は0対3で完封負け。
 4年時は最速で146㌔とやや物足りなさを残し、春・秋2シーズン合計で7勝(5敗)に留まった。
 六大学選抜戦で北東北選抜の先発として3回2K無失点の好投を演じている。
 150㌔右腕としてヤクルトなどプロから注目され、志望届を提出したがドラフト指名漏れとなった。
 通算49試合、20勝(10完投7完封)13敗、267回、防御率1.69。

 富士重工入社後は1年目から公式戦に出場。
 2年目の足利大会・全足利ク戦の先発を任され、散発3安打で8回コールド完封勝ちを収める。
 都対2次予選でも同チーム相手に7回5安打10K2失点と好投(1対2で惜敗)。
 3年目のスポニチ大会で抑えとして好投を演じ、計5.1回無失点で2日連続の白星をマークした。
 2年目終了時点で二大大会での登板機会は無し。

 184cm90kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 セットポジションから投げ下ろす最速150㌔の威力あるストレートとスライダー、カーブ、フォーク。
 プロから注目された球質の重さが魅力。先発・救援の両面で起用されている。
 大学3年秋63回22個(率3.14)、4年春53回17個(率2.89)と、四死球の多さが徐々に改善。
 けんこう骨痛、右手首けんしょう炎など、大学時代はケガの多さに悩まされた。
 社会人1年目の奪三振率6.94、四死球率3.09。

  スカウトコメント

ヤクルト・球団関係者|12/1/4
 「重い球質の速球が魅力。今後もマークしていくことになる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
富士大を完封で多和田に投げ勝ちましたね。
これで八戸大、富士大とライバルを2試合連続完封。
開幕から八工大、中央学院大に打ちこまれましたが、調子を上げてきたようで一安心。
| ハルタカ | 2012年09月16日(Sun) 02:14 | URL #- [ 編集]
今春は4勝4敗ながら防御率は1.69でリーグ5位。
53回を投げて被安打35 与四死球17 奪三振47 失点17(自責10)という成績。
八戸大、富士大の壁を乗り越えられるか。
| ハルタカ | 2012年08月10日(Fri) 23:38 | URL #- [ 編集]
福祉は強かったが、まだまだ伸びてほしい。塩見は福祉を倒したからそのレベルを期待してしまう。
| 匿名 | 2011年10月18日(Tue) 16:57 | URL #- [ 編集]
なんだかんだで東北福祉大は手強いですね。
過去15回では東北福祉大が12回、八戸大が3回優勝しているようです。
| 管理人 | 2011年10月17日(Mon) 22:53 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
青森大・吉田9K完投勝利
http://www.sanspo.com/baseball/news/111015/bsn1110151219001-n1.htm

4四死球と制球には苦しんだようですが2失点完投。
東北福祉大戦では5安打1失点完投もチームが零封されて敗者復活へと回りました。
そこで富士大に勝利したものの、決勝で再び福祉大に敗れ神宮出場はなりませんでした。
| ハルタカ | 2011年10月17日(Mon) 17:36 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する