竹内 諒(Honda鈴鹿)

ここでは、「竹内 諒(Honda鈴鹿)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



竹内 諒(Honda鈴鹿)

180cm84kg 左左 MAX148km スライダー・カット・カーブ・フォーク・ツーシーム 松阪→早大 1年目
伸びのある148㌔直球とスライダー、カットボール。4年時に5勝マーク、東大戦で初完封勝利を収めた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   13春:         登板無し
   13秋: 3 0勝0敗   4  2  4  6  1  2.25
   14春: 5 1勝0敗  20.2  15  18  9  9  3.92
   14秋: 8 2勝0敗   25  16  21  10  4  1.44(3位)
   15春: 3 1勝0敗  13.1  10  8  8  3  2.03
   15秋: 3 0勝0敗   8  8  6  4  4  4.50
   16春: 7 2勝2敗   37  24  20  11  12  2.92(5位)
   16秋: 6 3勝1敗  38.1  28  32  18  12  2.82(5位)
   通算: 35 9勝3敗 146.1 103 109  66  45  2.77
         被安打率6.33 奪三振率6.70 四死球率4.06

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   15選: 1   1  0  1  0  0 140㌔(東ド) 東海北

 【 国際大会 】
      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16ハーレム: 3   4  3  5  2  1  2.25

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   12夏: 1   9  13  2  3  7 136㌔ 倉敷商 ●
        被安打率13.00 奪三振率2.00 四死球率3.00

投手成績詳細

   13秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大    0.2  0  1  1  0
          1  0  1  1  0 137㌔
   法大    2.1  2  2  4  1 142㌔
          4  2  4  6  1 防2.25
     被安打率4.50 奪三振率9.00 四死球率13.50

   14春   回数 被安 奪三 四死 自責
   法大 先  4.1  4  3  2  2  141㌔
   立大 先   4  2  3  2  1  145㌔
   東大 先   6  1  9  1  0 ○141㌔
   明大 先   5  3  1  3  0  145㌔
   慶大 先  1.1  5  2  1  6  145㌔
        20.2  15  18  9  9 防3.92
     被安打率6.53 奪三振率7.84 四死球率3.92

   14秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   法大     0  1  0  2  1
   東大     2  2  3  0  0
          1  0  0  0  0
   立大     2  1  2  2  1  144㌔
          8  3  7  2  0 ○
   慶大     2  1  1  2  1  145㌔
          3  3  2  2  1
      先   7  5  6  0  0 ○
         25  16  21  10  4 防1.44
     被安打率5.76 奪三振率7.56 四死球率3.60

   15春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大 先  5.1  2  3  4  2
   立大 先   6  4  2  3  0 ○
   法大 先   2  4  3  1  1
        13.1  10  8  8  3 防2.03
     被安打率6.75 奪三振率5.40 四死球率5.40

   15秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大 先   5  4  3  2  2 
   明大     2  1  3  1  0
   立大 先   1  3  0  1  2
          8  8  6  4  4 防4.50
     被安打率9.00 奪三振率6.75 四死球率4.50

   16春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大 先   7  6  6  3  0 ○
   立大 先   8  2  3  1  1 ●
   法大 先   3  3  1  1  1 ●
          1  1  0  0  0
   明大 先  7.1  3  2  2  2
      先  1.2  4  0  3  5
   慶大 先   9  5  8  1  3 ○145㌔…初完投勝利
         37  24  20  11  12 防2.92
     被安打率5.84 奪三振率4.86 四死球率2.68

  最新記事

 ■ 早大・竹内が慶大打線を1失点完投、今季3勝目(日刊スポーツ) 16/10/30

 早大が慶大に雪辱し、勝負を3回戦に持ち込んだ。早大は1回2死後、日本ハムから2位指名を受けた石井一成遊撃手が先制アーチをかけ、2回には先発の竹内諒投手が自ら左前打して1点を加えた竹内は慶大打線を5安打1失点に抑え、今季3勝目を完投で挙げた。高橋広監督は「竹内が安定して投げてくれた。石井もよくなっている」と話していた。

   16秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   法大 先  4.1  6  3  5  6 ●
   立大 先   6  5  6  4  1 ○
   東大 先   9  3  4  1  0 ○封143㌔
   明大 先   8  6  7  4  1
      先   2  3  1  2  3
   慶大 先   9  5  11  2  1 ○ 140㌔
        38.1  28  32  18  12 防2.82
     被安打率6.57 奪三振率7.51 四死球率4.23

 ■ 早大・竹内 ドラフト前に初完封「いいペースで投げられた」(スポニチ) 16/10/12

 プロ志望届を提出している早大の左腕・竹内がリーグ戦初完封を飾った。最速143キロの直球を軸に東大を3安打に封じ「全ての球を低めに集められたのが良かった。いいペースで投げられた」とうなずいた。夏場に調子を落としていたが、投げ込みの数を増やし、リリース時の体重移動を修正したことで制球が安定。次カードの明大戦に向けては「1週間空くのでしっかり調整してつなげたい」と話した。

 ■ 早大、逆転で慶大に雪辱!竹内がリーグ戦初完投(スポーツ報知) 16/5/29

 早大が中盤に逆転して、慶大に雪辱した。4年生左腕の竹内諒が、9回を5安打3失点、8奪三振の力投でリーグ戦初完投勝利。「真っすぐでファウルも取れていたし、(調子は)リーグ戦に入って一番よかった。完投できてよかったです」と充実の汗をぬぐった。高橋広監督は「(竹内は)徐々に自信を取り戻してきてくれてるんじゃないか。お客さんがこんなに来てくれているので、(30日は)いい試合をして勝ち点を挙げたい」と、言葉に力を込めた。慶大は4回に岩見雅紀左翼手(3年)の左越え2ランで先取点を奪い、9回は先頭で山本瑛大一塁手(4年)の左越えソロと2発が飛び出すも、投手陣が踏ん張れなかった。

過去記事

 ■ 早大連勝で首位 竹内リーグ戦初勝利(日刊スポーツ) 14/5/4

 早大が東大に連勝し、勝ち点3として首位に立った。2回に小野田俊介外野手がリーグ通算10号となる先制ソロを放つと、計11安打で14得点先発の竹内諒投手(2年=松坂)は、6回1安打無失点でリーグ戦初勝利を挙げた。竹内は「うれしいです。両親に報告したいと思います」と感激していた。
 早大・岡村監督が大勝を振り返る中で自ら口にしたのが2年生左腕、竹内のこと。開幕から各カードの2回戦で先発を任せているが、6回1安打9奪三振の投球に「3カード目でだいぶ慣れてきたのか、安定感が出てきたね」と満足そう。(スポニチ)

 ■ プロ注目の松阪・竹内、原因不明の不調に泣く(スポーツ報知) 12/8/16

 プロ注目の松阪の左腕・竹内諒が不調に泣いた。この日の最速は、自己最速145キロに遠く及ばない136キロ。「原因は分からないが、気持ちよく腕が振れない」という状態で7回まで2失点と粘ったが、1点リードの8回、打球が風に流される不運な安打も続いて、一挙6点を失った。「切り替えられなかった」と、うつむいたエースは「プロが最大の目標。挑戦したい」と、志望届提出を明言した。

 ■ 松阪 春夏通じ初切符!148キロ左腕・竹内142球(スポニチ) 12/7/29

 松阪はチーム一丸となって勝利をつかんだ。初回に3安打で2点を挙げてリードし、いなべ総合学園の反撃を食い止め続けた。1点のリードを守ったMAX148キロを誇る左腕・竹内は142球の熱投で2失点完投。同校を春夏通じて初の聖地へと導くと、マウンド上で天を仰ぎ、歓喜の声を上げた。6試合中5試合に先発。「真っすぐで押して、変化球で勝負するのが持ち味」と話していた通り、相手打線に的を絞らせることなく、今大会は3完封で防御率0・96と貫禄の投球を見せた。県内屈指の進学校だが、目標はプロ。最後の最後にたどり着いた全国舞台で、左腕がラストアピールする。
 公立の進学校・松阪を春夏通じて初めての甲子園まで導いた145キロ左腕・竹内諒(3年)の全国デビューは第7日第2試合に決まった。相手は10度目の夏となる倉敷商になったが、「よく聞く名前だけど、あまり知りません。どこが相手でもまっすぐで押したい」と伝統校に臆するところは見せない。松葉健司監督(44)は「三重大会ではまだまだ彼の力は見せていない。甲子園ではものすごいものを見せると思う」と、強気なエースの快投を予言していた。(スポーツ報知)

   12夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:四日市南 先   9  5  5  1  0
   2回戦:  津       2  0  3  0  0
   3回戦:津  商 先   9  3  4  4  1
   準々決:白  子 先   9  8  5  1  2
   準決勝:四日市工 先   9  4  5  4  0
   決 勝:いなべ総 先   9  8  4  4  2
               47  28  26  14  5 防0.96
           被安打率5.36 奪三振率4.98 四死球率2.68

 三重決勝では連戦の疲れもあったのか、変化球多めに凌いでいく投球でした。
 アナウンサーによると常時130㌔前後から130㌔台中盤だったようです(球速表示は無し)。
 下半身を使いきれてはいない投球フォームなので疲労の影響は出やすそうですね。
 投球前に右胸を叩いて自らに気合を入れ、6試合5完投594球の力投でした。

 ■ 春季東海地区高校野球県大会 四日市南が逆転で金星(伊勢新聞) 12/5/1

 第59回春季東海地区高校野球県大会第4日は30日、四日市、津の2球場で準々決勝4試合があり、四日市南、海星、松阪、近大高専がベスト4進出を決めた。松阪は左腕竹内諒の投打の活躍で宇治山田商を4―1で下し、近大高専は粘るいなべ総合を2―1で退けた。

   12春         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:四日市工 先   9  3  14  0  0 148㌔(津市営球場)
   準々決:宇治山商 先   9  6  7  1  1
   準決勝:近大高専 先   8  7  6  2  3
   3位決:四日市南 先   5  1  9  1  0
               31  17  36  4  4 防1.16
          被安打率4.94 奪三振率10.45 四死球率1.16

 ■ 「心のスキをなくす野球」で力投 松阪・竹内投手(asahi.com) 11/7/19

 9回のマウンドで、松阪の竹内諒投手(2年)は投球のたびに数秒間、祈るようにグラブを見つめた。視線の先にはチームのモットーでもある「一点集中」の4文字が書かれている。左打者が多い海星打線を考慮し、松葉健司監督は左腕の竹内投手を起用。だが4回、得意の直球をはじき返され、先制点を奪われた。動揺しかけたが、浦川耕輔捕手(3年)の「思い切って投げてこい」の一言で冷静さを取り戻した。チームは集中力を養うことにこだわる。約100人も部員がいるため、それほど広くないグラウンドでの練習には制約が伴う。ジャグリングやボール積みを繰り返し、「心のスキをなくす野球」をめざしてきた。

   11年          回数 被安 奪三 四死 失点 
   夏2回戦:海  星 先  8.2  8       2
   秋2回戦:宇治山商 先   9  10  3  5  2
               17.2  18       4

 2年夏時点で最速143㌔記録というのは楽しみな存在ですね。
 着地があっさりしているなど投球フォームにはロスがある印象で余力がまだありそうです。

  プロフィール

 三重県津市出身。
 竹内 諒(たけうち・りょう)投手。
 南が丘小学校時代にテニスを始め、南が丘中学校進学後に野球転向。
 軟式野球部で投手として県3位進出を経験した。

 松阪高では1年時から控え投手としてベンチ入り。
 1年秋の県大会5試合中4試合の先発をこなし、準優勝での東海大会進出(1回戦)を果たす。
 県初戦で11回途中3安打の好投を演じ、中川誠也との投手戦に1対0で勝利。
 東海初戦に2回1死から登板したが、6・7回に各2点を失い、1対10で7回コールド負けとなった。
 翌2年夏・秋の三重大会は、2回戦で海星・山商と当たり、0対2、1対2で敗戦。
 3年春になって県大会準決勝まで勝ち上がり、同年夏に創部66年目での初Vを成し遂げた。
 春2回戦・四工戦で148㌔(球速が出やすい津球場、3安打14K完封)を計測。
 秋敗れた宇治山田商業と準々決勝で対戦し、見事6安打1失点で完投勝利を収めている。
 夏予選全6試合594球を投げ抜き、47回5失点、5完投2完封、防0.96を記録。
 甲子園初戦2回戦・倉商戦は、8回に8安打6失点を喫し、13安打8失点完投負けとなった。
 3番打者として5回裏に一時は逆転打となるライト前への2点タイムリーをマーク。
 投手としては腕が振れず最速136㌔に留まり、当初のプロ入り志望から進学に進路を変更した。
 甲子園通算1試合、0勝1敗、9回、防御率7.00。

 早大進学後は1年秋からリーグ戦に出場。
 頭部への死球、押し出し四球など、制球に苦しみながらも、リリーフとして3試合4回を経験する。
 法大戦で最速142㌔を出し、西浦直享伊藤諒介から、連続空振りKを奪取。
 2年春開幕カードから先発2番手を任されたが、3試合で5回までもたず防御率3.92に沈んだ。
 6回を1安打9奪三振無失点と好投した東大2回戦でリーグ戦初勝利をマーク。
 中継ぎ・抑えで8試合25回をこなした2年秋に、防1.44(3位)で投手十傑入りを果たしている。
 3年春秋のリーグ戦を目立てずに終え、4年春秋に先発2番手で計4勝を記録。
 春の早慶2回戦で5安打7対3初完投勝利、秋の東大2回戦で3安打初完封勝利を挙げた。
 3年春の全日本選手権で1試合1回(ノーヒット無失点)のみ全国大会を経験。 
 六大学選抜で4年夏のハーレム大会に出場し、救援3試合4回で5三振1失点の結果を残した。
 リーグ通算35試合、9勝(3完投1完封)3敗、146.1回、防御率2.77。

 180cm84kg、最速148㌔直球を持つ本格派左腕。
 セットポジションからステップ狭めにインステップし、テイクバック深めに肘を使った腕の振りから繰り出す
 最速148㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の伸びのあるストレートと、
 120㌔前後から120㌔台のスライダー、120㌔台で小さく曲がるカット、100㌔台の緩いカーブ。
 バラツキ苦しむ場面も見られるものの、まずまずの制球で内外角に投げ込む。
 130㌔台前半まで落ち込んだ一時の不振から復調。神宮で最速145㌔を複数回計測した。
 スライダー、カットボール、カーブを交える。 高校時代は3番・エースの大黒柱。
 進学校に在籍しながら高卒プロ野球入りを最大の目標として掲げていた。眼科医である父を持つ。
 奪三振率6.70、与四死球率4.06。遠投110m、50m6秒5。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-10-31(月)|2018年社会人投手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
応援しています。頑張ってください。
| 匿名 | 2016年11月02日(Wed) 13:53 | URL #- [ 編集]
打者としても期待できる選手ですね
| masamichi | 2012年08月14日(Tue) 11:20 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人投手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑