池田 駿(ヤマハ)

ここでは、「池田 駿(ヤマハ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



池田 駿(ヤマハ)

174cm71kg 左左 MAX148km スライダー・チェンジ・カーブ 新潟明訓→専修大 2年目
最速148㌔直球と鋭いスライダー、チェンジアップ。日本選手権予選で19.2回18三振の力投を見せた。

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16都: 2    8.1  10  8  8  6
        先  5.1  7  6  6  4 144㌔ JFE東 ○
        先   3  3  2  2  2 143㌔ JR九州 ●
   16日: 3   19.2  17  19  8  5
        先   4  5  2  2  2     東京ガス
        先   8  4  7  3  2 141㌔ JR西日本 ○
        先  7.2  8  10  3  1 142㌔ 日本通運 ○
   通算: 5    28  27  27  16  11 防3.54
       被安打率8.68 奪三振率8.68 四死球率5.14
    ※ 16日:MVP

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   11春: 6  2勝0敗  36.1  32  30  11  9  2.23二部( 5位)
   11秋: 7  2勝3敗  41.1  36  23  17  13  2.83二部(10位)
   12春: 4  1勝2敗   25  19  10  6  7  2.52二部
   12秋: 2  1勝0敗    5  3  3  5  0  0.00二部
   13春: 5  0勝3敗   23  28  21  13  16  6.26
   13秋: 9  3勝4敗  53.1  47  36  27  21  3.54二部( 7位)
   14春: 9  3勝4敗  45.2  39  34  17  11  2.17二部( 8位)
   14秋: 5  1勝3敗   16  16  13  3  7  3.94二部
   一部: 5  0勝3敗   23  28  21  13  16  6.26
          被安打率10.96 奪三振率8.22 四死球率5.09
   二部: 42 13勝16敗 222.2 192 149  86  68  2.75
          被安打率7.76 奪三振率6.02 四死球率3.48

 ■ 甲子園成績

   10夏         回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:京都外西 先  5.1  8  1  1  0 137㌔ ○
   3回戦:西日本短 先  5.1  6  3  1  0
   準々決:報徳学園 先  7.1  6  1  1  1 138㌔ ●
                18  20  5  3  1 防0.50
           被安打率10.00 奪三振率2.50
四死球率1.50

投手成績詳細

   11春二部  回数 被安 奪三 四死 自責
   拓殖大    3  2  1  2  0
          0  3  0  0  2
   立正大 先  9  7  6  4  0 ○
   国士大 先  9  6  9  1  2 ○
   日 大 先  9  8  12  1  1
   東農大 先 6.1  6  2  3  4
         36.1  32  30  11  9 防2.23
      被安打率7.93 奪三振率7.43 四死球率2.72

   11秋二部  回数 被安 奪三 四死 自責
   国士大 先  9  9  2  5  2 ○
          1  0  0  0  0
   立正大 先 3.2  7  2  3  5 ●
   国学大 先  3  3  2  3  4 ●
       先  10  7  6  1  1 ●
   東農大 先  9  5  5  0  0 ○封
   拓殖大 先 5.2  5  6  5  1
         41.1  36  23  17  13 防2.83
      被安打率7.84 奪三振率5.01 四死球率3.70

   12春二部  回数 被安 奪三 四死 自責
   拓殖大 先  9  6  3  1  3 ●
       先  8  5  3  3  0 ○
   国学大 先  5  4  4  0  1
   立正大 先  3  4  0  2  3 ●
          25  19  10  6  7 防2.52
      被安打率6.84 奪三振率3.60 四死球率2.16

   12秋二部  回数 被安 奪三 四死 自責
   日 大   3.2  2  2  5  0 ○
   拓殖大   1.1  1  1  0  0
          5  3  3  5  0 防0.00
      被安打率5.40 奪三振率5.40 四死球率9.00

   12秋入替  回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大   5.1  6  7  1  1 ○

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責
   駒沢大 先  3  4  3  3  1  143㌔
   国学大 先  3  6  1  3  6  145㌔
   亜 大 先 6.1  6  3  3  4 ●146㌔
   中 大 先  8  6  13  4  2 ●143㌔
   青学大 先 2.2  6  1  0  3 ●141㌔
          23  28  21  13  16 防6.26
     被安打率10.96 奪三振率8.22 四死球率5.09

   13春入替  回数 被安 奪三 四死 自責
   拓殖大 先 2.2  2  2  6  3
       先  8  4  5  1  0 ●145㌔
         10.2  6  7  7  3 防2.53
      被安打率5.06 奪三振率5.91 四死球率5.91

   13秋二部  回数 被安 奪三 四死 自責 
   立正大 先  9  5  6  6  1 ○
       先  7  4  7  1  3
   日本大 先 5.1  11  2  4  2 ○
       先 4.1  8  3  3  5 ●  
   東農大 先  9  4  4  3  1 ○
   国士大 先  8  3  7  1  2 ●
       先 7.1  8  4  5  4 ●
   東洋大 先  3  4  2  2  3 ●
         0.1  0  1  2  0
         53.1  47  36  27  21 防3.54
      被安打率7.93 奪三振率6.08 四死球率4.56

   14春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大 先  7.2  5  9  5  1 ●
           2  3  2  1  0 ○
       先  5.2  6  4  3  3 ●
   日 大 先   4  3  1  2  0 
       先   1  6  1  0  4 ● 141㌔
   立正大 先   9  4  8  2  0 ○封
          0.2  1  1  0  0
   国士大 先  7.2  7  4  2  2 ●
   東農大 先   8  4  4  2  1 ○
         45.2  39  34  17  11 防2.17
       被安打率7.69 奪三振率6.70 四死球率3.35
   14秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大 先   9  3  7  1  1 ○
   東洋大 先   1  4  1  1  3 ●
       先   1  3  0  1  2 ●
   国士大 先   3  5  1  0  1 ●
   東農大     2  1  4  0  0
          16  16  13  3  7 防3.94
      被安打率9.00 奪三振率7.31 四死球率1.69

   14秋入替戦 回数 被安 奪三 四死 自責
   青学大    0.2  2  1  1  1

  最新記事

 ■ ヤマハと王子が第1代表決定戦へ(毎日新聞) 16/5/27

 第87回都市対抗野球2次予選は27日、東海は準決勝2試合。ヤマハは、左腕の池田駿が初戦に続く登板2試合連続完封、打線も16安打9得点でホンダ鈴鹿を圧倒。ヤマハの左腕・池田駿がホンダ鈴鹿打線を手玉に取った。この日は変化球主体で、最速148キロの直球も8割方の力に抑えて制球重視。「相手の狙いを見極めて丁寧に投げた」と速球狙いを見透かしてかわし、3安打、10奪三振で完封した。専大を出て入社2年目。1回戦のジェイプロジェクト戦に続く登板2試合連続の完封で、チームを第1代表決定戦に導いた。池田駿は「チームの状態がよく、充実している」と満足げだった。

   16都予    回数 被安 奪三 四死 失点
   JPROJECT 先   9  1  5  6  0封…7回1死までノーヒット
   ホンダ鈴鹿 先   9  3  10  1  0封
   ホンダ鈴鹿 先  6.2  6  5  2  3
   西濃運輸 先   8  4  5  1  1
          32.2  14  25  10  4 防1.10
       被安打率3.86 奪三振率6.89 四死球率2.76

 ■ 2部も逸材ぞろい(スポーツ報知) 14/4/15

 東都2部には、日大・戸根以外にも専大・池田駿角田皆斗、国士舘大・倉田泰明ら投手を中心にドラフト候補がいる。昨年ドラフトでは東農大・陽川尚将(阪神3位)、国士舘大・岩崎優(同6位)、立正大・吉田裕太(ロッテ2位)の3人が指名を受けた。育成でも日大・青山誠(現巨人)が入団しており、2部ながら全国的にハイレベルとなっている。

      試合  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   15都予: 3  2.2  4  1  2  2  6.75 13.50  3.38  6.75
   15日予: 3  19.2  21  18  7  7  3.20  9.61  8.24  3.20
   通 算: 6  22.1  25  19  9  9  3.63 10.07  7.66 
3.63

 ■ 専大・池田、敗戦に「島袋と違う…」/東都(SANSPO) 13/5/8

 東都大学野球リーグ第5週第1日(7日、中大4-0専大、神宮)島袋と投げ合った専大の先発左腕・池田は8回で13三振を奪ったが、6安打4四死球2失点で敗戦投手になった。「スライダーがよかったので、自己最多の三振はとれた。(六回に)抜けたスライダーを打たれてしまって…。でも、島袋はブレずに投げて失点もなし。違うんですね」。島袋とは全日本高校選抜以来の友人だが、明暗がくっきりと分かれた。

過去記事

 ■ 新潟明訓の「殿馬」池田無念/夏の甲子園(日刊スポーツ) 10/8/20

 新潟明訓(新潟)のエース池田駿(3年)は祈るような思いで打席に立つ神田健を見つめていた。1点を追う9回2死走者なし。昨夏の決勝は日本文理(新潟)が9回2死から5点を奪った。だが「何かがあると信じていました」という祈りはかなわず涙を流した。8回1死まで6安打2失点(自責1)。「3試合で一番いいピッチングができた。悔いはない。満足しています」と充実感を漂わせた。同校がモデルの野球漫画「ドカベン」の殿馬のように趣味はピアノ。ベートーベンやショパンを独学で学んだ。初の4強は逃したが「2つ勝たせてもらって夢の甲子園で3試合できた。最高の舞台でした」と振り返った。
 誰にも負けない集中力が光った。四回1死一、三塁、新潟明訓・池田駿(3年)は報徳・木下の試みたスクイズに反応し三塁走者を刺すと続く2死二、三塁から一、二塁間のゴロでがら空きになった一塁を全力疾走でベースカバー。エースの執念が報徳攻撃陣を存分に苦しめた場面だった。特技はピアノ。母・公恵さん(47)が、池田の妹に習わせようとピアノを購入したが、のめり込んだのは当時中1だった兄だった。部活から帰宅後の練習でメキメキ上達。「あくまで趣味ですから」と話すが、なんと独学で高難度の「幻想即興曲」(ショパン作)をマスターしてしまう。高校は野球推薦ではなく、一般受験で合格。今年、国公立大に141人が合格した新潟明訓の、スポーツクラスではなく進学クラスに入った。「すごく頭もいいです。学年でも上のほう。いい大学を狙っているみたいです」と級友も証言する。スポーツ科に比べ、進学科は土曜日も授業があり、さらに週の授業時間も長い。池田は「練習時間の不足は、集中して練習することで補うようにしています」と、両立に心を砕いてきた。その集中力がまさに、大舞台でのプレーに表れた。敗戦の涙は流したが「あこがれの舞台で試合できて最高です」と最後は晴れ晴れ。「大学に進学して野球を続けます」。ピアノ、勉強、野球。片手間ではなく、すべてに本気。今までも、そしてこれからも。(デイリースポーツ)

   10夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:新潟産付 先  5  2  6  0  0
   4回戦:新  津   4.1  1  6  1  0
   準々決:新  潟 先  6  6  8  0  1
   準決勝:中  越 先  9  12  9  1  3
   決 勝:日本文理 先 4.2  10  1  2  5
              29  31  30  4  9 防2.79(失点から計算)
          被安打率9.62 奪三振率9.31 四死球率1.24

  プロフィール

 新潟県出雲崎町出身。
 池田 駿(いけだ・しゅん)投手。
 出雲崎町立出雲崎中時代は軟式野球部でプレー。

 新潟明訓では2年春にエースの座を獲得。
 神田健太との2枚看板として活躍し、3年春に新潟大会V、夏に初の甲子園8強入りを果たす。
 県準決で東條将樹との投げ合いを制し、12安打9K3失点完投勝利をマーク。
 準決勝までを24.1回29K4失点と好投したが、決勝・日本文理戦は4.2回5失点に終わった。
 続く甲子園全試合の先発投手を務め、18回20安打5K4失点の粘投を披露。
 打たせて取る投球で先発として試合を作り、敗れた報徳戦でも7.1回を2失点に抑えている。
 秋の国体1回戦(2回戦以降は雨天中止)九学戦で5安打完封勝利を記録。
 島袋洋奨らと共に全日本高校選抜に選ばれ、9月に行われた日米親善野球大会に参加した。
 2学年下に竹石智弥(新潟医療福祉大)ら。

 専修大進学後は1年春から2部リーグ戦に出場。
 1年時から先発2番手で77.2回に登板し、年間4勝(4完投1完封)、防御率2.55の実績を残す。
 2年春のリーグ戦後に肘の手術を受け、秋のリーグ戦終盤になって戦線に復帰。
 入替戦2回戦で5.1回7K1失点リリーフを演じ、東洋大を下して12季ぶりの1部復帰を決めた。
 翌1部リーグ戦5試合に先発登板するも、0勝3敗、防6.26で2部リーグに逆戻り。
 中大1回戦で8回13三振(2失点)をマークし、亜大2回戦で自己最速146㌔を計測している。
 3年秋・4年春のリーグ戦でエースを務め、それぞれ3勝4敗(5位に低迷)を記録。
 4年秋に1部再昇格を達成したが、自身は1勝(開幕戦)、16回9失点の低調な成績に終わった。
 通算47試合、13勝(8完投2完封)19敗、245.2回、防御率3.08。

 ヤマハ入社後は1年目から救援で公式戦に出場。
 春先のスポニチ大会初戦に抑えとして起用され、大田スタジアムで自己最速147㌔を計測する。
 以降リリーフ左腕としてチームに貢献し、秋の選手権予選で先発3試合を経験。
 計19.2イニングを21安打18三振7失点にまとめ、東海レックス戦(6.2回1失点)で白星を収めた。
 二大大会(都市対抗、日本選手権)出場実績は無し。

 174cm71kg、力投型のスリークォーター左腕。
 セットからやや体を捻って足を上げ、テイクバック深めに早めに着地し、角度をつけた投球フォームから
 投げ込む最速148㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後の切れの良い真っ直ぐと、
 左打者の外に逃げる120㌔前後から120㌔台の鋭いスライダー、120㌔台後半のチェンジアップ。
 直球を内外に投げ分け、スライダーを武器に空振りを奪う。中大戦で最多13三振。
 球持ちが今ひとつながらコントロールはまずまず。東都リーグ通算奪三振率6.23、与四死球率3.63。
 50m走で6秒0を計測する瞬発力を備える。遠投100m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-07-15(金)|2016年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑