佐藤 大将(JR東海)

ここでは、「佐藤 大将(JR東海)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



佐藤 大将(JR東海)

174cm74kg 右左 遊撃手 遠投100m 50m6秒0 愛工大名電 3年目
俊足好打好守の小柄な遊撃手。積極的な走塁も売り。高2秋以降は足首の怪我に悩まされた。

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12春: 3 .364 11  4 0 0 0 0 1 3 1  .500  .364
   12夏: 1 .250  4  1 0 0 0 0 0 1 0  .400  .250
   通算: 4 .333 15  5 0 0 0 0 1 4 1  .474  .333

  最新記事

 ■ 愛工大名電・佐藤主将「気合負け」と唇をかむ(SANSPO) 12/8/10

 第94回全国高校野球選手権・第3日第1試合(10日、浦添商6-4愛工大名電、甲子園)愛工大名電は序盤のミスも失点につながり、中盤の追い上げも及ばなかった。昨秋の神宮大会で準優勝するなど周囲の期待は高く、佐藤主将は「みんな(重圧を)感じていたと思う。気合負けした」と唇をかんだ。佐藤自身は脚をけがした昨秋以降、一人でリハビリに励むこともあり、主将としての役割を果たせなかったとの思いもある。「足を引っ張ってしまった。みんなに申し訳なかった」と話した。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12夏予: 6 .286 21  6 0 1 0 4 3 3 2  .375  .381

 ■ 名電と東邦が決勝へ、東海大会出場決定(asahi.com) 11/9/24

 第64回愛知県高校野球選手権大会の準決勝2試合が24日、小牧球場であった。愛工大名電が至学館を6―0で、東邦が愛産大工を6―3でそれぞれ下し、決勝に進んだ。投打で勝る愛工大名電が至学館を圧倒し、完封勝ちした。3回、適時三塁打を放った佐藤は、9回にも右越え本塁打を放ち、計4打点を挙げた。エース浜田は10奪三振、被安打1と好投した。
 昨夏の甲子園で準優勝した光星学院(青森)の4番を務めた田村龍弘(2年)は、昨秋も11試合で打率5割2分2厘、3本塁打、21打点と勝負強さをみせつけた。愛工大名電の佐藤は出場選手中トップの5本塁打と31打点を記録。荒木も打率5割2分6厘で25打点を挙げた。大阪桐蔭の森、田端、小池の3選手は打率5割を超える。北照(北海道)の1番、吉田は打率6割3分2厘を記録した。(SANSPO)

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   11秋公: 16 .491  57 28 5 4 5 31 7 12 6  .580  .982 
   11秋全: 34 .439 123 54 13 6 6 44 15 23 6  .527  .789

 ■ 愛工大名電が東邦破り決勝進出/愛知大会(日刊スポーツ) 11/7/29

 名門校同士の対決は、お互いのプライドのぶつかり合いとなった。2回裏に愛工大名電が先制すると、5回表に東邦が1番柴田洋輝(2年)の中前適時打などで3点を奪い逆転。しかし、愛工大名電はその裏、浜田達郎投手(2年)の右本塁打、佐藤大将内野手(2年)のランニング本塁打などで一気に5点を挙げ6-3と再逆転した。最終回の東邦の反撃を1点に食い止め、愛工大名電が決勝に進出した。

      試合 打率 打 安 本 点 
   11夏予: 6 .385 26 10  1  5

  プロフィール

 愛知県春日井市出身。
 佐藤 大将(さとう・だいすけ)遊撃手。
 小学6年時にドラゴンズJr.に選出され、外野手として12球団ジュニアトーナメントに参加。
 藤山台中時代は東山クラブで内野手を務めた。

 愛工大名電では1年春からベンチ入り。
 同夏には7番二塁手レギュラーをつかみ、5試合打率.375(16打数6安打)マーク。
 2年夏は主に3番三塁手を務め、6試合打率.385本1点5の好成績で県準Vに貢献した。
 準決勝東邦戦で右越えランニング3ランを記録すると、決勝至学館戦では中前打を放った際に、
 わずかな隙を逃さず二塁を陥れ(到達8秒13)、持ち前の脚力を披露している。
 2年秋は主将4番遊撃手の大黒柱を任され、右足くるぶし疲労骨折を抱えながらも、
 16試合打率.491(57打数28安打)、チーム最多5本塁打31打点の大活躍でチームを牽引。
 夏決勝の再戦となった県準決勝至学館戦では、左越え2点三塁打、右越え2ランを放っている。
 11月中旬に手術を受け、神宮大会には出場できず、以降2ヶ月間の戦線離脱。
 3年時に春4番、夏3番として甲子園に出場し、春選抜で準々決勝進出を達成した。
 選抜初戦宮崎西戦で外角直球を左前打、準々決勝光星戦で外角スライダーを引き付け、
 三遊間を破る左前打を放つなど、合計4試合で打点なしの5単打4四死球を記録。
 中日などプロスカウトから注目され、志望届を提出したが指名漏れとなった。
 当時のチームメイトに濱田達郎(中日2012年2位)ら。

 174cm74kg、三拍子揃った小柄な遊撃手。
 リストの強さを生かし鋭いスイングで広角に打ち分ける左の好打者。
 打球への反応、フットワークが良く守備範囲の広い好守の遊撃手。二塁、三塁をこなす。
 50m6秒0、一塁到達4.2秒前後、二塁到達8.1秒台の俊足を飛ばし長打を記録、
 判断良く次の塁を狙う積極果敢な走塁が光る。遠投100m。
 野球センスに優れた遊撃手としてプロからも注目されたが、2年秋に右足首手術を受け、
 3年春選抜では1回戦で左足首を痛めるなど、高校時代は怪我に悩まされた。

  スカウトコメント

中日・中原スカウト|12/4/1
 「広角に打てるし、守っているときの足の運びがいい。俊足だし、魅力がある」
中日・中田スカウト部長|12/3/28
 「野球センスが光った」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2013-01-21(月)|2015年社会人野手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人野手 | コメント(0) Page Top↑