瀬戸 茂孝(天理大)

ここでは、「瀬戸 茂孝(天理大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



瀬戸 茂孝(天理大)

181cm86kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ 市尼崎高
伸びのある144㌔直球とスライダー。2年春の大体大戦で初先発初勝利。高3夏に15奪三振マーク。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   13春:        登板無し
   13秋: 2 0勝0敗  6.1  6  6  5  3  4.26
   14春: 6 2勝1敗 25.2  26  21  18  8  2.81
   14秋:        登板無し
   15春: 3 0勝1敗  8.1  10  6  7  4  4.32
   15秋:        登板無し           
   通算: 11 2勝2敗 40.1  42  33  30  15  3.35
         被安打率9.37 奪三振率7.36 四死球率6.69

投手成績詳細

   13秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   関国大    3.1  2  2  2  0 
   大体大     3  4  4  3  3
          6.1  6  6  5  3 防4.26
      被安打率8.53 奪三振率8.53 四死球率7.11

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   関国大     1  0  2  2  0
          0.1  0  0  1  1
   関外大    5.1  2  6  2  0
   大体大 先   7  8  6  5  5 ○
       先  5.1  11  3  3  1 ○
   甲南大 先  6.2  5  4  4  1 ●
         25.2  26  21  18  8 防2.81
      被安打率9.12 奪三振率7.36 四死球率6.31

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   関国大    3.1  3  1  0  1
          0.2  2  0  2  1 ●
   大産大 先  4.1  5  5  5  2
          8.1  10  6  7  4 防4.32
      被安打率10.80 奪三振率6.48 四死球率7.56

  最新記事

 ■ 市尼崎、報徳学園に惜敗 リベンジならず(毎日jp) 12/7/25

 市尼崎は報徳学園と対戦。昨夏の2回戦で敗れた相手に「リベンジを」と挑んだが、押し出し四球で先制を許し、そのまま0−1と惜敗した。市尼崎の先発は瀬戸茂孝投手(3年)。ピンチは四回裏に訪れた。先頭打者で報徳主戦の田村伊知郎選手(3年)に二塁打を許すと、制球を乱して2四球で2死満塁。「絶対に抑える」と内角を狙って投げたスライダーはわずかに外れ、決勝の押し出し四球となった。「気持ちが乗った良い球を投げたはずなのに、外れてしまった」。七回からマウンドを譲った金田甲志投手(2年)に試合後、「来年は頼むぞ」と声をかけた瀬戸投手。「きょうは自分のミスで負けてしまった。卒業後は大学に進んで野球を続け、プロを目指したい」と、この日の悔しさを糧にすることを誓った。

 ■ 能力ディーン先輩級!市尼崎・瀬戸15K完投勝利(スポーツ報知) 12/7/17

 ロンドン五輪男子やり投げ代表、ディーン元気(20)=早大=の母校・市尼崎(兵庫)が、エースの熱投で初戦を突破した。プロ注目の144キロ右腕・瀬戸茂孝(3年)が先発全員から毎回の15三振を奪い、161球で3失点完投。陸上界のニューヒーローに負けじと、29年ぶりの甲子園を狙う。「三振は意識していなかった。きょうは真っすぐが良かったです」。立ち上がりから右腕を全力でしならせ、初回、3回と3者連続三振。全161球のうち7割が直球と、力で押す投球だった。「しっかり指にボールがかかりました」とほほ笑んだ一方で、中盤以降は球が高めに浮き9回に2点差まで詰め寄られた。「勝ち急いだ。点数は50点」と反省も忘れなかった。先輩の「オーラ」を吸収した。9日に同校で開かれた五輪壮行会で初対面し、「堂々とした姿がかっこよかった。あんな雰囲気で投げられたら」と感激した。アスリートとしてのすごさも実感。瀬戸はスポーツテストの立ち幅跳びで2メートル60センチを記録したが、「ディーンさんは3メートル飛んでいたらしいです。ボクには絶対無理」と、身体能力の高さにも驚かされた。ディーンの2年時の担任だった元阪急(現オリックス)投手の竹本修部長(48)は「野球部の誰よりも肩が強かったし、投手をやれば150キロは出していたかも」と当時を振り返った上で、瀬戸について「きょうは良かったけど、まだまだ宝の持ち腐れ。ディーンとの共通点? 顔は似てるでしょ」。冗談交じりながらも、ディーン級の潜在能力を評価した。小学時代は自らも野球少年だったディーンは「甲子園を目指して頑張れ」と、竹本部長を通じてナインにメッセージを寄せた。

   12夏        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:姫路飾西 先  9  6  15  3  3
   4回戦:滝  川 先  9  9  8  3  2
   5回戦:報徳学園 先  6  4       1
              24  19       6 防2.25(失点から計算)

 ■ プロ注目の瀬戸も元気 先輩ディーン刺激(日刊スポーツ) 12/7/4

 兵庫の強豪・市尼崎から、五輪に臨むアスリートが誕生した。風にはためくディーン応援の垂れ幕が、グラウンドに向かうナインの目をとらえる。9日には壮行会が行われる予定。「ぼくらも負けてはいられません」と、エース瀬戸茂孝は力を込めた。プロ注目右腕の瀬戸は、29年ぶりの夏の兵庫代表への切り札だ。昨年の兵庫大会2回戦・報徳学園戦で敗れたが5回まで被安打0と好投した。今夏も6月の練習試合・龍谷大平安(京都)戦で、今年の高校球界を代表するスラッガー高橋大樹外野手(3年)から2三振を奪った。その試合で自己最速を2キロ更新する144キロをマークした。瀬戸は、帰省時に母校で練習するディーンとトレーニング室で顔を合わせた。「身体が大きくて、かっこいい方でした」。イケメンエースも、陸上界のスター選手に圧倒された。だが少し運命が変わっていれば、同じ白球を追う先輩と後輩になっていたかもしれない。ディーンは小学校時代、少年野球の捕手。今も熱心なオリックスファンで、草野球チームから誘われることもある。瀬戸の女房役、新井健大捕手(3年)は兄がディーンの市尼崎時代のクラスメート。「リーダーシップの取れる友だちだったと聞きました」と振り返る。身近な人が同じ環境で力を磨き、五輪に向かう。激戦区・兵庫だが「ぼくらにも必ずチャンスがある」と瀬戸。五輪開幕の翌28日、兵庫代表が決まる。

過去記事

 ■ 「報徳のイチロー」15K2失点完投&公式戦初アーチ(スポニチ) 11/7/14

 報徳学園は頼れるエース・田村伊知郎が投打に躍動し、市尼崎に5―2で逆転勝利した。前半は劣勢だった。田村が5回までに2点を失い、打線も相手先発・瀬戸の前に9三振を喫して無安打無得点と嫌なムードが流れた。だが6回に「逆転の報徳」が目覚める。9番・山下のチーム初安打を皮切りに1死満塁とし、前日の練習中にラグビー部員と接触して左足首を痛めた4番・越井勇が走者一掃の逆転三塁打。そして2死三塁から6番に入っている田村がダメ押しのアーチを右翼スタンドに叩き込み、勝利を決定づけた。

   11夏        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:報徳学園 先 5.1  3  9  2  4

  プロフィール

 兵庫県尼崎市生まれ。
 瀬戸 茂孝(せと・しげたか)投手。
 武庫の里小3年から野球を始め、常陽中では軟式野球部に所属。
 外野手兼投手として起用されていた。

 市尼崎高では1年夏から背番号11でベンチ入り。
 2年夏の県2回戦で強豪校・報徳学園と当たり、5回無安打9K無失点の力投で注目を集める。
 その後6回裏に3点三塁打を打たれ、6回途中4失点、2対5で悔しい逆転負け。
 秋の予選1回戦で8回1失点の好投を披露し、ヤクルトスカウトから球質の良さを評価された。
 続く2回戦・洲本高校戦は、島垣涼太を捉え切れず、惜しくも0対3で完封負け。
 ケガもあって3年春の大会を2回戦敗退で終え、夏に24回6失点で16強入りを達成している。
 初戦・姫路飾西戦で9回6安打3失点、先発全員から毎回15Kの力投を披露。
 5回戦・報徳学園戦は、4回に押し出しで失点し、6回4安打1失点、0対1完封負けに終わった。
 兵庫大会16強入りが最高成績。甲子園経験は無し。

 天理大進学後は1年秋からリーグ戦に出場。
 2年春の大体大1回戦でリーグ初先発を任され、8回途中6K5失点の粘投で初勝利を挙げた。
 リーグ通算11試合、2勝2敗、40回1/3、33奪三振、防御率3.35。

 181cm86kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 セットポジションから着地早めに投げ下ろす最速144㌔の伸びのあるストレートとスライダー、カーブ。
 直球と同じ腕の振りから繰り出されるスライダーで空振りを奪う。50m6秒7。
 高校2年からプロスカウトに注目されていたが、3年春に指の血行障害による不調を経験した。
 高校の監督から宮西尚生(日ハム)以上と評されていた好資質の持ち主。
 一方で馬力を生かしきれていない身のこなし、牽制、フィールディングを課題として指摘されていた。
 被安打率9.37、奪三振率7.36、四死球率6.69。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2016-03-04(金)|2016年大学生投手 | 阪神大学野球 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
瀬戸投手、市尼の歴史に名を刻んでくれ!
| 匿名 | 2012年06月25日(Mon) 12:53 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年大学生投手 | 阪神大学野球 コメント(1) Page Top↑