伊藤 侃嗣(東北福祉大)

ここでは、「伊藤 侃嗣(東北福祉大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



186cm75kg 右両 MAX150km スライダー・フォーク・カット・カーブ・ツーシーム 常総学院
最速150㌔直球を持つ本格派。高2春に投手転向。長身に高い瞬発力、肩肘の柔軟性を備える。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   13春:         登板無し
   13秋: 1 0勝0敗   1  0  0  1  0  0.00
   14春:         登板無し
   14秋:         登板無し
   15春:         登板無し
   15秋:         登板無し           
   通算: 1 0勝0敗   1  0  0  1  0  0.00

 ■ 甲子園成績

   12夏  回数 被安 奪三 四死 自責
   杵 築   1  0  0  0  0 142㌔
   桐光学  2.2  4  2  4  4 146㌔
        3.2  4  2  4  4 防9.82
    被安打率9.82 奪三振率4.91 四死球率9.82

  最新記事

 ■ 常総エース伊藤7回1安打快投/茨城大会(日刊スポーツ) 12/7/20

 常総学院の147キロ右腕、伊藤侃嗣(かんじ)投手(3年)が7回を1安打完封。ノーヒットノーラン目前の2死で二塁打を許したが、中学時代100メートル走全国7位の身体能力で、フィールディングにも見せ場をつくった。いける。そう思っただけに、悔しさは苦笑になって表れた。「狙ってました。簡単に2死までいって、安心しちゃったのかも」。連続三振で7回ノーヒッターまであと1人。伊藤が投じた131キロのカットボールは、大きく左中間へはじき返された。初の大記録は露と消え、衝撃のひと言を放つ。「でも、投手やりたてで達成したらつまらないですよね」。そう、これでまだ投手歴1年なのだ。抜群の運動センスを誇る。186センチから投げ下ろす直球は、この日144キロ、7奪三振。6回無死一塁では、痛烈なピッチャー返しを難なくとらえ併殺とした。「短距離走のスタートと一緒です。フィールディングも反応の速さなので」。例えが独特だが、実は伊藤、めちゃくちゃ足が速い。中3の時、野球部なのに100メートル走で全国7位に入賞。10秒96をマークした。女子の部では、ロンドン五輪女子400メートルリレー代表の土井杏南(埼玉栄2年、当時中2)が11秒89で優勝している。「土井さん当時から有名で。今走ったら負けそうです」と笑い飛ばすが、男女の差こそあれ、五輪代表選手より1秒近く速かったことになる。5月の練習試合では、この日160キロを出した花巻東・大谷が守る中前への安打を二塁打にしてしまったほど。だから入学時は、「脚がウリ」の外野手だった。しかし送球に難があり、制球訓練で打撃投手を務めたことから昨年4月、本格的に投手に転向。自分に合うスタイルを見つけようと「片っ端からいろんな人をマネしました。先週マー君だったから今日はマエケンでいこう、みたいな感じで」。変化球も5種類まで増え、わずか1年で、プロが注目するまでに成長した。かつてのライバル? 土井杏南は、もう日の丸を背負っている。「かっこいいなって刺激になります。自分も甲子園で活躍すれば、ああいうふうになれますかね」。五輪期間中に幕を開ける甲子園。その出場権を得るまで、伊藤得意のロケットダッシュは止まらない。
 見守っていた木内幸男前監督は「まだ野球の機微が分かってねえな。打たせるところはバックを信じて打たせなきゃ。甲子園で勝つには伊藤が本当のエースにならないと駄目だっぺ」と厳しかった。(スポニチ)

   12夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:大子清流     1  1  0     0
   3回戦:水戸啓明 先   7  1  7  2  0
   準々決:藤  代 先  3.2  5  0     3
              11.2  7  7  4  3 防2.31(失点から計算)
           被安打率5.40 奪三振率5.40 四死球率3.09

 右手人差し指、中指のマメをつぶしていたんだそうで、登板は少なめでした。
 フォームからも伸びる要素は少なからずありそうですね。野手で評価する球団もあるんだそうです。

 ■ 常総 エースは100メートル走全国7位の“初心者”(スポニチ) 12/6/21

 第94回全国高校野球選手権大会茨城大会の組み合わせが20日、決まった。常総学院は昨年途中に投手に転向し打撃投手からはい上がったエース・伊藤侃嗣(かんじ)投手(3年)を中心に、09年以来3年ぶりの甲子園出場を狙う。つい1年前は打撃投手だった。その前は遊撃手で、茨城・中根台中のときは外野手だった。それが今やMAX147キロのドラフト候補。常総学院の右腕・伊藤は無限の可能性を秘めている。「経験豊富な投手のようなマウンドさばきはできない。それに勝てるのは気持ち。自分が甲子園に連れていくんだという気持ちでやりたい」。1メートル86の長身から投げ下ろす直球には伸びと威力がある。昨春、木内幸男前監督に「一回やってみっぺ」と言われて投手になった。ただ、最初は打撃投手。ベンチ入りした昨夏は背番号19だった。それが夏の投げ込みで急成長。背番号も昨秋の10、今春の3から今夏は佐々木力監督からエースに指名された。「足は速いけど、野手としての送球に器用さがなくてね。それで投手をやらした。いい球投げるようになったよ」。昨夏限りで勇退した木内前監督はそう振り返る。中学時代は陸上100メートル走で全国7位。高い身体能力を投手で開花させたのも木内マジックだろう。84年夏、木内前監督率いる取手二の二塁手で全国制覇した佐々木監督も「1年でこれだけ伸びた投手はいない。気負わないで力を出してほしい」。今春、負傷した中指をかばって投げているうちにツーシームを習得。その新球が夏は大きな武器になる。「常総の背番号1は重い。だからやりがいもある」。経験不足をエースの自覚で補い、3年ぶりの甲子園へ挑む。

 ■ 常総学院 茨城1位、6年ぶり10回目(毎日jp) 11/10/25

 投手陣はエース左腕の菅原拓那投手(2年)や右腕の伊藤侃嗣投手(同)など、勝負どころで安定感のある投手が豊富。守備も失策が少ない。打撃は、主将の杉本智哉捕手(同)を中心に、どの打順からでも得点できる切れ目のない打線が特徴。特に上位打線では、高島翔太右翼手(1年)や菅原投手が好機を作る。県大会優勝はセンバツ制覇(01年)につながった00年以来11年ぶり。木内幸男前監督が今夏引退し、取手二時代の教え子、佐々木力監督が新チームを率いる。佐々木監督は「関東大会では雰囲気にのまれないように戦いたい」と力強く語る。

   11秋関東  回数 被安 自責
   甲府工  先 2.1  2  2 144㌔

  プロフィール

 茨城県龍ケ崎市出身。
 伊藤 侃嗣(いとう・かんじ)投手。
 久保台小2年時から野球を始め、中根台中では軟式野球部に所属。
 3年時に茨城オール県南チーム入りを果たし、中堅手としてKボールの全国大会に出場した。
 陸上競技100m走で関東大会2位、全国大会7位入賞の実績を持つ。

 常総学院では1年時からベンチ入り。
 入学当初1年間を外野手・遊撃手として過ごし、2年春になって本格的に投手の練習を始める。
 2年秋に背番号10で11年ぶりの県大会V、関東大会進出(初戦敗退)を経験。
 延長10回を制した準々決勝・霞ケ浦高戦で、3.2回7奪三振無失点の好リリーフを披露した。
 6回裏に左越え同点2ランアーチを放ち、投打に渡る活躍でサヨナラ勝ちに貢献。
 先発としては決勝・下妻二戦で8回途中7K、7安打4四死球1失点の粘りの投球を見せた。
 関東大会1回戦・甲府工戦を2.1回2失点、3対5(144㌔マーク)で落とし敗退。
 2、3回と先頭を四球で出塁させ、暴投で進塁を許すなど、不安定な投球でKOを喫している。
 3年春に自己最速の147㌔を叩き出し、主戦となった3年夏に県大会Vを達成。
 マメをつぶした影響により控えが主戦格を務め、登板は3試合で合計11.2イニングに留まった。
 救援で甲子園2試合3.2イニングに登板し、最速146㌔、4四死球4失点を記録。
 147㌔腕として巨人などプロからも注目されたが、志望届は提出せず福祉大への進学を選んだ。
 当時1学年下に内田靖人(東北楽天13年2位)ら。

 東北福祉大進学後は1年秋からリーグ戦に出場。
 リリーフで1試合1回のみと登板機会に恵まれず、リーグ戦未勝利のままで3年秋までを過ごした。
 リーグ通算1試合、0勝0敗、1回、0奪三振、防御率0.00。

 186cm75kg、手足の長い長身細身の本格派右腕。
 セットポジションから早めに着地し、小さめのテイクバックを取り、開きながらも肘を柔らかく使った
 腕の振りから投げ下ろす最速150㌔、常時140㌔台前半から中盤の直球と、
 110㌔台から120㌔台の縦スラ、130㌔台のフォーク、120㌔台のカット、110㌔台のカーブ。
 真っすぐを武器とする本格派。精度に不安が残るが、多彩な変化球を操る。
 体重移動、開きの早さに課題のある粗削りなフォーム。高校2年春から投手専念となった。
 ランナーを背負った時のピッチングも課題の一つ。制球力にはバラツキが残る。
 中3夏に100m10秒96の好タイムで関東2位入賞を果たしたバネの持ち主。肩ヒジが柔らかい。
 右打席で一塁到達4.2秒台。運動能力の高さが魅力。

  スカウトコメント

巨人・山下哲治スカウト部長|12/8/16
 「直球に速さがある常総学院・伊藤侃嗣君は将来性に期待できます」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-12-22(火)|2016年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑