小田 裕也(日本生命)

ここでは、「小田 裕也(日本生命)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



172cm75kg 右左 外野手 遠投110m 50m6秒0 九州学院→東洋大 3年目
俊足巧打の左打者。守備範囲広い強肩中堅手。大学選手権決勝で福谷浩司からサヨナラ弾。
2014年オリックス8位(契約金2500万円、年俸1000万円)

  動 画

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   12都: 2 .000  3  0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   12日: 3 .600 10  6 0 1 1 4 1 1  .636 1.100
   13都: 1 .000  4  0 0 0 0 0 1 0  .000  .000
   13日: 2 .000  7  0 0 0 0 0 3 2  .222  .000
   14都: 1 .250  4  1 0 0 0 0 1 0  .250  .250
   14日: 4 .357 14  5 1 1 0 1 2 1  .400  .571
   通算: 13 .286 42 12 1 2 1 5 8 4  .348  .476 

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   08春:           出場無し
   08秋:           出場無し
   09春: 6 .333  3  1 0 0 0 1 0 0 0  .333  .333 
   09秋: 9 .125  8  1 0 0 0 0 5 1 0  .222  .125
   10春: 11 .000  6  0 0 0 0 0 4 0 0  .000  .000
   10秋: 9 .000  5  0 0 0 0 0 1 2 0  .286  .000
   11春: 11 .261  46 12 1 0 0 3 12 2 1  .292  .283(9位)
   11秋: 13 .360  50 18 1 1 0 7 9 12 0  .484  .420(1位)
   通算: 59 .271 118 32 2 1 0 11 31 17 1  .363  .305
    ※ 11秋:首位打者 11春秋:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   09選: 1  -  0  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000 
   10選: 2  -  0  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   11選: 4 .176 17  3 0 0 1 2 4 0 2  .176  .353
   通算: 7 .176 17  3 0 0 1 2 4 0 2  .176  .353

  最新記事

 ■ オリドラ8は“職人”志望「嫌な選手だと思われたい」(スポニチ) 14/11/27

 オリックスからドラフト8位で指名された日本生命・小田が契約金2500万円、年俸1000万円で仮契約。背番号は「50」に決まった。「契約書の内容を読んでいるときにプロの実感が湧きました」と思いも新た。1メートル72と小柄ながら、50メートル6秒0の俊足と広い守備範囲を誇る外野手だけに「華々しい選手というよりは、相手チームに嫌な選手だと思われたい」と“職人”を目指す。
 ドラフト8位指名の日本生命・小田裕也外野手(25)はセールスポイントを「走塁と肩と守備力」とした。「守備や走塁で代表的なプレーヤーになりたい。人が思いつかないようなプレーをしたい」と、ファンを驚かせるプレーで魅せると誓った。(日刊スポーツ)
 マーリンズ入りが秒読みとなっているイチロー外野手(41=ヤンキースFA)が、古巣オリックスの新人選手に向けて出血大サービスの「イチロー講座」を開いたキャッチボールした同8位小田裕也外野手(25=日本生命)は「腕のしなりがすごい。1球目から強い球を投げてこられたんで、張り合おうと思った。雲の上の存在。オーラがすごかった」。本屋敷コーチによると、イチローは小田の肩を絶賛していたという。(日刊スポーツ15/1/22)

 ■ 日本生命 初回5連打で4点!オリドラ8小田は1打点(スポニチ) 14/11/9

 日本生命が初回に5連打などで4点を奪って快勝した。オリックスからドラフト8位指名を受けた小田は「9番・中堅」で出場。8回に三菱重工名古屋の3番手・中根から適時二塁打を放って1安打1打点だった。しかし、巨人の3位指名右腕・高木との「ドラフト対決」では3打数無安打に抑え込まれ、「コーナーを丁寧に突かれた」と渋い顔。来年からの本拠・京セラドームで試合が続くことには「いい練習になっています」と目を細めた。

 ■ オリ森脇監督が日生・小田視察「楽しみ」(日刊スポーツ) 14/11/3

 オリックス森脇浩司監督(54)が3日、京セラドーム大阪で社会人野球日本選手権2回戦に出場したドラフト8位指名の日本生命・小田裕也外野手(24=東洋大)を視察した。小田は9番中堅でスタメン出場。強肩と俊足を生かした守備と走塁が持ち味で、打撃でも8回の第4打席に右前打を放った。森脇監督は「守る方で注目していたが、怠りのない、いいスタートが切れる動きをすべての投球に関してやっていた楽しみな選手だと思う」と期待した。

過去記事

 ■ オリ8位小田はイケメン!美しすぎる外野手(日刊スポーツ) 14/10/31

 オリックス8位の日本生命・小田裕也外野手(24=東洋大)が大阪市の同社で、オリックス加藤編成部長、内匠、柳川両スカウトの指名あいさつを受けた50メートル6秒の俊足と遠投110メートルを誇る外野手。昨秋のドラフトは指名がなく、同期の巨人小林、ロッテ吉原、井上らより1年遅れたが「入団が決まれば、プロでセンターを守れる選手になりたい」と力を込めた。正式にオリックスの一員になれば、オリ姫騒然の“美しすぎる外野手”は「まずは明日からの日本選手権に向けて精いっぱい頑張りたい」と語っていた。

       打率 打 安 本 点 振 球 盗 出塁率 
   13年公: .241 83 20 0 4 16 13 8  .344

 ■ 隠し玉は俊足巧打!阪神、日本生命・小田を最終指名候補に(SANSPO) 13/10/24

 阪神は23日、東京都内でスカウト会議を行い、日本生命の小田裕也外野手(23)を最終指名候補に残したことがわかった。小田は50メートル6秒の俊足とシュアな打撃が売りの左打者。東洋大4年時にはリーグ首位打者に輝き、今年4月に行われた巨人とのプロアマ交流戦では先頭打者弾も記録した。2012年のドラフト1位・伊藤隼が伸び悩むなど、若手外野手の人材不足。小田の広い守備範囲と遠投110メートルの強肩もリストアップされた大きな理由だ。

 昨年は二大大会11打数で無安打でしたが、主要大会でトップの7盗塁、18得点を記録したようです。

 ■ 日生・小林を巨人熱視線!阿部後継候補だ(日刊スポーツ) 13/4/23

 巨人が今秋ドラフト上位候補選手の日本生命・小林誠司捕手(23=同大)に熱視線を送った。22日、川崎市のジャイアンツ球場で2軍対日本生命のプロアマ交流戦が行われ、原沢球団代表兼GMやスカウト陣が異例の大集結。注目を集める中で社会人屈指の捕手は強肩を披露し、好リードで8-3の「金星」に導いた。異例の大集結だった。原沢球団代表兼GMが視察に訪れ、山下スカウト部長をはじめとするスカウト陣も大挙した。強豪の日本生命は注目選手ぞろい。1番打者の小田裕也外野手が初回、初球を先頭打者弾と評価を上げた模様だ。原沢球団代表兼GMは「社会人同士の試合より、プロ相手でこっちも藤村、河野とか出て指標になった」と判断材料を得た。近未来の巨人を担う人材を多角的に探していく。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   13都予: 3 .385 13  5 3 0 0 1 0 1 0  .429  .615

      打率 打 安 本 点 振 球 盗 出塁率
   12公: .370 73 27 1 11 12 10 6  .446

 ■ 「まさか打てるとは」バースデーアーチの日生・小田裕也(毎日jp) 12/11/5

 今大会第1号は打った瞬間という一撃だった。「(職場の人に)バースデーアーチを打ちますと宣言していた。でも、まさか打てるとは気持ち悪い」。誕生日を自ら祝い、頬を緩めた。六回無死一塁で、真ん中速球を右翼スタンドに運んだ。四回にも2点三塁打を放つなど、3打数3安打4打点。圧勝劇に貢献した。昨年6月の全日本大学野球選手権決勝ではサヨナラ2ランを放ち、東洋大を2年連続大学日本一に導いた。昨秋は東都で首位打者も獲得。日本生命入社後は社会人の多彩な投球術に対抗するため、下半身を使って振り切る力を磨いた。172センチ、69キロと小柄だが、「肩も足もいいし、1、2、3番を打つ力もある」と花野監督の評価も高い。6回無失点の先発・吉原や先制犠飛を放った捕手・小林、4安打の井上らは同じ社会人1年目。「同期の活躍はうれしいけど、ジェラシーもある」。若手の切磋琢磨が関西の伝統チームを活性化している。
 打線爆発の日本生命の中で、社会人1年目の7番小田裕也外野手(23)が3安打4打点と大活躍した。4回に2点三塁打、6回には大会1号本塁打となる2ランを右翼席に運んだ。「社会人になって初めての本塁打。手応えがありました」と小田。(日刊スポーツ)

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12都予: 6 .333 15  5 0 0 0 1 3 2 1  .412  .333

 ■ 東洋大・小田、史上2人目の決勝サヨナラ弾!(スポーツ報知) 11/6/12

 20度目となった東京六大学と東都大学による決勝は、東洋大が慶大に延長10回、小田裕也の2ランで3―1のサヨナラ勝ち。2年連続4度目の日本一に輝いた。連覇は97、98年の近大以来、史上5校目、7度目。伏兵の一撃で試合が決まった。10回無死一塁。1番・小田裕也が初球の直球を強振すると、打球は右翼席中段に飛び込んだ。「最高です。サヨナラどころか、リーグ戦でホームランも打ったことないのに」。決勝戦でのサヨナラ弾は84年の法大・山本貴以来2人目。身長172センチの小さなヒーローは興奮を隠せなかった。指揮官の言葉で生き返った。今春のリーグ戦で自身初のベストナインを獲得も、今大会は準決勝まで3試合で計12打数1安打。高橋監督から試合前に「本当はスタメンで使わないつもりだったけど、バッティングのことは忘れろ。(中堅の)守備で頑張れ」と言われ、重圧から解放された。サヨナラ弾も「インコースが多いから、後ろに下がって立て」との指揮官の指示が生きた。「監督さんを胴上げできてよかった。リーグ戦優勝時の胴上げ拒否? わざとだと思うけど、あれで絶対勝たないといけないと思った。乗せられちゃいましたね」と小田は笑った。

 守備力、脚力に加え4年秋になって打撃で結果を残し昨秋は複数ドラフト雑誌に
 写真付きで紹介されていた外野手です。三拍子揃った左の外野手は比較的多いだけに
 社会人で更に磨きをかけ目立つ活躍を期待ですね。

  プロフィール

 熊本県八代市出身。
 小田 裕也(おだ・ゆうや)外野手。
 八千把小時代に軟式野球を始め、八代四中では軟式野球部に所属。

 九州学院では2年秋に6番・ライトとして九州大会を経験。
 3年夏は1番打者として決勝進出に貢献したが、八代東高に6対8で敗れ準優勝に終わった。
 県大会準優勝、九州大会2回戦が最高成績。甲子園出場実績は無し。
 同期に福田芳幸(MHPS横浜)、松永大介(セガサミー)ら。

 東洋大進学後は2年春からリーグ戦に出場。
 3年秋までは代走、守備固め中心に起用され、4シーズン35試合でわずか2安打のみにとどまる。
 2年春の立正大戦で二塁内安を放ち、延長12回3対2でのサヨナラ勝ちに貢献。
 4年時になって1番・センターの定位置をつかみ、春秋連続で外野手ベストナインを受賞した。
 秋にリーグ3位18安打(12四死球)を量産し、打率.360点7で首位打者を獲得。
 白崎勇気から中越え適時三塁打(低め直球)、東浜巨から逆転適時二塁打を放っている。
 全国大会には2年春(ベスト8)・3年春(優勝)・4年春(優勝)の選手権に出場。
 4年春になって1番・中堅で全4試合に先発し、連覇を決める決勝での劇打で注目を集めた。
 10回無死1塁からの初球144㌔を弾き返し、福谷浩司から右翼中段サヨナラ弾。
 準決勝・九共大戦8回1死1、2塁のピンチでは、中前への詰まった打球をダイビングキャッチし、
 追い上げを阻む好守で2投手による完封リレーをアシストしている(2対0で勝利)。
 4年時になって年間30安打の好結果を残したが、プロ志望届は提出せず社会人入りを選んだ。
 リーグ通算59試合、打率.271、32安打、0本塁打、11打点、1盗塁。

 日本生命入社後は1年目から公式戦に出場。
 日本選手権で7番・中堅手として6安打を放ち、打率6割4打点の好成績で優秀選手賞に輝く。
 初戦・四国銀行戦で2点タイムリー3塁打、右越えの1号2ランなど3安打4打点。
 2年目4月に行われた巨人2軍との交流戦で、ソロを含む2安打1四球、1打点1盗塁を記録し、
 同球団のスカウトから高い評価を受けた(雨宮敬から右越え初球先頭アーチ)。
 都対では2次予選3試合で5安打(2塁打3)を放ち、1番・センターとして代表権獲得に貢献。
 二大大会・本戦ではノーヒットと活躍できず、いずれも早期敗退を味わっている。
 3年目・都対では左中間の大きなフライを好捕し、センターとして守備範囲の広さをアピールした。
 二大大会通算13試合、打率.286、12安打、1本塁打、5打点。

 172cm75kg、俊足好守巧打の小柄な外野手。
 広角に打ち分ける左の巧打者。思い切りが良く勝負強いバッティングが持ち味。
 セーフティーバントを仕掛けて出塁を試みるなど、スピード感のあるプレーを見せるリードオフマン。
 50m6秒0、左打者で一塁到達3.9秒台、三塁到達11.2秒のスピードが売り物。
 2年目JABA主要大会で社会人最多7盗塁、18得点を記録している(15三振で率は残せず)。
 中堅手としては高い脚力を活かした広い守備範囲が魅力。遠投110mの強肩。
 球際に強く再三ピンチを救ってきた好守が光る。

  スカウトコメント

オリックス・森脇浩司監督|14/11/3
 「守る方で注目していたが、怠りのない、いいスタートが切れる動きをすべての投球に関してやっていた。楽しみな選手だと思う」
オリックススカウト|14/10/23
 「足を使った野球ができる即戦力外野手。守備力、肩力と盗塁ができる走力(脚力)は1軍レベルの選手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-02-09(月)|2014年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2014年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑