内田 聖人(JX-ENEOS)

ここでは、「内田 聖人(JX-ENEOS)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



内田 聖人(JX-ENEOS)

178cm78kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ・チェンジ・カット・フォーク 早実→早大 1年目
140㌔前後の伸びのある直球で押すリリーフ右腕。3年春に7試合12.2回14三振3失点の力投を披露。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春: 5 0勝0敗  9.2  5  4  2  0  0.00
   12秋: 3 1勝0敗  4.2  2  3  2  0  0.00
   13春: 10 0勝0敗  10  7  11  4  5  4.50
   13秋: 1 0勝0敗  0.2  2  0  0  0  0.00
   14春: 7 1勝1敗 12.2  7  14  1  3  2.13
   14秋:         登板無し
   15春: 2 0勝0敗  1.1  1  1  2  1  6.75
   15秋:         登板無し           
   通算: 28 2勝1敗  39  24  33  11  9  2.08
         被安打率5.54 奪三振率7.62 四死球率2.54  

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   12選: 1  1.2  1  0  0  0 141㌔(神宮) 奈良産大 

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   10夏: 1  1  3  0  1  0 140㌔ 中京大中京

投手成績詳細

   12春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     2  0  1  1  0
   明大     4  1  1  1  0 141㌔
         0.2  1  0  0  0
   慶大     1  0  1  0  0
          2  3  1  0  0
         9.2  5  4  2  0 防0.00
     被安打率4.66 奪三振率3.72 四死球率1.86

   12秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     1  1  0  0  0
   明大    0.2  0  1  0  0
   慶大     3  1  2  2  0 ○
         4.2  2  3  2  0 防0.00
     被安打率3.86 奪三振率5.79 四死球率3.86

   13春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     1  0  2  0  0
         0.2  0  2  0  0 
   明大    0.1  1  0  0  0
         0.2  1  0  0  0
   立大    0.2  0  0  1  0
          1  1  0  0  1
   法大     1  2  1  3  4
          1  1  1  0  0
   慶大    1.2  0  3  0  0
          2  1  2  0  0
         10  7  11  4  5 防4.50
     被安打率6.30 奪三振率9.90 四死球率3.60

   13秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   慶大 先  0.2  2  0  0  0

   14春   回数 被安 奪三 四死 自責
   法大     1  0  2  0  0  144㌔
   立大    0.1  1  0  0  0  144㌔
         2.1  0  3  0  0 ○
   東大     1  0  0  0  0  142㌔
   明大     4  3  4  0  1
   慶大     2  0  3  0  0
          2  3  2  1  2 ●143㌔
        12.2  7  14  1  3 防2.13
     被安打率4.97 奪三振率9.95 四死球率0.71

   15春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     1  0  1  0  0 140㌔
   立大    0.1  1  0  2  1
         1.1  1  1  2  1 防6.75
     被安打率6.75 奪三振率6.75 四死球率13.50

  最新記事

 ■ 早大は投打に脇役が活躍で接戦制す/東京六大学(SANSPO) 14/428

 東京六大学春季リーグ第3週第3日(28日、立大3-4早大、神宮)エース有原と中村主将のドラフト候補2人に「いつもおんぶに抱っこ」と話す早大の岡村監督。この日は脇役が活躍しての勝利に満足そうだった。中村は無安打に終わったが、故障から復帰して今季初先発の小野田が四回に3ラン。決勝打の茂木は「今は本当におんぶに抱っこ。もっと自分たちが打たないと」と、さらなる援護を誓った。指揮官は好救援の内田の名前も挙げ「チーム一丸で戦ってくれた。(最終週の)早慶戦まで勝ち点を落とさずにいきたい」と戦いぶりに自信を深めていた。

 今春はこれまでよりも球速が出ていますね。最速144㌔、コンスタントに140㌔台を記録していました。

 ■ 早大・内田 新人戦では異例の10回完投(スポニチ) 12/10/30

 1回戦2試合が行われた。第2試合では早大の内田聖人投手(1年)が10回を1人で投げ抜いて、1失点の完投。チームも慶大に3―1で競り勝った。早大の最速148キロ右腕・内田が、10回を3安打1失点に抑え完投した。練習試合も含め大学初完投で「絶対勝ちにいくつもりだった」と142球の熱投を振り返った。同期の吉永は既に1年目から7勝を挙げている。自身は2番手で登板した27日の慶大戦で初勝利を挙げたばかりとあって「先発もできるところを見せられてよかった」とライバル心をのぞかせていた。

 ■ 直球に自信あり!早大1年・内田“ファンキー”好救援(スポニチ) 12/6/16

 早大の肝っ玉ルーキーが大仕事をやってのけた。1点リードの7回1死一、二塁から登板した内田は、直球勝負でピンチを切り抜けた。8回も無失点で抑えの有原につなぎ「とにかく抑えようという気持ち。ああいう場面の方が力が入ります」と笑った。斎藤(日本ハム)に憧れて早実に進学。2年夏には甲子園のマウンドに立ったが、昨夏の西東京大会決勝では、現チームメートの日大三・吉永と投げ合い、1―2で敗れた。吉永は今春リーグ戦で4勝を挙げ、13日の今大会初戦でも勝利を挙げた。12日には新宿で食事するなど、プライベートでは仲良しだが「正直悔しい部分はあります。今は向こうが上と認めて少しずつ上がっていきたい真っすぐの切れは自分の方があると思うので」とライバル心をあらわにした。今春リーグ戦では史上初の1年生投手初打席本塁打をマーク。最速146キロの直球で押す投球スタイルで、先輩からは「ファンキー」と呼ばれる。チームは吉永を温存し、5投手による継投で4強入りを決めた。「接戦で勝てて流れはいいと思います。(準決勝では)吉永に頑張ってほしい」と内田。親友兼好敵手にタスキをつなぐ、大きな1勝だった。

過去記事

 ■ 早大・内田、1年生投手で初の初打席アーチ!(スポーツ報知) 12/5/20

 首位・早大は、“斎藤佑樹2世”のド派手な大活躍で劣勢をはね返し、引き分けに持ち込んだ。3点を追う4回から登板した早実出身の内田聖人(1年)が、4回1安打無失点の好投。打っても、5回に初打席アーチと流れを呼び込んだ。1年生投手が春季リーグで初打席本塁打をマークするのは、六大学史上初の快挙だった。3点を追う5回、先頭の内田はバットを力任せに強振した。初球の直球は空振り。2球目のスライダーが甘く入ってくると、快音を残した打球は左翼席で弾む。初打席アーチ。「思い切り振ることだけを考えてました。まさか打てるとは」。高校通算わずか2本塁打。誰も予想していなかった一発を初々しく振り返った。白球にも魂を込めた。4回からリーグ戦2度目となるマウンドに上がると、7回までの4イニングを1安打無失点の好救援。しかも打者14人に、51球すべて直球を投げ込んだ。「気持ちを込めて、思い切り腕を振って投げました。ボールのキレには自信があるんです」。球速は140キロ前後だったが、自慢のストレート一本やりで明大打線をねじ伏せた。早実では、1年夏から公式戦のマウンドを任されるなど、“佑2世”として早くから注目を集めた。カーブ、スライダー、フォーク、スプリットと多彩な変化球を操るが、「真っすぐで押していくのが自分のスタイル」。クールな先輩とは正反対の投球スタイルで打者の胸元を突き、流れを力ずくで引き寄せた。昨夏の甲子園V右腕で、同じ「WASEDA」のユニホームを着る吉永健太朗(日大三)は、先発で3勝をマークしている。3年夏の西東京大会決勝では、投手戦の末に1―2で惜敗した。「吉永の活躍はうれしいけど、悔しい部分もある。自分も早く1勝したいです」。肝っ玉ルーキーはライバルへの負けん気の強さをのぞかせた。

 投打に思い切りの良いプレーが光りましたね。コントロールにはバラツキがあり最速で141㌔、
 常時130㌔台前半から後半といったところでしたが、球速表示以上に威力がありそうです。

 ■ 日大三、早実下し春夏連続出場!/西東京(SANSPO) 11/7/30

 センバツ4強の日大三が昨夏代表の早稲田実を2-1で破り、2年ぶり14回目の選手権出場を決めた。日大三・吉永、早実・内田の両先発が好投し、四回まではスコアボードに「0」が並ぶ投手戦となった。均衡を破ったのは日大三。五回裏、二死二塁から2番金子が左中間に適時二塁打。好投手・内田から1点を先制した。日大三は六回、菅沼が自身今大会2本目となるソロ本塁打を左翼スタンドに叩き込み2点目。七回にバッテリーのミスで1点を失ったが、粘る早実を2-1で振り切り、春夏連続出場を決めた。エース内田は強打を誇る日大三打線をよく抑えたが、援護がなかった。

   11夏        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:松 が 谷 先  6  2  5  1  0
   4回戦:昭  和 先  9  3  9  2  1
   準々決:国学久我 先  5  2  2  2  0
   準決勝:佼成学園 先  9  6  10  5  5 143㌔
   決 勝:日 大 三 先  8  5  3  5  2 144㌔
              37  18  29  15  8 防1.95(失点から計算)
          被安打率4.38 奪三振率7.05 四死球率3.65

 ■ 佑の後継 内田6回無失点/西東京大会(日刊スポーツ) 11/7/17

 昨夏の西東京を制した早実が、エース内田聖人(きよひと)投手(3年)の好投で松が谷に6回コールド勝ちし、3回戦に進出した。右腕から伸びのある直球を武器に力で押し、6回2安打無失点で今夏初登板を飾った。06年の斎藤佑樹投手(23=早大-日本ハム)らの全国制覇を見て、早実進学。栄光の背番号1は、表情を変えることなく淡々と投げ続けた。斎藤の系譜を継ぐ男は、境遇もそっくりだ。06年に全国制覇した早実に憧れ、静岡・伊東市から上京。兄寛人(かんと)さん(19)と、今は都内で2人で暮らす。群馬から上京し、兄の支えで大成した斎藤と同じように、親元を離れて野球に打ち込んでいる。昨秋には斎藤流トレーニングを導入した。斎藤から和泉実監督(49)づてに聞いた練習法で、捕手を30メートル先に座らせ、平地で投球練習するというもの。マウンドの傾斜を使えないため、ストライクを投げるには体全体を使うことが必要になる。これで、自然と重心移動を意識するようになった。その成果か、5月の掛川西(静岡)戦では最速148キロを記録した。ポーカーフェースも佑ちゃんばり…かと思いきや、意外な選手の名前が出てきた。「(06年に)斎藤さんと甲子園の決勝で投げ合った駒大苫小牧の田中さん(将大、現楽天)が、流れが悪いのに表情をまったく変えなかったんです。それを見て、自分も変えないようにしています」。好投手たちの要素をいいとこ取りをした「聖ちゃん」が、2年連続の甲子園へ突っ走る。

  プロフィール

 静岡県伊東市生まれ。
 内田 聖人(うちだ・きよひと)投手。
 小学生1年時から野球を始め、対馬中では伊東シニアに所属。
 3年夏にシニア日本代表に選出され、松本剛らと共に全米選手権に出場した。

 早稲田実業では1年春からベンチ入り。
 2年夏の選手権・中京大中京戦に救援登板し、1イニング(1失点)甲子園マウンドを経験する。
 秋の大会からエースナンバーを任され、3年春の招待試合で最速148㌔を計測。
 3年夏に西東京6試合中5試合の先発をこなし、5完投2完封、37回8失点で準Vを達成した。
 準決・佼成戦で5失点を許しながらも、10K(直球7、変化球3)の力投を披露。
 敗れた決勝・日大三戦(その後甲子園制覇)でも、5安打5四死球2失点の粘投を演じている。
 当時のチームメイトに重信慎之介(現早大)ら。

 早大進学後は1年春から救援でリーグ戦に出場。
 明治大1回戦で4回1安打無失点リリーフを演じ、5回の初打席で左翼席への初本塁打を放つ。
 1年春のデビュー戦から2年春にかけて、リリーフで13回17回2/3無失点を記録。
 1年秋の早慶1回戦でリーグ戦初勝利を飾り、3年春に抑えで防御率2.13の好成績を残した。
 2.1回を無安打3K無失点に抑えた立大3回戦で3シーズンぶりの白星をマーク。
 12.2回14奪三振、1敬遠の好内容を残したが、ケガもあって3年秋以降は目立てず終わった。
 全国大会には1年春の選手権に出場し、07年以来5年ぶりV(4度目)を経験。
 準々決勝・奈産大戦に4番手として起用され、1.2回無失点救援で大学初勝利を収めている。
 リーグ通算28試合、2勝1敗、39回、33奪三振、防御率2.08。

 178cm78kg、ガッチリした体格の本格派右腕。
 セットから重心を下げてインステップ気味に着地し、開き早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速148㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の伸びのあるストレートと、
 120㌔前後の縦スラ、110㌔台カーブ、130㌔台のカット、120㌔台チェンジ、130㌔前後のフォーク。
 伸びのある真っ直ぐを武器に押す投球が持ち味。一通りの変化球を揃える。
 大学ではリリーフとして活躍。抑えを務めた3年春に7試合12.2回14K(率9.95)3失点をマークした。
 制球はまずまずながら甘い球もやや多い。遠投110m、50m6秒3。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-11-29(日)|2017年社会人投手 | 東京六大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
2安打を放ったのは畔上(内野安打、右前打)と菅沼(中前打、本塁打)ですね。
菅沼の2安打は高めに浮いた直球を捉えたもので失投を減らしていくことが課題の一つとなりそうです。
| 管理人 | 2012年03月08日(Thu) 23:45 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
いい投手だと思います。
縦の変化球がいいです。
でも、畔上、清水には通用しなかったように、大学は少し厳しいかも。
| 匿名 | 2012年03月08日(Thu) 22:37 | URL #- [ 編集]
場所によっては「日大三の全国制覇の一番の壁となったのは都予選決勝」と言われるほどに(若干選手権出場校に対する揶揄気味ですが)、決勝戦での早実は高く評価されていました。

エースの内田投手も実力があると個人的には思っていて、名門早実に属し、且つわずかながら甲子園にも顔を出しているというのに、あまり注目度が高くないのが不思議なくらいですね。

大学で化けるタイプでしょうか。フォーム改善の余地があると思いますが、これからも頑張っていってほしいですね。
| ろん | 2012年03月08日(Thu) 00:12 | URL #aF03qbSI [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 東京六大学 コメント(3) Page Top↑