山本 竜也(大和高田クラブ)

ここでは、「山本 竜也(大和高田クラブ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm75kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ・フォーク・ツーシーム・スローカーブ 天理大 1年目
長身から投げ下ろす動くボールとスライダー、カーブ。6勝を挙げた3年秋に最優秀投手賞を受賞した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   13春:         登板無し
   13秋:         登板無し
   14春: 2  0勝0敗  3.1  4  3  5  5 13.50
   14秋: 3  0勝3敗  13.1  16  11  8  6  4.05
   15春: 5  4勝0敗   30  26  17  9  5  1.50(3位)
   15秋: 9  6勝2敗   56  50  33  19  18  2.89(6位)
   16春: 5  2勝0敗  15.2  19  10  5  7  4.02
   16秋: 8  3勝3敗  45.1  34  30  20  14  2.78(5位)
   通算: 32 15勝8敗 163.2 149 104  66  55  3.02
          被安打率8.19 奪三振率5.72 四死球率3.63
    ※ 15秋:最優秀投手 15春:敢闘賞

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   15神: 1 先   6  8  6  3  1 135㌔(神宮) 環太平洋大 ●

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   12春: 1    6.2  8  2  3  4 145㌔ 健大高崎 ●
   12夏: 2     8  7  5  7  3
            3  2  3  3  0 146㌔ 宮 崎 工
        先   5  5  2  4  3 145㌔ 大阪桐蔭 ●
   通算: 3   14.2  15  7  10  7 防4.30
       被安打率9.20 奪三振率4.30 四死球率6.14

投手成績詳細

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   関国大    2.1  3  1  3  3
   大体大     1  1  2  2  2
          3.1  4  3  5  5 防13.50
      被安打率10.80 奪三振率8.10 四死球率13.50

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   関国大 先  4.2  6  2  4  2 ●
   大産大 先  2.1  5  2  2  1 ●
   帝塚大 先  6.1  5  7  2  3 ●
         13.1  16  11  8  6 防4.05
      被安打率10.80 奪三振率7.43 四死球率5.40

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   大体大    5.1  6  3  1  0 ○
       先  5.2  4  3  2  0
   帝塚大 先   8  5  4  2  1 ○
           4  3  3  2  1 ○
   甲南大 先   7  8  4  2  3 ○
          30  26  17  9  5 防1.50
      被安打率7.80 奪三振率5.10 四死球率2.70

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   大産大 先   5  6  3  2  3 ●
           5  2  2  1  0 ○
   関国大 先   9  7  3  2  1 ○
   甲南大 先  7.2  9  5  5  5 ●
          3.1  1  2  0  0 ○ 
   大体大 先   9  9  3  2  4 ○
       先   9  10  6  4  4 ○
   帝塚大 先   7  4  9  3  0 ○
           1  2  0  0  1
          56  50  33  19  18 防2.89
      被安打率8.04 奪三振率5.30 四死球率3.05

   15秋代決  回数 被安 奪三 四死 自責
   奈良学 先   9  3  1  3  0 ○封
   大商大    2.2  2  3  3  0 ○
         11.2  5  4  6  0 防0.00
      被安打率3.86 奪三振率3.09 四死球率4.63

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   追手門 先   4  9  2  1  5
   関国大 先  2.1  3  2  2  1 
   帝塚大    4.1  1  0  2  0 ○
   大体大    1.2  3  4  0  1 ○
   大産大    3.1  3  2  0  0
         15.2  19  10  5  7 防4.02
      被安打率10.91 奪三振率5.74 四死球率2.87

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   追手門 先   9  7  4  2  1 ○
   関外大 先   6  3  2  4  2 ●
       先   7  6  2  1  1 ○
   大産大 先   7  8  8  2  4
       先  8.2  3  4  4  1 ●
   関国大 先  0.1  3  0  2  2
   大体大 先  6.1  4  9  5  3 ●
           1  0  1  0  0 ○
         45.1  34  30  20  14 防2.78
      被安打率6.75 奪三振率5.96 四死球率3.97

  最新記事

 ■ 天理大が初戦敗退「甘い球あった」山本3失点反省(日刊スポーツ) 15/11/14

 降りしきる雨の中、天理大が初戦敗退した。先発の山本竜也投手(3年=天理)は、6回3失点降板。「低めに丁寧に投げようと、バッテリーで言っていたのですが甘い球があって、それを痛打された。僕が粘って、終盤もう少し粘れたらと思っていたんですが。今日は自分たちの野球ができなかったのが第一です」と悔やんだ。

 ■ 天理大・山本大学初完封 藤原監督「大きな1勝」(日刊スポーツ) 15/11/1

 天理大・山本竜也投手(3年=天理)が大学初完封で準決勝進出に貢献。2年まで未勝利。今年も右手人さし指のケガで出遅れた。それでも春季途中から勝ち星を積み上げ秋季は6勝。この日も9回100球、3安打無失点。藤原監督は「非常に大きな1勝」と目尻を下げた。
 延長11回1死満塁で途中から救援の山本竜也(3年=天理)がサヨナラスクイズを決めた。(日刊スポーツ15/11/2)

 ■ 天理大が5季ぶり15度目の優勝 阪神大学野球(日刊スポーツ) 15/10/12

 天理大が帝塚山大に連勝し、5つ目の勝ち点を挙げて5季ぶり15度目のリーグ制覇を果たした。3回に多田大介捕手(3年=不二越工)の適時打などで2点をリード。1点差とされた後、6回には7連続長短打を含む12人攻撃で一挙6点を奪い突き放した。先発した服部僚亮投手(2年=市尼崎)が8回を2安打1失点と奮投し、9回は今季6勝のエース山本竜也投手(3年=天理)が締めた。山本竜は「優勝を決めるマウンドにいたのは初めてのことで、みんなが駆け寄ってくれたあの瞬間はとてもうれしかったです」と破顔一笑だった。

過去記事

 ■ 天理大・山本柊が1号V弾、5季ぶり優勝へ前進(日刊スポーツ) 15/10/7

 天理大は序盤で大体大に3点を先行されながらも追いつき、4-4となった7回に山本柊作外野手(2年=天理)が決勝弾4失点完投の山本竜也(3年=同)が4勝目を挙げた。天理大・山本柊が値千金の公式戦1号を放った。4-4の7回裏、右翼へ決勝弾。そこまでの3打席は好機で併殺、空振り三振など結果が出ず。藤原忠理監督が「3番として育てたい打者なので、代打ではなく山本にかけました」という信頼に応えた。

 ■ 天理、春初戦大敗の悔しさを夏の舞台で晴らす(MSN産経) 12/8/10

 今春の初戦で健大高崎(群馬)に3-9で大敗した天理が悔しさをバネに、3年ぶりの夏勝利を収めた。昨年7月に復帰、過去2度の全国制覇を誇る67歳の橋本監督は、甲子園で自身21年ぶりの白星に「初めて勝ったような気分」と目を細めた。一番に“奮投”したのは、左腕の中谷だった。春初戦では試合中に腰を骨折する負傷で途中降板。その後はリハビリが続き、投球再開は6月に入ってからだった。「まだ体力が戻っていない」と感じるが「マウンドに立てる喜び」を胸に6回を1失点に抑えた。「後ろに信頼できる投手がいるから」とそのエースからバトンを渡されたのは、2番手登板した右腕の山本。センバツでは6失点したが、この日は最速146キロの直球でグイグイ攻めのピッチング。3回を無失点に抑え「春以降は投げ込みをして、球速がアップした」という成長を勝利に結びつけた。
 「夏は暑いし、お客さんが多い。特別な雰囲気にのまれた」と四球と安打で無死一、二塁のピンチに。しかし、続く打者のバントを素早い身のこなしで処理し、三塁で封殺すると落ち着きを取り戻した。「次はゴロを打たせてゲッツーをとろう」。狙い通り、低めの直球で併殺打に打ち取った。8回途中に右手中指のマメをつぶし、「球が滑った」が、140キロを超す直球の威力は変わらず。最後の打者を高めの直球で空振り三振に仕留め、笑顔を見せた。試合後、「もっとコースを突く投球をしたい」と次戦を見すえた。(asahi.com)

   12夏        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:帝塚山     1  0     0  0
   準々決:郡 山 先  6.1  2       0
   準決勝:橿原学    0.2  2       2
              8  4  8  10  2 防2.25(失点から計算)
         被安打率4.50 奪三振率9.00 四死球率11.25

 ■ 天理の山本竜、降板悔やむ(時事ドットコム) 12/3/22

 天理は先発中谷が背中の痛みで2回途中に降板したのが、後半でたたった。マウンドを託されたのは、昨秋からベンチ入りする同期の山本竜。エースに「頑張ってくれ」と言葉をもらったが、踏ん張れなかった。1点勝ち越した直後の六回から自滅。健大高崎の足に揺さぶられ、「投げ急いで球が浮いてしまった」という。大黒柱の中谷とともにチームを支えてきたが、九回1死で走者を残し無念の交代。「(中谷に)任せろと言ったのに…。それが心残り」。雪辱する機会は、最後の夏に残された。

 140㌔超の真っすぐ、切れのある変化球を持つ割に空振りが取れないのは合わせやすい
 のかもしれないですね。甲子園では機動力に揺さぶられ6失点となってしまいました。

 ■ 闘争心エース級--天理・山本竜也投手(毎日jp) 12/3/1

 「(エースの)中谷じゃなく俺が投げる」。内に秘めた闘争心は確かにエース級だ。走り込みでは「自分を追い込むため」いつも先頭に立つ。最速142キロの直球、キレのある変化球が持ち味。昨秋は公式戦5試合に登板して防御率2・08、近畿大会準決勝(近江)で1失点完投など結果を出した。新たにフォークを習得し、指の筋肉を重りで鍛えて球威向上に取り組む

   11秋           回数 被安 奪三 四死 自責
   奈良2回戦:御 所 実     1  0       0
     準決勝:智弁学園    0.1  3       2
   近畿準々決:大坂桐蔭     4  5  2  1  1
     準決勝:近  江 先   6  5  4  1  1
     決 勝:智弁学園     6  5  3  0  0
                17.1  18  11  3  4 防2.08
             被安打率9.35 奪三振率5.71 四死球率1.56

      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   11秋全: 18  78  72  45  16  23  2.65  8.31  5.19 
1.85

 まだ被安打率高め、奪三振率低めですが報知高校野球では最速145㌔とされていて
 選抜出場投手でトップ5に入る最速記録の持ち主です。腕の振りがいいですね。

 ■ 天理が大阪桐蔭に勝ち4強入り/高校野球(日刊スポーツ) 11/11/4

 天理(奈良3位)が大阪桐蔭に逆転勝ちで4強入りし、来春選抜大会出場に当確ランプをともした。2番手で投入された天理・山本竜也(2年)がチームを救った。先発のエース中谷佳太(2年)が背中の痛みの影響もあり5回3失点降板6回から救援し、4イニングを1失点。7回には決勝の2点適時打を放った。「桐蔭に勝ててうれしいの一言。ミットめがけて必死で投げました」。ここまで公式戦登板は2試合計4イニングだが、橋本武徳監督(66)は「起用を迷っていては選手は育ちません」。信頼の起用に山本も応え、5年連続センバツを確実にした。

  プロフィール

 兵庫県加古川市出身。
 山本 竜也(やまもと・たつや)投手。
 加古川市立陵南中学校時代は明石ボーイズでプレー。

 天理高では制球難を克服した2年秋からベンチ入り。
 背番号11で5試合(リリーフ4)17.1回に登板し、145㌔直球を武器に防御率2.08の実績を残す。
 県大会までの出番は少なく救援で計1.1回(智弁戦で1/3回2失点)のみ出場。
 近畿大会になって登板数を増やし、3戦16回で15安打、9奪三振3失点の好結果を残した。
 大阪桐蔭戦で4回5安打1失点救援、近江戦で6回5安打11対1完投を記録。
 敗れた決勝・智弁学園戦(3対4)でも6回5安打3K無四球1失点の好救援を披露している。
 翌3年春の選抜初戦でリリーフ(2回二死から緊急登板)として甲子園デビュー。
 5回までを1安打無失点に抑えたが、その後リズムを崩し、6.2回8安打2K6失点でKOとなった。
 同年夏の甲子園4戦中2戦に起用され、抑えを任された1回戦で146㌔を計測。
 3回を2安打3K3四死球無失点に封じる力強さを増したピッチングで3対1逆転勝利に貢献した。
 同期に中谷佳太(現大阪ガス)、吉村昂祐(現永和商事)ら。

 天理大進学後は2年春からリーグ戦に出場。
 秋のリーグ戦で開幕を含む3度の先発を経験し、3年春に4勝0敗、防1.50で敢闘賞を獲得する。
 5.1回6安打3K1失点リリーフを見せた大体大1回戦でリーグ戦初勝利をマーク。
 3年秋の5季ぶりVに先発1番手として貢献し、最多6勝(3完0封)で最優秀投手を受賞した。
 続く神宮代表決定戦で2勝を記録し、11.2回無失点の好成績でMVPを獲得。
 初戦・奈良学園大戦で3安打1K完封勝利、続く大商大戦で決勝スクイズをマークしている。
 全国大会には3年秋の神宮大会(1回戦)に関西第1代表として創部初出場。
 初戦・環太平洋大戦に先発したが、6回までに3点を失い、打線もふるわず1対3で敗戦となった。
 通算32試合、15勝(4完投)8敗、163.2回、防御率3.02。

 181cm75kg、投手らしい体型の長身右腕。
 セットから着地早めにインステップし、大きいテイクバックを取り、開き早めに柔らかい腕の振りから
 投げ下ろす最速146㌔、常時130㌔前後から130㌔台の伸びのある真っすぐと、
 110㌔前後の縦スラ、100㌔前後のカーブ、130㌔前後の2シーム・カット、120㌔台のフォーク。
 2シーム、カットでバットの芯を外し、スライダー、緩いカーブとの緩急で翻弄する。
 高校時代は真っすぐ主体に押す本格派右腕。大学で技巧派寄りの投球スタイルに転身した。
 遠投110m、50m6秒2。高い身体能力を備える。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-03-29(水)|2018年社会人投手 | 阪神大学野球 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
大和高田クラブいくってさ。
| でっ | 2016年07月08日(Fri) 19:32 | URL #- [ 編集]
山本さんかっこよすぎですi-175
| むーみん | 2012年08月11日(Sat) 11:47 | URL #llc.2rwY [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人投手 | 阪神大学野球 コメント(2) Page Top↑