漆戸 駿(信濃グランセローズ)

ここでは、「漆戸 駿(信濃グランセローズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm80kg 右右 MAX147km カーブ・チェンジ・スライダー・シンカー・シュート 京学大 23歳
147㌔直球と変化球との緩急。高2秋に北信越大会準Vを達成、大会新32回連続0封をマークした。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   12春: 1  8  8  0  5  5 143㌔ 履正社

  最新記事

 ■ 地球環境 準々決勝敗退 通信制初の夏の甲子園ならず(スポニチ) 12/7/19

 松本一に1―3で逆転負けし、今春センバツ出場校の地球環境が準々決勝で姿を消した。6回に武藤の内野安打で先制したが、最速143キロ右腕・漆戸が7回に長打を2本浴びて2失点。8回にも1点を奪われ、勝負どころで踏ん張れなかった。通信制として初となる夏の甲子園出場を逃し、漆戸は「夏に甲子園に出ないと本当に強いチームと言えない。羽鳥監督ともう一度甲子園に行って恩返しがしたかった」と唇をかんだ。

   12夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:長野高専 先   5  3  4  3  0 
   4回戦:岩 村 田 先   3  0       0 
   準々決:松本第一 先   8  8  3  5  3
              
16  11       3 防1.69(失点から計算)

 ■ 夏こそ「通信制」のイメージ変える1勝を(デイリースポーツ) 12/3/26

 地球環境は通信制高校として春夏通じて初の甲子園出場を果たした。世間の注目も集めたが、3年の漆戸駿投手は「僕らは普通の高校生として試合に臨んでいる。特別な目で見られるのは嫌です」ときっぱり言った。通信制は学校に通わなくても家庭学習で単位を取得できるため、不登校などの事情を抱えた生徒が在籍するイメージが強い。しかし、野球部員は全員が寮生活を送り、毎日登校する。午前中は勉強に励み、練習は午後から。学校で出席数不足やリポートの提出期限に遅れると、練習には参加できない。全日制に通う球児となんら違いはない。漆戸は、かつて塚原青雲を率いて2度、甲子園に出場している羽鳥均監督のもとで甲子園出場の夢をかなえるため、地球環境への入学を決めた。「“普通の学校”の方がいいのでは」と心配をかけた家族を安心させるために、入学後は野球と勉学を両立させてきた。念願かなった夢舞台ではしっかりと成長した姿を披露した。入学時は110キロだった球速は、143キロを計測。強敵相手に互角の戦いを演じた。しかし、六回に勝ち越し2ランを浴びて勝利は手にできなかった。「甲子園に来られたことで地球環境の名前は知ってもらえたと思う。でも結果を出さないと意味がない。このままじゃ高校生活は終えられない。次は1勝したい」。高校球史に通信制の新たな一歩をしるした右腕は、休む間もなくリベンジの夏へ走り出す。

   11秋          回数 被安 奪三 四死 失点
   地 区2回戦:上田千 先  9  10  8  7  4
      3回戦:野沢北 先  10  5  8  3  1
      準決勝:小諸商 先  9  7  5  2  3
      決 勝:上田西    0          0
   長 野1回戦:田 川 先  7  5  9  2  1
      準々決:飯山北 先  9  7  6  6  1
      準決勝:松本一 先  9  9  4  4  0封
      決 勝:上田西   0.1          0 
   北信越1回戦:北 陸 先  9  4  6  1  1
      準々決:金沢西 先  5  3  2  1  0封
      準決勝:松商学 先  9  7  2  5  0封
      決 勝:敦賀気 先 12.2  9  0  8  1
                89  66  50  42  12 防1.11
            被安打率6.67 奪三振率5.06 四死球率4.25

 2年秋まではコントロールに不安があったようで速い球を投げることを重視したフォームでは
 なさそうですね。腕がしっかり振れたときはいい球もありました。

 ■ エースの素質開花--漆戸駿投手(2年)(毎日jp) 12/3/7

 箕輪町出身。中学時代、地元の硬式チーム「伊北シニア」に所属した。2番手以下の目立たない投手だった。「負けず嫌い」。羽鳥均監督は1年からエースとしての素質を見抜いた。1年春の東信予選。二回途中に5失点で降板した試合後「このままでは駄目だ」と1日5キロの走り込みを始めた。地道に下半身を鍛え、球速も制球力も向上し、背番号1の自覚も生まれた。センバツ出場決定後、寒い佐久市では満足な投げ込みはできず、指先の感覚が鈍った。暖かい埼玉県や静岡県への遠征で少しずつ感覚を取り戻す。ベンチ入り選手18人のうち、県内出身は4人。「長野県のチームとして精いっぱい頑張りたい」と意気込む。

  プロフィール

 長野県箕輪町出身。
 漆戸 駿(うるしど・すぐる)投手。
 小学2年から守屋スネークスで野球を始め、箕輪中時代は伊北シニアで控えピッチャー。

 地球環境高では1年秋に主戦の座を獲得。
 翌2年秋の予選で防1.11の活躍を演じ、創部7年目で県準V、北信越初出場・準Vを達成する。
 全12試合(10完3封)をこなし、89回42四死球、66安打12失点の粘投を披露。
 北信越大会初戦4回裏から同決勝12回裏にかけて大会新の32回連続無失点を記録した。
 準々決・金沢西戦で5回完封勝利、準決・松商戦で5四球完封勝利をマーク。
 決勝・敦賀気比戦(岸本山本の完封リレー)で延長12回まで0対0の投手戦を演じている。
 13回に3四球で二死満塁のピンチを作り、押し出しの死球で0対1サヨナラ負け。
 翌3年春の選抜初戦で甲子園デビューを遂げ、5回まで4安打3四球1失点の粘投を見せた。
 6回ウラに勝ち越し2ランを浴びるなど、6・7回に各2失点で8回5失点完投負け。
 3年夏予選を8強敗退(松本一に1対3)で終え、志望届を提出せず京学大への進学を選んだ。
 当時の同期に大滝勇佑(ホークス12年育成2位)ら。

 ケガもあって京都学園大時代に目立った実績は無し。
 3年春に全日本大学野球選手権ベンチ入り(登板無く専大に1対2で2回戦敗退)を経験した。
 3学年上のチームメイトに白濱尚貴(元三菱重工広島)ら。

 178cm80kg、スリークォーター右腕。
 振りかぶってステップ幅狭くインステップし、開き早めに、テイクバック小さく肘を使った腕の振りから
 繰り出す最速147㌔、常時130㌔台中盤から140㌔前後(高3春)の真っすぐと、
 90㌔台のカーブ、100㌔前後のチェンジアップ、110㌔台のスライダー。他にシンカー、シュート。
 直球とカーブとの緩急が中心。カーブの際に腕の振りが緩み決め手には欠ける。
 球の出所を隠したフォームから丁寧に投げこみ、打者を打たせて取る粘りのピッチングが持ち味。
 制球はまずまずながらバラツキもやや多い。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-04-01(土)|独立リーグ候補 | 京滋大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
今日(3月3日)の新日鐵住金広畑戦で先発した試合を観戦しました。
今日の試合では31/3を投げ、5四死球とかなり制球に苦しんでいました。時期的なものなのかまだまだ本調子ではないようでした。
| LINDY | 2013年03月03日(Sun) 20:46 | URL #- [ 編集]
漆戸投手は、地球環境の先輩宮下選手がクリーンアップを打っている京都学園大学に進学するようです。神宮大会で彼が投げているところを見たいですね。
| 澤 | 2012年12月31日(Mon) 21:43 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | 京滋大学 コメント(2) Page Top↑