石田 光宏(東京ガス)

ここでは、「石田 光宏(東京ガス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野



181cm85kg 右右 MAX150km スライダー・カット・ツーシーム 近江高→関西大 2年目
150㌔直球とスライダー、ツーシーム。タイミングを外す投球が持ち味。都市対抗で150㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   16都: 2    5  3  4  3  2
           2  1  1  0  0 150㌔ 三菱名古 ○
           3  2  3  3  2 144㌔ 日本新薬 ○
   16日: 1   5.1  5  5  1  1     ヤ マ ハ
   通算: 3  10.1  8  9  4  3 防2.61
      被安打率6.97 奪三振率7.84 四死球率3.48

 ■ 大学時代成績

     試合   勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春: 4  0勝0敗    7  2  11  1  0  0.00
   12秋: 8  2勝0敗  18.1  9  20  4  3  1.47
   13春: 10  4勝6敗  83.2  73  60  14  12  1.29(6位)
   13秋: 10  5勝4敗  58.2  67  45  14  20  3.07(9位)
   14春: 10  4勝5敗  69.1  47  47  16  11  1.43(4位)
   14秋: 11  4勝2敗   66  50  37  27  11  1.50(4位)
   15春: 11  5勝4敗  76.1  69  41  11  15  1.77(5位)
   15秋: 9  6勝2敗  68.2  50  48  5  6  0.79(1位)
   通算: 73 30勝23敗  448 367 309  92  78  1.57
          被安打率7.37 奪三振率6.21 四死球率1.85
    ※ 14秋:最優秀投手 15秋:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責  
   14神: 1 先   9  6  7  1  1 145㌔ 創価大 ●

投手成績詳細

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   京 大     1  1  0  0  0
           2  0  6  0  0
   近 大     3  1  4  0  0 
           1  0  1  1  0 
           7  2  11  1  0 防0.00
      被安打率2.57 奪三振率14.14 四死球率1.29

   12秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   京 大     2  0  2  0  0   
           4  2  4  1  0 ○
   関学大     2  3  3  0  2 ○
   同 大     2  1  3  1  0
   立命大    1.1  0  3  0  0 
          1.1  0  1  0  0
   近 大    4.2  3  3  2  1
           1  0  1  0  0
          18.1  9  20  4  3 防1.47
      被安打率4.42 奪三振率9.82 四死球率1.96

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責
   同 大 先   9  11  6  2  2 ○
       先   6  3  3  1  1 ●
       先   9  5  8  2  0 ○
   近 大 先   9  5  7  2  0 ○封
       先  10  10  6  1  1 ●
   立命大 先   8  7  6  0  2 ●
       先   7  6  5  1  2 ●
   関学大    7.2  8  6  2  1 ●
       先   7  11  4  2  2 ●
   京 大 先  11  7  9  1  1 ○
         83.2  73  60  14  12 防1.29 1131球
      被安打率7.85 奪三振率6.45 四死球率1.51

   13秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   立命大 先   9  8  5  1  3 ○
           5  5  6  1  0 ○
   関学大 先   9  7  6  5  0 ○
       先   4  7  2  2  6 ●
       先  1.1  6  1  0  3 ●
   同 大 先  2.1  6  3  1  3 ●
       先   9  8  8  3  0 ○封
           3  5  1  1  3
   京都大 先   7  8  4  0  2 ●
       先   9  7  9  0  0 ○封
         58.2  67  45  14  20 防3.07 815球
      被安打率10.28 奪三振率6.90 四死球率2.15

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   同 大 先 10.1  6  11  4  0 ●
       先   7  4  3  2  1 ●
   立命大 先   7  4  4  1  2 ●
          1.2  0  2  0  0 ○
       先   9  4  7  2  1 ○
   近 大 先   9  6  9  1  0 ○封
   関学大 先  4.1  7  2  3  5 ●
           1  0  2  0  0
       先  11  11  2  1  2 ●
   京 大 先   9  5  5  2  0 ○封
         69.1  47  47  16  11 防1.43 940球
      被安打率6.10 奪三振率6.10 四死球率2.08

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責 
   京 大 先  13  12  7  3  3 ○
   関学大 先   8  7  5  4  0 ●
           0  0  0  3  0
       先   9  6  6  4  2 ○
   立命大 先   8  7  5  2  2 ●
           2  0  1  0  0
   同 大 先   9  5  5  3  1 ○
           1  0  0  1  0
   近 大 先   6  5  4  3  2
       先   6  6  3  3  1
           4  2  1  1  0 ○
          66  50  37  27  11 防1.50
      被安打率6.82 奪三振率5.05 四死球率3.68

   14秋関西  回数 被安 奪三 四死 自責 
   奈良学 先  7.2  8  6  0  2 ○

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   京 大 先   9  5  1  1  0 ○
   近 大 先   7  7  4  0  3 ●
           2  2  1  1  1
   同 大 先   4  8  4  2  3 ●
          1.2  3  2  1  0 ○
       先  10  7  8  1  1 ○
   立命大 先   9  10  3  0  2 ○
       先  7.2  13  5  1  4 ●
   関学大 先   9  7  7  0  0 ○封
           9  4  4  1  0
       先   8  3  2  3  1 ●
         76.1  69  41  11  15 防1.77
      被安打率8.14 奪三振率4.83 四死球率1.30

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   近 大 先   8  7  7  0  0 ●
          1.2  1  2  0  0 ○
       先   9  6  4  0  1 ○
   同 大 先   9  5  6  1  0 ○封
       先   9  3  6  0  0 ○封
   京 大 先   7  8  5  0  2 ○
   立命大 先  14  11  12  3  2 ●
           2  3  2  0  1
   関学大 先   9  6  4  1  0 ○封…史上10人目の30勝
         68.2  50  48  5  6 防0.79
      被安打率6.55 奪三振率6.29 四死球率0.67

  最新記事

 ■ JABA北海道大会 東ガス・石田、完封(毎日新聞) 16/6/22

 社会人野球の第58回JABA北海道大会は21日に開幕し、札幌円山球場などでリーグ戦6試合を行った。東京ガスは関大出身の新人・石田が日本新薬を完封した。

     試合 回数 被安 奪三 四死 防御率 被安率 奪三率 四死率
   16年: 15 56.2  39  41  11  1.59  6.19  6.51  1.75

 ■ 石田光が通算30勝! MLBで活躍の長谷川氏以来25年ぶり(SANSPO) 15/10/25

 関西学生野球リーグ最終節第1日は24日、京都市のわかさスタジアム京都で1回戦が行われ、関大が5-0で関学大に先勝した。関大のエース石田光は完封で今季6勝目、通算30勝目をマークした。同リーグの30勝投手は、米大リーグでも活躍した長谷川(立命大)以来で25年ぶり10人目(旧リーグを含む)の快挙となった。石田光は6安打されながら、粘り強い投球で得点を許さなかった。

 ■ 関大のエース石田光、3連続完投勝利で30勝まで「2」(SANSPO) 15/9/29

 関大の石田光が1回戦に続いて同大を完封した。「1戦目以上に強い気持ちで臨んだ。変化球を交ぜて、打たせて取るピッチングができた」と胸を張ったように、二塁を踏ませぬ気迫の投球だった。3連続完投勝利で、大リーグでも活躍した長谷川(立命大)以来リーグ25年ぶりの通算30勝投手にあと「2」となった。「最低限(30勝を)達成しないと優勝もないので、目の前のゲームにしっかり準備したい」と、右腕は次の試合に目を向けた。

過去記事

 ■ 【大学関西オールスター5リーグ対抗戦】関西学生が連覇に王手!(スポーツ報知) 15/6/29

 関西学生が準決勝で京滋大学を3―1で破り、連覇に王手をかけた。9回1死まで継投で京滋大学を無安打に抑えていたが、9回に1点を返されなお2死満塁。このピンチに関大のプロ注目右腕・石田光宏(4年)が救援し、逃げ切った。全球直球で三ゴロに打ち取り、決勝進出を決めた。「気持ちが入っていた。中途半端はだめなんで、直球でいきました」と笑顔。リーグ戦では5勝を挙げたが、今大会はストッパーを任される。後藤昇監督(54)は「修羅場のくぐり方が違うね」とたたえた。

 ■ プロ注目の関大・石田2失点完投星(デイリースポーツ) 15/5/3

 近大と関大がそれぞれ先勝した。関大はエース・石田光宏投手が気迫の投球で完投し、追い上げる立命大を振り切った。日米11球団のスカウトが見守る中、ドラフト候補の関大・石田が9回2失点で完投勝利。九回は1点差まで迫られたが「最後まで引かずに直球で押して行けた」と最後の打者を内角直球で詰まらせ、遊飛に仕留めた。今春は3連勝で4勝目。チームは勝ち戦を落とせない状況だけに「1敗もできないので、明日も与えられたところで投げられるように準備したい」と話した。

 ■ 関大監督、勝因はエースの粘り 石田「迷いをゼロにして投げた」(SANSPO) 15/4/27

 関西学生野球春季リーグ第4週第3日(関大3-1同大=延長十回、南港中央)2回戦でサヨナラ勝ちの関大が延長戦を制して勝ち点2。早瀬監督は「石田の粘りに尽きる。最後まで攻めの姿勢が出ていた」と、10回を投げ抜いたエースを勝因に挙げた石田は1回戦で序盤に打ち込まれ、前日も救援に失敗したが、自らサヨナラ打を放った。「迷いをゼロにして投げた。きょう勝たないと意味がなかったので、次につながります」。連覇に向けて負けられない試合が続くが、右腕は自信を取り戻したようだ

 ■ ドラフト候補の関大・石田通算20勝目(デイリースポーツ) 15/4/5

 リーグ戦が開幕し、昨秋優勝の関大がドラフト候補・石田光宏投手(4年・近江)の好投で京大を下した。関学大は着実に得点を積み重ね、同大に先勝した。ドラフト候補の石田はプロ3球団のスカウトが見守る中、5安打1失点で完投勝利。リーグ通算20勝目を挙げた。オフに習得したツーシームを内角低めに集め「内野ゴロを打たせていこうと。相手も踏み込んでくると思ったので」と頭脳的な投球が光った。阪神・畑山スカウトは「この1年でどうアピールできるか」と語っていた。

 ■ 【神宮大会】関大、タイブレークで惜敗!42年ぶり白星ならず(スポーツ報知) 14/11/17

 大学の部では、関大がタイブレークの末、創価大にサヨナラ負け。前回出場し優勝した1972年大会以来の白星を飾れなかった。エース右腕の石田光宏(3年)が6安打7奪三振と粘ったが、最後に力尽きた。タイブレークに入った延長10回。石田の113球目スライダーは痛打され、右翼手の頭上を越えた。「もう一つ(内に)厳しくいけた。投げ切れなかったのは反省です」。無念のサヨナラ負け。最速148キロ右腕は最後の一球を悔やんだ。9回までは完璧だった。144キロ直球にスライダー、ツーシームを織り交ぜ5安打1失点。エースとして最後までマウンドに立ち続け「相手投手よりマウンドを長く守れたのはプラス」と胸を張った。今季から指揮を執る早瀬万豊監督(56)の教えを貫いた。同監督がチームの目標と定めた「執行方針」の投手欄には「タイミング勝負」「低めに投げ切る」とある。大会最長ブランクとなる42年ぶりの神宮勝利は飾れなかったが、方針通りに腕を振った右腕を「よく投げた。球速も精度もこの舞台で良くなった」と指揮官もたたえた。念願の全国舞台で白星は挙げられなかった。それでも、来秋のドラフト候補右腕に涙はない。「神宮は投げやすかった。もう一回来られるように頑張りたい」。ひと冬を越え、さらに成長した姿を見せる。

 タイミングを外すことを重視した投球で、6回1安打、7回まで2安打無失点の好投でした。
 途中4者連続奪三振も。最速は145㌔が3球。全体的に変化球の割合が多め。

 ■ 関大が42年ぶりに秋の神宮へ 大学野球(日刊スポーツ) 14/11/3

 関大(関西学生)が奈良学園大(近畿学生)に競り勝ち、42年ぶり4度目の明治神宮大会出場を決めた。初回に西田尚寛内野手(3年=東大阪大柏原)の適時打で1点を先制し、3回に藤嶋宏俊外野手(4年=神港学園)が2点打。石田光宏(3年=近江)-畑瀬聡史(4年=関大北陽)の継投で、1点差で逃げきった。就任1年目で母校を全国に導いた早瀬万豊監督(56)は「なんとしても選手を神宮に連れて行きたいと思っていました。私自身は学生時代は縁がなかった場所。大好きな野球を全国の大舞台でやれる。こんな幸せなことはないと思います」と第1代表での進出を喜んだ。
  リーグ戦終盤同様、早瀬万豊監督(56)が「総合力」と評する石田が試合をつくり、同じく「剛速球」と認める畑瀬が好救援でしのぐパターンが、この大一番でも勝利を引き寄せた。(デイリースポーツ)

 ■ 関大・石田2失点完投で勝ち点2 関西学生(日刊スポーツ) 14/9/17

 関大が9-2で関学大を下し、2勝1敗で勝ち点を2とした。関大は2点リードの5回に藤嶋宏俊(4年・神港学園)の3点三塁打などで4点を追加。計12安打で9点を挙げ、石田光宏(3年・近江)が2失点で完投した。

 ■ 関大、立命大が先勝 関西学生野球リーグ(MSN産経) 14/4/26

 関西学生野球リーグ第4節第1日は26日、大阪市の南港中央球場で1回戦2試合が行われ、関大は2-0で近大を下し、立命大は1-0で関学大を破った。一回に永岡の右犠飛で先制した関大は七回にも永岡の適時打で貴重な追加点を挙げ、石田が6安打に抑えて完封した。

 ■ 【関西学生】関大が先勝 石田が2試合連続完投勝利(スポーツ報知) 13/9/14

 関学大―関大の1回戦を行い、関大が6―4で先勝した。関大は1回、西田尚の2点適時打や石田のスクイズなどで5点を先制。5―2の4回には西田尚の右前打で突き放した。石田は4失点ながら自責点は0。粘り強く投げて逃げ切り、2試合連続の完投勝利を挙げた。
 (練習試合 高校日本代表5―0関大) ▼関大・石田光宏投手(昨年は5回無失点この日は7回5失点)森(友哉)はいい打者。外のボールを強く振れるのが他の選手と違う。昨年のチームより積極的でファーストストライクから振ってくる。今年は得点力があるなと感じました。(スポニチ13/8/27)

 日本代表との練試では引き立て役になってしまいましたね。今秋もまずまずのスタートが切れたようです。

 ■ 関大・石田が初完封/関西学生(SANSPO) 13/4/13

 関大の石田が開幕戦の同大戦に続き、九回を一人で投げ抜いてリーグ戦初完封主戦投手が2人卒業したこともあり、「自分がやらないといけないという気持ちを持って投げられた」と2年生エースは頼もしい限りだった。制球力を武器に低めを丁寧に突き、内野ゴロの山を築いた。「先頭を出さず、初球を打たれないように」と話す右腕の三塁を踏ませない投球に、藤田監督も「いい持ち味を出してくれた」と絶賛した。

 吉川侑輝投手、近藤均投手(王子)が抜けて、関大は主戦争いにも注目ですね。
 昨秋実績があるのは、石田光宏投手(2勝)、143㌔右腕山本峻平投手(2勝)の2人です。

 ■ 近江・石田2度のけが乗り越え復活の1失点完投(スポーツ報知) 11/7/21

 ピンチでも堂々としていた。近江・石田は8回に1点を失い、なおも2死二、三塁。打者を追い込むと、捕手のサインに2度首を振ってから高めのストレートで勝負。空振り三振に切り捨てた。強気に振り回してくる水口打線を、縦のスライダーで手玉に取って7奪三振で1失点完投。打っても2回2死一、二塁から先制の右越え適時打を放った。「大事な初戦を取ることができてホッとした」と、はにかんだ。昨年4月、本塁クロスプレーで左膝を強打。夏を棒に振ると、復帰後の昨年11月には、投手ライナーが直撃し口元が裂けた。折れた5本の前歯のうち、4本を再生させて歯ぐきに縫いつける特殊な手術を受け、今年2月に練習を再開。今大会前、最後の夏にかける思いから極度の緊張感に襲われていると、多賀章仁監督(51)から「去年に比べれば大したことないだろ」とハッパをかけられた。右腕はつらい時期を思い出し、涙を流しながらも「怖いものはなくなった」と自信を取り戻した。「これぞエースという投球をしてくれた」と指揮官は目を細めた。

 ■ 近江―綾羽(準決勝) - 試合結果(asahi.com) 11/5/4

 近江はエース石田が投打で活躍。同点の5回に自ら勝ち越しの左越え本塁打を放ち、投げては7つの三振を奪い、最少失点に抑えた。無失策の堅守も光った。綾羽は初回に三番丸山の本塁打で先制。2回には1死二塁の好機をつくったが、後続を断たれた。
 滋賀NO・1投手は近江・石田光宏投手(3年=182、77、右右)。故障から復活、春県優勝けん引。(評価)(日刊スポーツ)

   11夏        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:水 口 先   9  5  7  1  1
   3回戦:水口東     4  0     0  0
   準々決:瀬田工    2.2  8       8
             15.2  13       9 防5.17(失点から計算)

   11春近畿  回数 被安 奪三 四死 失点
   天 理 先  8  9  4  1  3

  プロフィール

 滋賀県米原市出身。
 石田 光宏(いしだ・みつひろ)投手。
 柏原小4年時に軟式野球を始め、柏原中では北滋賀クラブに所属。

 近江高では2年春から公式戦に出場。
 期待されながら接触プレーで左ヒザ骨折を負い、準決勝以降の登板なく県4位で大会を終える。
 同年秋に10番で復帰するも11月の練試で前歯5本を折るアクシデントを経験。
 3年春になって背番号1で45回9失点を記録し、滋賀V、近畿大会(1回戦)進出を達成した。
 守山戦で12K完封勝利を収めるなど、5完投勝利(3回戦から4連続)を記録。
 近畿大会1回戦・天理高校戦で8回1四死球、9安打4三振1対3完投の粘投を演じている。
 3年夏は大会No.1右腕と評されながら、瀬田工業に6対9で敗れベスト8敗退。
 7回1死から2番手で救援登板したが、計8安打を浴び、失策もからんで2.2回で8失点を許した。
 県大会V、近畿1回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 関西大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 いずれもリリーフで4試合、計7イニングに起用され、11奪三振1四死球無失点の好成績を残す。
 京大3回戦で6連続K、2回完全救援を演じ、楽天スカウトから高評価を獲得。
 先発に回った2年春に最多83.2回、防御率1.29(6位)で、初の投手ベスト10入りを達成した。
 近大1回戦で初完封勝利を収めるなど、すべて完投でリーグ3位の4勝を記録。
 以降、主戦としてフル回転でチームを引っ張り、リーグ通算30勝、防御率1.57の実績を残した。
 2年秋に防御率3.07と課題を残しながらも最多タイ5勝(4完投2完封)をマーク。
 39季ぶりVを果たした3年秋に、最多タイ4勝、防1.50(4位)で、最優秀投手を受賞している。
 田中英祐と投げ合った京大1回戦で、13回176球7K4対3完投の力投を披露。
 奈良学園大相手に7.2回2失点の粘投を演じ、関西第1代表での42年ぶりの神宮を決めた。
 神宮大会初戦2回戦・創価大学戦は、10回タイブレーク1対2逆転負けで敗戦。
 145㌔直球と変化球でタイミングを外し、7回2安打無失点、2失点完投の好投を演じている。
 4年秋にリーグ2位6勝(4完投3完封)、防御率0.79(1位)でベストナインを受賞。
 最終登板の関学大1回戦で完封勝利を記録し、連盟史上10人目となる30勝到達を果たした。
 通算73試合、30勝(22完投9完封)23敗、448回、防御率1.57。

 東京ガスでは1年目から公式戦に出場。
 主に救援で15試合(先発4)に起用され、合計56.2回で11四死球、防御率1.59の実績を残す。
 西川と投げ合った北海道大会・日本新薬戦で10K1対0初完封勝利をマーク。
 7月の都市対抗本戦2試合に救援で登板し、全国デビューの2回戦で最速150㌔を計測した。
 AVG144㌔の直球を武器に11回4対3サヨナラ勝利を呼ぶ2回0封救援を披露。
 初戦敗退に終わった秋の日本選手権でも5.1回5安打5三振1失点のまずまずの投球を見せた。
 二大大会3試合、2勝0敗、10.1回、防御率2.61。

 181cm85kg、度胸の良いスリークォーター右腕。
 セットから上体を前に傾けて重心を下げ、早めに着地し、開き早めに右肘を使った腕の振りから
 繰り出す最速150㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の動くストレートと、
 130㌔前後の縦のスライダー、130㌔前後のカット、逃げながら沈む130㌔前後のツーシーム。
 無走者でも時折クイックから投げ込むなど、タイミングを外すピッチングが持ち味。
 球持ちに良さのある腕の振りからまずまずまとまりのあるコントロールで両サイドに投げ込んでいく。
 1年目の都対2回戦で最速150㌔を叩き出した。

  スカウトコメント

阪神・畑山スカウト|15/4/5
 「この1年でどうアピールできるか」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-03-02(木)|2017年社会人投手 | 関西学生 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
本日スポニチ大会登板したので観ました。
動く直球が135前後で、スライダー・カーブで組み立ててました。
ピンチの場面で力を入れてMax141を計測。
淡々と低めの隅を突く制球力もあり。
この時期だからか、どの投手も140越えを計測した球はあまりなかった。
結果は8回2失点で試合は作ってましたが、クセのある直球も135前後だと捕らえられることもあったのでプロでやる為には+5ぐらい必要かも。
気温が上がってくるにつれて球速帯も上がるかが鍵と思う。
空振りを取れる変化球はないのかと観てたら、ピンチで右打者に投げたツーシームがエグいキレをしてたのであれは使えると思う。

総合力に優れた投手なので、あとは直球の力強さが増してきたらドラフト1位は間違いなくなると思う
| タラバ | 2017年03月12日(Sun) 19:57 | URL #K47MgfVQ [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年社会人投手 | 関西学生 コメント(1) Page Top↑