高木 伴(NTT東日本)

ここでは、「高木 伴(NTT東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



高木 伴(NTT東日本)

180cm80kg 右右 MAX149km スライダー・フォーク・ツーシーム・カーブ 市立川口→東農大 2年目
伸びのある直球とスライダー、フォーク。都市対抗で149㌔計測。調子を落としているが素質は高い。
2014年オリックス4位(契約金5000万円、年俸1000万円)

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   13都: 1 先  6.1  4  6  2  1 143㌔ 東邦ガス
   14都: 2    4.1  5  5  3  3
            2  1  4  0  0 149㌔ 松山PX
        先  2.1  4  1  3  3 148㌔ 富士重工 ●
   通算: 3   10.2  9  11  5  4 防3.38
       被安打率7.59 奪三振率9.28 四死球率4.22

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   09春: 1 0勝0敗  2.2  3  2  3  3 10.13 二部
   09秋: 4 0勝0敗  4.2  5  6  3  2  3.86 二部
   10春: 4 0勝0敗  2.1  1  4  3  2  7.71 二部
   10秋: 3 0勝0敗   9  6  9  5  1  1.00 二部
   11春: 3 2勝1敗  14.1  8  4  7  2  1.26 二部 
   11秋: 2 0勝0敗  4.2  3  5  5  3  5.79 二部
   12春: 7 2勝3敗  38.2  23  35  16  16  3.72 二部(8位)
   12秋: 8 3勝2敗  40.2  37  33  16  16  3.54 二部(9位)
   通算: 32 7勝6敗   117  86  98  58  45  3.46 
         被安打率6.62 奪三振率7.54 四死球率4.46 

投手成績詳細

   09春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大    2.2  3  2  3  3

   09秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   日 大     1  0  2  0  0
   専修大     2  0  3  0  0
          0.1  2  0  0  0
   拓殖大 先  1.1  3  1  3  2
          4.2  5  6  3  2 防3.86
      被安打率9.64 奪三振率11.57 四死球率5.79

   10春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   日 大     1  0  2  0  0
   専修大    0.2  0  1  1  0
           0  1  0  1  2
   駒 大    0.2  0  1  1  0
          2.1  1  4  3  2 防7.71 
     被安打率3.86 奪三振率15.43 四死球率11.57

   10秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   日 大 先  2.1  1  1  4  0
   立正大    3.2  1  3  1  0
   専修大     3  4  5  0  1
           9  6  9  5  1 防1.00
      被安打率6.00 奪三振率9.00 四死球率5.00

   11春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   国士大 先  8.2  4  3  4  0 ○
   日 大    0.2  2  1  2  2 ●
   専修大     5  2  0  1  0 ○
         14.1  8  4  7  2 防1.26
      被安打率5.02 奪三振率2.51 四死球率4.40

   11秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   国士大    4.2  2  5  4  1 
   専修大     0  1  0  1  2
          4.2  3  5  5  3 防5.79
      被安打率5.79 奪三振率9.64 四死球率9.64

   12春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大 先   7  3  8  5  3 ○
          1.2  0  1  0  0
   国士大 先   9  5  8  4  1 ○
          0.2  0  1  0  0
   拓殖大 先  3.1  3  4  5  5 ●
   国学大 先   9  7  9  2  6 ●
   専修大 先   8  5  4  0  1 ●
         38.2  23  35  16  16 防3.72
      被安打率5.35 奪三振率8.15 四死球率3.72

   12秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大 先  2.2  8  3  3  10
   拓殖大 先  2.1  5  3  2  2 ●
       先   9  5  5  3  0 ○
   日 大 先   7  7  4  3  2 ●
   国士大     1  0  0  1  0
       先   9  6  9  2  0 ○封
   立正大 先   9  5  9  2  2 ○
          0.2  1  0  0  0
         40.2  37  33  16  16 防3.54
      被安打率8.19 奪三振率7.30 四死球率3.54

  最新記事

 ■ オリックス、ドラフト4位高木と仮契約(SANSPO) 14/11/27

 オリックスがドラフト4位指名したNTT東日本の高木伴投手(24)=180センチ、80キロ、右投げ右打ち=の入団が27日、決まった。契約金5000万円、年俸1000万円で仮契約した。背番号は36。(金額は推定)(共同)
 オリックスドラフト4位のNTT東日本・高木伴投手(24)が、京セラドーム大阪で加藤編成部長らから指名あいさつを受けた。社会人野球日本選手権に出場中の高木は「指名への感謝をお伝えしました」。この日の初戦(2回戦)のJR四国戦は登板機会なし。「今年最後の公式戦ですし、勝ちにこだわりたい」と次戦以降の登板を心待ちにしていた。(日刊スポーツ14/11/16)

 ■ 都市対抗野球:NTT東日本 流れ変えられず(毎日jp) 14/7/28

 NTT東日本は今大会初先発の右腕・高木が、一回に先取点をもらいながら、三回途中3失点で降板と期待に応えられなかった変化球が高めに浮き、ボールが先行。「勝ちたい思いが強過ぎて、自分のスタイルを見失ってしまった」と言う。最速149キロの本格派で、東農大から入社1年目の昨年は、初戦の先発を任されて七回途中まで1失点と好投した。しかし、今季は春先から調子が上がらず、その間に桐蔭横浜大出身の新人・横山がエース格に台頭。2年ぶりのベスト4にも、「横山一人で勝ったようなもの」と申し訳なさそう。

 ■ NTT東日本3連敗 ドラフト候補右腕・高木は1回零封(スポニチ) 14/3/12

 NTT東日本が序盤のリードを守りきれず、大会3連敗を喫した。4点を追う8回にはドラフト候補右腕の高木が登板。10日の初戦では先発も4回途中KOと本調子ではなかったが、この日は「真っすぐで押す」と最速147キロの直球を投げ込み、1回を無失点に抑えた。チームの敗戦に笑顔はなかったが「今後は先発としてしっかり試合をつくっていきたい」と前を向いた。

過去記事

 ■ NTT東日本・高木にスカウト11球団集結(デイリースポーツ) 14/3/11

 今秋ドラフト候補のNTT東日本・高木伴投手(23)が、チームの今季公式戦初戦に先発。昨年11月には侍ジャパンの台湾遠征メンバーに選出された最速147キロ右腕を、阪神など11球団20人のスカウトが視察した。高木は3回2/3を投げて4安打3失点、3奪三振で降板。チームも敗れ「修正できなかった。フォームを固めようとしているが、心と体が合っていない感じ」と振り返った。もっともこの日は、寒さに加えて強風が吹き荒れるコンディション。鋭いスライダーで三振を奪う場面もあり、阪神の平塚スカウトは「初戦だし、寒かったしね。下半身が使えるようになればよくなってくる」と、結果は気にしていなかった。

 ■ NTT東日本・高木伴「優勝狙う」 勝負の2年目フル回転覚悟(スポニチ) 14/2/7

 社会人野球の第69回JABA東京スポニチ大会の組み合わせが6日に決まった。昨秋の侍ジャパンの台湾遠征メンバーに選出されたNTT東日本・高木伴投手(23)は、エースとしてフル回転する覚悟だ。NTT東日本の高木伴は、激動の昨年を振り返り「予想外。(幸運続きで)死ぬんじゃないかと怖くなった」と苦笑いした。それもそのはず。東農大時代は無名だったが、5月の大一番、都市対抗予選東京第1代表決定戦で、新人ながら先発に大抜てきされた。これが公式戦初先発だったにもかかわらず、最速147キロの直球を武器に5回無失点11月にはプロアマ合同の侍ジャパン台湾遠征メンバーにも選ばれた。同世代の広島・野村やヤクルト・小川らと間近で接し「勝てる投手になりたいと思った」と刺激を受けた。「運と縁でここまで来れた」。侍ジャパンの鹿取義隆投手コーチから左腕の巻き込み方を初めて教わり、現在はフォーム固めの真っ最中。都市対抗を3度制した名将・垣野多鶴監督からチームを引き継いだ飯塚智弘監督は「今年は軸となって回ってくれないと」と期待を寄せる。

 ■ 社会人侍・高木は1失点 小久保監督「いい経験に」(スポニチ) 13/11/10

 秋のドラフト上位候補右腕・高木(NTT東日本)が、8回から4番手で登板した。2死二塁から李杜軒に中前適時打を許すなど1回を2安打1失点。「際どいコースにいかないと、プロでは通用しない。内角を狙ったけど、中に甘く入った」と振り返った。ただ、小久保監督は「高木は緊張でびびり上がってたけど、これがいい経験になる。彼ら(高木、大瀬良)の登板は日本野球にとっては第一歩だ」と評した。

       回数 被安 奪三 四死 失点
   台湾代表: 1  2  0  0  1 146㌔ 

 ■ 都市対抗野球:NTT東日本の高木、経験を次に(毎日jp) 13/7/14

 新人ながら先発したNTT東日本の右腕・高木は、勢いのある速球を軸に好投。七回に1死から右前打の後、次打者にも一、二塁間を抜かれて一、三塁にして、降板した。「もっとインコースを突いていれば抜かれなかった」と悔やむ。「僕が、内角や低めを打者にもっと意識させる投球をしていたら、次の投手に良い形でつなげたし、(相手の)2点はなかった」。反省ばかりがこぼれたが、「一球一球集中して、ここまで投げた経験は、絶対次につなげたい」と、前向きだった。

   13都予    回数 被安 奪三 四死 自責
   エスプライド     1  0  3  0  0 147㌔(大田スタジアム)
   セガサミ 先   5  1  5  1  0
            6  1  8  1  0 防0.00
       被安打率1.50 奪三振率12.00 四死球率1.50

 ■ NTT東日本が第1代表に/社会人野球(日刊スポーツ) 13/5/29

 NTT東日本がセガサミーを下し、第1代表を手にした。公式戦初先発の高木伴(ばん)投手(22=東農大)が5回を投げ、わずか1安打の活躍。6回から2番手で登板した大竹飛鳥投手(27=関東学院大)も1安打無四球と2人の継投で3、4回に味方があげた2点を守りきった。垣野多鶴(たづる)監督(61)は「安定感があった。でもこれからもっと大変な試合になるから引き締めないと」と振り返った。

 ■ 都市対抗野球:パナソニック敗れる 近畿(毎日jp) 13/5/24

 第84回都市対抗野球大会2次予選は24日各地で行われた。東京は1回戦の残り2試合を行い、NTT東日本とセガサミーが、ともに零封勝ちで準決勝に進んだ。NTT東日本は九回、東農大出の新人右腕、高木が登板。会場の大田の球速表示は比較的遅めに出るとされる中で、自己最速の147キロをマーク140キロ台半ばの速球を軸に3者三振で試合を締めくくった。高木は「予選で投げることを見据えて、練習してきた。真っ直ぐで押せたことは良かった」。日本福祉大から入社した左腕、西も中盤の3回を無安打無失点でまとめ、垣野監督は「初めての予選でのピッチングとして、ともに合格点」と評価した。

 ■ 市立川口・高木投手 痛み止め「4倍」途中で力尽きる(asahi.com) 08/7/23

 180センチ右腕の背が小さく見えた。市立川口のエース高木伴君(3年)は、7点を失い、3回途中でマウンドを降りた。リズムを失ったチームは3失策と崩れ、コールド負けを喫した。高木君は、もともと強肩の遊撃手だった。1年生の夏、長井秀夫監督に「絶対に140キロを投げられるようにしてやる」と誘われ、投手に転向した。3年生の春には最速144キロを記録。打者の手元で伸びる直球は空振りを誘い、プロにも注目された。「良い直球をいつでも投げたい」と投球姿勢を改良しようとした。結果、春先に腕を痛めた。復帰した頃には、上体に頼る投げ方になっていた。大会直前、右の肩甲骨の筋肉が悲鳴を上げた。「息をするたびに、背中を突き刺すような痛み」が走ったという。この日、痛み止めを「いつもの4倍」飲んで臨んだが、痛みは変わらなかった。直球は高めに浮き、連打を浴びた。変化球も見極められた。

 ■ 市川口・高木、8強入りも笑顔なし/南埼玉(SANSPO) 08/7/21

 10-1とリードの六回。5回4安打1失点と好投した山中に続き、エース高木が登板。しかしこの日のMAXは140キロ止まり。最後の打者を三振に仕留めたものの、高木に笑顔はなかった。「まだまだ駄目。気持ちが乗ってなくて、それがボールに表れている。球がシュートして…イライラする」。だが、この日は右ひじ痛の影響からか、自己最速の145キロには届かなかった。

 左肩の開きが早いフォームを修正しようとして大会直前6月下旬に痛めたんだそうです。

 ■ 市川口高木3安打0封/南埼玉大会(日刊スポーツ) 08/7/12

 最速144キロの速球を持つ市川口のエース高木が初戦のマウンドに上がり、浦和西を7-0の8回コールドで破った。8回を散発3安打無失点。奪った三振は7だった。高木は「全然(球が)走っていなかった。打ち取ることだけを意識した」と振り返った。この日の最速は139キロで、決して本調子ではなかった。それでも緩急2種類のスライダーにカーブを使って要所はしめた。内野ゴロが12。打たせてとる投球で、得点は許さなかった。「斎藤2世」。プロスカウトの熱い視線を浴びる。同校OBである巨人斎藤雅樹2軍投手コーチ(43)の高校時代にそっくりなフォームからそう呼ばれる。スタンドには10球団20人のスカウトが視察に集まった。遊撃手から投手に転向して2年にも満たない。それでも、母節子さん(43)が「昔から教えたことはすぐできた」と話す吸収力で急成長してきた。最後の夏、目標は高い。高木は「無失点で甲子園に行きたい」と言い切った。

 ■ 市川口・高木は「斎藤2世」(日刊スポーツ)  08/6/18

 プロ注目の最速144キロ右腕、市川口エース高木伴(ばん・3年)が、初の甲子園を狙う。巨人斎藤雅樹投手コーチの母校で「斎藤2世」の呼び声も高い。春季大会は準々決勝で浦和学院に4点差を返され逆転負け。冨塚浩晃主将(3年)は「春は悔しい負け方をしたので、残り1カ月最高の準備をして臨みたい」と話した。

 調子が悪かったとのことでこれは凄い!という感じではなかったですが肩肘が柔らかくて
 しなやな腕の振りに資質を感じさせますね。非常な努力家とのこと。

  プロフィール

 埼玉県川口市出身。
 高木 伴(たかぎ・ばん)投手。
 飯塚小3年時からソフトボールを始め、川口西中では軟式野球部で遊撃手。

 市立川口では肘の柔軟性と強肩を買われて1年冬に投手転向。
 2年夏に控え投手として公式戦デビューを果たし、同年秋の大会になって主戦の座を獲得する。
 当初120㌔台だった球速を大きく伸ばし、短期間で144㌔本格派右腕に成長。
 3年春の県大会2回戦・熊谷戦で1失点完投、2安打17奪三振の快投を演じ注目を集めた。
 3回戦・上尾戦で右手中指腱を痛め、準々決勝・浦学戦は登板出来ず敗戦。
 3年夏は大会前の背筋・右肘痛の影響により、武蔵越生にコールドで南埼玉8強に留まった。
 本調子でなく2回裏に一挙6点を失い、3回途中7失点ノックアウトを喫している。
 最速144㌔右腕として12球団から注目されたが、プロ志望届は提出せず大学進学を選択した。

 東京農業大進学後は1年春から2部リーグ戦に出場。
 高校時代の怪我の影響により投球フォームを崩し、3年時までは17試合37.2回で2勝に終わる。
 3度目の先発を任された3年春の国士大3回戦で初勝利(8.2回4安打無失点)。
 実績乏しいながらも4年時に主戦の座を任され、2シーズン合計5勝(4完投1完封)を挙げた。
 5試合目の先発となった春の国士舘大1回戦で5安打8三振1失点初完投勝利。
 ラストシーズンになって自己最多3勝(3完投1完封、国士大戦で初完封)の実績を残している。
 2部通算32試合、7勝(4完投1完封)6敗、117回、98奪三振、防御率3.46。

 NTT東日本入社後は1年目から公式戦に出場。
 都市対抗予選初戦で1回3K完全救援を演じ、自己最速147㌔(大田)直球で注目を集める。
 代表決定戦・セガサミー戦で初先発を務め、5回1安打5K無失点の快投を披露。
 本大会1回戦・東邦ガス戦の先発に抜擢され、6.1回1失点の好投を見せた(1対2で惜敗)。
 11月には侍ジャパンに選出され(アマ4人)、プロ選手に混じって台湾遠征に参加。
 強化試合2回戦に4対1の8回表から登板し、1イニング17球のみながら貴重な経験を積んだ。
 2年目は期待されながら調子が上がらず、都対予選には救援で1試合のみ登板。
 先発・リリーフで本大会各1試合、合計4.1イニングに起用され、3回戦で149㌔をマークしている。
 先発を任された準決勝・富士重工戦は、3回途中3四死球3失点KOに終わった。

 180cm80kg、長身スリークォーター右腕。
 セットポジションから重心を下げて早めに着地し、肘を柔らかく使った球持ちに良さのある腕の振りから
 繰り出す最速149㌔、常時140㌔台中盤から後半の伸びのあるストレートと、
 130㌔前後の縦横2種類のスライダー、130㌔台の落差あるフォーク、130㌔台のツーシーム。
 まずまずのコントロールで両サイドに投げ分ける。遠投100m、50m走6秒2。
 低めに伸びるストレートと切れの良いスライダー、フォークボールとのコンビネーションで空振りを奪取。
 しなやかな腕の振りで高校時代から注目されていた。肩肘の柔軟性が高い。
 2年目は思うように結果を残せず制球にやや苦しんだ。

  スカウトコメント

オリックススカウト|14/10/23
 「馬力があり、スリークウォーター気味から140km/h台後半の力強いストレートを投げ込む中継ぎタイプの投手」
阪神・平塚スカウト|14/3/11
 「初戦だし、寒かったしね。下半身が使えるようになればよくなってくる」
ソフトバンク・笹川スカウト|08/7/21
 「やっぱりひじのしなりがやわらかくていいね」
横浜・武居スカウト|08/7/12
 「軽く投げてこの投球は立派。肩とひじの柔らかさは天性のものだ」
中日仁村スカウト|08/7/12
 「いい時を知っているだけに、今日は5~6割くらい。それでも悪いなりにごまかしが利く。素質の高さの表れだ」
ロッテ・山下スカウト|08/6/30
 「直球に加え、スライダーなど変化球の制球もいい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-01-22(木)|2014年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
右サイド来期は期待してる!
| 匿名 | 2016年09月13日(Tue) 20:29 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2014年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑