森川 祐至(九州産業大)

ここでは、「森川 祐至(九州産業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



187cm84kg 右左 MAX152km スライダー・カーブ・フォーク 熊本商
長身から角度ある152㌔直球とスライダー。1年秋に救援で3勝マーク。2年春の選手権で148㌔計測。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   13春: 7 1勝2敗   16  14  9  10  9  5.06
   13秋: 7 3勝0敗  15.1  10  12  8  2  1.17
   14春: 5 1勝0敗  12.1  3  14  3  0  0.00
   14秋: 6 0勝0敗  7.1  5  8  5  5  6.14
   15春:        登板無し
   15秋:        登板無し
   16春:        登板無し
   16秋:        登板無し            
   通算: 25 5勝2敗   51  32  43  26  16  2.82
         被安打率5.65 奪三振率7.59 四死球率4.58 

 【 全国大会 】
     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   14選: 2   3.1  0  1  2  0
           2  0  1  1  0 148㌔(東ド) 広経大 ○
          1.1  0  0  1  0 146㌔(東ド) 東国際
   15選: 1   0.1  0  1  0  0 144㌔(東ド) 東海大
   通算: 3   3.2  0  2  2  0 防0.00
      被安打率0.00 奪三振率4.91 四死球率4.91

投手成績詳細

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責
   福工大   2.1  1  0  3  2 ●
         1.2  4  1  1  3 ●
   福教大   3.1  1  4  2  0 ○
   九工大    1  0  2  1  0
   日経大    1  4  0  0  3
   九共大   1.2  0  1  0  0
       先  5  4  1  3  1
          16  14  9  10  9 防5.06
      被安打率7.88 奪三振率5.06 四死球率5.63

   13秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   日経大    1  1  0  0  0 ○
          0  2  0  1  1
   福教大   0.2  0  1  3  0
         2.2  1  1  1  0 ○
   九工大    3  2  5  0  0 ○
   九共大   3.1  1  1  1  0
   福工大   4.2  3  4  2  1
         15.1  10  12  8  2 防1.17
      被安打率5.87 奪三振率7.04 四死球率4.70

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責
   九工大    2  1  1  0  0
   九共大   2.2  1  4  0  0
   福教大   3.2  0  5  2  0 ○
   日経大    1  0  2  0  0
   福工大    3  1  2  1  0
         12.1  3  14  3  0 防0.00
     被安打率2.19 奪三振率10.22 四死球率2.19

  最新記事

 ■ 九産大が全勝V 大久保監督うれし涙(日刊スポーツ) 14/5/18

 九産大が10戦全勝で春季リーグ優勝を決めた。優勝は3季ぶり。この日は2番手エースに成長した高良一輝投手(2年=興南)が7回1失点。最速143キロの直球で6回まで毎回の10奪三振の快投。7回途中からは同じ2年生の森川祐至投手(熊本商)が締めた。大久保哲也監督は「春は毎年、あと少し勝てば優勝というところで逃していた。よく投手陣が頑張りました」とうれし涙を見せていた。

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   九工大    2  2  3  1  1
   福教大    2  0  3  0  0
   九共大    1  0  1  1  0
          1  3  0  1  2
   日経大    1  0  1  0  0
   福工大   0.1  0  0  2  2
         7.1  5  8  5  5 防6.14
      被安打率6.14 奪三振率9.82 四死球率6.14

 ほぼストレートのみで押しまくる力投はなかなかの迫力でしたね。守備陣も好守でバックアップ。
 最速148km/hを3度、平均でも145.6km/hと、140㌔台中盤から後半を連発でした。

 ■ 九産大に今春入学予定の新人が初練習(西日本スポーツ) 13/2/12

 福岡六大学野球で秋春連覇を目指す九産大に11日、今春入学予定の高校生が合流し、九産大野球場(福岡市東区)で初練習を行った。今春の入学が決まっているのは現在41人。その中でも大久保哲也監督が「春のリーグ戦から戦力になりそう」と期待を寄せるのが、右腕の森川祐至(熊本商)と温水(ぬくみず)賀一(都城商)、高校通算35本塁打の花堂(はなどう)尊光(同)の3人だ。 3人とも甲子園の出場経験はないが、昨夏はプロのスカウトも注目した逸材。森川と温水はともに最速145キロを誇り、長打力十分の花堂は俊足も兼備しており、高校1年の秋から4番に座った。初練習で緊張した表情を浮かべた3人だが「神宮に行きたい」と高校時代に果たせなかった全国舞台を目標に挙げる。 森川と温水は初日からいきなりブルペンで約30球を投げ込んだ。「森川は球の回転がいいし、温水は130キロ後半は出ていた」と大久保監督は目尻を下げた。花堂も「春からベンチ入りしたい」と投手2人に負けず、気合十分。今秋のドラフト1位候補のエース大瀬良大地を擁する九共大や福岡工大、日経大などがひしめく福六リーグでニューヒーローに名乗りを上げる。

 ■ 昨秋の敗戦糧 強力右腕に(asahi.com) 12/7/10

 3点リードで迎えた8回裏、3連打を浴び、1死満塁のピンチ。「直球でいくしかない」。腕を思い切り振って投げ込み、2連続の空振り三振。マウンド上で、小さくうなずいた。九州学院を必ず倒す――。そんな思いで臨んだ今大会。頭にあるのは、昨秋の県大会準々決勝の悔しさだ。甲子園の常連校を相手に1点リードしていたが、6回、内角を狙った球が真ん中に入った逆転の2点本塁打。春の甲子園の切符を逃した。「借りを返す」。球を低めに集められるよう、これまで以上に投げ込んだ。185センチの長身から投げ下ろす直球は最速140キロを超えるようになり、「県内屈指の好投手」と呼ばれるほどに成長。変化球も磨き、新たな決め球のフォークも準備した。チームの初戦となったこの日、調子は決して悪くなかった。威力のある直球にキレのあるスライダーを織り交ぜ、相手のスコアボードに8個、ゼロを並べた。勝利まであと1回。だが9回、疲れから制球に乱れが出て、2四球と3本の長短打で同点に追いつかれた。「俺が抑えればいいんだ」。気合を入れ直したが、10回裏、四球と犠打で2死二塁。相手打者にファウルで粘られた後、投じたこの試合の178球目。一番自信のある直球を選んだが、高めに浮き、中前にはじき返された

   12夏予       回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:千原台 先  9.2  11  7  3  4

過去記事

 ■ 熊本商森川 52年ぶり切符へ意気込む“ドクターK”(西日本スポーツ) 12/6/28

 7月7日開幕の全国高校野球選手権熊本大会へ向け、春夏通算7度の甲子園出場を誇る古豪・熊本商が復活の兆しを見せている。185センチの長身エース森川祐至(3年)が最速145キロの県ナンバーワン右腕に成長。春の熊本大会2回戦(対熊本西)で延長15回サヨナラ負けを喫したが、22奪三振の快投を見せ、プロの注目を集めるようになった。火の国のドクターKが52年ぶりの夏甲子園に導く。捕手のミットが思わず“悲鳴”を上げそうだ。しなやかな腕の振りから放たれる快速球が、森川の最大の武器。「真っすぐの威力も、変化球の質も見違えるようになった」。就任13年目の大里尚純監督が目を細めた。中学時代は控えの外野手。「球の回転がいい」。高校入学後、キャッチボールを見て非凡な才能を感じ取った大里監督が投手に転向させた。控え投手だった昨夏までは、真っすぐが130キロ台前半。それが、エースとなった昨秋に最速142キロをマークすると、ひと冬越えて今春には145キロを計測するまでなった。入学時点で既に身長は178センチありながら、体重は66キロ。線の細さは否めなかったものの、体が出来上がっていく過程で球威、球の切れもアップ。昨秋にスライダーを習得したこともあり、真っすぐの威力が倍増した。今では「狙って三振を取る自信はある」と言い切れるまでになった。創立118年目の熊本商は1925(大正14)年夏に、県勢で初めて甲子園の土を踏んだ伝統校。ところが、60年夏を最後に半世紀以上も甲子園から遠ざかっている。甲子園出場は春夏通算7度を誇るが、3度出場した夏は未勝利。憧れの夢舞台で校歌を歌うため、火の国の奪三振マシンが新たな歴史を刻む。

  プロフィール

 熊本県合志市出身。
 森川 祐至(もりかわ・ゆうし)投手。
 西合志中時代は熊本南シニアで控え外野手。

 熊本商業進学後に本格的にピッチャーに転向。
 2年夏の予選初戦に6回2死2、3塁から起用され、秀岳館高に3対8で敗れる悔しさを経験する。
 交代直後のバッテリーエラーで逆転され、7・8回表の5安打5失点でノックアウト。
 エースとなった2年秋に全4試合を1人でこなし、32回14失点の力投で県8強進出を達成した。
 3回戦で城北を8回2安打無失点に封じ、9回6安打4失点完投勝利をマーク。
 敗れた準々決・九学戦でも接戦を演じたが、6回の逆転2ラン被弾で2対4完投負けとなった。
 3年春夏は共に初戦でサヨナラ負け(熊西に15回2対3、千原台に10回3対4)。
 最終的に敗れはしたものの春・熊本西高戦で、5者連続含む14.2回22三振を記録している。
 夏の千原台戦で8回7安打無四球無失点、9.2回11安打4失点完投の力投。
 最速145㌔右腕としてスカウトから注目されたが、プロ志望届は提出せず大学進学を選択した。
 県大会8強が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 九州産業大進学後は1年春から主に救援でリーグ戦に出場。
 優勝を争うチームの中で7試合16回に起用され、福教大相手に3.1回無失点で初勝利を収める。
 最終戦・九共大4回戦で初先発を任され、5回まで4安打1失点の粘投を披露。
 1年秋のリーグ戦で防1.17(15.1回)の活躍を演じ、救援投手ながらチーム最多の3勝を挙げた。
 2年春に救援エースとして防0.00をマークし、全勝での春7年ぶりリーグVを達成。
 続く選手権1回戦・広経大戦に救援起用され、自己最速に迫る148㌔(東ド)を計測している。
 9回一死2塁から2回無失点リリーフを演じ、11回タイブレーク1対0でサヨナラ勝ち。
 3年春秋のリーグ戦を登板機会がないまま終え、同年の登板は選手権での0.1回のみに留まった。
 リーグ通算25試合、5勝2敗、51回、43奪三振、防御率2.82。

 187cm84kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げて早めに着地し、球持ちに良さのある腕の振りから投げ下ろす
 最速152㌔、常時140㌔台中盤から後半(2年春)の角度のある直球と、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、120㌔前後のフォークボール、100㌔台のカーブ。
 東京ドームで140㌔台中盤から後半を連発した真っ直ぐが最大の魅力。
 高校で本格的に投手の練習を始め、2年秋に142㌔、3年春に自己最速の145㌔をマークした。
 与四死球率4.58。遠投115mの強肩を備える。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-12-28(月)|2016年大学生投手 | 福岡六大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
今年1年投げていないのは、故障か何かなのかな。
少し立ち腰気味のフォームだけど、腕の振りが軽くて無理なく150km近い速球が投げられる。制球力や実戦力は同期の高良の方が上だけど、この投手の場合はプロでどこまで花開くか見てみたい。

現状では武器になる変化球がなくストレート一本の投手のようだけど、広島の薮田も亜大時代はそんな感じだったので、あるいは・・・と。
| 東京漢(とんちんかん) | 2015年12月30日(Wed) 09:33 | URL #mQop/nM. [ 編集]
今日148km計測しましたね
| 匿名 | 2014年06月11日(Wed) 01:44 | URL #- [ 編集]
九産大応援してマース!
春日公園での試合は見に行きまーす。
| M・T | 2013年05月31日(Fri) 20:10 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年大学生投手 | 福岡六大学 コメント(3) Page Top↑