飯田 哲矢(JR東日本)

ここでは、「飯田 哲矢(JR東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm80kg 左左 MAX145km カーブ・スライダー・カット・チェンジ 藤沢翔陵→亜大 2年目
伸びのある145㌔直球と落差あるカーブ、スライダー。都市対抗・JX-ENEOS戦で5回ノーヒット投球。
2014年広島6位(契約金4000万円、年俸800万円)

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   13都: 1     1  1  0  1  0 139㌔ 三菱横浜
   14都: 2   10.1  8  6  2  4
           3.2  4  2  1  0 140㌔ PANA
        先  6.2  4  4  1  4 142㌔ JX-ENEOS ●
   14日: 3   11.2  7  14  2  0
           6.1  5  8  1  0 137㌔ JR九州 ○
           3.2  0  5  0  0 140㌔ ヤ マ ハ
           1.2  2  1  1  0 136㌔ ト ヨ タ
   通算: 6    23  16  20  5  4 防1.57
       被安打率6.26 奪三振率7.83 四死球率1.96

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   09春: 1 0勝1敗  0.2  1  1  1  1 13.50
   09秋:        登板無し
   10春: 2 0勝0敗   4  2  3  3  1  2.25
   10秋:        登板無し
   11春: 5 0勝0敗  7.2  7  6  4  3  3.52 
   11秋: 1 0勝0敗  0.1  1  1  0  0  0.00
   12春: 3 1勝0敗   7  3  4  6  1  1.29
   12秋: 3 1勝0敗   3  2  2  0  0  0.00
   通算: 15 2勝1敗 22.2  16  17  14  6  2.38
         被安打率6.35 奪三振率6.75 四死球率5.56  

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   12選: 1   2  1  2  0  0 140㌔(神宮) 龍谷大 ○
   12神: 1  0.1  0  0  0  0 141㌔(神宮) 桐横浜
   通算: 2  2.1  1  2  0  0 防0.00
     被安打率3.86 奪三振率7.71 四死球率0.00

投手成績詳細

   09春   回数 被安 奪三 四死 自責
   青学大  0.2  1  1  1  1 132㌔

   10春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大   3  0  2  2  0 135㌔ 
   中 大   1  2  1  1  1
         4  2  3  3  1

   11春   回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大   4  5  2  1  2
   東洋大   2  2  4  1  1
        0.2  0  0  0  0
   青学大  0.2  0  0  1  0
        0.1  0  0  1  0
        7.2  7  6  4  3

   11秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大  0.1  1  1  0  0

   12春   回数 被安 奪三 四死 自責
   駒 大  2.2  2  0  3  0 140㌔ ○
   中 大  2.1  1  1  2  0 140㌔
   青学大   2  0  3  1  1 141㌔
         7  3  4  6  1

   12秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   駒 大  0.2  0  0  0  0
   国学大  1.1  0  1  0  0 143㌔ ○
   青学大   1  2  1  0  0 138㌔
         3  2  2  0  0 防0.00
     被安打率6.00 奪三振率6.00 四死球率0.00

  最新記事

 ■ 鯉ドラ6飯田のチェンジアップ高評価(デイリースポーツ) 15/1/16

 広島の合同自主トレが15日、広島県廿日市市の大野練習場で始まり、ドラフト6位の飯田哲矢投手(23)=JR東日本=が広島の新人の中でブルペン一番乗りを果たした。直球とチェンジアップのみ捕手を立たせて27球の球数だったが、視察した首脳陣は高評価。納得の27球だ。「1月の最初から傾斜を使って投球練習をしてきた。準備できていた。スピンがかかっていたし、いい感じで投げられた」。捕手の後方には、小林投手コーチ、佐々岡2軍投手コーチらが見つめていた。首脳陣が絶賛したのは、5球を投じたチェンジアップ。小林投手コーチは「大きく落ちていた。制球にもブレがなかった」と目を細めた。投球の幅を広げるため昨年11月に習得したチェンジアップ。新人合同自主トレ中には改良を加え、今までよりも速く変化する“ニューチェンジアップ”をマスターしたという。「速いのと遅いのと2種類、落ち方も少し違う」。実戦投入へ手応えをつかんだ。直球も威力十分だ。力みのないフォームから放たれる球に、佐々岡2軍投手コーチは「キレがあるしコントロールが良かった」とうなずく。多くの報道陣を前にしての投球も「気にならなかった」と飯田。平常心で投げられる強心臓も、頼もしい。

 ■ ドラ6飯田“左腕枠”で開幕1軍宣言(デイリースポーツ) 14/11/21

 広島のドラフト6位、飯田哲矢投手(23)=JR東日本=が20日、都内のホテルで球団と仮契約を結んだ。契約金4000万円、年俸800万円で、背番号は39。仮契約を終えた飯田は「やっと実感が湧いてきました。カーブ、スライダー、カット、チェンジアップ、ツーシーム、どの球でもストライクを取れる自信があります」と声を弾ませた。生まれも育ちも神奈川県藤沢市。正真正銘の湘南ボーイだ。「一応、湘南ボーイですが…でも全然そういう感じじゃないですよ」と言いながら、さわやかな振る舞いを見せる。JR東日本の堀井哲也監督は「投手タイプじゃないかなという心配な面はあるが、いい人と言えばみんなが“飯田”と言います」と力説。ギャンブルはしない、たばこも吸わない、お酒も「ビール1杯で体調が悪くなる」。これだけでも“いい人”の要素が満載だ。しかし、その表情の裏側には強い闘志がある。亜大時代は1年後輩の九里が東浜(ソフトバンク)に次ぐ主戦投手で飯田はリリーフ要員だった。「大学では九里より下だったけど、JR東日本で学んだことを生かして競争に勝ちたい」と言い切った。また、田中とは同社で昨年一緒にプレー。田中は「1年目からバリバリやっているのを見て刺激になりました」とプロを意識させてくれた存在。ドラフト後には電話で「しっかりと面倒を見てやるから」と言われ、「安心しました」と頬を緩めた。

 ■ JR東日本飯田、逆転呼ぶ快投!広島ドラ6“貫禄”無失点(スポニチ) 14/11/3

 2回戦4試合が行われ、JR東日本は打撃戦の末に7―6でJR九州を振り切った。今秋ドラフトで広島から6位指名を受けた飯田哲矢投手(23)が2番手で6回1/3を8奪三振無失点の好投。チームの逆転勝ちに貢献した。2―2の2回1死満塁。予想より早い出番でも、飯田は動じることはなかった。「準備はできていました。点を取られてもいいから、という気持ちで思い切っていきました」。中野の適時二塁打で2点を勝ち越されたが、代打・三丸は空振り三振。その後は8回まで0を並べ、チームの逆転勝利を呼び込んだ大会前に亜大の先輩左腕でもある片山からアドバイスを受けたチェンジアップが面白いように決まった。6回1/3を5安打8奪三振で無失点。試合前に指名あいさつを行った広島・川端順編成グループ長兼編成部長も「打者を抑えるテクニックを持っている中継ぎを考えていたけど、先発もできるんじゃないかな」と絶賛した。亜大ではソフトバンク・東浜と同期。日本シリーズで登板した右腕の姿に「刺激になる」とプロでの活躍を見据えた。
 この日の最速は137キロ。それでも左腕には切れ味鋭い球がある。(西日本スポーツ)

過去記事

 ■ 都市対抗野球:JR東日本 飯田、五回まで無安打(毎日jp) 14/7/27

 JR東日本の2年目左腕・飯田が都市対抗初先発ながら、決め球の直球を低めに集めて五回まで無安打に抑えた。しかし六、七回に計4失点。「ボール先行で気持ちに余裕がなくなり、相手打線の迫力も感じて屈した」と落胆した。先発2枚看板の左腕・片山と右腕・関谷が、24日の3回戦でアクシデントに襲われ、飯田は「代役」だった。左足がつった片山は、さらに肩の痛みも発症してこの日はベンチを外れた。右肘に打球を受けた関谷は登板準備をしたが、先発させるには至らず。堀井監督は「飯田はよかった。負けは力の差」と話した。

 ■ 敗れたが12奪三振(毎日jp) 13/5/26

 セガサミーが二回に乗替の中前適時打で得点。守っては浦野が被安打3の無失点に抑え、JR東日本打線に二塁を踏ませなかった。JR東日本の先発・飯田も八回途中まで被安打3と好投したが、二回2死から死球を与え、失点につながったのが悔やまれた。JR東日本の大卒ルーキー左腕、飯田哲矢投手が敗れはしたものの、好投。亜細亜大時代を含め公式戦では初先発だったが、テンポのいい投球で相手打者から12奪三振。一昨年の本大会を制し、昨年も準優勝のチームの投手陣は、主戦の吉田一将投手や片山純一投手ら層は厚いが、「自分をアピールしたい」と目を輝かせた。

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   13公: 16 50.1  35  32  13  8  1.43  6.26  5.72  2.32 

   13都予    回数 被安 奪三 四死 自責 
   セガサミ 先  7.1  3  12  3  1
   鷺宮製作 先  2.1  3  0  1  1
   セガサミ    0.2  0  0  0  0
          10.1  6  12  4  2 防1.74
       被安打率5.23 奪三振率10.45 四死球率3.48

 ■ 亜大の原田、大学初本塁打がサヨナラ弾(デイリースポーツ) 12/9/27

 亜大がサヨナラ勝ちで連勝、勝ち点3とした。両軍無得点で迎えた延長十回1死から8番・原田が右越えにサヨナラ本塁打を放った。先発した九里は九回途中まで6安打14奪三振の力投。救援した飯田が今季初勝利。大学初本塁打が人生初のサヨナラ弾となった原田は「つないでいこうと思っていた。みんながワッと来て、実感がわきました」と、照れ笑いを浮かべていた。

   プロ交流戦    回数 被安 奪三 四死 自責
   12年3月:阪神     1  2  0  0  1
   13年5月:巨人 先   6  2  3  0  0 142㌔
   13年8月:DeNA 先  7.1  8  3  3  3
   13年9月:日ハム     4  1  0  2  0
            18.1  13  6  5  4 防1.96
         被安打率6.38 奪三振率2.95 四死球率2.45

 ■ 雪辱誓う未完の大器 藤沢翔陵(3年) 飯田哲矢投手(東京新聞) 08/7/21

 藤沢翔陵の好左腕・飯田哲矢投手(三年)の夏は3回戦で終わった。カウントを取りに行った直球を狙い打ちされ、横浜商打線に7安打5失点。「相手の力が上だった」と目をはらした。中学では一塁手だったが、高校から投手を志願。多彩な変化球をマスターし、昨年夏は二年生ながらエースナンバーを着けたが初戦敗退。「投手の体ができていなかった」と反省し、冬の走り込みで下半身を徹底的に強化した。切れ味鋭い変化球と成長性を買われ、春には米大リーグのスカウトも視察に訪れるほどの成長を見せた。堤圭一監督は「まだまだ未完成の投手、上のレベルを目指せ」と激励する。「この悔しさは忘れない」と誓った飯田投手。野球人生はまだ始まったばかりだ。

  プロフィール

 神奈川県藤沢市出身。
 飯田 哲矢(いいだ・てつや)投手。
 大清水中時代は軟式野球部で一塁手を務めていた。

 藤沢翔陵で志願して投手に転向し、2年時にエースの座を獲得する。
 将来性をMLBスカウトから注目されていたが、最高成績は3年春の県大会4回戦に留まった。
 3年夏は横浜商に0対6で南神奈川3回戦敗退。甲子園経験は無し。

 亜大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 4年春の開幕・駒大戦を延長11回7対5で制し、2.2回無失点締めでリーグ戦初勝利を収める。
 9回2死満塁を凌ぐなど1.1回完全救援を演じた秋の国学大戦で2勝目を記録。
 4年間で6シーズン15試合22.2回に登板したが、全てリリーフで勝ち星はわずか2勝に留まった。
 全国大会には4年春の選手権(準V)、同年秋の明治神宮大会(4強)に出場。
 選手権・龍谷大戦で2回を2K無失点に抑え、接戦を4対2で制して勝ち星をマークしている。
 外スラで古本武尊から見逃三振を奪うなど、左の多い打線相手に好投を披露。
 NPB相手には4年3月の阪神戦に起用されたが、1回2安打1失点の不本意な結果に終わった。
 リーグ通算15試合、2勝1敗、22回2/3、17奪三振、防御率2.38。

 JR東日本入社後は1年目から公式戦に出場。
 都対2次予選・セガサミー戦の先発に起用され、3安打12K1失点の好結果を残す(完封負け)。
 本戦では7対1の快勝となった2回戦・三菱重工横浜戦で9回1イニングを経験。
 2年目・都対予選での登板機会は無かったが、本戦で2試合10.1回を投げ存在感を見せた。
 打球を受けた関谷亮太に代わって緊急登板したパナ戦で3.2回2失点リリーフ。
 先発抜擢された準々決勝・JX-ENEOS戦で、5回までノーヒット無失点の好投を演じている。
 疲労を見せた6・7回に打たれ、6.2回4安打4K4失点、3対4で試合には敗れた。
 NPB相手には1年目5月の巨人戦で5回完全、6回2安打3K無四球無失点の好投を披露。
 9月の日ハム戦でも4回1安打無失点の好リリーフを見せている(共に勝ち投手)。
 ドラフト後の日本選手権・JR九州戦(6.1回8三振無失点リリーフ)で二大大会初白星を収めた。
 二大大会通算6試合、1勝1敗、23回、20奪三振、防御率1.57。

 182cm80kg、社会人で成長を遂げた長身左腕。
 ノーワインドアップから重心を下げ、インステップ気味に着地し、テイクバック小さく肘を使った腕の振りから
 投げ下ろす最速145㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後の伸びのある直球と、
 100㌔台の落差あるカーブ、130㌔前後のスライダー、130㌔前後のカット、120㌔前後のチェンジアップ。
 大学入学当初130㌔前後にとどまっていたストレートは最速145㌔にまでアップ。
 バラツキを見せる場面もあるが、まずまずの制球力で内外に投げ分ける。遠投100m、50m6秒3。
 社会人で活躍の場を広げ、1年目から50.1回、防御率1.43の実績を残した。

  スカウトコメント

広島・川端順編成グループ長兼編成部長|14/11/3
 「打者を抑えるテクニックを持っている。中継ぎを考えていたけど、先発もできるんじゃないかな」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2015-01-16(金)|2014年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2014年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑