園部 翔也(福島ホープス)

園部 翔也(福島ホープス)

ここでは、「園部 翔也(福島ホープス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm71kg 左左 MAX146km スライダー・カーブ・チェンジ・シュート 日大東北→青森大 24歳
140㌔台の伸びのある直球とスライダー。高3春に最速146㌔計測。一躍プロスカウトの注目を集めた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   13春:         登板無し          (東都)
   13秋: 2 0勝0敗  3.2  5  4  4  2  4.91(東都)
   14春:         登板無し           (東都)
   通算: 2 0勝0敗  3.2  5  4  4  2  4.91
         被安打率12.27 奪三振率9.82 四死球率9.82

  最新記事

 ■ 日大東北が県大会進出、エース左腕・園部10K(SANSPO) 11/9/3

 準決勝で、日大東北が郡山商に8−1で七回コールド勝ち。秋季県大会の出場を決めた。先発の園部翔也投手(2年)が、7回を3安打1失点、10奪三振と力投した。気合の入った表情で打者をにらみつけ、凡打の山を築いた。3安打1失点、10奪三振と上々の内容に園部が胸を張った。「気持ちを前面に出す、自分の投球が思う存分できました」 小4で野球を始めたときから父・聡さん(38)に言われ続けられている、「やるからには負けるな」をプレーで表現。負けず嫌いの性格は、じゃんけんでも自分が勝つまでやり続けるほど。そんな園部が絶対に勝ちたい相手は、県内公式戦61連勝中の聖光学院だ。「強いチームと戦うほうが燃える。自分たちの代で流れを変えたい」。きっぱりと言い切った。秋季県大会では08年から3年連続決勝で敗れており、雪辱の思いは強い。園部は中3時に県内の強豪私立から誘いを受けながら、「甲子園に出ているのを見て、ここでやりたいと決めていた」と日大東北に進学を決めた。春先に腰を痛めていたため、本格的な練習再開は7月下旬の新チーム始動後以前は上体だけで投げていた投球フォームを修正し、下半身主導を意識して1日200球以上も投げ込んだ。すると練習試合で今夏甲子園出場の鶴岡東(山形)に8回1失点と好投。結果を残してエースの座をつかむと、県大会出場がかかるこの一戦で自己最速にあと2キロに迫る133キロを記録。スライダーやシュートを織り交ぜ、相手を封じ込んだ。「今はチームが一番いい状態。どれだけ上にいけるか楽しみです」。あこがれの背番号1を背負った園部が、県内無敵の相手をねじ伏せてみせる。
 主戦園部は138キロの直球が武器。コーナーを丁寧に突く制球力もある。(福島民報)

   13秋   回数 被安 奪三 四死 自責 
   青学大    2  2  2  1  0 143㌔
   国学大   1.2  3  2  3  2 144㌔
         3.2  5  4  4  2 防4.91
     被安打率12.27 奪三振率9.82 四死球率9.82

  プロフィール

 福島県いわき市出身。
 園部 翔也(そのべ・しょうや)投手。
 小4から磐崎スポーツ少年団で野球を始め、泉中2年春にいわきボーイズで全国出場。
 中学3年時に東北選抜チーム入りを果たした。

 日大東北では1年秋に救援で東北大会を経験。
 春先に腰を痛めた影響で2年夏のベンチを外れ、2年秋の新チームでエースナンバーを獲得する。
 真っ直ぐの最速を138㌔まで引き上げ、鶴岡東高との練試で8回1失点と好投。
 続く支部大会準決で7回10Kを記録したが、学石に4対7完投で敗れ県1回戦敗退となった。
 その後、冬場の合宿で下半身を強化し、上体に頼っていた投球フォームを修正。
 救援登板した翌3年春の県大会準々・学石戦(2対3)で自己最速の146㌔を計測している。
 3年夏の県大会(手首痛で1.1回のみ登板)は平工に1対3で敗れ3回戦敗退。
 最速146㌔左腕としてスカウトから注目されたが、志望届を提出せず中大への進学を選択した。
 県準V、東北2回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 中大では1年秋からリーグ戦に出場。
 いずれも救援として2試合3.2イニングに登板し、国学1回戦(1.2回2失点)で144㌔をマークした。
 その後、中央大学野球部退部を選び、北東北大学リーグの青森大学に編入。
 17年ドラフト隠し玉と目されるも指名がかからず、同11月のBCドラフトで福島から指名を受けた。
 東都通算2試合、0勝0敗、3回2/3、防御率4.91。

 177cm71kg、146㌔直球を持つ速球派左腕。
 ワインドアップから投げ込む伸びのある146㌔直球と、スライダー、カーブ、チェンジアップ、シュート。
 細かい精度には欠けるものの大きな破綻のない制球で投げ込んで行く。
 常時130㌔台後半から140㌔台前半をマークするストレートと切れの良いスライダーが持ち味。
 中大野球部を退部。青森大(北東北)に編入した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2017-11-25(土)|独立リーグ候補 | 北東北大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
こんな投手隠れてたのか?左で146は全国上位レベルだな。まだまだ速くなりそうだな。面白い投手がいたもんだ。チェックしとくよ。
| へー | 2012年06月20日(Wed) 19:46 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | 北東北大学 コメント(1) Page Top↑