三好 一生(香川オリーブガイナーズ)

三好 一生(香川オリーブガイナーズ)

ここでは、「三好 一生(香川オリーブガイナーズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm85kg 右右 捕手 遠投117m 50m6秒4 丸亀高→駒大 23歳
二塁送球1.8秒台をマークする強肩捕手。高3春の四国大会・明徳戦で4安打、2補殺を記録した。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17年: 42 .275  80 22 9 0 0 13 20 9 0  .348  .388
   通算: 42 .275  80 22 9 0 0 13 20 9 0  .348  .388

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   13春:          出場無し
   13秋:          出場無し
   14春:          出場無し
   14秋:          出場無し
   15春: 2 .200  5  1 0 0 0 0 2 0 0  .200  .200
   15秋: 1 .000  1  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   16春:          出場無し             二部
   16秋:          出場無し             二部
   通算: 3 .167  6  1 0 0 0 0 3 0 0  .167  .167

  最新記事

 ■ 香川・三好 捕手として成長 チームを引っ張れる存在に(デイリースポーツ) 17/10/2

 三好一生にとって、初めてのチャンピオンシップ出場だ。第1戦七回表、左翼場外に消える豪快な1号ソロを放った。自分も、チームも、勢いに乗る価値ある一発だった。翌24日の第2戦、五回に三塁線を鋭く破る適時二塁打を放ち、先制点をたたき出す。九回には勝ち越しの2点につながる中前打と、大きく勝利に貢献した。香川が2年ぶりに出場したCSで“ラッキーボーイ”と言える働きを見せる。坂出市出身、丸亀高時代から強肩が売りの捕手だ。だが、1年目はケガからのスタートとなった。オープン戦で左手を骨折し、初出場は5月3日と出遅れた。「ケガ明けで試合に出たときは、テンパりまくったというか浮足立ってたんですけど。後期に入ってからは、捕手として考えながらやれた。バッティングも、しっかり自分のスイングができるようになってきたかなという感覚がありますね」

 ■ 春の王者小豆島に注目/香川展望(日刊スポーツ) 12/6/30

 実力校と新興勢力が重なり混戦気配。小豆島は少ない部員ながら春の県大会を制し、夏も注目。同準優勝の丸亀は強肩の三好一生捕手(3年)を中心に守りきる野球が魅力。高松商、尽誠学園、藤井学園寒川、観音寺中央も巻き返しを狙う。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12春四国: 2 .750  8  6 1 1 0 0 0 0 1  .750 1.125
   12夏予選: 5 .400 20  8 2 0 1 6          .650

    ※ 高3春・明徳義塾戦での二塁送球タイム:1回裏=1秒97、4回裏=1秒93

  プロフィール

 香川県坂出市出身。
 三好 一生(みよし・いっせい)捕手。
 小学5年からキャッチャーの練習を始め、香川大附坂出中では野球部に所属。

 丸亀高では2年秋に正捕手の座を獲得。
 山口立城との中学からのバッテリーで勝ち進み、3年春に県準V・四国大会4強入りを達成する。 
 持ち前の強肩と好リードで投手を支え、チーム防御率1.03(7戦3完封)を記録。
 県大会準々決勝まで4番打者として出場し、守備に集中する目的で準決から8番を務めた。
 県準決で公式戦1号左越え勝ち越し2ラン、四国大会2試合で6安打をマーク。
 準決勝・明徳義塾高(高知1位)戦でツーベース含む4打数4安打の大活躍を披露している。
 守っては二塁送球2秒を切る強肩で伊与田一起の盗塁を2度にわたって阻止。
 同5月の招試で和智弁と接戦(2-2)を演じ、右中間適三、左線適二など3長打を記録した。
 3年夏の香川大会は香川西に2対3(4打数1安打)で競り負け惜しくも準優勝。
 5番打者として打率.400本1(3回戦・坂出戦で左越え3ラン本塁打)点6の好成績を残している。
 県準V、四国4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 駒大では3年春からリーグ戦に出場。
 4年間で2季3試合(7番・DH1)の出場に留まり、計6打数1安打の不完全燃焼で卒業を迎えた。
 通算3試合、打率.167、1安打、0本塁打、0打点。

 香川OGでは1年目からリーグ戦に出場。
 左手骨折の影響で5月頭になってデビューを迎え、以降48戦中24試合で捕手スタメンを果たす。
 主に8・9番の下位で打率.275を記録し、後期リーグ戦で5期ぶりの優勝を達成。
 続くCS初戦で左翼への場外ソロ弾を放ったが、徳島に1勝3敗で敗れグランドCS進出を逃した。
 リーグ通算42試合、打率.275、22安打、0本塁打、13打点。

 180cm85kg、強肩好打のプロ注目キャッチャー。
 遠投117m、イニング間の練習で二塁送球タイム1.8秒台をマークする強肩がセールスポイント。
 高3春の明徳戦で投手がモーションを盗まれながらも二盗を刺す好送球を披露。
 相手・馬淵史郎監督から伊藤光(オリックス07年高3巡)クラスの強肩として絶賛を受けた。
 高校3年時に許した盗塁は12試合(春夏の県大会、春の四国大会)で計3個。
 打者に的を絞らせないリードで投手陣を支える好捕手。50m6秒4のまずまずの脚力を備える。
 やや打力不足ながら癖の少ないフォームの持ち主。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-02-01(木)|独立リーグ候補 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑