大塚 尚仁(九州学院)|ドラフト・レポート

大塚 尚仁(九州学院)

ここでは、「大塚 尚仁(九州学院)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



174cm74kg 左左 MAX142km スライダー・スクリュー・カーブ
切れの良い直球とスライダー、スクリュー。18U世界選手権で5戦12.2回15奪三振3失点の好投。
2012年東北楽天3位

  動 画

  投球成績

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   10夏: 1   2  2  1  1  2 131㌔ 東海相模
   11春: 2  17  26  10  5  13
          9  13  5  3  7 135㌔ 国学久我
          8  13  5  2  6 133㌔ 履 正 社
   12春: 2  18  14  15  1  5
          9  6  10  0  0 136㌔ 女 満 別
          9  8  5  1  5 135㌔ 大阪桐蔭
   通算: 5  37  42  26  7  20 防4.86
     被安打率10.22 奪三振率6.32 四死球率1.70

  最新記事

 ■ あと1人から…大塚 痛恨の同点2ラン被弾(スポニチ) 12/9/1

 大谷の後を受けて4回1死一、二塁から登板した大塚(九州学院)が8回までノーヒット救援も、勝利目前の9回2死一塁で痛恨の同点2ランを浴びた。「あと1人になって投げ急いでしまった部分はあったと思う。1球の怖さを痛感しました」。小倉全由監督は「9回は甘かった。自分がね。監督が早く終わらせたいと思ってしまった。あそこはタイムをかけて、誰かがマウンドに行かないといけなかった」と悔やんだ。

        回数 被安 奪三 四死 自責
   CAN   5.2  3  5  0  2
   PAN    2  0  3  0  0
   ITA    1  0  2  0  0 142㌔
   COL    2  0  4  0  0
   USA    2  1  1  5  1 142㌔
        12.2  4  15  5  3 防2.13
     被安打率2.84 奪三振率10.66 四死球率3.55

 最終学年になって成長を見せた選手の一人ですね。18U世界選手権では常時130㌔台中盤
 から140㌔前後を記録した真っすぐで内角を突き、小気味いい投球を見せていました。

 ■ センバツ出場九州学院敗れる/熊本大会(日刊スポーツ) 12/7/24

 今春のセンバツに出場した九州学院が完封負けで、2季連続の甲子園出場はならなかった。エース大塚尚仁(3年)は、最速142キロをマークした力の投球で5安打1失点。しかし、看板の打線が済々黌の2年生左腕、大竹耕太郎を打てない。8回に1死満塁と攻め立てるが、4番の萩原英之主将(3年)が三邪飛に倒れてチャンスを逃し、そのまま押し切られた。坂井宏安監督(55)は「大竹君にいい投球をされました」と話した。

   12夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:八代南清流 先  7  0  15  1  0 138㌔
   3回戦:芦   北 先  6  1  11  0  0 
   4回戦:熊 本 北 先  9  4  12  2  3
   準々決:文   徳 先  15  10  16  4  2
   準決勝:済 々 黌 先  8  5  7  1  1 142㌔
               45  20  61  8  6 防1.20(失点から計算)
           被安打率4.00 奪三振率12.20 四死球率1.60

 ■ 九学・大塚、7回コールドでノーヒッター(西日本スポーツ) 12/7/10

 九州学院のエース大塚尚仁(3年)が初戦の2回戦で、7回参考ながらノーヒットノーランの快投を見せた。プロ注目の左腕は10球団のスカウトの前で9連続を含む15奪三振。9-0の7回コールドで八代南・八代清流の連合チームに圧勝し、春夏連続の甲子園出場へ好発進した。八代南・八代清流に許したランナーは振り逃げと死球の2人だけ。78球でノーヒットノーラン(7回参考)を達成した。「きょうは球が走っていたので三振を取りにいった。途中から狙いました」。人生初のノーヒットノーランというおまけ付きでチームの好発進を導いた左腕は、気持ちよさそうに汗を拭った。初回はいきなり振り逃げを挟んで4者連続三振。さらに3回の2アウト目まで9者連続Kで相手を寄せ付けない。自己最速に並ぶ138キロをマークした真っすぐに、切れがよいスライダーが低めにビシバシ決まった。スタンドからはプロ10球団のスカウトが熱視線を送った。4人態勢で視察した巨人の山下スカウト部長は「春より力強くなった。腕がよく振れている」と絶賛。阪神の田中スカウトも「スピードも上がり、制球力も増した」と高評価した。春の悔しさをぶつける夏だ。今春の選抜大会2回戦で優勝した大阪桐蔭に3-5で逆転負け。完封した初戦の女満別(北海道)戦から14イニング続けて「0」を甲子園のスコアボードに並べながら、2点リードの6回に逆転3ランをたたき込まれた。「後半疲れて手投げになった」。熊本に帰ってからは、全体練習とは別にトラック用の大型タイヤを引きずってのダッシュで下半身を強化。体重も春から4キロ増え、球威とスタミナを手にした。「(熊本大会は)全試合、大塚でいく」。坂井宏安監督は絶対の信頼を寄せる。大塚も「大阪桐蔭にリベンジしたい」と闘志満々だ。チームの春夏連続出場をけん引し、自身4度目の甲子園のマウンドへ突き進む。
 ソフトバンク、日本ハムを除く10球団のスカウトが集結する前での快投だった。(スポニチ)

 萩原溝脇など複数候補を擁していることもあって多くのスカウトが訪れたようですね。
 個人的には高卒プロというよりは天理・中谷らと同様、大学社会人で実戦力を磨きをかけ、
 実績を残すことによって評価されるタイプという印象を持っていました。

 ■ 九州学院の大塚 2発浴びる(スポニチ) 12/3/28

 九州学院エース大塚が、2本の本塁打に沈んだ。ともに高めに浮いた球をスタンドに運ばれた。ただ、6回に浴びた逆転3ランはカウント1ボール2ストライクからのハーフスイングを一塁塁審に「セーフ」と判定された直後の悪夢。「スイングよりコースがストライク。(三振だという)自信があった」と少し恨めしげに振り返った。1回戦の21世紀枠・女満別(北海道)戦で今大会完封一番乗りを果たした左腕は「後半になって少し威力は落ちていたかもしれないが、調子は良かった。甘い球は逃してくれない」と脱帽。それでも優勝候補の一角の大阪桐蔭相手に接戦を演じ、大塚は「楽しかったし、自信になる」と最後は笑顔で話した。

 ■ 制球抜群、九州学院の大塚 選抜高校野球(asahi.com) 12/3/22

 九州学院の左腕大塚が、落ち着いた投球で完封勝利を挙げた。1年夏、2年春に続く3回目の甲子園で、「経験があるので、走者がいても全然焦らなかった」。1、5回に得点圏に走者を進めたが、いずれも内野ゴロで切り抜けた。制球が良く、最後まで四死球を出さなかった。次戦は大型右腕藤浪を擁する大阪桐蔭と対戦する。「投げ合うのが楽しみ。また完封を狙う」

   11秋県大会    回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:小 国 先  3  1  7  2  0
   2回戦:多良木 先  8  7  10  0  0
   3回戦:済々黌 先  9  3  12  2  0
   準々決:熊本商 先  9  7  8  1  2
   準決勝:球磨工 先  9  7  8  0  1
             38  25  45  5  3 防0.71
         被安打率5.92 奪三振率10.66 四死球率1.19

   11秋九州     回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:藤 蔭 先  9  8  5  1  2
   準々決:宮崎西 先  9  4  10  1  0
   準決勝:創成館 先  7  4  6  1  0
   決 勝:神村学 先  9  15  6  3  8
             34  31  27  6  10 防2.65
         被安打率8.21 奪三振率7.15 四死球率1.59

  プロフィール

 福岡県出身。
 大塚 尚仁(おおつか たかひと)投手。
 八女西中時代は広川シニアに所属。

 九州学院では1年時からベンチ入り。
 夏に控えとして甲子園を経験し、秋には主戦として県大会準優勝・九州大会4強進出。
 九州大会初戦唐津商戦で1安打7奪三振0封勝利(8回裏1死で降雨コールド)を挙げている。
 2年春選抜は2試合とも完投したものの、17回26安打15失点と結果を残せず。
 秋に9試合先発7完投4完封の活躍で九州大会準優勝を果たし、3度目の甲子園切符を獲得。
 九州大会準決勝までの8試合63回で66奪三振、8四死球7失点と好投を続けたが、
 決勝神村学園戦は初回に10安打8失点、その後を無失点に抑えるも1対8で敗退となった。
 3年春選抜では女満別を6安打無四球完封、大阪桐蔭戦は5回を3安打無失点に抑えながら、
 笠松悠哉の左越え3ラン、藤浪晋太郎の中越え弾など、中盤以降5失点で8強進出ならず。
 3年夏は最速を142㌔に伸ばし0点台の防御率を残したが、済々黌に0対1で敗れ準決勝敗退。
 初戦で7回参考ノーヒットノーラン、10球団スカウトの前で9連続含む15奪三振を記録している。
 45回61奪三振、準々決勝文徳戦では15回216球を投げ抜き、16奪三振2失点完投勝利。
 9月には高校日本代表に選出され、大谷翔平、藤浪晋太郎らと18U世界選手権に参加。
 初戦でカナダを4回途中から8回にかけて無安打に封じるなど(9回2死から同点2ラン被弾)、
 中継ぎ抑えでチーム最多5試合に登板、12.2回15奪三振3失点の存在感ある投球を披露した。

 174cm74kg、スリークォーター左腕。
 ノーワインドアップから上体を前に傾けてインステップし、開き早めに肘を使った腕の振りから
 繰り出す最速142㌔、常時130㌔台中盤から140㌔前後の切れの良い直球と
 110㌔台のスライダー、110㌔台から120㌔前後のスクリュー、90㌔台のカーブ。
 120㌔台後半から130㌔台中盤だった直球は140㌔を超え、春から夏にかけて力強さを増した。
 思い切り良く打者の懐を突く気持ちの強さ、低めに集める制球力を持ち味とする実戦派。
 腕が遅れて出て来るタイミングの取りづらさも武器。遠投100m、50m6秒2。

  スカウトコメント

巨人・山下スカウト部長|12/7/17
 「春より力強くなった。腕がよく振れている」
阪神・田中スカウト|12/7/17
 「スピードも上がり、制球力も増した」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2012-09-28(金)|2012年ドラフト指名選手 | コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
九州の山本昌だ。
| 匿名 | 2012年10月24日(Wed) 12:36 | URL #- [ 編集]
顔がヤクルトの石川投手に似てると思う。

是非とも夏も甲子園に出てほしい。
| 熱球児 | 2012年07月18日(Wed) 01:36 | URL #L/m9SdV. [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2012年ドラフト指名選手 | コメント(2) Page Top↑